100円 かっぱ寿司に関するニュース

【かっぱ寿司】~うまいあいつが2倍になってやってきた~かっぱの大感謝祭!「W(ダブル)中とろ」販売 2017年6月22日(木)開始

PR TIMES / 2017年06月21日10時00分

~うまいあいつが2倍になってやってきた~ かっぱの大感謝祭!「W(ダブル)中とろ」販売 2017年6月22日(木)開始 https://www.kappasushi.jp/campaign/wchuutoro.html かっぱ寿司(カッパ・クリエイト(株) 本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長 大野健一)では、「かっぱの大感謝祭!」として、6月22日(木) [全文を読む]

回転寿司新潮流にグルメ系100円寿司や「ハイテク無回転」

NEWSポストセブン / 2016年04月06日11時00分

産地直送の鮮魚をお店でさばき、職人が握って1皿100円。値段はお手頃、味は一流のグルメ系100円寿司が業界の定説を覆した。従来の100円回転寿司は、“シャリロボット”と加工済みのネタで作り、店員はバイトが基本。鮮魚を職人が握るのは高級回転寿司だった。 「グルメ系100円寿司は、この2つの中間。美味しいネタを安く食べられる究極の回転寿司です」 回転寿司評論家 [全文を読む]

業界1人負け「かっぱ寿司」の苦境 「食べ放題」で起死回生なるか?

ZUU online / 2017年06月15日17時30分

一番人気のネタであるマグロをイメージした赤い皿と、100円の一皿に込めるこだわりや思いは金の価値があるとして、金の皿を重ね合わせたロゴに変え、「おししいネタ、はなしのネタ」をキーワードに高品質の商品を投入して、新規顧客の獲得とリピーターの増加を目指した。スタイリッシュになったブランドイメージは、消費者からの認知向上や客単価アップに一時的な効果をもたらしたが [全文を読む]

「かっぱ寿司 一関店」 2017年4月13日(木)オープン!

PR TIMES / 2017年04月06日13時37分

今回はオープンを記念して、4月13日(木)から16日(日)までの4日間、数量限定で「極上大とろ」一貫を100円(+税)でご提供いたします。 この機会にぜひお立ち寄りください。 [画像: https://prtimes.jp/i/18731/54/resize/d18731-54-467510-0.jpg ] 「かっぱ寿司 一関店」イメージ画像 【一関店 [全文を読む]

スシロー・はま寿司・かっぱ寿司・魚へい 創意工夫し魅力UP

NEWSポストセブン / 2014年12月31日11時00分

今、100円寿司が熱い。好きな回転寿司の上位は全て100円寿司だった。最近は各社、新ネタの開発など、レベルが向上している。スシロー、はま寿司、かっぱ寿司、魚へいのネタの創意工夫を紹介する。 ■スシロー 大阪の一軒の寿司店から始まり、現在全国に383店。2011年に回転寿司業界トップに躍り出て約1200億円の売り上げを記録した。その革新を支えるのは、原価をか [全文を読む]

今が旬!九州産のイサキを始めとした新メニューをお届け 『かっぱの夏鮨。第二弾』フェア開催! 人気のネタを集めた特別テイクアウトメニュー『かっぱの夏鮨盛り』もご用意 2017年8月4日(金)開始

PR TIMES / 2017年07月28日15時09分

<その他メニュー> ●『アヒポキ サンチュ包み』一貫100円(+税) ●『カニかま サラダ包み』一貫100円(+税) ●『かっぱの油そば』一皿300円(+税) ●『希少部位!本鮪のテール肉~甘辛煮付け~』一皿300円(+税) ●『ピスタチオヨーグルトマンゴーケーキ』一個200円(+税) ●『ラムネ氷パフェ』一杯300円(+税) 【かっぱの夏鮨盛り】概要 [全文を読む]

