プロフィール 舛添要一に関するニュース

【悲報】偽舛添要一アカウント猛威を振るうも、本人に叱られる!

秒刊SUNDAY / 2016年06月12日16時53分

ーネットの反応・ 第三者の弁護士雇って訴訟するとか言われた?笑・ なりきりじゃね?wwwwwwwwwww・ とりあえず政治資金でなんか買ってもらおーぜ・ 「不適切だが違法ではないのでセーフ」って送りましょうや・ 「名誉毀損罪がー」とか言われたら「プロフィールに東京都知事の舛添要一じゃないと書いてありますよね?」って言えばいいと思う・ くっそわろたwwww [全文を読む]

“舛添問題”に一石、政務活動費274万円を返還した水野県議からの寄稿

政治山 / 2016年06月02日17時30分

つまり、自分の名前やプロフィール部分は政務活動費の対象にならない。事務所等も政党活動、後援会活動に使用することもあることから全額適用されるわけではなく、さらには千葉県議会はすべて領収書の添付が義務付けられ、数か月ごとに議会事務局のチェックが入る徹底ぶりで、全国でも厳しいことで知られている。 交付額の6割以上を返還 私は無所属であり、政党活動は一切ない。さ [全文を読む]

ポピュリズム選挙の弊害?トンデモ候補から消去法で残った舛添都知事の惨状

デイリーニュースオンライン / 2016年05月21日12時05分

ライバルは<バカ田大学><低能未熟大学>など 著者プロフィール コンテンツプロデューサー 田中ねぃ 東京都出身。早大卒後、新潮社入社。『週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡 [全文を読む]

急死した鳩山邦夫の”天才伝説”と舛添要一との隠れた因縁

デイリーニュースオンライン / 2016年06月25日12時07分

著者プロフィール コンテンツプロデューサー 田中ねぃ 東京都出身。早大卒後、新潮社入社。『週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ね [全文を読む]

ヤジや怒号は飛んだか?舛添都知事の”所信表明”傍聴ルポ|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年06月05日17時05分

著者プロフィール お笑い芸人(オフィス北野所属) プチ鹿島 時事ネタと見立てを得意とするお笑い芸人。「東京ポッド許可局」、「荒川強啓ディ・キャッチ!」(ともにTBSラジオ)、「キックス」(YBSラジオ)、「午後まり」(NHKラジオ第一)出演中。近著に「教養としてのプロレス」(双葉新書)など多数。 [全文を読む]

舛添の再選はあるのか?日本一早い”都知事選出馬予想”|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年05月01日16時10分

著者プロフィール お笑い芸人(オフィス北野所属) プチ鹿島 時事ネタと見立てを得意とするお笑い芸人。「東京ポッド許可局」、「荒川強啓ディ・キャッチ!」(ともにTBSラジオ)、「キックス」(YBSラジオ)、「午後まり」(NHKラジオ第一)出演中。近著に「教養としてのプロレス」(双葉新書)など多数。 [全文を読む]

小池百合子応援団・若狭勝センセと自民詰め腹区議の茶番劇|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年09月30日14時05分

著者プロフィール ブロガー/個人投資家 やまもといちろう 慶應義塾大学卒業。会社経営の傍ら、作家、ブロガーとしても活躍。著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数 公式サイト/ [全文を読む]

ホテルはどんな理由でも顧客情報は守秘すべき? 弁護士見解

NEWSポストセブン / 2016年09月03日16時00分

【弁護士プロフィール】 ◆竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。 ※週刊ポスト2016年9月9日号 [全文を読む]

世界は保守層を求めている!中国人漫画家が語る東京新都知事と台湾総統の共通点

デイリーニュースオンライン / 2016年08月10日12時05分

著者プロフィール 漫画家 孫向文 中華人民共和国浙江省杭州出身、漢族の33歳。20代半ばで中国の漫画賞を受賞し、プロ漫画家に。その傍ら、独学で日本語を学び、日本の某漫画誌の新人賞も受賞する。新刊書籍『中国が絶対に日本に勝てない理由』(扶桑社)が発売中。 (構成/亀谷哲弘) [全文を読む]

