高校 門脇麦に関するニュース

【エンタがビタミン♪】門脇麦 『お迎えデス。』でヒロイン役・土屋太鳳に負けぬ熱演

TechinsightJapan / 2016年05月29日16時30分

千里は高校の同級生だった円に想いを伝えられぬまま死んでしまい成仏できずにいる。そんな彼女を見つけて自宅に居させてくれたのが幸だった。 5月14日放送の第4話で幸が大ケガを負い意識不明で入院する。第5話では命は助かったが腕にギプスをはめてしばらく病院生活をすることとなった。千里は動きの取れない幸に代わって円が成仏できぬ霊の悩みを解決するのを手伝う。また、死神 [全文を読む]

門脇麦「友達とは思わない」孤高の高校生活を告白

日刊大衆 / 2016年11月21日15時00分

高校時代の知られざるエピソードを明かし、ナインティナインの岡村隆史(46)、矢部浩之(45)、トレンディエンジェルの斎藤司(37)を驚かせる場面が見られた。 この日は“今年の売れっ子芸能人のウハウハ生活&どん底脱出アンサーSP”と題され、“高校時代に友人が一人もいなかった”という斎藤のさまざまなエピソードが紹介された。その紹介後、矢部から自身の高校時代につ [全文を読む]

門脇麦“引きこもり女子”を演じるガーリーな青春物語

Smartザテレビジョン / 2017年03月23日13時57分

人と接することが苦手で、高校の頃から5年間引きこもりとなり、自分の部屋で好きな漫画やイラストをひたすら正確に模写することで現実逃避していた。 心配性の父の薦めでゲーム会社のバグ出しの仕事を始めるが、ひょんなことからそのゲーム会社に勤める矢部遼太郎(三浦貴大)が担当するゲームのイラストに手を加えたことで、真実の絵の才能が認められる。 ある日、遼太郎から「自由 [全文を読む]

「新旧鈴蘭高校最強」山田孝之VS柳楽優弥 『闇金ウシジマくん』でタイマンが実現

AOLニュース / 2014年04月25日22時00分

現在公開中の映画『クローズEXPLODE』で、鈴蘭高校最大派閥のリーダーで「ケンカ偏差値1位」強羅徹役を演じている柳楽。これが、「柳楽くんどこで出た?って思ってサイト見たら、あの強そうな人が柳楽くんでめっちゃ変わっててびびった」「さすがと言ってイイほどの存在感」「貫禄に心震えた」とネット上でも評判の狂気の演技を見せている。 そして、その『クローズEXPL [全文を読む]

門脇麦がホラーの現場で見たものは…子供に懐かれる滝沢秀明?

ザテレビジョン / 2017年06月12日08時00分

高校の文化祭のお化け屋敷で腰を抜かしてるぐらい、怖いのがとにかくダメなんです。なので、初めてご一緒する監督の作品はいつも何本か観てから臨むんですけど、今回は一つも見れずに撮影初日を迎えました。あ、「魔女の宅急便」(2014年)だけ見ましたよ!(笑)――ホラーじゃないですね(笑)観て「全然怖くないな」って。当たり前ですけど。でも台本を読んでみて、この映画は単 [全文を読む]

「リバース」ついに犠牲者が…驚きの展開続く第3話で10.5%!

Smartザテレビジョン / 2017年05月01日14時36分

告発文をきっかけに10年前の秘密を明かしたことで、相変わらず美穂子とのぎこちない関係が続く深瀬をはじめ、生徒の飲酒問題によりその親の圧力が影響し高校での立場が危ぶまれる浅見(玉森裕太)、誰にも言えない悲惨な夫婦生活を送っていた村井(三浦貴大)、そして、大手商社に勤めながらも冷遇されていた谷原など、それぞれが抱える人生の葛藤と“秘密”が徐々に見えてきた。 [全文を読む]

友達に失礼!門脇麦、「暗黒の学生生活」告白に大ブーイング

アサ芸プラス / 2016年11月23日05時59分

なかでも、トレンディエンジェル斎藤司は友達が1人もいなかったという暗黒の高校時代についてのエピソードが紹介したことは、視聴者に大きなインパクトを与えたが、その斎藤と同じく、ゲスト出演した門脇麦の高校時代の闇が深すぎると話題になっている。「門脇も学生時代について聞かれていましたが、斎藤同様に目立たないように過ごしてきたと説明。とはいえ、斎藤とは違う形で“目 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『お迎えデス。』に“おばけ”主演女優・佐藤玲「イマドキな美形!じゃないですし」

TechinsightJapan / 2016年05月22日15時00分

霊を憑依させることのできる堤円が加わって幸も張り切るが、彼女が部屋にかくまう霊・緒川千里(門脇麦)は高校の同級生だった堤円に想いを寄せるという複雑な関係だ。 そんな主人公を取り巻く主要人物の心の動きも気になるが、成仏できぬ霊の悩みを解決する際に織りなす人間模様も毎回の見どころだろう。5月21日放送の第5話はゲストに西岡徳馬と藤田弓子というベテラン俳優を迎え [全文を読む]

話題のイケメン・吉沢亮、高校時代は非リア充で「根暗な陰口タイプ」

Woman Insight / 2016年05月11日14時00分

他のクラスにいる友だちとずっと言っていた(笑)」など、自身の冴えない(?)高校生活も暴露! さて、本作で描かれるウソから始まる恋について聞かれると、少し悩みながらも、「好きじゃない人とつきあっていたくないですけどね(笑)」と言いつつ、「今回は好き同士じゃないけど好きになっていますが、僕も近い人を好きになることが多くって、友だちだったけど、ある日突然好きにな [全文を読む]

ドラマ『お迎えです。』で鈴木亮平がうさぎの着ぐるみを着た“死神”に! 『LaLa』5月号には福士蒼汰&土屋太鳳独占インタビューも!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月24日10時00分

【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ さらに、円の高校の同級生で、事故によって亡くなったものの、未練があって成仏できない緒川千里を門脇麦が、円の唯一の友人・加藤孝志を森永悠希が務めるなど、若手実力派俳優が多く名を連ねる。また、バイト先の一課に所属するシノザキには野間口徹が、陽気な円の父・郁夫に大杉漣、ド天然な母・由美子に石野真子が抜擢されるなど、個 [全文を読む]

斎藤工と池松壮亮、ぶつかり合う“色気と技術”ーー『無伴奏』ラブシーンの凄みに迫る

リアルサウンド / 2016年03月24日06時10分

学園紛争まっただ中の1969〜1971年の仙台を舞台に、成海璃子が演じる高校3年生の響子が初めての大恋愛を経験し、少女から大人へとメタモルフォーゼする姿をセクシャルなシーンを交えながら叙情的に描く。参考:池松壮亮がラブシーンに起用されまくる理由 そのドライで甘美な魅力を読む 響子が関わる2人の大学生、祐之介と渉を演じるのが斎藤と池松だ。同じ大学に通う2人は [全文を読む]

NHK連続テレビ小説「まれ」で大注目!「土屋太鳳」の発展途上ボディ!(1)急成長するバストに視聴者が驚き

アサ芸プラス / 2015年04月29日09時56分

高校生の設定で登場したのですが、制服が白いポロシャツに黄色いリュックという妙に子供っぽいデザインで、バストとのギャップが独特のエロスを生み出していました。朝ドラですから、まさか狙っていたわけではないでしょうけど、制作サイドもこんな反響は予想していなかったでしょうね」(テレビ誌記者) 朝ドラ・ヒロインで、ここまで胸が注目されるのは、09年に放送された「ウェ [全文を読む]

フォーカス