ドラマ 門脇麦に関するニュース

ド派手アクションの刑事もの?悪に立ち向かう所轄の正義?イケメン満載の兄妹愛?心に残った2017年春ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年07月20日17時30分

2017年も夏ドラマが始まり、各作品がこれからどのような展開を魅せてくれるのかとても楽しみです。思えば今年の春ドラマも、今と同じように期待感満載でドキドキしながら視聴していたものです。すべての作品が最終話を迎え完結した今、皆さんの心に残った春ドラマ作品はどんなドラマだったのでしょうか? そこで今回は、2017年春ドラマを振り返り、特に心に残ったドラマ作品を [全文を読む]

主役に負けないインパクト!?今後の展開のキーマン!?2017夏ドラマの名脇役キャラ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年08月07日10時45分

2017年も夏ドラマが始まり、どの作品も中盤戦に差し掛かろうとしています。作品の設定や前振りなども済み、ストーリーもいよいよ次の展開へと進み、より物語が面白くなってくる頃ではないでしょうか? そんな夏ドラマを盛り上げてくれるのは、主役だけではありません。メインキャラを脇からサポートする名脇役たち。彼らの存在なくして名作が生まれることはないでしょう。そこで今 [全文を読む]

3世代の美人女優が完全ブレイク!?2015年上半期ブレイク女優を振り返る!

日本タレント名鑑 / 2015年06月30日11時35分

上半期に放送されたドラマ、また出演された女優さん達。あなたの心に刺さった作品はありましたでしょうか? 視聴率的には、『相棒 season13』や『DOCTORS 3 最強の名医』、朝ドラ『マッサン』でベスト3といまいち意外性のない結果。他、視聴率上位も、柴咲コウさんや、井上真央さん、杏さんなど有名どころをヒロインに据えた、あまり冒険のない、ある意味安定志向 [全文を読む]

尾崎将也「脚本家の僕が映画を撮るということ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年07月14日18時16分

テレビドラマで脚本だけを書くときとの違いや、「対になっている」という『結婚できない男』と本作との関係性、自身のドラマ『ブラック・プレジデント』で出会ったという門脇麦さんへの想いなどを聞いた。■脚本家・尾崎将也の“映画を撮りたくなるとき”――脚本家として多くの作品を送り出してきた尾崎さんですが、ご自身が監督もしようと思い立つのはどういうときなんでしょうか?「 [全文を読む]

主演ドラマ『お迎えデス。』爆死の福士蒼汰 フジの大型SPドラマ『モンタージュ』に暗雲が……

日刊サイゾー / 2016年06月22日13時00分

フジテレビは6月25日(土)、26日(日)の2夜にわたって、午後9時から局を挙げた大型スペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚』をオンエアするが、放送を前に早くも暗雲が立ち込めてしまった。というのも、主役・福士蒼汰の潜在視聴率に、疑問符が付いてしまったからだ。 福士は昨年7月期のフジ月9ドラマ『恋仲』で、ゴールデン帯では初の連ドラ主演を務めたが、全話 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】門脇麦 『お迎えデス。』でヒロイン役・土屋太鳳に負けぬ熱演

TechinsightJapan / 2016年05月29日16時30分

現在放送中のドラマ『お迎えデス。』では、その2人が人間と幽霊という違いはあれども似たような関係を演じている。物語が進むにつれて門脇麦の出番が増えており、存在感はヒロイン役の土屋太鳳を凌ぐ勢いだ。 4月23日からスタートした日本テレビ系の土曜ドラマ『お迎えデス。』は福士蒼汰演じる主人公・堤円と土屋太鳳演じる阿熊幸が幽霊が見える力を使って活躍する姿を描いている [全文を読む]

門脇麦 病気を経てたどり着いた人生のルール

ソーシャルトレンドニュース / 2017年07月14日21時51分

ドラマ『ブラック・プレジデント』で脚本をいただいたときに「この脚本の女のコの魅力を1ミリも減らさずに昇華させなきゃ」という使命感に燃えるくらい、キャラクターが愛おしかったんですよ。でも、やっていくうちに「キャラクターへの愛おしさは、このキャラクターを作っている人に通じているのかもしれない」と思ったんです。そのドラマの打ち上げで尾崎さんに「今、映画を作ろうと [全文を読む]

リバース、視聴者の「犯人予想」が白熱!

