スケジュール 芦田愛菜に関するニュース

マルモリからマルサへ!? "芦田マネー"に送られるコワい視線

メンズサイゾー / 2012年01月13日14時15分

一部ではその殺人的なスケジュールも心配されたが、見事に2011年の「顔」として日本中を魅力し続けた。その疲れからなのか、大みそかの『NHK紅白歌合戦』では転びそうになる場面もあったが、マルモリダンスを披露して1年の最後の日まで元気に活躍する姿を見せてくれた。 昨年は、大ブレイクのきっかけとなったドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)に『南極大陸』(TBS [全文を読む]

「明日、台本が届かない!?」芦田愛菜『明日ママ』現場、放送10日前までギリギリ撮影の実態

サイゾーウーマン / 2014年01月30日16時00分

一部週刊誌では『1話放送時にすでに7話まで撮り終わっているから変更がきかない』と報じられましたが、実際は放送の10日ほど前に各話を撮り終わるというギリギリのスケジュールです」(テレビ誌記者) 確かに、24日発売の「FRIDAY」(講談社)では1月17日に和光市で行われたという同ドラマのロケの様子が掲載されているが、写真には3話ゲストの優希美青の姿も確認でき [全文を読む]

芦田愛菜が「報道番組の顔」に!? テレビ各局が争奪戦スタート

アサ芸プラス / 2017年05月10日17時58分

スケジュール上、なかなかバラエティへの出演は厳しそうですが、これからも出演依頼は殺到し続けるでしょうね」 さらに、「愛菜ちゃんを巡って“あるジャンル”で各局の争奪戦が始まろうとしているんです」(前出・放送作家) 果たして“あるジャンル”とは──。「報道です。日テレの『NEWS ZERO』やテレ朝の『報道ステーション』はすでに収録で出演する“スペシャルレポー [全文を読む]

街が“カラムーチョ”一色に染まる? 日本全国カラムーチョ化計画 30周年記念 30万袋サンプリングが10月6日より開始

PR TIMES / 2014年10月03日11時58分

<イベント詳細> ■カラムーチョ全国サンプリング 配布スケジュール ※実施時間…12:00~17:00 エリア 実施日 配布ポイント 札幌 10月17日 札幌駅西口 仙台 10月17日 仙台駅(藤崎ファーストタワー館前) 東京 10月7日 渋谷駅東口/渋谷駅南口/渋谷マークシティ前 東京 10月9日 新宿駅東南口/新宿駅南口 東京 10月23日 恵比寿駅 [全文を読む]

『明日ママ』出演のせいで……? 芦田愛菜がイトーヨーカドーで“ドサ回り”三昧のワケ

日刊サイゾー / 2014年09月03日13時00分

スケジュールが空きまくっていたが、さすがに稼働させないといけないので、ニューシングル『ふぁいと!!/ゆうき』(7月29日発売)の発売記念イベントで、全国各地のイトーヨーカドーなどを飛び回っていた。芦田にとっては、夏休みの思い出=イベントになったようだが、女優が本業だけに、まさかの“ドサ回り”だったのでは」(音楽関係者) 芦田といえば、今年1月から放送さ [全文を読む]

周囲はドン引き! 芦田愛菜、芸能界のドンとのつながりを猛アピール

サイゾーウーマン / 2012年10月21日09時00分

来月には映画『のぼうの城』が公開され、年末にはファーストコンサートも予定されるなど、先々のスケジュールもすでに埋まっている状況。本田望結、小林星蘭、谷花音など、ライバル子役が続々と登場する中、一時期よりは露出が減ったようにも見えた芦田だが、もうしばらくこの人気は続きそうだ。 近年業界内では、芦田のバックに “芸能界のドン”ことバーニンググループ・周防郁雄社 [全文を読む]

