尾行 門脇麦に関するニュース

門脇 麦+菅田将暉『二重生活』インタビュー

NeoL / 2016年06月25日14時35分

哲学科に通う女子大学院生・白石珠(門脇 麦)が、ソフィ・カルによる『文学的・哲学的尾行』を実践、対象者である石坂(長谷川博己)の秘密を知ることにより、自身の感情や恋人である卓也(菅田将暉)との同棲生活にも影響を及ぼしていくーー。小池真理子原作の『二重生活』をドキュメンタリードラマで高い評価を得ている監督・岸 義幸が大胆にアレンジした本作。「理由なき尾行」と [全文を読む]

門脇麦「他人の目に敏感です」【インタビュー後編】

Woman Insight / 2016年06月27日17時00分

見ず知らずの他人を尾行し、いつしか禁断の行為にはまっていくヒロイン・珠を演じるのは、本作が単独初主演となる門脇麦。 妻子と暮らす珠の隣人で大手出版社勤務の敏腕編集者・石坂には、話題作への出演が続く長谷川博己。珠の恋人の卓也に菅田将暉、珠に尾行を勧める謎多き教授にリリー・ フランキーなど、多彩なキャストが揃い、今までの日本映画にはない新感覚の心理エンターテ [全文を読む]

みうらじゅん「センテンス・スプリングに諸行無常の響きあり…」映画『二重生活』に絶賛コメントが続々と到着!

Entame Plex / 2016年06月16日12時15分

主演の門脇は、見ず知らずの他人を尾行しながら覗き見という禁断の行為にはまっていくヒロイン・珠を演じる。その珠に尾行される男・石坂を演じるのは、長谷川博己。そして、門脇との濃厚なラブシーンが話題となっていた珠の恋人役に菅田将暉、珠に尾行を勧める謎多き教授にリリー・フランキーなど、多彩な俳優陣が集結。 そんな本作を試写した各界の著名人から絶賛コメントが続々と [全文を読む]

カップラーメンを5杯食べた門脇麦の女優魂に注目!

Smartザテレビジョン / 2016年06月24日07時01分

ソフィ・カルの「哲学的尾行」をモチーフに、直木賞作家である小池真理子の同名小説を気鋭の映像作家・岸善幸が大胆に脚色して映像化した「二重生活」。尾行する者と尾行する者を見つめるそれぞれの“視点”が複雑に絡み合うスリリングな物語が展開される。映画「愛の渦」('14年)や、連続テレビ小説「まれ」('15年、NHK総合ほか)などで注目を浴びている門脇麦が、教授から [全文を読む]

門脇麦、主演映画で「私情まで全部持ち込んで…」【インタビュー前編】

Woman Insight / 2016年06月24日17時00分

見ず知らずの他人を尾行し、いつしか禁断の行為にはまっていくヒロイン・珠を演じるのは、本作が単独初主演となる門脇麦。 妻子と暮らす珠の隣人で大手出版社勤務の敏腕編集者・石坂には、話題作への出演が続く長谷川博己。 珠の恋人の卓也に菅田将暉、珠に尾行を勧める謎多き教授にリリー・ フランキーなど、多彩なキャストが揃い、今までの日本映画にはない新感覚の心理エンター [全文を読む]

小池真理子『二重生活』(角川文庫刊)、映画化!公開を記念したプレゼントキャンペーンを実施中!

PR TIMES / 2016年07月11日13時52分

[画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2498/resize/d7006-2498-372107-0.jpg ] 直木賞作家・小池真理子が描く蠱惑的な“尾行”サスペンスの『二重生活』(角川文庫刊)が映画化され、東京・新宿ピカデリーほか全国で好評上映中です。主演は若手実力派女優の門脇麦。フランス人アーティストのソフィ・カルの作品に触発 [全文を読む]

菅田将暉、撮影中にリアルに寝ちゃった

Woman Insight / 2016年06月14日21時48分

でも後半は長谷川さんを尾行するシーンの撮影で「尾行は楽しかった。頑張ることなく尾行に集中できたから」とにっこり。 撮影現場についても「居心地が良い現場でした。絵を撮るというより、空気を切り取ったり、その瞬間に出てくる生のものを拾い上げる感覚が大きい。常に自分が目指したい現場で、それがベースにある現場。幸せでした」と喜びを表しました。 その、ずっと尾行された [全文を読む]

門脇麦&菅田将暉、無防備な寝顔2ショット写真が解禁!