日刊大衆 / 2017年05月12日07時05分

藤原竜也(34)が主演を務めるドラマ『リバース』(TBS系)。物語が中盤にさしかかる中、視聴者の間では「犯人は誰?」という予想が盛り上がっているようだ。 このドラマは、“イヤミス(イヤなミステリー)の女王”として知られる、湊かなえ氏の同名小説をドラマ化したもの。藤原演じる平凡な会社員の深瀬が、戸田恵梨香(28)演じる恋人の美穂子に届いた「深瀬は人殺しだ」と [全文を読む]

湊かなえ『リバース』が藤原竜也主演でドラマ化決定!

Entame Plex / 2017年02月13日06時00分

ベストセラー作家・湊かなえの小説『リバース』が、TBS系4月期金曜ドラマ枠でドラマ化されることが決定した。主人公・深瀬和久を演じるのは、圧巻の演技力と唯一無二の存在感でジャンル問わず多くの作品で主演をつとめてきた藤原竜也。TBSの連続ドラマは『おじいちゃんは25歳』(2010年)以来、実に7年ぶりの出演となる。ダークヒーローや個性的なキャラクター等、力強く [全文を読む]

本田翼・足立梨花・門脇麦...“素朴顔“でさらなるブレイクの予感漂う年女女優

メンズサイゾー / 2016年01月02日12時00分

どんな役柄でもこなせると評判の彼女は、今年もすでに3本の映画出演が決まっており、4日放送の新春ドラマ『女性作家ミステリーシリーズ 美しき三つの嘘』(フジテレビ系)を楽しみにしている人も多いことだろう。 この門脇と同じく、朝ドラをきっかけに"女優として"知名度を上げたのが、『あまちゃん』に出演した足立梨花。昨年は、春に放送された月9ドラマ『ようこそ、我が家へ [全文を読む]

ヒロインの同僚役は重荷か!?川栄李奈の朝ドラ出演に強まる懸念

アサ芸プラス / 2015年11月09日12時59分

元AKB48の川栄李奈が、来年4月4日にスタートするNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のオーディションに合格し、AKB48卒業後で初のドラマ出演を果たすことがわかった。川栄が演じるのはヒロインの同僚役で、現時点で役名は不明ながら、その役割はかなり重要になりそうだと予想するのはテレビ誌のライターだ。「前々作の『まれ』では土屋太鳳が演じるヒロインの同級生役と [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】門脇麦“引きこもりオタク女子”で本領発揮か? 高校時代は「何の希望もなかった」

TechinsightJapan / 2016年12月13日20時03分

門脇麦は2011年にドラマ『美咲ナンバーワン!!』でデビューすると数々の作品で女優としての力を伸ばしていった。またエーザイ『チョコラBB Feチャージ』や東京ガス『ガスの仮面 MASK OF GAS』などCMでも注目を集めた。『ガスの仮面』シリーズではバレリーナ役を演じており、子どもの頃から12年間続けたクラシックバレエを活かすことができた。ただ、中学2 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】福士蒼汰“平成”×野村周平“昭和” 時代超えた親子役を熱演

TechinsightJapan / 2016年06月27日13時50分

三億円事件の真相を大胆に推理したドラマ『モンタージュ』が2夜連続で放送された。主人公・鳴海大和役の福士蒼汰とその父親の若き頃を演じる野村周平、2人が今と昭和のイメージを見事に表現する姿はまるで時空を超えた2つのドラマを見るかのようだ。 渡辺潤さんの漫画『三億円事件奇譚 モンタージュ SINCE 1968.12.10』を実写化したスペシャルドラマ『モンタージ [全文を読む]

朝ドラ脇役でブレイク女優が増加 吉岡里帆、小芝風花ら注目

NEWSポストセブン / 2016年03月21日07時00分

ドラマ評論家の成馬零一さんはその理由についてこう語る。「朝ドラの放送期間は、半年という長期にわたります。その中で主人公の成長が描かれるわけですが、母親としてある程度成長してしまうと物語が動かなくなってきます。そこでテコ入れといいますか、娘や娘の友達役を演じる若い女優を投入してドラマに新しい風を吹き込むことがあります。朝ドラは毎日見られるものなので、時間を [全文を読む]

「お迎えデス。」門脇麦が福士蒼汰を思う幽霊に!?

