居酒屋 鳥貴族に関するニュース

白木屋モンテローザの業績が急激に悪化。「鳥貴族」旋風が追い打ち

まぐまぐニュース! / 2017年08月01日05時00分

「白木屋」「魚民」「笑笑」などで知られる居酒屋チェーン「モンテローザ」が、ここに来て急激に傾き始めています。今回の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では、著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが同社の問題点を探るとともに、復活のカギを握る焼き鳥居酒屋業態について解説しています。 「白木屋」などを展開するモンテローザが27 [全文を読む]

28年ぶり値上げも“絶妙なタイミング”だった! 鳥貴族の戦略に外食産業が追随する?

週プレNEWS / 2017年09月09日06時00分

サイフに優しい低価格でサラリーマンや学生から熱狂的な支持を得てきた焼き鳥居酒屋チェーン大手の「鳥貴族」が10月1日からメニューを値上げすることになった。 フード、ドリンク全品が298円に、2時間飲み放題・食べ放題2800円の人気コース「28とりパーティー」も2980円(いずれも税別)の「298とりパーティー」になる。 鳥貴族が大阪で第1号店をオープンしたの [全文を読む]

4時間飲んでも1人1600円…究極の激安居酒屋に行ってみた

デイリーニュースオンライン / 2014年11月19日15時00分

居酒屋での宴会は大人の楽しみの一つだ。しかし、この楽しみは安いものではない。最近は全品280円均一の居酒屋チェーン「鳥貴族」が勢いを伸ばしており、また、千円以下でベロベロに酔える酒場が「せんべろ」と呼ばれて話題になったりしているが、一品一品が安くとも、場が盛り上がり滞在時間が延びていくと、結構なお値段になってしまうのもしばしばである。 関連サイト/ だが、 [全文を読む]

鳥貴族の全品値上げ、背景に「改正酒税法」も 居酒屋の悩みは人件費高騰だけではない

東洋経済オンライン / 2017年09月04日08時00分

「そもそも居酒屋で働こうと思う人が減っている。バイトの時給をそうとう上げざるをえない」と購買担当者は嘆く。 同社は約2年前に280円均一を維持するためのプロジェクトを立ち上げるなど、さまざまなコストを削減してきた。だが、業界を覆う人手不足の影響を避けることができなかった。 ■法改正がじわり影響 もう一つ、見逃せない要因がある。6月に施行された改正酒税法だ。 [全文を読む]

均一価格居酒屋のブーム再び 「2000円で本気飲み」が攻防線

NEWSポストセブン / 2016年09月22日07時00分

そんな中、ブーム再来とばかりに熱い戦いが繰り広げられているのが「均一価格居酒屋」だ。 均一居酒屋のトップをひた走るのは、主力の焼き鳥から釜飯などのサイドメニュー、アルコール類まですべて280円均一(税抜き)で提供する「鳥貴族」。2016年7月期の決算は前期比31.3%増の245億円を叩き出し、営業利益も過去最高の15.9億円を記録した。 今年8月には千葉県 [全文を読む]

鳥貴族の決断に見える激安居酒屋の限界価格 28年ぶり値上げの本音と外食産業への影響

東洋経済オンライン / 2017年09月07日08時00分

それは鳥貴族が28年間も続けてきた「全品280円均一」が、居酒屋チェーンの最安料金の象徴であり、大衆的な人気ブランドとして認識されているからにほかならない。鳥貴族は創業社長の大倉忠司氏(58)が1985年に東大阪市の近鉄線俊徳道駅前に1号店の「俊徳店」を開店したのが始まりだ。開店2年目に「全品250円均一」をスタート、繁盛させた。1989年4月、消費税3% [全文を読む]

外食の「ちょい飲み」が好調すぎて、街の居酒屋を潰しに来ている

まぐまぐニュース! / 2017年04月21日05時00分

今回の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、牛丼店・コンビニ・ファミレスなど、居酒屋ではない業態でありながら「ちょい飲み」の波に乗り業績を伸ばしている企業を紹介しつつ、その裏で苦境に立たされている居酒屋の今後についても考察しています。 「ちょい飲み」企業の業績が好調。鳥貴族などの [全文を読む]

