橋下徹 桜井誠に関するニュース

舛添知事辞任後は誰が都知事になってほしい?都民に緊急調査した結果…

しらべぇ / 2016年06月16日14時17分

■都知事候補にピックアップした人物(1)橋下徹(前大阪市長・弁護士)大阪では絶大な人気を誇った橋本氏。都知事には立候補しないようだが、立候補してほしいという声も多い。(2)東国原英夫(元宮崎県知事・タレント)宮崎県のPRで数億円の経済効果をもたらした実績がある東国原氏。都知事には立候補しないと発言しているが、橋下氏と同じく立候補してほしいという声も多い。( [全文を読む]

大阪市長・橋下徹VS在特会会長・桜井誠 恫喝バトルを裏組織の人物がジャッジ!(3)桜井氏の方が一枚上手?

アサ芸プラス / 2014年11月06日09時56分

中野氏がここまでの流れを解説する。 「橋下さんも感情的になりすぎです。言い分を聞いて、最後にやり返せばいいんですよ。その武器を用意していない。かけ合いの名人と呼ばれた親分の武器は『目』。ひとにらみで相手にブルかませる(震え上がらせる)んですよ」 終盤においても、議論は「やめろ」「やめない」の応酬になる。 橋下氏「だから、民族をひとくくりにして言うな。朝鮮人 [全文を読む]

大阪市長・橋下徹VS在特会会長・桜井誠 恫喝バトルを裏組織の人物がジャッジ!(2)緊張感でペースに持ち込む

アサ芸プラス / 2014年11月05日09時56分

評論家の渡邉哲也氏は、「ヘイトスピーチ」を両者が争点としたことに疑問を呈する。 「一部の特定勢力が『ヘイトスピーチ』(憎悪表現)と表現しているのですが、『ヘイト』の根拠が明確ではない状態で『スピーチ』を問題にすることは、言論の自由を侵す危険性があります。暴力的な発言、暴力行為、威嚇行為は通常の法律でも刑法に反します。特定の民族ではなく誰に対してもいけないと [全文を読む]

大阪市長・橋下徹VS在特会会長・桜井誠 恫喝バトルを裏組織の人物がジャッジ!(1)討論序盤から激突モード

アサ芸プラス / 2014年11月04日09時56分

橋下徹大阪市長が、「在日特権を許さない市民の会」の桜井誠会長を呼び出し、公開討論会に及んだからだ。平行線のままつかみ合い寸前までヒートアップした両者のバトルはわずか10分で終了。醜悪な結果を現役裏組織の人物がおんどりゃ~っとジャッジした! 「僕の意見を聞くんじゃなくて‥‥」 「いや、アンタが言いだしたことやろ!」 「『アンタ』じゃねえだろ」 「オマエでいい [全文を読む]

桜井誠氏が結党大会 マスコミは今回も放置するの?

NEWSポストセブン / 2017年03月06日07時00分

かつて大阪でのヘイトスピーチを許さないとした橋下徹・前大阪市長と公開バトルを行ない、「お前なぁ」「お前って言うな!」と罵り合いをし、全国放送された。 過去の桜井氏の言動は一度チェックすることをお勧めする。 ※週刊ポスト2017年3月17日号 [全文を読む]

在特会桜井誠元会長 都知事選出馬表明のメリットとは

NEWSポストセブン / 2016年06月28日16時00分

誰? と思うかもしれないが、大阪市長だった橋下徹と「お前」「お前っていうな」と議論にもならない茶番を繰り広げた小太りメガネの男と言えばわかるかもしれない。 桜井や彼が所属していた在特会がデモやツイッターで展開する主張は、「日韓断交」「在日韓国人が持つ特権を剥奪せよ! 日本人差別はやめろ」「在日は韓国に帰れ」といったものだらけで、基本的には「韓国嫌いな人々に [全文を読む]

安田浩一氏「在特会は崖っぷち状態まで追い詰められている」

NEWSポストセブン / 2015年01月13日16時00分

ヘイトスピーチ批判の高まりや、橋下徹・大阪市長との「意見交換」という名の罵り合いなどもあり、一般に認知されるようになった同会だが、安田氏は設立以来の岐路に立っていると見る。 * * * 2006年末、桜井誠氏を会長に担ぎ上げ、取り巻きのネット右翼が集まって結成された在特会。設立当時わずか500名だった会員は現在、1万5000人にまで増えた。いまも全国各地で [全文を読む]

安田浩一氏 ヘイトスピーチする理由で納得回答得たことなし

NEWSポストセブン / 2015年01月11日16時00分

「オマエみたいなのはな、許せねえって言ってんだよ!差別主義者!」「だったらやってみろよ!」 昨年10月20日におこなわれた橋下徹大阪市長と桜井誠在特会会長(当時)の「公開討論」。フタを開けてみれば罵倒の応酬に終始した。 この会談によって在特会は俄かに世間の注目を集めることとなった。これまで取材を重ねてきた私もまた、同会について尋ねられる機会が増えたが、内 [全文を読む]

橋下市長VS在特会代表、海外報道は呆れ気味 大阪市のヘイトスピーチ規制の可能性に注目も

NewSphere / 2014年10月22日18時44分

橋下徹大阪市長と、在日特権を許さない市民の会(在特会)会長、桜井誠氏によるヘイトスピーチをめぐる議論の場が20日に持たれた。正味10分も持たず終了となった議論の動画は国内で多くの視聴を集めたが、どうやら海外でも注目されたようだ。◆一触即発の事態に発展 この議論は「意見交換」と銘打たれていた。しかし、交換されそうになったのは拳だった、とウォール・ストリート・ [全文を読む]

ヘイトスピーチ議論

NewsCafe / 2014年10月22日15時00分

民族や国籍などを理由に憎悪や差別の感情表現を示す「ヘイトスピーチ」を巡って、20日、大阪市の橋下徹市長と、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の桜井誠会長が面会し、意見交換を行いました。議論という議論にならず、怒号も飛び交う中で、30分の予定でしたが、10分弱で終わりました。動画サイトで見ることもできますが、これでは議論というよりも口喧嘩という印象でし [全文を読む]

橋下大阪市長と在特会・桜井会長の会談に在日女性が懸念抱く

NEWSポストセブン / 2014年10月21日16時00分

10月20日、大阪市の橋下徹市長と「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の桜井誠会長が、大阪市役所で面談した。以前から「ヘイトスピーチを大阪市内でやめてもらえるなら直接僕が対応してもいい」と発言していた市長と、桜井会長の面談は当初30分の予定だったが、橋下市長が「帰れ」と桜井会長に言ったことで、8分程度で終了した。「君たちね、ごろつきメディアを呼んだつも [全文を読む]

橋下徹と在特会の対決はプロレス? 維新とヘイト極右団体の「接点」

リテラ / 2014年10月04日19時00分

「在日特権を許さない市民の会」(在特会)をはじめとする極右ヘイト団体と、安倍晋三首相以下、政権の中枢をなす閣僚たちとの親密な関係が次々と明らかになる中、案の定と言うべきか、橋下徹・大阪市長が注目を集めている。といっても、「ヘイト団体幹部との写真」や「20年の付き合い」のような話ではなく、在特会・桜井誠会長との〝直接対決〟が近々実現しそうだというのである。た [全文を読む]

フォーカス