今食べないと一生後悔する!寿司の王様。「極上大とろ」が100円(+税)!2017年7月21日(金)~7月30日(日)期間限定

PR TIMES / 2017年07月18日14時06分

「極上大とろ」が100円(+税)! 2017年7月21日(金)~7月30日(日)期間限定 かっぱ寿司(カッパ・クリエイト(株) 本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長 大野健一)では、かっぱの大感謝祭の第二弾として、通常、一貫180円(+税)の「極上大とろ」を7月21日(金)~7月30日(日)の期間中、一貫100円(+税)でご提供いたします。 かっぱ寿司は [全文を読む]

200%の覚悟!かっぱ寿司で「極上中とろ」が二貫100円

Walkerplus / 2017年06月22日20時30分

かっぱ寿司は、「かっぱの大感謝祭!」として、「極上中とろ」を6月22日(木)から6月30日(金)まで、全国の店舗で二貫税別100円で提供する。 「かっぱの大感謝祭!」は、おいしくなった中とろを、一度食べてもらいたいという思いと、日頃からの利用に対する感謝の気持ちとして、通常一貫税別100円の「極上中とろ」を、期間限定で「W(ダブル)中とろ」として、二貫税 [全文を読む]

【半額】かっぱ寿司で「極上中とろ」が“1貫50円”に!とろけるおいしさが2倍楽しめる?

えん食べ / 2017年06月22日07時30分

かっぱ寿司の各店で、「極上中とろ」が2貫100円(税別、以下同じ)で提供される。6月22~30日の期間限定(新潟県のみ6月25日まで)。 日頃の感謝を込めた「かっぱの大感謝祭!」企画として実施されるもの。極上中とろは、通常1貫100円。うまみと深みのある味わいに加え、口に入れた瞬間にとろけ出す“極上の味”が楽しめるそう。 期間中は「W(ダブル)中とろ」とし [全文を読む]

回転ずし 円安で「1皿100円」に限界見え「豚丼」まで登場

NEWSポストセブン / 2014年03月07日07時00分

くら寿司はコンビニで人気の煎れたてコーヒーを150円で始めるなど、1皿100円の寿司ネタより少しでも高価格帯のサイドメニューを充実させ、業績を伸ばしている。同店をチェーン展開するくらコーポレーションの2013年11月~2014年1月期の連結決算は、客単価がアップしたおかげで純利益は前年同期比で21%も増えた。「もはや本業の寿司も100円均一だけでは商売に [全文を読む]

「かっぱ 北海道の幸」フェア開催!いくら・ほたて・さんまなど、北海道産のうまいもの尽くし!2017年9月7日(木)開始、なくなり次第終了

PR TIMES / 2017年09月01日14時57分

●『北海道産 生さんま』二貫 100円(+税)●『北海道産 さんま 直火炙り』二貫100円(+税)秋の味覚である、脂ののった秋刀魚をご用意いたしました。 [全文を読む]

第1回『くら寿司』vs『スシロー』どちらの料理が美味しいのか対決

しらべぇ / 2017年06月14日07時30分

6月14日から『かっぱ寿司』が一部店舗で食べ放題をスタート、100円回転寿司業界の仁義なき戦いがまた始まりそうだ。だが、やはり現状は『くら寿司』と『スシロー』の2強がズバ抜けてユーザーから人気である。100円回転寿司マニアの記者も、新メニューの提供を開始すると必ずその2店へは行き、味を確かめることにしている。■麺料理対決では…いつもそれぞれ美味しいので満足 [全文を読む]

ぷりっぷりの天然ボタンエビが180円!かっぱ寿司で「近海うまいものフェス」--新作いちごのパフェも

えん食べ / 2017年04月08日11時30分

天然!北海道産ボタンエビ 1貫180円(税別、以下同じ) 駿河湾産 生桜えび 霞ヶ浦産 生白魚 季節盛り 2貫180円 天然!相模湾産 かます天にぎり 1貫100円 四国九州産 鯛の自家製ごまだれにぎり 1貫100円 豪華 春のゆず塩にぎり三昧 3貫280円 豪華 春の貝にぎり三昧 3貫280円 スパイシーやげん軟骨 200円 揚げたてえびの唐揚げオリジ [全文を読む]

