ギター 尾崎豊に関するニュース

<社会に傷つくということ>バーで尾崎豊ばかり歌う元マネージャーの「弾き語り青年」がいた

メディアゴン / 2015年01月09日01時00分

筆者が何人かの知人たちと酒を飲んでいると、ギターの弾き語りで尾崎豊の歌ばかり歌う人がいた。歌い方もちょっと異常な感じがした。好奇心をもったので店を出る時にちょっと話しかけてみると「尾崎豊の元マネージャーだ」という。いかにも無骨な感じの人だった。簡単な話しをして連絡先を聞いた。そこから、「これが縁で何か番組が出来るか?」を考え始めた。筆者は当時から、尾崎豊は [全文を読む]

BS-TBS『Sound Inn “S”』

PR TIMES / 2016年11月17日17時16分

この曲で、ギターの練習をしていたという尾崎裕哉が、どのように歌い上げるのか?そして、ギターのテクニックも見ることができる貴重な一曲となる。3曲目は、Tomi Yoとのタッグで、自身オリジナルの楽曲で、母に捧げるために作ったというデビュー曲、「始まりの街」。この曲の編曲も担当し、今回のために、別アレンジも施してくれたのは、公私ともに仲が良いという、Tomi [全文を読む]

尾崎豊長男・裕哉 衝撃の「生き写し」歌声までの道

NEWSポストセブン / 2016年07月22日11時00分

ギターを背負う姿は、否が応でも父親の姿を彷彿とさせる。「どことなくお父さんに似てきたな、と言われるようになったんじゃないですか?」 司会の中居正広(43才)が声をかけると、裕哉は神妙な顔つきで答えた。「最近、よく言われるようになりました。大人になってからは比べることもありましたが、似ていることは素直に嬉しいです」 その後、ステージに立った彼がギターを弾き、 [全文を読む]

【公演レポ】5人組新人グループ「AKZ」、50回ライブに挑戦! ショーケース&記者会見開催

Wow!Korea / 2015年05月18日21時32分

リーダーのJMはメインボーカルが担当で、ギター&ボーカル担当のイェフンはイギリス国籍という国際派。ジンハンはダンスを担当し、J.perはアクロバットも得意なラッパー、パーカッション担当のソンゴンは名門延世大学に通う。5人それぞれがデビュー前からモデルやミュージカル界で活動し、各界の才能が集まったようなグループだ。そんな5人が東京のコリアンタウン、新大久保の [全文を読む]

尾崎裕哉 小学6年生で父・尾崎豊の歌声とシンクロ

NEWSポストセブン / 2016年09月14日16時00分

幼少期から父のマネをしていたらしく、まるで自分のコンサートのようにカーテン裏から飛び出してギターをかき鳴らすパフォーマンスみたいなことをやっていたらしくて。僕は全く覚えてないんですけど(笑い)」 彼が“父の死”と対面したのは、10才の時。一時帰国した際、祖母宅で一冊の写真週刊誌を発見した。 《痣だらけの父親が載っていた。僕はその写真を目に焼き付けようとした [全文を読む]

ギターブランドフェンダーの隠れ家で開催された大人のバースデーパーティ!尾崎豊の「I LOVE YOU」を息子が歌う

FASHION HEADLINE / 2016年04月13日12時00分

みんなの手元にはギターが描かれたインビテーションが届けられ、そこには“普段プロのギタリストしか立ち入る事のできない特別な場所”にみなさんを招いてパーティーを催したい、との記載が。何でも先日サロンで紹介した世界的ギターブランド、フェンダーミュージック株式会社(FENDER MUSIC CORPORATION)のエドワード・コール(EDWARD COLE)社長 [全文を読む]

BS-TBS『Sound Inn “S”』

PR TIMES / 2017年01月20日14時43分

しかも、バンドは、この日の続く2曲のアレンジを担当する、佐橋佳幸がギターを、冨田恵一がキーボードを担当するというスペシャルバンド。「レコーディングの時よりは、少し優しい感じを出して」、などの本間昭光のオーダーをどのように歌い上げるのか…?そして、スペシャルバンドのサウンドは…?「すごく豪華で、すごく気持ちい!」と家入が感嘆したサウンドは、最高の出来上がりと [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】尾崎豊の『卒業』 海外での意外な愛され方に驚き

