池松壮亮 門脇麦に関するニュース

池松壮亮は「脱ぎすぎ」だと思う?一番けしからんと思っているのはあの人々

しらべぇ / 2016年12月22日16時30分

主演は若手俳優の中でも屈指の実力派と評される池松壮亮。福本ファンの間では、すでに大きな注目を集めている。■池松壮亮は脱ぎすぎ? 世間の見解は......そんな池松に関して、ひとつの疑問が。それは「ここ数年、彼はいくらなんでも脱ぎ過ぎではないか」というものだ。過激な性描写が話題となった『愛の渦』では、乱交パーティーに参加するニート役を演じ、門脇麦と濃厚なラブ [全文を読む]

東出昌大、杏との新婚生活「今は互いにまい進するとき」

Smartザテレビジョン / 2015年02月08日08時26分

「第88回キネマ旬報ベスト・テン」の表彰式が7日、東京・文京シビックホールで行われ、綾野剛、安藤サクラ、東出昌大、池松壮亮、門脇麦らが登壇。 綾野は「そこのみにて光輝く」、「白ゆき姫殺人事件」の2本での活躍が評価され主演男優賞を獲得。「そこのみにて光輝く」は日本映画作品賞、監督賞、読者選出監督賞、脚本賞の5冠に輝いたとあって、綾野は「まず単純に非常にうれし [全文を読む]

門脇麦、主演映画で「私情まで全部持ち込んで…」【インタビュー前編】

Woman Insight / 2016年06月24日17時00分

監督・脚本:岸善幸「ラジオ」「開拓者たち」 音楽:岩代太郎 原作:小池真理子「二重生活」(角川文庫刊) 出演:門脇麦 長谷川博己 菅田将暉/河井青葉 篠原ゆき子 西田尚美 烏丸せつこ/リリー・フランキー R-15 (C)2015『二重生活』フィルムパートナーズ 【あわせて読みたい】 ※世界各国で33の賞を受賞した映画「裸足の季節」が公開スタート! ※男・ [全文を読む]

斎藤工と池松壮亮、ぶつかり合う“色気と技術”ーー『無伴奏』ラブシーンの凄みに迫る

リアルサウンド / 2016年03月24日06時10分

斎藤工と池松壮亮のラブシーンが話題を読んでいる。 その作品は、直木賞作家・小池真理子の半自叙伝的な同名小説を、『ストロベリーショートケイクス』などの矢崎仁司監督が映画化した『無伴奏』だ。学園紛争まっただ中の1969〜1971年の仙台を舞台に、成海璃子が演じる高校3年生の響子が初めての大恋愛を経験し、少女から大人へとメタモルフォーゼする姿をセクシャルなシーン [全文を読む]

安藤サクラ、股間にバラ&スケスケドレス姿披露でファン興奮! 門脇麦は“美ちっぱい”披露で「将来が楽しみ」

おたぽる / 2016年03月16日09時00分

ネット上では『小さいけど美乳』『肌キレイ』など、ヌード姿に称賛の声が上がっていますし、『これから熟れていくのを見るのが楽しみ』という声も上がっているようです」(同) 『愛の渦』で門脇の相手役を務めた池松壮亮は、これまでにも宮沢りえや市川由衣、夏菜といった女優たちとラブシーンを演じていることから、ネット上では「羨ましい!」「代われ!」など、嫉妬の声が上がって [全文を読む]

門脇麦、全裸でオーディションに挑んでいた

Smartザテレビジョン / 2016年06月25日07時02分

池松壮亮主演で、ヒロインを演じた門脇は第88回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞、第36回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、第6回TAMA映画祭最優秀新進女優賞など、新人賞を総なめにしている。 初めて台本を読んだときは、「すごい話だなと思いました。なんて緻密なんだろうと思って、これはやらなかったら後悔すると思いました」と、過激な性描写があるにも関わらず、意欲が高ま [全文を読む]

菅田将暉、撮影中にリアルに寝ちゃった

Woman Insight / 2016年06月14日21時48分

(平山正子) 【あわせて読みたい】 ※又吉直樹、ドラマ『火花』で「また新たな綾部を生み出してしまった」 ※なんと!池松壮亮と菅田将暉が関西弁でアレをおねだり♡ ※菅田将暉、豆まきに「鬼ちゃんも仲間に入れて!」 ※世界各国で33の賞を受賞した映画「裸足の季節」が公開スタート ※小関裕太、ドラマ「ごめんね青春!」撮影中に共演者の俳優に恋心? [全文を読む]

セクシーな演技、肉体美で魅了!ヌードが美しい映画(ドラマ)作品ピックアップ!

日本タレント名鑑 / 2016年03月02日09時55分

昨年、残念イケメンこと戸次重幸さんと結婚したばかりの市川由衣さんと、演技派俳優池松壮亮さんが主演した、『海を感じる時』。市川さんの、女性らしく柔らかそうな体つきは、「好きな人は自分の体だけが目当て」という悲壮感をさらに強調します。市川さんのボディだからこそ、あの痛々しさが伝わり心に残るのでしょう。 池松さんの濡れ場には定評があります。『愛の渦』では、性交 [全文を読む]

【新春特別企画】2014年前半のヒット映画はこれだ!

日刊サイゾー / 2014年01月05日12時00分

主演を『横道世之介』(13)、『上京ものがたり』(同)などで注目の新進俳優・池松壮亮が務め、“地味な容姿だが、誰よりも性欲が強い”ヒロインを門脇麦が体当たりで挑んだ。本編123分のうち着衣時間はわずかに18分半という、日本映画史上“最もハダカ”な一夜の人間模様を描いた本作は、今年上半期における屈指の問題作として論議を呼び、R18+映画にしては異例のヒットに [全文を読む]

フォーカス