かっぱ寿司 はま寿司に関するニュース

回転寿司店ってホントはどこが人気なの!? インスタグラムで調べてみた結果…スシロー・くら・かっぱ・はま各店の特徴も見えたよ

Pouch[ポーチ] / 2017年07月04日12時15分

私は回転寿司が大好き! とくにかっぱ寿司は同郷(長野県)なので、幼い頃からずっと食べ続けているし、Pouchでも度々紹介してきました。しかし、私の周りの人たちは、かっぱ寿司に対して超冷たい! 「かっぱ寿司って人気ないよねw」 「大手回転寿司チェーン店で一人負けなんでしょ?」 「カッパクビにしたの失敗だよな」 などと、もうさんざんな言われよう。だけど、ここ最 [全文を読む]

【バカ売れ】はま寿司「ココナッツジュース」のインパクトがヤバ過ぎてバカ売れ!品切れ続出

秒刊SUNDAY / 2016年03月07日12時40分

かっぱ寿司、くら寿司、はま寿司、とすしチェーンが大量増産され結局どこに行ったのかわけわからなくなり、しょうがなくたまにはほかのチェーン店に行こうということで、徳兵衛などに入ると「100円」ではないことに気づき、魚も驚くほど真っ青になる今日この頃でございますが、こちらのはま寿司凄いことになっております。この間、はま寿司で期間限定ココナッツウォーター。回ってく [全文を読む]

スシローを超えた「はま寿司」が、過去最高益で全国に店舗拡大中

まぐまぐニュース! / 2017年06月26日05時00分

はま寿司が大きく貢献 かっぱ寿司が行なっている、70分間の「食べ放題」サービスが話題を呼んでいます。6月13日から7月14日の平日14時から17時までで、全国20店で実施しています。この食べ放題サービスは好評のようで、数時間待ちになることもしばしばのようです。 かっぱ寿司を運営するカッパ・クリエイトの業績は悪化しています。2017年3月期の売上高は前年比1 [全文を読む]

かっぱ寿司、「安くてまずい」悪評覆す窮余の一策は?激変する回転寿司業界

Business Journal / 2015年08月10日06時00分

●注目を集める、かっぱ寿司 そんな勢力争いが繰り広げられるなか、業界2位のカッパ・クリエイトホールディングス(HD)が注目を集めている。昨年12月、居酒屋「甘太郎」などを展開するコロワイドに買収された。2期連続で赤字となり、展開する「かっぱ寿司」の不採算店を続々と閉鎖していた最中での買収劇だった。 かっぱ寿司は業界内でも特に食材の輸入率が高かったが、アベノ [全文を読む]

5700億円市場の回転寿司業界、四天王の特徴と取り組み

NEWSポストセブン / 2016年09月08日11時00分

そのなかで激しいトップ争いを展開しているのが「四天王」と呼ばれる大手4チェーンで、2015年度の売上高は「スシロー」、「くら寿司」、「はま寿司」、「かっぱ寿司」の順だった。 「『スシロー』は鮮度にこだわっていて、鯛やハマチは店内で皮引きし、マグロも温塩水で解凍した後、店内で切りつけている。『焼豚ねぎまみれ』などの変わりネタも豊富で、うどんやラーメン、味噌汁 [全文を読む]

かっぱ寿司 回らない新型店舗「鮨ノ場」で都市部進出の勝算

NEWSポストセブン / 2015年09月16日07時00分

業界関係者によれば、そのうち約7割の売上高を「スシロー」(あきんどスシロー)、「くら寿司」(くらコーポレーション)、「はま寿司」(はま寿司)、「かっぱ寿司」(カッパ・クリエイトホールディングス)の上位4社が占めているという。 だが、4社揃って絶好調というわけではない。長らく“独り負け”状態でもがいていたのが、かっぱ寿司だ。「かっぱは回転寿司業界の中でもいち [全文を読む]

