母親 大谷亮平に関するニュース

隅々まで悪役が蔓延るホラードラマ『奪い愛、冬』、鬼気迫る狂妻・水野美紀に圧倒されるニセ野内と倉科/第三話レビュー

messy / 2017年02月06日20時30分

康太の母親・美佐(榊原郁恵)が開くお料理教室に入会し(秀子って暇なんですかね)、郁恵ちゃんに「実は私、息子の康太さんと同じ会社で働いているんです」と挨拶、さらに「私、光さんが苦手で……」と、郁恵ちゃんが喜ぶことを言います。郁恵ちゃん「あなたとは気が合いそうね」。というわけでスパイ活動を開始した秀子、「早速ですが、ひとつご報告が」と温泉旅行のことチクります。 [全文を読む]

水野美紀の容赦ない熱演が三浦翔平の才能を開化させ、倉科カナが一番悪女だった今期最話題ドラマ/『奪い愛、冬』最終回レビュー

messy / 2017年03月06日21時10分

蘭さん「そうよぉ! あたしがそんな嘘つくわけないでしょ! 嘘ついてんのはこいつよ!」康太「嘘じゃないよ~」蘭さん「嘘だよ~~~~」 まるでコマーシャルみたいなやり取り……(苦笑)なんですが、蘭さんはまさに鬼の形相で杖をダンダンダンダン! でも康太は母親(渡辺郁恵)に500万円おねだりして、怪しい男にボッコボコにされながら手にした蘭さんの秘密を暴露できて、高 [全文を読む]

剛力彩芽、見つけたコスプレ道…注目深夜ドラマ

NewsCafe / 2017年02月06日11時00分

マルチ派の鈴木おさむ(44)の書き下ろし脚本なんだけど、やっぱり鈴木って面白いわ」 記者「いい人キャラの榊原郁恵(57)が困った母親役、鬼女役に強いキムラ緑子(55)が優しい母親役というのも新鮮ですね」 デスク「うん。金曜の夜は『奪い愛』見た後に『バイプレイヤーズ』に流れるのが定番になってきたよ」 記者「もうひとつ、いいですか? 女優の剛力彩芽(24)主演 [全文を読む]

愛する男は余命2カ月、狂妻水野美紀は精子着床、カオスに飲み込まれたヒロインは…/『奪い愛、冬』第六話レビュー

messy / 2017年02月27日21時00分

ほら、康ちゃんは母親をいいように使ってる! 後日、郁恵ちゃんから引き出した500万円(現ナマ)を男に差し出した康太。が、男は「俺とあいつは単なる知り合い」としらばっくれ、そんなわけあるかと食い下がる康太に、チンピラたちが暴行を加えます。喧嘩は強くないであろうお坊ちゃん育ちの康太はやられっぱなしですが、根性(?)で絶叫。「帰んねえよぉぉ~! 教えろよぉ~」「 [全文を読む]

三浦翔平&大谷亮平 撮影現場で共演者たちが怖すぎる奪い合い

NEWSポストセブン / 2017年02月07日07時00分

一方、韓国ドラマの影響で目力がつい強くなってしまう大谷さんは、目の力を抜くために撮影の合い間は常にニコニコしているそうで、あのワイルドなギャップとの表情にやられてしまう人が続出中です」(テレビ局関係者) 榊原や、倉科の母親役のキムラ緑子(55才)たちも、奪い合うように2人と楽しそうに話しているんだとか。 ともに高身長でこのルックス。女性陣が舞い上がってしま [全文を読む]

恋愛の神様が描く純愛物語からシュールな超低予算冒険活劇まで!お薦めの2016秋ドラマ作品5選!

日本タレント名鑑 / 2016年09月26日14時55分

45歳のバツイチの母親を原田知世さんが演じ、彼女と出会うデザイナー男性に斎藤工さん。なかなかツボをついてくる絶妙なキャスティングではないでしょうか?「ラブストーリーの神様」が描く、運命と記憶が交錯した純愛物語。秋にしっとりと楽しめる大人のラブストーリーです。 「砂の塔~知りすぎた隣人」10月14日より毎週金曜22時~TBS系にて放送(初回15分拡大) 次 [全文を読む]

フォーカス