究極のライバル対決「生き残るのはどっち」だ(2) 子役「マルモリ」芦田愛菜×「家政婦のミタ」本田望結

アサ芸プラス / 2012年01月15日11時00分

スケジュールはすでに今年どころか来年まで、映画にドラマに隙間なくびっしり埋まっています。このまま何もしないでも向こう2年間は、愛菜ちゃん人気は安泰です」 昨年7月のドラマ「マルモのおきて」で一気に人気に火がついた愛菜ちゃんだが、 「すでにドラマは100万、CMも2000万とギャラは青天井に高騰しています。そればかりか、さまざまなタイアップ商品やオリジナルブ [全文を読む]

難関校合格の芦田愛菜 子役はバカじゃないと証明したかった

NEWSポストセブン / 2017年02月20日16時00分

実際に学校に行く時間が限られているハードスケジュールの中では、読書で培った集中力を発揮して、短い時間の中で勉強をこなしていたんでしょうね」(芸能関係者) 小学6年生になると、多忙だった女優業をセーブして猛勉強を始めた。 「大手の中学受験予備校に通い始めました。本格的なスタートは小6の夏という、遅れて受験対策を始めた愛菜ちゃんでしたが、その時点でも成績は優秀 [全文を読む]

“香港の芦田愛菜”写真集は児童ポルノ? 下着姿のポーズに警察が捜査開始

日刊サイゾー / 2015年07月24日16時00分

母親は写真撮影の場には立ち会ったものの、スケジュールの都合から写真の選択には関わっておらず、写真集の中身をまだ見ていなかったというのだ。 この件がマスコミで報じられるや、一大騒動に発展。セリーヌ側は予定していたブックフェアでのサイン会出席を急遽見合わせ、出版社側も写真集の出版を取りやめることを決定した。 今回の撮影を担当したカメラマンであり、写真集の出版元 [全文を読む]

社畜必見!日本一忙しすぎる8歳、人気子役・本田紗来がハードワーカーすぎると話題に

AOLニュース / 2015年06月17日12時00分

その後、休む間も無く学校へ向かい、「普通の小学生」としての一日を過ごしたかと思えば、放課後は再びスケートの練習に向かい、スケートリンクでの夕食を挟んで20時まで練習...という、あまりに多忙すぎるハードスケジュールをこなしていたのだった。 そのため、これを観たネット上の視聴者からは「この子スゴすぎる...」 「そらこれだけ必死にやれば芸も磨かれるはずだわ」 [全文を読む]

TOKIO・城島茂、マラソンスタート地点が判明!? 「ギャラリーで混雑の可能性も」

サイゾーウーマン / 2014年08月30日09時00分

『文春』では、『人気ないから警備が楽』という理由で城島が選ばれたと報じられましたが、人気は確かなものですよ」(同) メンバーからは健康面を考えて辞退するよう言われた城島だが、なんと『24時間テレビ』と同日、午前6~8時に生放送番組『みんなの疑問 ニュースなぜ太郎』(テレビ朝日系)に出演するというハードスケジュール。睡眠すら十分に取れないまま本番を迎えること [全文を読む]

一日密着した本紙記者が見た芦田愛菜のプロ根性

WEB女性自身 / 2014年06月23日07時00分

場所を移動しても、試写会の舞台挨拶、テレビのインタビュー取材と、目まぐるしいスケジュールをこなしていく。一切、疲れを見せることなく終始、笑顔の愛菜ちゃんには、記者も感心するばかり。 18時30分、ハードな一日が終わり、「さよ~なら、ありがとうございました!」と、きちんと挨拶。元気に帰っていく愛菜ちゃんだった。 [全文を読む]

芦田愛菜が深夜まで大騒ぎ!? 『明日、ママがいない』の打ち上げが厳戒態勢だったワケ

サイゾーウーマン / 2014年03月27日13時00分

関係者からすれば、打ち上げが行われていたこと自体、公にされたくなかったんだと思いますよ」(出版関係者) 芦田は過去、多忙を極めるスケジュールから「学校に行けていないのでは」と取り沙汰されたこともあったため、「関係者は余計敏感になっていたのかも」(同)という。こうして今クール最大の話題作となった『明日ママ』は、最後までイザコザに付きまとわれることとなってしま [全文を読む]