Entame Plex / 2016年03月09日12時34分

主演の門脇は、見ず知らずの他人を尾行しながら覗き見という禁断の行為にはまっていくヒロイン珠を演じる。その珠に尾行される、隣人で妻子と暮らす大手出版社勤務の敏腕編集者・石坂を長谷川博己が演じる。そのほか、珠に尾行を勧める謎多き教授にリリー・フランキーなど、多彩なキャストが名を連ねている。 さらに、今回同じくして解禁となったのは、珠の尾行の対象となる石坂演じ [全文を読む]

門脇麦、主演作『二重生活』特報公開! 菅田将暉との濃厚キスシーンも……

Entame Plex / 2016年01月29日19時18分

主演の門脇は、見ず知らずの他人を尾行しながら覗き見という禁断の行為にはまっていくヒロイン珠を演じる。その珠の隣人で妻子と暮らす大手出版社勤務の敏腕編集者・石坂には、『セーラー服と機関銃-卒業-』など話題作への出演が続く長谷川博己。そして、珠の恋人の卓也に菅田将暉、珠に尾行を勧める謎多き教授にリリー・フランキーなど、多彩なキャストが名を連ねている。 今回解 [全文を読む]

明らかになる隣人の秘密――“尾行”にのめり込んだ主人公の運命とは

NeoL / 2016年07月21日23時11分

ところが、担当教授から修士論文の題材に“哲学的尾行”の実践を持ちかけられたことから、珠の日々が一変。半信半疑で始めた隣人・石坂への尾行だったが、彼の秘密が明らかになっていくにつれ、その禁断な行為にのめり込んでいく――。 主人公・珠役を演じるのは、本作が映画単独初主演となる門脇麦。尾行という他人を観察する究極の行為を通じて、自分自身の知られざる感情と向き合い [全文を読む]

門脇麦、長谷川博己を尾行するシーンは「面白かった」

Movie Walker / 2016年06月25日12時29分

尾行のシーンについては「長谷川さんを尾行しているんですが、愛人とレストランで口論するシーンとかは面白くて。あるある、いるいると思いました」とおちゃめな笑みをこぼす。長谷川は「常に見られている感じで、嫌~な気持ちになりました」と苦笑いした。 前回の舞台挨拶に続き、撮影中に居眠りしたことをいじられた菅田は「撮影中は寝ないもんですが、寝ちゃいました。2回目です」 [全文を読む]

カップルを演じた門脇麦と菅田将暉「不思議な心地良さを感じた」

Movie Walker / 2016年06月24日08時04分

女子学生・白石珠(門脇麦)が、大学院の修士論文を書くために、見知らぬ男(長谷川博己)の尾行をしていく。原作小説を大胆に脚色し、異色サスペンスに仕上げたのは、本作が長編監督デビュー作となった岸善幸監督だ。文化庁・芸術祭大賞に輝いたドラマ「ラジオ」でも注目された逸材で、ドキュメンタリータッチのリアルなドラマ作りに定評がある。主演の門脇は、元々岸監督作のファンで [全文を読む]

本番中に居眠り!?菅田将暉が門脇麦に謝罪!

Movie Walker / 2016年06月14日19時57分

そういう意味では尾行してたんです」と言うと、長谷川も「居留守されたりもしました」と苦笑い。リリーが「当時、卒業したら映画監督になりたいんですと言ってましたよね」と言うと、長谷川は「そうですね。お互いその時は役者じゃなかったです」と照れ笑いをした。 最後に会場にいた原作者の小池真理子が登壇。「岸監督と出会い、こんな素敵な方々に演じていただいて、本当に原作者と [全文を読む]

門脇麦、理由なき尾行にハマっていくヒロインを演じた映画『二重生活』の初日が決定!

Entame Plex / 2016年01月06日16時22分

主演の門脇は、見ず知らずの他人を尾行しながら覗き見という禁断の行為にはまっていくヒロインを演じる。その珠に尾行される編集者の石坂には、『セーラー服と機関銃-卒業-』など話題作への出演が続く長谷川博己。そして、珠の恋人の卓也に菅田将暉、珠に尾行を勧める謎多き教授にリリー・フランキー、教授の妻役に西田尚美、珠と卓也が住むマンションの管理人に烏丸せつこなど、多 [全文を読む]

2016年上半期芸能美女「ツヤツヤ大賞」を一挙表彰!(1)映画部門ではヒップで魅せた二階堂ふみに決定!

アサ芸プラス / 2016年07月02日17時57分

ゼミの研究のために男を尾行する大学生役を演じる門脇は、冒頭のシーンから彼氏に「つけてね」とゴム着用を要求するなど、生々しいセックスライフを観る者に突きつける。「見せ場は後半、尾行していることが相手にバレ、男からカラダで代償を求められる場面。ホテルに連れ込まれた門脇は、ブラや下着を次々と剥ぎ取られ、全裸でベッドに寝転がされるというナマツバシーンに体当たりで [全文を読む]

菅田将暉 二階堂ふみとの関係を語る「思い共有できる仲間」

NEWSポストセブン / 2016年07月01日16時00分

映画『二重生活』では、卒論のために尾行する主人公・珠(門脇麦)の恋人役を演じている。 「尾行した経験はないですけど、私生活を見てみたくなる人っていますよね。例えば、バスで偶然隣り合わせになった人のことを、“この人すごい面白そうだな”とか“すごく美人”と思うと、その人が先に降りちゃったときにさみしくなったりする。もしかしたら自分も誰かを追いかけちゃう可能性が [全文を読む]

フォーカス