かっぱ寿司 牛角に関するニュース

かっぱ寿司も餌食に? 過激発言で炎上「コロワイド」の黒い本性

まぐまぐニュース! / 2017年03月06日05時00分

「牛角」や「かっぱ寿司」などを運営する外食大手コロワイドで発生した、社内報の大炎上騒動。やる気のない社員に同社会長が浴びせた言葉が「馬鹿野郎」「アホ共」などと過激だったことから、SNSであっという間に拡散、激しい批判を浴びる事態となりました。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんは、一 [全文を読む]

100円はもはや限界! 大再編の迫る「回転寿司業界」が異業種合併“居酒屋化”を推進中

週プレNEWS / 2014年12月05日06時00分

円安による原価率高騰などによって、業績悪化していたかっぱ寿司。居酒屋「甘太郎」や焼き肉店「牛角」などを展開するコロワイドに買収されることになったが、専門家たちからは、再建は不可能との厳しい声が相次いでいる。 ほかの100円回転寿司チェーンの現状はかっぱ寿司とは対照的だ。回転寿司評論家の米川伸生氏が説明する。 「スシローは2010年下半期の売上高でかっぱ寿司 [全文を読む]

コロワイド2015年10月末日でアジア出店60店舗突破!「牛角・温野菜・NIJYU- MARU・かっぱ寿司」

@Press / 2015年11月09日13時00分

10月末日までの業態店舗数は、牛角43店舗、温野菜7店舗、NIJYU-MARU6店舗、かっぱ寿司6店舗の計62店舗となりました。10月は、初進出地区であるインドネシアのスバラヤ、店舗数で10店舗目となったベトナム、3年ぶりに出店再開のタイ、台湾台中市へと5店舗を出店いたしました。更に年末までにタイ、台湾、香港、インドネシアへ7店舗の出店を計画しております。 [全文を読む]

コロワイド、カンボジア大手企業グループ「TH F&B Co.,Ltd」とFC契約を締結~今後10年間で「牛角」を15店舗出店~

@Press / 2015年09月01日11時30分

コロワイドグループでは、海外現地企業とのフランチャイズ契約が9社目(アジア地区)となり、アジアでの出店数も「牛角」「温野菜」「かっぱ寿司」「居酒屋NIJYU-MARU」の合計数が57店舗(2015年7月末日)となりました。また、2019年までにアジアでの「牛角」「温野菜」の店舗体制を450店規模へ拡大し、世界展開への基盤構築を直実に進めてまいります。 ○ [全文を読む]

甘太郎のコロワイド、牛角もかっぱ寿司も次々買収し急膨張でマック逆転目前…ちらつく懸念材料

Business Journal / 2017年01月03日06時00分

14年10月、回転ずし店「かっぱ寿司」チェーンを運営するカッパ・クリエイトホールディングス(現・カッパ・クリエイト)の過半数の株式を取得して子会社にした。買収額は300億円でコロワイドのM&Aでは過去最大規模だった。●ハンバーカー国内5位のフレッシュネスバーガーを買収 16年12月1日、ハンバーガー国内5位のフレッシュネスバーガーを展開するフレッシュネス [全文を読む]

感動的に美味いビールの店が開店!地獄の居酒屋業から、ついにあの大手チェーンが脱却

Business Journal / 2016年03月11日06時00分

13年には焼肉「牛角」などを展開するレインズインターナショナル、14年には回転寿司「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトホールディングス(HD)を傘下に収めた。合計15回のM&Aを実施し、16年3月期では売上高2488億円を見込む。有利子負債は増えたが、国内外食産業界において売上高ランキングでは日本マクドナルドHDを抜き、ゼンショー、すかいらーくに次ぎ [全文を読む]

かっぱ寿司の業界トップ返り咲きは間違いない? “外食のプロ”再生請負人の存在が!

週プレNEWS / 2015年01月26日11時00分

昨年12月、「かっぱ寿司」が「牛角」や「甘太郎」などを経営するコロワイドに買収された。 かっぱ寿司は1979年に開業し、一皿100円という低価格が受けて、若者や家族向けに人気のあった回転すしチェーン店だ。 しかし、2011年頃から経営が悪化して今回の買収となった。その理由を外食ジャーナリストの中村芳平(なかむら・よしへい)氏が解説する。 「かっぱ寿司は郊外 [全文を読む]

かっぱ寿司買収 回転寿司は「高級化」「立ち食い」で二極化

NEWSポストセブン / 2014年10月28日07時00分

居酒屋の「甘太郎」「北海道」、焼き肉店の「牛角」などを運営するコロワイドが、回転寿司大手の「かっぱ寿司」(カッパ・クリエイトホールディングス)をTOB(株式公開買い付け)で買収すると表明したからだ。 「か~っぱ、かっぱ、かっぱのマーク」のCMでお馴染みのかっぱ寿司は、100円均一の低価格回転寿司チェーンの草分け的存在で、長年、業界トップの座に君臨してきた [全文を読む]