打倒マクドナルド。「牛角」がフレッシュネスバーガー買収で殴り込み

まぐまぐニュース! / 2016年10月20日05時00分

コロワイドは当初、「甘太郎」などの居酒屋を主体として事業を広げていきました。その後、M&Aにより事業の多角化を進めていきます。例えば、05年にはレストラン「ステーキ宮」などを展開するアトムを連結子会社化し、14年には回転寿司店「かっぱ寿司」などを展開するカッパ・クリエイト(HD)を子会社化しています。 コロワイドの礎を築いた居酒屋業態の市場環境は厳しさを [全文を読む]

関ジャニ∞の番組で「鳥貴族」が紹介されてファンが騒然となった「理由」

アサ芸プラス / 2017年09月05日17時58分

全国展開している人気焼き鳥居酒屋「鳥貴族」の話題が取り上げられたのだ。まずはSNS上の反響を見てみよう。「まさかのサタプラで鳥貴族」「サタプラ鳥貴族の話題とかいいの?」「サタプラで鳥貴族が取り上げられるとは!」 などなど、一様に驚きの声が挙がっている。テレビ番組で「鳥貴族」について触れるのはNGとでもいうのだろうか? 「そんなことはありません。この番組は関 [全文を読む]

ワタミ、危機を招いた鳥貴族らとの低価格戦争敗北と、「黒」へ転換による客離れ

Business Journal / 2015年11月25日06時00分

これを引き金にデフレは一層進み、居酒屋市場は接待需要などが激減した。これを機に主力の「和民」「坐・和民」「わたみん家」など、客単価3000円クラス以上の店舗で“客離れ”が起こった。 そこを襲ったのが09年に中堅居酒屋チェーンの三光マーケティングフーズ(東京都豊島区)が仕掛けた「全品270円均一 金の蔵Jr.」の低価格・均一戦争であった。金の蔵Jrは大ヒット [全文を読む]

鳥貴族、奇跡の経営 なぜ激安でも本物の味?高コストでも質追求、コストダウン徹底…

Business Journal / 2015年09月11日06時00分

東日本大震災(2011年)前のデフレ全盛期にブームを巻き起こした、均一価格の激安居酒屋チェーン。大手が次々と撤退してゆくなかで生き残ったのが、創業期から30年間、280円(税抜き)の均一価格で愚直に味と品質にこだわり続けてきた焼き鳥が看板の居酒屋「鳥貴族」だ。同社はなぜ生き残れたのか。●居場所がなくなった激安居酒屋 「270円均一」「300円均一」などの「 [全文を読む]

「和民」「白木屋」も苦戦 老舗居酒屋はなぜ飽きられたか

NEWSポストセブン / 2017年09月06日07時00分

「和民」「白木屋」「甘太郎」など1980年代後半から1990年代に一世を風靡し、主要駅前の“居酒屋ビル”が名所になるほど多店舗化を進めてきた老舗の総合居酒屋チェーンが、いま軒並み苦戦を強いられている。 市場調査会社の富士経済によると、2010年に2兆1492億円もの売上高があった巨大な居酒屋・炉端焼市場は右肩下がりを続け、2016年は1兆7751億円まで落 [全文を読む]

鳥貴族vs鳥二郎の“丸パクリ”訴訟、みんな同系列だと思っていた?

週プレNEWS / 2015年05月11日06時00分

鳥貴族と鳥二郎という名称の観念も“貴族”は高級な印象、“二郎”は大衆的な印象を受けますのでこちらも違いを主張できそうです」 メニューや立地に関してはどうでしょう? 「料理に商標権はないので、不正競争防止法の観点で訴えることになると思いますが、見た目が似ていると言い出すと、ほかの居酒屋の焼き鳥メニューすべてと比べることになりかねず、キリがありません。立地に関 [全文を読む]