TechinsightJapan / 2016年11月27日16時05分

映像では日本の詰襟学ランを着た10代か20代前半と思われる男性2人がギターの演奏に合わせて「この支配からの卒業~」と上手に歌っていた。ナレーションによると彼らは「日本人がスーダンに抱くイメージを、紛争や内戦などネガティブな一面だけでなく、ポジティブなものに変えたいとの思いから歌っている」そうだ。 VTRを見ていた番組出演者たちは彼らの歌を「うまい」と感心し [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】櫻井翔が語る“尾崎豊” 「『15の夜』も聴き続けて35歳」に息子・裕哉が大ウケ

TechinsightJapan / 2016年10月22日18時37分

『ウルトラFES』でも歌ったメジャーデビューシングル『始まりの街』を生ギターで熱唱した。演奏前には母親と米・ボストンで過ごした日々が紹介され、彼もタモリとのトークで楽曲誕生について話す。 日本に戻って大学・大学院へと進学した彼は卒業する際に母親のため「お母さんからの卒業おめでとう」という意味合いでサプライズパーティを開いた。彼が26歳の時に作った楽曲で「母 [全文を読む]

【INTERVIEW】 イ・ジョンヒョン(from CNBLUE)、「バンドでもソロでも、ファンと一緒に音楽を楽しみたいだけ」

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年07月29日18時53分

なんでもします(笑)」――「Moonlight Swing」のMusic Videoでは、ギターを持たずにダンスも披露しているが。「ダンスじゃないです! リズムに乗ってる程度です。2人のダンサーさんが踊ってくれてますが、僕は揺れてるだけで踊ってません(笑)。セットもゴージャスだし、ゴージャスな男の気分で歌いました。なかなか、いいですよね。思った以上に、楽し [全文を読む]

家入レオ、憧れの聖地・日比谷野音ワンマン公演で全国ツアーをスタート

Entame Plex / 2015年05月06日10時40分

ライブ中盤では、「16歳で上京するまでは、ギターの弾き語りスタイルで歌っていて、このキャロル・キングの『I feel the Earth move』はその当時からよく歌っていた曲です」と10代の思い出を交えて紹介し、自身初となる洋楽カバー曲を弾き語りで熱唱。さらには、昨年放送されたドラマ『Nのために』の主題歌「Silly」など、立て続けに披露。アンコール [全文を読む]

家入レオ、初の野外ワンマンとなった日比谷野音から全国ツアーがスタート

okmusic UP's / 2015年05月05日14時00分

ライヴ中盤では、“16歳で上京するまでは、ギターの弾き語りスタイルで歌っていて、このキャロル・キングの「I feel the Earth move」はその当時からよく歌っていた曲です”とMCし、自身初となる洋楽カバー曲を弾き語りで熱唱した。そして、昨年大ヒットしたドラマ主題歌「Silly」で会場を大きな静寂に包むと、終盤はライヴならではのナンバーを立て続け [全文を読む]

尾崎豊 生誕50周年記念プレミアムトレジャーボックス(トレジャーブック+豪華写真集+初公開インタビュー収録CD+オリジナルプリント)『OZAKI・50』完全予約限定発売!

@Press / 2015年04月24日08時00分

【商品名】尾崎豊 『OZAKI・50』(読み方:オザキフィフティ)〜尾崎豊生誕50年記念プレミアムトレジャーボックス〜(トレジャーブック+未発表写真を含む写真集+初公開インタビュー収録CD+オリジナルプリント)監修:須藤晃/デザイン・写真:田島照久【仕様】下記4アイテム収納豪華特製ケース付き1 トレジャーブック 『SCRAP ALLEY』菊六切判(天地26 [全文を読む]

