ニュース 金正男に関するニュース

現実味を帯びてきた北朝鮮への先制攻撃。手を下すのは米国か中国か

まぐまぐニュース! / 2017年03月02日05時00分

歴史を見る目が変われば、いま日本周辺で何が起きているかがわかる! 出典元:まぐまぐニュース[全文を読む]

金正男氏の息子、キム・ハンソル氏と中国の動向――中国政府関係者を取材

ニューズウィーク日本版 / 2017年02月27日13時50分

2月19日付け本コラム「金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材」で述べたように、中国は、2月16日の昼のニュースまでは、「金という姓の朝鮮籍男性」としか報道していなかったが、16日午後からは「金正男」とフルネームで報道するようになった。というのも、2月16日にマレーシアのザヒド副首相が、詳細な情報は警察当局から発表されるだろうとしな [全文を読む]

金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

ニューズウィーク日本版 / 2017年02月20日07時36分

中国政府メディアの報道の仕方中国の中央テレビ局CCTV系列は、金正男(キム・ジョンナム)氏が2月13日にマレーシアのクアラルンプール国際空港で毒殺されたことに関する報道で、2月16日昼のニュースの時点でもなお、「金という姓の韓国籍男性」が殺害されたという形での報道しかしていなかった。これに関して、日本の多くのメディアが「中国が困惑している証拠」という主旨の [全文を読む]

北朝鮮・金正男氏が「暗殺」報道 「ディズニー好きなのに」と惜しむ声

しらべぇ / 2017年02月14日21時00分

(画像は「わが民族同士グラビアページ」からのスクリーンショット)北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男氏が「殺害された」というニュースをKBS(韓国放送公社)や聯合ニュースが報じた。「北朝鮮の女性工作員による暗殺」との報道も見られる。あまりに突然のニュースにネット民からも驚きの声が上がり、Yahoo!リアルタイム検索でも「金正男」がトレンド1 [全文を読む]

<コラム>金正男氏の訃報に思わず声が出た、3冊の本を読み彼を悼む

Record China / 2017年02月16日10時00分

スマートフォンにインストールしてある聯合ニュースアプリからの一報を見た瞬間、帰り道の電車の中だったが思わず声が出た。 東京新聞記者の五味洋治氏がその著作「父・金正日と私 金正男独占告白」(文藝春秋)で、金正男氏とのメールのやりとりとインタビューをまとめている。メールのやりとりでも、また直接のインタビューでも、金正男氏は終始冷静かつ俯瞰(ふかん)的な視点で、 [全文を読む]

なぜ米国務長官は、同盟国でもない中国に「平身低頭」なのか?

まぐまぐニュース! / 2017年04月04日16時40分

この理由について、4月13日に創刊される有料メルマガ『石平の中国深層ニュース』の著者で、中国出身の評論家・石平(せきへい)さんは、中国の実態に迫る新創刊メルマガのサンプル号にて、日本人の多くが知らないであろう「恐ろしい推察」を紹介しています。 「北朝鮮危機」を利用してトランプ政権を屈服させた中国 その戦略の限界 今年3月18日、東アジアを歴訪中の米国のティ [全文を読む]

金正男「韓国、北朝鮮、日本、いつか世界の壁がなくなればいいのに......」 10年以上追い続けた記者の記憶に残り続ける言葉

ニコニコニュース / 2017年02月18日09時30分

すべての写真付きでニュースを読む会社のデスクに置手紙を残してまで会いに行った五味: ご紹介いただきました五味と言います。今日は日本語でお話しさせていただきます。今回の金正男さんの毒殺については、個人的にも非常にショックを受けております。私だけではなくて、私の妻も非常にショックを受けていて、昨日も夜に何回も泣いておりました。 本の話もありましたが、本の出版を [全文を読む]

【金正男氏殺害】当初沈黙していた中国政府と官製メディアー今事件をどう伝えているか?

