高岡早紀 菅野美穂に関するニュース

安達祐実や元オセロ中島も脱いだけど…、最近のヌード写真集事情

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月22日07時20分

たとえば、同じく91年には樋口可南子の『water fruit』(朝日出版社)、島田陽子の『キール・ロワイヤル』(竹書房)、93年には川島なお美の『WOMAN』(ワニブックス)、95年には高岡早紀の『one,two,three』(ぶんか社)。女流将士の林葉直子が『CONFESSION 告白』(竹書房)を発売したのも95年。いわゆる、ヘアヌードブームの到来だ [全文を読む]

1990年代 なぜ大物女優たちは次々に脱いだのか

NEWSポストセブン / 2016年06月19日16時00分

1993年には杉本彩が24歳、1994年には武田久美子が25歳、1995年には高岡早紀が22歳でヘアを露わにし、さらなる飛躍のきっかけとした。女優として伸び悩んでいた川島なお美は32歳の時に出版した『WOMAN』が55万部を売り上げ、その後ドラマ『失楽園』などで地位を築いた。過去に200冊以上の写真集を制作した編集者がいう。 「脱げば女優としてさらに売れ [全文を読む]

「鮮烈デビュー型」と「イメチェン型」アイドルが脱ぐ2つの理由

WEB女性自身 / 2015年10月14日06時00分

「『鮮烈デビュー型』は、壇蜜や高岡早紀のように、デビュー初期の時点で、『私はコレくらいできる』と潔く脱ぐパターン。失うものがないからプラスになります。『イメチェン型』は、鈴木杏などがあてはまるが、失敗しやすい。清純派アイドルや子役出身はどうしても、脱がされる痛々しさが見えます。珍しく、大成功したのは 離婚芸人 のようになっていた沢尻エリカでしょうね」 ( [全文を読む]

アイドルにとっても登竜門 甲子園ポスターの歴史を振り返る

NEWSポストセブン / 2014年10月23日11時00分

起用されたのは、酒井法子(1987~1988年)、高岡早紀(1989年)、高橋由美子(1990年)など時代を彩ったアイドルたち。多くは、高校球児と同じ「高校生」時代にイメージキャラとなっている。現在は妖艶な魅力を放つ彼女たちも、10代の頃はピュアそのものだ。 1993年以降も、菅野美穂(1994~1995年)、村田和美(1996年)、松本恵(現・松本莉緒 [全文を読む]

安達祐実、映画でついにフルヌード! 30代での新境地開拓へ…

メンズサイゾー / 2014年03月04日12時00分

一糸まとわぬ姿で女の情念を演じきるという安達の他に、共演は高岡早紀や友近などの芸達者が揃っている。 同作はすでに撮影済みで、安達は「おいらん役は今までやったことがなかったのでうれしかった。演技をする上で服を着ている、着てないは関係ない」と女優魂あふれるコメントをしている。 安達といえば、デビュー30周年を迎えた昨年、初のセミヌード写真集『私生活』(集英社) [全文を読む]

フォーカス