Smartザテレビジョン / 2016年03月08日04時19分

日本テレビ系にて4月よりスタートするドラマ「お迎えデス。」の追加キャストが発表され、物語のキーとなる役柄を門脇麦が演じることが分かった。 田中メカの人気漫画を原作とした同ドラマ。主人公の大学生・堤円(福士蒼汰)は、ひょんなことから幽霊が見えるように。ある日、うさぎの着ぐるみを着た死神・ナベシマと出会った円は、「幽霊をあの世へ送る仕事」を強引に任されてしまう [全文を読む]

高橋優、新曲「さくらのうた」MV完成!

okmusic UP's / 2016年02月07日00時00分

この『さくらのうた』には、他にTBS系ドラマ「悪党たちは千里を走る」主題歌『クラクション』、や『運命の人』、さらには福島限定のスペシャルユニットだった亀田誠治氏とのメガネツインズ作品『メガネが割れそう』の4曲が収録され、期間限定生産盤には、昨年夏、デビュー5周年を記念して地元秋田で5000人を集め開催された“ベストアルバム発売記念祭「秋田で笑う約束」"の [全文を読む]

又吉直樹の「火花」映像化はNetflixを選んだ時点で失敗確定か!?

アサ芸プラス / 2015年10月21日17時58分

ドラマ「火花」のキャストとして、林遣都、波岡一喜、門脇麦の名前が発表された。ピース・又吉直樹の芥川賞受賞作品を原作とし、動画配信サービスの「Netflix」にて配信される同ドラマは、11月上旬にクランクインの予定。2016年春に全10話を一挙に配信するという。 動画配信の黒船として9月に日本上陸を果たしたNetflix。同社が日本市場に本腰を入れている象徴 [全文を読む]

映像化には不向きと言われるピース又吉『火花』実写キャストに林遣都らが決定!

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月19日18時32分

第153回芥川賞を受賞した、又吉直樹作『火花』(文藝春秋刊)は、世界最大級のオンラインストリーミングの Netflixにて、全10話の連続ドラマとして実写化されることが決まっている。このたび林遣都、波岡一喜、門脇麦がメインキャストとして出演することがわかった。各話の監督は、白石和彌をはじめ、久万真路、沖田修一の3名がそれぞれ担当するが、全10話の総監督は『 [全文を読む]

土屋太鳳・清水富美加・門脇麦は「まれ」終了後、芸能界をどう渡り歩くのか?

アサジョ / 2015年09月10日09時59分

「希の夫・圭太役の山崎賢人は21歳ながら芸歴7年目ですが、このドラマでいよいよ全国区に。公開待機中の映画も多く、さらなる活躍は間違いありません。彼以外に今後注目されるのは、3人の女性陣です」(テレビ局関係者) 土屋太鳳、清水富美加、門脇麦。ドラマではそれぞれ個性の際立った役どころを演じていた。彼女たちは芸能界をどう渡り歩いていくのだろうか。「土屋太鳳は、1 [全文を読む]

『まれ』で注目の若手女優・中村ゆりか、目力とミステリアスな雰囲気で注目度アップ!

メンズサイゾー / 2015年08月05日10時00分

能年玲奈(22)が主演を務めた『あまちゃん』(2013年上半期)以降、いずれも全話平均で20%台を突破していることから、一部メディアからは『まれ』の不振を指摘する声も上がっているが、国民的なドラマに登場する若手女優たちへの注目度は依然として高いものがある。 ヒロインを務める土屋太鳳(20)はもちろんのこと、ストーリー序盤の能登編では清水富美加(20)や門脇 [全文を読む]

フォーカス