ゼンショー小川社長が語った「M&Aで一番重視していること」 外食チェーン「国盗り物語」最新勢力図 #2

文春オンライン / 2017年09月15日11時00分

2014年には、回転寿司の「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイト、2016年には出来立てのものを提供することで人気の「フレッシュネスバーガー」も傘下にしている。 ゼンショーの小川社長が語った M&Aで重視するポイント なぜM&Aをするのか。食材の調達から製造・加工・物流までのすべてをシステム化した、マスマーチャンダイジングシステムが普及し、食材などを一度に大量 [全文を読む]

好調マックを脅かす新興ブランドの買収策

プレジデントオンライン / 2017年05月09日09時15分

最近では、2013年に牛角のレインズインターナショナル、2015年にかっぱ寿司のカッパクリエイトを買収している。こうした大型のM&Aを繰り返した結果、外食業界の売上高ではゼンショー、すかいらーくに次ぐ3位につけている。なお、4位が日本マクドナルドホールディングスである。 ■マクドナルドを追撃するのはどこか? フレッシュネスバーガーを買収したのは、正確にいえ [全文を読む]

打倒マクドナルド。「牛角」がフレッシュネスバーガー買収で殴り込み

まぐまぐニュース! / 2016年10月20日05時00分

例えば、05年にはレストラン「ステーキ宮」などを展開するアトムを連結子会社化し、14年には回転寿司店「かっぱ寿司」などを展開するカッパ・クリエイト(HD)を子会社化しています。 コロワイドの礎を築いた居酒屋業態の市場環境は厳しさを増しています。若者のアルコール離れや消費者のニーズの多様化により市場規模は伸び悩んでいます。焼き鳥をメインにした居酒屋「鳥貴族」 [全文を読む]

なぜ「安かろう、まずかろう」のかっぱ寿司買収?あの急成長企業、ついにマック超え!

Business Journal / 2015年09月12日06時00分

デフレの勝ち組といわれたすき家(運営元:ゼンショーホールディングス<HD>)、日本マクドナルドHD、ワタミなどの経営が迷走しているのを横目に、「外食日本一」を虎視眈々と狙っている会社がある。回転寿司のカッパ・クリエイトHD(以下、カッパ)を傘下に収めたコロワイドだ。 コロワイドはすき家やマクドナルドのような看板となる有名チェーン店がないため、一般の知名度は [全文を読む]

回転寿司業界の壮絶サバイバルで、かっぱ寿司だけが消えてゆく?

週プレNEWS / 2014年12月01日06時00分

10月下旬、居酒屋「甘太郎」や焼き肉店「牛角」などを展開するコロワイドが、大手回転寿司チェーンの「かっぱ寿司」を買収すると発表した。2期連続で赤字となり、不採算店の閉鎖ラッシュが加速していたかっぱ寿司。その背景を探ってみると……。 まず、回転寿司業界の現状について業界誌編集長のT氏が解説してくれた。 「現在、日本にある回転寿司店は約4000店。そのうち、ス [全文を読む]

何が貰えるの?今買うべき「株主優待」お得度ランキング

WooRis / 2016年10月16日22時00分

「手作り居酒屋甘太郎」や「焼肉牛角」「かっぱ寿司」などをグループ経営していることでおなじみの会社です。3月末と9月末時点で一定数以上保有の株主に、コロワイドグループで使える優待ポイント(1万円相当)が2回付与されます(合計2万円相当)。かなりお得な株主優待です。優待ポイントは店舗での食事のほか、厳選した日本各地の特選品もネットで購入できます。■人気銘柄第4 [全文を読む]

「コロワイドグループ 新業態プロデュース」とんかつ 「神楽坂 さくら」【商業施設・ビジネス街・ロードサイドへ5年で約200店舗展開!】

@Press / 2016年03月07日11時15分

コロワイドグループでは、焼肉 牛角、しゃぶしゃぶ 温野菜、かっぱ寿司、ステーキ宮、居酒屋 北海道、やきとりセンター、ウルフギャングパックなど、今後もトレンド、エリア、シーンに合わせた飲食店を独自のマーチャンダイジング機能を活かし、総合プロデュースしてまいります。 【店舗概要】 ■住所 東京都新宿区神楽坂5丁目1-1 神楽坂コアビル1F ■席数 70席、4 [全文を読む]

行ってはいけない? 回転寿司チェーンの良し悪しをシャリ、鉄火巻きで見破る!

週プレNEWS / 2015年01月24日06時05分

かっぱ寿司」が「牛角」などを擁するコロワイドに買収されたのをキッカケに、大再編の噂もささやかれる回転寿司業界。しかし、中には“行ってはいけない店”も存在する。 そこで「ネタとシャリのあんばいを見れば、ほとんどのことがわかる!」と豪語する食品安全教育研究所主宰の河岸宏和氏と、回転寿司店などにネタを卸す水産会社社長のX氏、ふたりの目利きが登場。どこで良しあし [全文を読む]

フォーカス