スシロー・はま寿司・かっぱ寿司・魚へい 創意工夫し魅力UP

NEWSポストセブン / 2014年12月31日11時00分

スシロー、はま寿司、かっぱ寿司、魚へいのネタの創意工夫を紹介する。 ■スシロー 大阪の一軒の寿司店から始まり、現在全国に383店。2011年に回転寿司業界トップに躍り出て約1200億円の売り上げを記録した。その革新を支えるのは、原価をかけてもいいネタを仕入れる赤字覚悟の経営哲学。 寿司の神髄はまぐろとこだわり、『特ネタ本鮪中とろ』(1貫194円)は、100 [全文を読む]

回転ずし 円安で「1皿100円」に限界見え「豚丼」まで登場

NEWSポストセブン / 2014年03月07日07時00分

エビに限らず高い仕入れの魚はそれなりの値段をつけないとやっていけない」(大手回転ずしチェーン幹部) いまだに全皿105円均一、ときにキャンペーンで「中トロ」なども同じ値段で提供する業界2位の『かっぱ寿司』は、やはり我慢の経営を強いられている。2期連続の赤字は必至で、「すべてのメニューの品質を見直す」(カッパ・クリエイトホールデイングス関係者)方針だという。 [全文を読む]

ゼンショー小川社長が語った「M&Aで一番重視していること」 外食チェーン「国盗り物語」最新勢力図 #2

文春オンライン / 2017年09月15日11時00分

2014年には、回転寿司の「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイト、2016年には出来立てのものを提供することで人気の「フレッシュネスバーガー」も傘下にしている。 ゼンショーの小川社長が語った M&Aで重視するポイント なぜM&Aをするのか。食材の調達から製造・加工・物流までのすべてをシステム化した、マスマーチャンダイジングシステムが普及し、食材などを一度に大量 [全文を読む]

かっぱ寿司の食べ放題、3時間待ちで衝撃的「コスパ悪さ」?高級ネタは軒並み対象外

Business Journal / 2017年06月21日06時00分

かつて回転寿司チェーンで業界1位だった「かっぱ寿司」の業績不振が叫ばれるようになって久しい。 2013年2月期から3期連続で最終赤字を計上、14年に親会社のカッパ・クリエイトがコロワイドに買収されて以来、事業の立て直しを図っているものの、17年3月期も最終赤字に転落した。業界ナンバー1の奪取は叶わないどころか、「スシロー」「くら寿司」「はま寿司」など競合店 [全文を読む]

「かっぱ寿司」が再出発! なのに、客が来ないのはなぜ?

citrus / 2017年02月19日20時00分

新生「かっぱ寿司」を視察した。古くさいキャラクターは消え、ロゴも一新。 店の雰囲気もお洒落になり、以前のようなチープさは感じさせない。何より変わったのは、味である。「平日90円」を大々的にPRしていた頃は、加速度的にネタが悪くなり、「安かろうマズかろう」が、世間の評判となっていた。だが、新しい「かっぱ寿司」は、普通に旨い。明らかに美味しくなっている。これな [全文を読む]

人気回転寿司・スシローの裏メニュー“ジャンクうどん”って知ってる?

週プレNEWS / 2014年04月25日06時00分

これからに期待」という業界2位のかっぱ寿司。 他チェーンと比べるとサイドメニュー数は少ないが、ここでは「海老天うどん」を注文。揚げたてのエビ天が中央に2尾鎮座したうどんは優しい味わいで、胃にストンと落ちていく。288円なら立ち食いそばよりコスパが高いぞ。 次は業界5位のはま寿司へ。 「はま寿司は期間限定で出しているラーメンが素晴らしい。以前提供していた『炙 [全文を読む]

スシロー創業33年目で全都道府県への出店を達成

マイナビニュース / 2017年09月12日12時01分

スシローを含め、無添くら寿司、はま寿司、かっぱ寿司の4社は出店を進めるとともに、各社各様の取組みを進めている。 スシローでは、「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。」をキーワードに、寿司の味にこだわった取組みを進めている。その最たるものが、昨年11月からスタートした「世界の海からいいネタ100円PROJECT」。世界各国でとれた厳選ネタを一皿10 [全文を読む]