進化か退化か?都知事選が人気投票から脱して”失点合戦”へ|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年07月31日14時05分

著者プロフィール お笑い芸人(オフィス北野所属) プチ鹿島 時事ネタと見立てを得意とするお笑い芸人。「東京ポッド許可局」、「荒川強啓ディ・キャッチ!」(ともにTBSラジオ)、「キックス」(YBSラジオ)、「午後まり」(NHKラジオ第一)出演中。近著に「教養としてのプロレス」(双葉新書)など多数。 [全文を読む]

鳥越氏の出馬は”反日”の策略?中国人が見た東京都知事選

デイリーニュースオンライン / 2016年07月27日14時05分

著者プロフィール 漫画家 孫向文 中華人民共和国浙江省杭州出身、漢族の33歳。20代半ばで中国の漫画賞を受賞し、プロ漫画家に。その傍ら、独学で日本語を学び、日本の某漫画誌の新人賞も受賞する。新刊書籍『中国が絶対に日本に勝てない理由』(扶桑社)が7月31日に発売予定。 (構成/亀谷哲弘) [全文を読む]

市民からの反響は100件以上―政活費をネット公開した伊藤優太・仙台市議が寄稿

政治山 / 2016年07月25日11時50分

伊藤優太 仙台市議会議員(青葉区) <プロフィール>伊藤優太(いとう・ゆうた) 1985年、宮城県仙台市生まれ。仙台市立大和小学校、蒲町中学校、宮城県立貞山高等学校、國學院大学文学部文学科卒。大学時代は新聞奨学生やアルバイトを掛け持ちし勤労学生として学ぶ。マネジメント会社でのサラリーマン経験、自治体議員の経験を経て、故郷仙台で働くことを決意。2015年8 [全文を読む]

次の都知事に望む資質は?「クリーンな人」より多い○○

政治山 / 2016年07月22日17時00分

また政治山では、候補者21人のプロフィールと基本政策を一覧表にまとめました。政策ごとに、比べたい候補者を並べて見ることができるので、ぜひ投票の参考にしてください。都知事選の投票は7月31日です。 東京都知事選挙2016「政策比較表」 http://seijiyama.jp/article/special2/tokyo-chijisen2016/kouho [全文を読む]

都知事選に出馬表明した山口敏夫元労相とは何か?|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年07月10日18時05分

著者プロフィール お笑い芸人(オフィス北野所属) プチ鹿島 時事ネタと見立てを得意とするお笑い芸人。「東京ポッド許可局」、「荒川強啓ディ・キャッチ!」(ともにTBSラジオ)、「キックス」(YBSラジオ)、「午後まり」(NHKラジオ第一)出演中。近著に「教養としてのプロレス」(双葉新書)など多数。 [全文を読む]

東京ではなく平昌?舛添都知事が向ける”五輪”への熱視線

デイリーニュースオンライン / 2016年05月28日12時06分

著者プロフィール コンテンツプロデューサー 田中ねぃ 東京都出身。早大卒後、新潮社入社。『週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ね [全文を読む]

舛添都知事は中国官僚を連想させる?両者に共通する”公費乱用”の暴挙

デイリーニュースオンライン / 2016年05月03日12時05分

著者プロフィール 漫画家 孫向文 中華人民共和国浙江省杭州出身、漢族の31歳。20代半ばで中国の漫画賞を受賞し、プロ漫画家に。その傍ら、独学で日本語を学び、日本の某漫画誌の新人賞も受賞する。近著に『中国のもっとヤバい正体』(大洋図書)など。 (構成/亀谷哲弘) [全文を読む]

舛添都知事はお詫びCMが大反響の「ガリガリ君」を見習え!

デイリーニュースオンライン / 2016年04月09日12時01分

著者プロフィール コンテンツプロデューサー 田中ねぃ 東京都出身。早大卒後、新潮社入社。『週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ね [全文を読む]

保育所潰して韓国に媚びる舛添都知事に「日本死ねママ」はなぜ怒らないのか?

デイリーニュースオンライン / 2016年03月26日12時07分

著者プロフィール コンテンツプロデューサー 田中ねぃ 東京都出身。早大卒後、新潮社入社。『週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ね [全文を読む]

フォーカス