MTV、尾崎裕哉のワンマンライブの模様を独占放送!「MTV LIVE: 尾崎裕哉 -LET FREEDOM RING TOUR 2017-」

PR TIMES / 2017年04月24日13時27分

10年間にわたるボストン滞在中に、歌唱力を磨きながらギターとソングライティングを取得。帰国後、ラジオのナビゲーターなどの活動を経て、2016年にデジタルファーストシングル「始まりの街」をリリース。今年3月には、初のフィジカルCD作品となる1st EP「LET FREEDOM RING」を引っ提げた全国ツアー「HIROYA OZAKI "LET FREEDO [全文を読む]

ABC-MART『CONVERSE ALL STAR 100』新TV-CMのお知らせ

DreamNews / 2017年04月04日11時00分

新TV-CM(15秒)動画: 石崎ひゅーいさん篇https://youtu.be/mI4uwy3PtzY 越野アンナさん篇https://youtu.be/eUElApPgEMoリリースに関するお問い合わせABC-MART 販売促進部 広報チームTEL:03-3476-5693 FAX:03-3476-5682担当 今:chihiro.kon@abc-ma [全文を読む]

本日ミュージックステーション出演!尾崎裕哉、待望の1stEP『LET FREEDOM RING』を 「dヒッツ」でCDに先駆け独占先行配信開始!

PR TIMES / 2017年03月17日10時00分

母と共にアメリカに渡り、15歳までの10年間を米国ボストンで過ごし、米国では60s~90sのロック&ブルーズから幅広く影響を受け、同時に、父親が遺した音源を幼少期から繰り返し聴き続けて歌唱力を磨き、ギターとソングライティングを習得。帰国後、バンド活動を開始。ライヴハウスなど現場で、ライヴパフォーマンスの経験を重ねながら、ボストンのバ[画像2: https: [全文を読む]

ディーン・フジオカ「ジュノンボーイ落選」からの逆転成り上がりロード(4)17年の紅白出場に向けて始動

アサジョ / 2017年03月14日06時00分

ギターやドラムが得意で、尾崎豊に憧れていたそうです」(テレビ関係者) ディーンの所属するアミューズは、もともとアーティスト活動に定評のある事務所。俳優業とミュージシャンの2足のわらじをはく福山雅治に、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)で話題となった“恋ダンス”の星野源はNHK紅白歌合戦にも出場している。「17年は、国内では初めてとなる本格的な音楽 [全文を読む]

サンド伊達は正宗の末裔!? 実は戦国武将の子孫だった有名人

日刊大衆 / 2017年01月10日11時00分

実際に、親友の故尾崎豊の形見のギターを蹴った知人と殴り合いになり、鼻骨および肋骨を骨折させるほどのパンチを繰り出して書類送検されたというエピソードを持つ。もし世が世なら、吉川も後世に名を残す素晴らしい武将になっていたかもしれない。 「吉川晃司がNHKの大河ドラマ『天地人』で織田信長役として出演した際は、関連本のインタビューにて親戚に“吉川家の敵を演じるのか [全文を読む]

ソ・イングクが8ヶ月ぶりの来日!アーティストとしての魅力を存分に見せ、2年後の再会を笑顔でファンと約束!

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年11月17日10時41分

初出演したドラマ「ラブレイン」のOSTで自作曲「運命」、韓国でも人気を得た「笑って泣いて」をしっとりと歌い終わると、おもむろにジャケットを脱ぎギタリストからギターを借りたイングク。なんと、即興でMr. BIGの「To Be With You」やジェイソン・ムラーズの「I’m Yours」など弾き語りを披露!サービス精神旺盛なイングクらしいサプライズに、ファ [全文を読む]

韓国天才子役の草分け、ヨ・ジングが魅せる甘いキスシーンにドキドキ!

WEB女性自身 / 2015年10月06日00時00分

イベントでは、同ドラマで初挑戦となったギター演奏や、尾崎豊の『I LOVE YOU』を歌い上げ、その魅力的な低音の声で観客を魅了した。 「約2年ぶりだったのでとても緊張しましたが、ファンのみなさんがとても喜んでくださって、反応もすごく良かったんです。僕を温かく迎えてくだったことにとても感謝しています。もっと頻繁に日本に来たいですね」 劇中、AOAのソリョン [全文を読む]

フォーカス