かっぱ寿司で21万食突破のカリスマ的人気!「国産 春のキャベツを使ったサラダ軍艦」

Walkerplus / 2017年03月27日13時43分

フェアメニューの「国産 春のキャベツを使ったサラダ軍艦」(二貫税別100円)の販売数が、26日間で21万食を突破した。 かっぱ寿司でカリスマ的人気を誇る元祖「サラダ軍艦」の兄弟分シリーズ。元祖「サラダ軍艦」は、かっぱ寿司創業の地である長野県で生まれ、同県では定番人気である「まぐろ」を抑えて常に一番人気の伝説的メニューとなっている。 日本各地でもディープなフ [全文を読む]

「かっぱ寿司」が再出発! なのに、客が来ないのはなぜ?

citrus / 2017年02月19日20時00分

100円回転寿司において、ボリュームは不要である。安くて量が少ないからこそ、さまざまなネタが楽しめるのであって、1皿で腹が満たされては、他のネタが食べられない。また、1皿が300〜400円超えでは、客は手を出さない。「安くて美味しい」が、100円回転寿司に本来求められるものであって、「美味しいけど高い」はいらないのである。目指すべき方向が間違っている。他に [全文を読む]

くら寿司がついに自前で魚屋をオープン!最強の回転寿司へ前進

しらべぇ / 2016年10月13日18時00分

100円回転寿司の世界では、各社それぞれで独自の方向性をめざした激しい闘いが続いている。スシローは築地のマグロなどの高級ラインを豊富に取り揃え、かっぱ寿司は座敷のある落ち着いた店づくりを展開。そんな中、くら寿司が前代未聞の一大プロジェクトを進めようとしている。なんとすべて「国産の天然魚」だけ取り揃えた魚屋『くら天然魚市場』を大阪・貝塚市に作ったのだ。■くら [全文を読む]

5700億円市場の回転寿司業界、四天王の特徴と取り組み

NEWSポストセブン / 2016年09月08日11時00分

「かっぱ寿司」は1979年創業で、日本で初めて「100円寿司」を打ち出した、いわば老舗。しかし、いまは業界4位と勢いがない。 「『かっぱ寿司』が比較的値段の高い炙りメニューやデザートに力を注ごうとしている間に、安さで『はま寿司』に客を奪われてしまったのです。現在はハンバーグやとんかつなど、子供向けのさまざまなアレンジメニューに力を入れたり、『はま寿司』と [全文を読む]

回転寿司 ウニやマグロは赤字覚悟もタマゴやエビで採算取る

NEWSポストセブン / 2014年11月16日07時00分

* * * まずは1皿100円の握り寿司を主力商品とする大手回転寿司チェーンの舞台裏を覗いてみよう。国内では『スシロー』『無添くら寿司』『かっぱ寿司』『はま寿司』が”四天王”と呼ばれており、4社合計の店舗数は全国で1300店を超え、全体の3分の1近くに迫る。夕飯時には30分から1時間の空席待ちも当たり前。子連れのファミリー客が多く、カウンターには次々と皿 [全文を読む]

かっぱ寿司50店舗閉鎖…回転寿司業界「頭打ち状態」の理由

WEB女性自身 / 2014年07月09日15時00分

特に、一皿100円の激安チェーンは価格転嫁ができず、自ら設定した価格に自縄自縛になっている。スシローが一皿180円の商品や『倍トロ一貫100円』などを出しましたが、知名度のある店が赤字覚悟のキャンペーンをするというのは、私の想像ですが『それほど客足の戻りが悪いのかな』と勘繰ってしまいます」 いまはどの社も「我慢くらべ」の様相で、「どこかの社の経営が傾けばす [全文を読む]

ファミレス化する回転寿司業界、なぜ各社サイドメニュー強化?原材料高騰、職人不足

Business Journal / 2014年03月17日18時00分

一皿100円(税別)均一を特徴としていたスシローは、昨年「180円寿司」を発売し、高価格商品への推移が市場に受け入れられるか注目を集めたが、現在のところ順調に売り上げを伸ばしているという。しかし、従来からの100円寿司についてもラインナップを強化する方針で、この春には週替わりで新商品を順次投入する。 さらに今年は、消費者の嗜好の多様化に合わせて、サイドメ [全文を読む]

フォーカス