Global News Asia / 2017年03月11日15時57分

2月13日事件発生の翌14日に、韓国発で世界へ報じられ日本でも連日のようにトップニュースとなったのは記憶に新しいと思う。 中国は、地方紙やインターネットメディアは金一族の家系図などを用いて、詳細に事件を伝えるメディアもあったが、政府系の官製メディアは沈黙し続けた。15日午後の外務省の定例記者会見で、報道官が事件について初めて触れ、マレーシア警察の捜査の進展 [全文を読む]

中国からレポート。金正男暗殺はどう報じられ、どう思われてる?

まぐまぐニュース! / 2017年03月03日18時30分

朝鮮【朝鲜】 2月中旬の日本で賑わったニュース、それは「マレーシアで起きたあの一件」ではないでしょうか?中国ではどんな報道がされているのでしょうか? 中国のインターネットのニュースを見ていたのですが、事件が起きた当時の空港の様子、関係したとされるベトナム人、マレーシア人などの人物像の紹介、VXガスとはどんな毒ガスなのか等、日本と類似したニュース報道がされ、 [全文を読む]

【金正男氏殺害】韓国の祈願的な偏狭報道「中国からの北朝鮮旅行客激減」の実態

Global News Asia / 2017年02月28日05時53分

2017年2月27日、韓国の地上波テレビ「MBC」は、20日午後8時10分配信のニュースで、マレーシアで発生した北朝鮮の金正男氏殺害事件の影響で、中国人の北朝鮮への旅行ツアーが次々と中止になっていると報じた。 韓国MBCニュースによると、12日のミサイル発射実験。13日の金正男氏殺害事件で、北朝鮮へ渡航する90パーセント以上を占める中国人の北朝鮮ツアーキャ [全文を読む]

北朝鮮と中国、すでに戦争準備体制か…北朝鮮は体制崩壊も、「関係破局を準備せよ」

Business Journal / 2017年03月01日06時00分

中国国営の中国中央テレビ(CCTV)は事件発生から11日後の2月24日午前7時からのニュース番組『朝聞天下』で、金正男氏殺害の事件を取り上げ、マレーシア警察の記者会見や韓国政府や韓国市民らの反応のほか、同テレビの平壌特派員の現地リポートも含めて、計10分報じた。番組の放送時間は30分なので、全体の3分の1と重要ニュース並みの扱いだ。 特に、平壌特派員のリ [全文を読む]

「俺たちのまさおが…」金正男暗殺の一報にネット民が落胆、その理由とは?

アサ芸プラス / 2017年02月16日16時40分

2月14日夜に突如飛び込んできた、北朝鮮の故・金正日長男、金正男氏の暗殺のニュース。北朝鮮情勢を注視する国際社会だけでなく、日本のネット民の間にも大きな衝撃が走った。 その証拠にツイッターのトレンドワード1位には「金正男」、10位以内に正男(ジョンナム)を日本語読みにした「まさお」がトレンド入りしたほか、短時間のうちに複数の掲示板で話題になるなど、関心の高 [全文を読む]

近藤春菜、金正男氏のワイプに映った姿が「そっくりすぎる」と困惑の声

しらべぇ / 2017年02月15日18時00分

日本でも大々的に報道され、ニュース番組でも特集が組まれている。事件の内容にも注目が集まるが、この騒動が、15日放送の『スッキリ!!』(日本テレビ系)に出演した近藤春菜に飛び火した。■近藤春菜のワイプに「完全にそっくり」同番組では、金正男の家系図に触れる。その中で、近藤はワイプで顔を抜かれていたのだが、その表情から「家族にしか見えない」と、そっくりすぎること [全文を読む]

【時事英単語】「異母兄弟」「映画興行収入」は英語で何と言う?