鳥貴族、28年ぶり一斉値上げの「本当の理由」

Business Journal / 2017年09月17日06時00分

居酒屋業界は、ファミリーレストランなどの「ちょい飲み」や自宅での「家飲み」の普及を受けて低迷が続いている。業態による明暗がはっきりしてきた。手頃な価格でなんでも食べられる総合居酒屋が大苦戦している一方、焼き鳥や串カツ、浜焼きといった特徴を持つ居酒屋は比較的好調だ。 低価格の鳥貴族は、デフレの“勝ち組”といわれた。鳥貴族は大倉忠司氏が1985年に東大阪市の [全文を読む]

居酒屋の生ビール、1mlあたり一番安いのはどこ? 抜き打ちで計測してみた結果は…

日刊SPA! / 2017年08月22日08時45分

仕事帰りの一杯で何気なく選んでいる居酒屋チェーン。しかしドリンクのメニューを見ると、各店で値段もだいぶ違ってくる。1番お得に生ビールとウーロンハイを飲める居酒屋チェーン店はどこなのか。そこで今回は週刊SPA!が実施したアンケートで利用頻度が高いと答えた上位5軒の居酒屋チェーンの生ビールとウーロンハイを抜き打ちで計測し、コスパランキングを作成。各店の生ビール [全文を読む]

ホリエモン×ひろゆきが予測するファミレスの消滅「一億総中流という日本人の感覚がどんどんズレていってる」

週プレNEWS / 2016年12月15日06時00分

激安居酒屋や「コンビニ飲み」が増える中、ファミレスや居酒屋の未来はどうなるのか? 『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏は、コンビニの“セルフ居酒屋”化に注目する。 * * * ホリ ロイヤルホスト(以下、ロイホ)が24時間営業をやめるらしいね。しかも、定休日 [全文を読む]

激安の“270円均一居酒屋” ここまで安くなぜ潰れないのか

NEWSポストセブン / 2013年01月12日07時00分

最近、繁華街に急増しているのが、『金の蔵Jr.』や『鳥貴族』といった「270円均一」「280円均一」などをうたう居酒屋である。 ファイナンシャルプランナーで『図解!お客には言えない儲けのカラクリ』(永岡書店刊)の監修者・洞口勝人氏によると、「居酒屋の場合、原価率は約3割程度」というが、この安さで本当に儲かっているのだろうか。 「メニューには原価の高いお値 [全文を読む]

レシピサイトでも人気!ぺこの好きな「とろろ焼き」は、チェーン居酒屋の味だった

アサジョ / 2017年09月21日18時14分

ちなみに、鳥貴族は、チェーンの焼き鳥居酒屋のこと。とろろ焼きは、正式には「ふんわり山芋の鉄板焼」というメニューで、山芋をベースにしたものだそう。フワッ、トロッとしているのに、ホクホクとした食感も味わえる、同店の人気メニューのようです。 ぺこさんがある日、鳥貴族でとろろ焼きを注文したところ、店員さんがマヨネーズで「Thank You」と書いてくれたとか。こ [全文を読む]

ゼンショー小川社長が語った「M&Aで一番重視していること」 外食チェーン「国盗り物語」最新勢力図 #2

文春オンライン / 2017年09月15日11時00分

ファミレスが誕生した黎明期、居酒屋御三家が入れ替わったデフレ期( #1 参照)に続き、牛丼、回転寿司、激安焼き鳥居酒屋など、近年の主戦場の実態に迫る(文中敬称略)。 出典:「文藝春秋」2017年9月号(全2回) 牛丼戦争の勝者―M&A期 牛丼戦争。それは2000年代の外食チェーン業界における最重要事項だ。デフレ期を勝ち抜いた牛丼チェーンは、2000年代の外 [全文を読む]

現役のぼったくり居酒屋キャッチが明かす、こんな客が狙われる!

週プレNEWS / 2015年03月10日06時00分

4月の歓送迎会シーズンを前に気をつけたいのが「ぼったくり居酒屋」。お得な呼び込みに釣られてお店に行ったら、最初に聞いていた金額をはるかに超える請求額が…なんて事件が頻発しているのだ。 では、ダマされないためには何に気をつければ? 歌舞伎町など東京の繁華街で客を狙う、現役の「ぼったくり居酒屋キャッチ」3人が明かす、その手法とは…。 ●ヨシオさん(仮名・25歳 [全文を読む]

フォーカス