大沢たかお 佐藤健に関するニュース

佐藤健、『天皇の料理番』15.1%発進! 「ブス帰れ」合コンで人気急落後の夜遊び事情

サイゾーウーマン / 2015年05月03日12時45分

大沢たかお主演のヒット作『JIN‐仁‐』のスタッフが再集結するなど、局サイドの期待も高い一作だ。 「ネット上では佐藤について、『坊主頭が似合いすぎ』『やっぱり役者としては大好き』と反応も上々。今後の視聴率推移にも注目が集まっていますが、一部では『ヒロイン役の黒木華に、ブスって言ってないか不安』などと、過去のスキャンダルを茶化す声もありますが」(芸能ライター [全文を読む]

最強の“共演者キラー”綾瀬はるか、反感を買わない理由とは? 現場スタッフが明かした真相

tocana / 2017年03月31日09時00分

これまでに、04年のドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(同)や06年の『白夜行』(同)で共演した俳優・山田孝之や、09~11年の『JIN -仁-』シリーズで共演した大沢たかお、13年のNHK大河ドラマ『八重の桜』の共演俳優・西島秀俊に、同年の映画『リアル ~完全なる首長竜の日~』の佐藤健、さらに翌年の映画『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』の松坂桃李など、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】斎藤工が初首位 福山雅治“ましゃロス”の影響は!? 『独身女性が抱かれたい男ランキング』

TechinsightJapan / 2015年12月28日20時25分

■2015年独身女性が抱かれたい男~日本人部門トップ30~ 1位 斎藤工 (↑) 2位 福山雅治 (↑) 3位 西島秀俊 (↓) 4位 竹野内豊 (↑) 5位 北村一輝 (↑) 6位 綾野剛 (↑) 7位 鈴木亮平 (↑) 8位 松坂桃李 (↑) 9位 大沢たかお(↑) 10位 松本潤 (↑) 11位 阿部寛 (↑) 12位 玉木宏 (↓) 13位 向井 [全文を読む]

斎藤工が1位!2015年独身女性が抱かれたい男ランキング 毎年恒例、独身女性向けWEBマガジン「東京独女スタイル」が2015年版を発表

@Press / 2015年12月28日10時00分

■2015年独身女性が抱かれたい男~日本人部門トップ30~1位 斎藤工 (↑)2位 福山雅治 (↑)3位 西島秀俊 (↓)4位 竹野内豊 (↑)5位 北村一輝 (↑)6位 綾野剛 (↑)7位 鈴木亮平 (↑)8位 松坂桃李 (↑)9位 大沢たかお(↑)10位 松本潤 (↑)11位 阿部寛 (↑)12位 玉木宏 (↓)13位 向井理 (↓)14位 真田広之 [全文を読む]

「キスしたい芸能人」ランキング、1位に輝いたのは話題のアノ人!

Woman Insight / 2015年10月19日12時45分

今後、好きなカレにキスしてほしいとき、雰囲気作りの参考になるかも? では続いて、お待ちかねの「キスしたい男性芸能人」ランキングをチェック! ◆【女性回答】あなたがキスしたいと思う男性芸能人は誰ですか? 【同率9位】 大沢たかお(10.6%) 【同率9位】 玉木宏(10.6%) 【同率9位】 松本潤(10.6%) 【同率7位】 綾野剛(11.5%) 【同率7 [全文を読む]

『花燃ゆ』視聴率低迷の救世主はSMAP・木村拓哉!? 過去には幻の“キムタク大河”構想も

サイゾーウーマン / 2015年02月24日12時45分

「視聴者の“大河離れ”を意識して『花燃ゆ』は特に若年層をターゲットにし、主演の井上真央を取り囲むように大沢たかお、伊勢谷友介、高良健吾、東出昌大といった話題のイケメン俳優らを揃えて発進。しかし、進む話数と反比例するように、平均視聴率ワーストを更新し続け、2月15日放送回ではついに11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)にまで落ち込んでしまいまし [全文を読む]

石原さとみ、EXILE・岩田剛典と密会報道も……“本当に結婚したい”別のお相手

サイゾーウーマン / 2014年11月15日13時00分

大沢たかおの自宅まで、綾瀬を事務所スタッフが車で送迎していたことは有名だろう。 「一方でホリプロは、いよいよ結婚となればマスコミを通じてファンに発表し、場合によっては香椎由宇や藤原竜也のように、若手ながらキチンと記者会見まで行うという律儀さもある。特に香椎は、交際のウワサ程度しかなかったオダギリジョーといきなり2ショットで会見して、大きな話題となりました」 [全文を読む]

綾瀬はるかの“処女のこじらせ女子”役にネットからは「無理がある」との指摘

メンズサイゾー / 2014年07月24日09時00分

また、プライベートでは過去に大沢たかお(46)や佐藤健(25)との熱愛がささやかれたことがある綾瀬。しかし、最近ではあまり恋愛面での話題はなく、どちらかと言えば浮いた話が少ない女優のひとりだろう。そんな彼女が今回、“こじらせ女子”に起用されたのはなぜだろうか。 「今回の役は、いかにも美人な女優が演じるとかえってあざとさが出てしまい、同性からの共感を得にく [全文を読む]

フォーカス