くも膜下出血 aikoに関するニュース

「サブカル女子にケンカ売ってる」二階堂ふみ&星野源の熱愛報道に大ブーイング

メンズサイゾー / 2015年10月28日19時00分

くも膜下出血で星野が倒れた時もaikoは彼に寄り添い、星野との恋愛体験が生かされた曲もあるとされている。5歳年上であまり世間的に美人扱いはされないaikoを恋人に選んだというあたりが女性ファンのハートに刺さり、これが人気上昇につながっていた部分もあった。 また、星野のファン層はサブカル系が中心とされているが、2013年に女性ファッション誌『an・an』(マ [全文を読む]

星野源、KCO、桜井和寿――ミュージシャンを襲う脳疾患の恐怖

日刊サイゾー / 2013年01月02日09時00分

人気俳優でシンガーソングライターとしても評価の高い星野源が12月22日、くも膜下出血を発症して緊急手術を受け、当面の活動を休止すると報じられた。手術は成功し、現在は会話等を行えるほど回復しているという。 「星野さんは今、サブカル系では一番人気と言っていい人ですからね。当初は『病状は重い』という情報も出ましたが、結果的にそれは間違っていたようです。早期発見で [全文を読む]

新垣結衣も震え上がる?“星野源の元カノ”aikoの「恨み節ソング」が怖すぎ

アサジョ / 2016年12月16日10時15分

星野と歌手のaikoは、07年頃から交際が始まり、12年に星野がくも膜下出血で倒れ入院した時は、aikoが献身的に看病した。このことで双方のファンから“公認”され“応援”もされていたからだ。 ところが、14年に発売されたaikoのアルバム「泡のような愛だった」に収録された「透明ドロップ」という曲が、「好きな人に『さようなら』と言われたことを曲にした」と雑 [全文を読む]

aikoの“ジョニ男”姿に萌え! 「ストーカーMV」で星野源への未練を心配されるも払拭か?

おたぽる / 2016年02月08日09時00分

「aikoと星野は、11年に熱愛が発覚したのですが、ミュージシャン同士であること、雰囲気が似ていることから『お似合い』と、お互いのファンからも公認で、12年に星野がくも膜下出血と診断されたため、活動を休止した際にも、寄り添い支えていたことから、『星野が復帰したら結婚?』という憶測も広がっていました。しかし、星野は、復帰後に出演した映画『地獄でなぜ悪い』で [全文を読む]

星野源、大人気で両親が下した決断

NewsCafe / 2016年12月26日12時15分

デスク「この前終わったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)でブレークした星野源(35)の勢いは続きそうかね」 記者「役者として歌手として、何年も前からファンはいましたけど、確かに今年はNHK大河『真田丸』にも出るなど大ブレークだったのは間違いないですが…」 デスク「オイラも何年も前から役者のほうで注目してたけど、2012年12月にくも膜下出血になっ [全文を読む]

新垣結衣にも下ネタトーク?非イケメンなのにモテまくる星野源の魅力とは?

アサジョ / 2016年10月17日09時59分

「2012年にくも膜下出血で入院した時を振り返り、壮絶な痛みと闘いながらも『美人の看護師に座薬を入れてもらうときは“プレイ”だと妄想していた』『看護師のスカートがもっと短くならないかなって思ってた』といった話しをサラッと言っちゃうところも、好感を持って受け入れられているようです。また、嫌味のないインテリジェンスの高さも魅力の1つでしょう」(芸能記者) 宮藤 [全文を読む]

男性は星野源がモテる理由が分からない だが、女性はわかる

NEWSポストセブン / 2014年03月16日07時00分

「先月のライブでは、くも膜下出血で入院してた過去をネタにして、ミニスカのナースを2人、引き連れて登場しました。源さんは、スカートの中を覗こうとして、会場中が大爆笑。実際には、覗かないっていうのが源さんの良さ」(A子) このビミョ~な下ネタこそが彼のモテ力であると、芸能人の批評に定評があるライターの仁科友里さんは分析している。 「女性って全く性的じゃない男 [全文を読む]

フォーカス