まぐまぐニュース! / 2017年03月01日12時09分

メルマガ「RNN時事英語辞典メールマガジン」では、毎週気になるニュースに出てきた時事英語を、例文・語彙チェッククイズとともに紹介しています。今回も、5つの時事英語をニュースや例文とともに見てみましょう。 half brother(異母兄弟) ■金正男氏暗殺、正恩氏指示か─韓国当局 heavy snowfall(大雪) ■西日本の日本海側などで大雪 A ra [全文を読む]

【金正男氏殺害】マレーシアメディア襲撃直後の金正男氏を写真掲載 北朝鮮に対するイメージ悪化が進む

Global News Asia / 2017年02月19日11時52分

クアラルンプールの現地メディアは実行犯2人の女性が拘束され、監視役とされた男性4人のうち2人も拘束とのニュースを報じるなど次々と最新情報が発信されている。 金正男氏とされる男性の写真を報じた中国報は、中国のニュースを引用する形で、金正男氏死亡の一報を聞いた異母弟である金正恩党委員長はソファーに倒れ込んで嗚咽を漏らして泣いたと報じた。その後も悲しみに暮れ泣 [全文を読む]

暴走するワイドショー 金正男氏暗殺関連で

Japan In-depth / 2017年02月18日10時36分

日本で身柄拘束されたこともある故金日成の長男金正男(キム・ジョンナム)氏の暗殺のニュースがこれだけの耳目を集めるのは当然のことだろう。つい最近、12日に北朝鮮は弾道ミサイルを発射したばかりでもある。その中で同番組は、金正男氏の長男、金漢率(キム・ハンソル)氏が「次の(暗殺の)ターゲット」だと大々的に報じたのだ。金漢率氏については2012年に海外テレビ局のイ [全文を読む]

「北朝鮮は惜しい人材を亡くした」金正男暗殺事件をコリア国際研究所の所長・朴斗鎮氏が解説

ニコニコニュース / 2017年02月15日22時30分

北朝鮮の故・金正日総書記の長男である金正男がマレーシアで暗殺されたというニュースが突如舞い込んできた。 niconicoでは、韓国のニュース『KBS World 24 最新情報』を中継。その番組内のコーナーで、コリア国際研究所 KIIの所長である朴斗鎮氏を招き、金正男の暗殺事件を解説してもらうとともに、それに関連したユーザーの質問に答えてもらった。すべての [全文を読む]

外交で孤立する北朝鮮、頼みの綱は日本人コック?=韓国ネット「まるでコメディー」「孤立に追い込まれているのは韓国も同じ」

Record China / 2017年03月03日16時40分

これまで藤本氏について言及してこなかった北朝鮮当局が突然ニュースにした背景に注目が集まっている。 藤本氏が北朝鮮メディアに登場したのは今回が初めて。藤本氏は昨年8月に北朝鮮入りした後、音信不通となっていた。先月、平壌で藤本氏に会ったという消息筋は「失踪説などのうわさも流れていたが、彼は元気に暮らしている」と説明した。また、朝鮮新報は藤本氏が材料や調味料を購 [全文を読む]

金正男、毒殺の謎…北朝鮮の暗殺手法はKGB直伝だった!

週プレNEWS / 2017年02月20日18時00分

(取材・文/本誌ニュース班&世良光弘 写真/ゲッティ) [全文を読む]

「金正男暗殺に使用された毒」はどれか科学ライター・クラレが徹底検証! リシン、VX、ボツリヌストキシン…!?

tocana / 2017年02月20日14時45分

ニュースとして記憶に新しいのは、2006年に起きた「ポロニウム」による元KGBのアレクサンドル・リトビネンコ氏の暗殺ではないでしょうか。また、オウム真理教も90年代に「VX」を使った暗殺事件を起こしています。■暗殺の歴史/現代の毒殺とは? 本連載では、これまで暗殺に利用されてきた「ヒ素」や「タリウム」、そして「リシン」といった毒物を解説してきましたが、司法 [全文を読む]

フォーカス