『明日ママ』劇中でCM自粛中のスポンサーに説教!? 「お前たちは、何に怯えている?」

日刊サイゾー / 2014年02月20日17時30分

「一部週刊誌で『1話放送時に、すでに7話まで撮り終わっているから変更がきかない』と報じられましたが、実際は放送の10日ほど前に各話を撮り終わるというギリギリのスケジュール。第6話の脚本は、騒動後に書き上げられた可能性が高く、スタッフの思いを、施設長の長ぜりふとして三上博に言わせたとしても、不思議ではありません」(テレビ関係者) 同作の脚本家・松田沙也氏の [全文を読む]

『明日ママ』怪演の三上博史に整形疑惑とオネエ情報

messy / 2014年02月18日18時00分

打ち切りはしないと決断したものの、大幅な脚本変更の上、超過密スケジュールで撮り直しに――。 なにかと話題のドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)。主演の芦田愛菜(9)ら子役たちのメンタル面も心配されるなか、ネット上ではこのドラマの出演者の一人が密かに話題となっている。その俳優とは、養護施設の施設長役で出演している三上博史(年齢非公表)だ。年齢非公表と [全文を読む]

堀北真希「ドSすぎる記者会見」にドン引き

アサ芸プラス / 2013年02月06日10時00分

記事にはなってませんが、清純キャラとはまるで違う“女王様”ぶりに現場にいた記者はドン引きでした」(芸能ライター) 当時はちょうど朝ドラの過密スケジュールで多忙の極みだった、とフォローする関係者もいたようだが‥‥。 芸能界でも「イイ人」のイメージが定着しているベッキー(28)にも同じような時期があった、と話すのは制作会社スタッフ。 「ふだんは気遣い上手なんで [全文を読む]

子役・芦田愛菜が仕事をセーブし始めた深いワケ「スケジュールまで“芸能界のドン”が徹底管理!?」

日刊サイゾー / 2013年01月18日13時00分

今回は、芦田を息の長い女優に育てることにしたようで、いまや芦田のスケジュールは周防氏が自ら指示して決定している。ドラマ・映画・CMも作品や企業をしっかり選定しているようで、オファーをする側はハードルが高くなってしまったため、ほかの子役を起用する。芦田の“後輩”鈴木は、本来なら芦田に入る仕事も回ってくることになりそうだ」(芸能プロ関係者) いずれにせよ、芦田 [全文を読む]

伝説の「低視聴率ドラマ」 面白すぎる断末魔」(1) 「家族のうた」打ち切り舞台裏

アサ芸プラス / 2012年06月12日10時54分

が、出演者のスケジュールを確保しながら、いざ台本が出来上がると、せっかく頼み込んだ役者の名前が手違いで載っておらず、プロデューサーが謝罪回りをしたり・・・」 大失敗作は局内人事にも激震をもたらす。前出・局員は渋い顔だ。 「昨年、8年間守ってきた年間視聴率三冠王の座を日テレに奪われたばかりか、今年4月にはテレ朝が開局以来となる三冠王に輝き、フジは3位にまで落 [全文を読む]

2012年 激動ニッポンを100大予告する お騒がせ男女

アサ芸プラス / 2012年01月06日10時56分

どうやらそのこともあり、疎遠だった加護ちゃんと連絡を取り合っているようで、加護の出産後に、ママタレコンビとして再出発を図る」 あまりのハードスケジュールに「目の下にクマがある」と同情的なトーンが目立つ芦田愛菜(7)。子役タレントが次々と使い捨てられる中、同じく消え去ってしまうのだろうか。 佐々木氏が続ける。 「愛菜ちゃんの場合は、他の子役とは一線を画す本物 [全文を読む]

フォーカス