100円回転寿司で最強? 千葉の水産会社が経営の『とびっ子』が安ウマすぎる

しらべぇ / 2017年09月03日07時30分

スシローにくら寿司、かっぱ寿司にはま寿司など、「100円寿司」の世界では熾烈な争いが日々繰り広げられている。スシローはフライドポテトが美味しく、くら寿司は糖質オフ寿司などの新メニューにチャレンジしたりとそれぞれに特徴も。一方で、寿司のクオリティについてはどこも同じに感じられる。■スーパー回転寿司やまと経営の会社©sirabee.comだが、千葉県の水産会社 [全文を読む]

12万人超の顧客満足度調査で分かったランキング みんなが好きな飲食チェーン1位はリンガーハット

J-CASTトレンド / 2017年07月28日18時10分

飲食部門では、レストランチェーンとして、かっぱ寿司、ガスト、木曽路、くら寿司、ココス、 サイゼリヤ、ジョイフル、スシロー、デニーズ、はま寿司、 バーミヤン、びっくりドンキー、ロイヤルホスト 、ファストフードチェーンとして、餃子の王将、ケンタッキーフライドチキン、幸楽苑、 CoCo壱番屋、すき家、マクドナルド、松屋、丸亀製麺、 モスバーガー、吉野家、リンガ [全文を読む]

くら寿司、まさかの営業利益23%減。回転寿司に起きたある異変

まぐまぐニュース! / 2017年03月17日04時45分

例えば、「スシロー」や「はま寿司」「かっぱ寿司」でもサイドメニューを充実させていますが、「ラーメン」や「うどん」「たこ焼き」が少し目立つぐらいで大きな驚きはありません。しかし、くら寿司はこれらに加えて、「牛丼」や「天丼」「うな丼」「カレー」「天ぷら」なども扱っています。もはや回転寿司店とは呼べないほどの充実ぶりです。 サイドメニューを充実させることで短期的 [全文を読む]

スシロー再上場でも不安 回転寿司が抱えるリスク

NEWSポストセブン / 2017年02月26日07時00分

「近年、回転寿司チェーンはスシローのほか、『無添くら寿司』『はま寿司』『かっぱ寿司』の4強が業界を牽引してきましたが、主力ネタの〈まぐろ〉ひとつとっても、スシローが最も商品力が高い。 また、フライドポテトにこだわって“ポテロー”の呼び名が広まったり、行列店に負けないラーメンづくりを繰り返したりと、多メニュー戦略の先駆けとして固定ファンをがっちり掴んできまし [全文を読む]

回転寿司の「意外な県民性」とは?

日刊大衆 / 2017年01月09日18時00分

日本全国、『スシロー』『はま寿司』『くら寿司』『かっぱ寿司』という4大チェーンのみならず、つぶさに取材を続ける中で見えてきた“県民性”を大公開!「大晦日の夜、なぜか、回転寿司店で寿司をテイクアウトして、自宅で楽しむ方が実に多い……そんな地方があるんです」 こう話すのは、県民性研究の第一人者で「ナンバーワン戦略研究所」代表の矢野新一氏だ。大晦日、回転寿司に行 [全文を読む]

回転寿司 安さの陰には様々な工夫と熾烈な競争あり

NEWSポストセブン / 2016年09月05日11時00分

かっぱ寿司』は安さを出すか高級志向かで“ブレ”があり、4位に落ちた。いまは失地回復に懸命です。各社は、それぞれの特徴を伸ばす工夫を重ねていくでしょう」 各社に取材を申し込んだが、某チェーンからは、「単独での取材には協力するが、〇〇(某チェーン店)との比較記事は原則お断わりしている」とライバル意識剥き出しの回答。熾烈な競争が味やサービスの向上につながること [全文を読む]

安くて美味しいと話題の「立ち食い寿司」を大特集! 2000円で大満足できるお店を100軒掲載したムック『立ち食い&回転寿司 名店100 首都圏版』が、7月16日発売!

PR TIMES / 2015年07月16日17時02分

[画像4: http://prtimes.jp/i/2535/521/resize/d2535-521-381326-3.jpg ] また、「スシロー」「かっぱ寿司」「はま寿司」「魚べい」「元気寿司」「美登利寿司」など有名チェーンの裏人気メニューや、元が取れるオススメネタもフォロー。 [画像5: http://prtimes.jp/i/2535/521/ [全文を読む]

フォーカス