舛添要一 朝まで生テレビに関するニュース

エッ!? 実は見どころ満載の東京都知事選!「左翼・タカ派・面白みがない・公家・居心地」!? ~主要候補者の政策まとめ~

tocana / 2014年02月08日13時00分

それは、「突っ込んだ政策論争がないから」「公示直後から、自民・公明が推薦する舛添要一候補が圧倒的有利と、マスコミ各社が大々的に煽ったから」などと言われている。 そこで、各候補者がどのような政策を掲げているのかを、『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)や『ネット討論会』(ネット事業7社共同企画)の情報を元に、大きな違いのある論点のみを抜き出した。あくまで、TV [全文を読む]

舛添要一前知事 出演時代劇で「潔く引退すべき」の名台詞

NEWSポストセブン / 2016年06月29日07時00分

舛添要一前都知事がなんと時代劇に出演していた。しかも、世間を騒がせた政治資金私的流用騒動を思わせるセリフやエピソードが登場する驚きの内容。いったいどんな作品なのか? 舛添氏の役どころは? 時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが、“厳しい第三者の目”でその中身を“精査”した。 * * * そんなわけで、数々の疑惑と困惑を残したまま都庁を去った舛添要一[全文を読む]

【六か国語ペラペラ】天才・舛添要一が性行為について熱く語っていた!? 過去の著書から読み解く本性とは?

tocana / 2016年06月23日07時00分

舛添要一東京都知事が辞職に追い込まれた。政治資金の支出が「公私混同」だと指摘されるも、法的な問題はないとし、場当たり的な言い訳の数々は、市民の怒りを加速させるのに十分であった。一部のテレビ番組は、舛添氏の実家である北九州市に向かい、生い立ちから、同級生の証言まで取り上げるなど、その扱いはまるで犯罪者のようでもあった。「週刊新潮」(新潮社)の6月23日号の見 [全文を読む]

【新国立競技場】白紙となってからの関係者の振る舞いに注目|プチ鹿島の『余計な下世話!』

東京ブレイキングニュース / 2015年07月28日17時00分

今、森喜朗(東京五輪組織委員長)と舛添要一(都知事)からサンドバッグ状態なのが下村文科相である。集中砲火を浴びている。まず森喜朗はこんな具合。 「責任は文科省にある。つまり文科相。」(7月18日放送・BS朝日「激論!クロスファイア」) 「極めて非礼、不愉快だ」「僕から言っておく」森氏が激怒 下村文科相が五輪会合を途中退席(産経新聞7月22日 ) せっかく [全文を読む]

続々出現!「新都知事候補」をエグリ込み身体検査!(1)粘りに粘った舛添元東京都知事

アサ芸プラス / 2016年06月27日05時55分

新都知事候補たちは続々取りざたされるが、「ノーモア舛添」を合言葉にエグリ込み身体検査をした!「リオ五輪で東京を笑いものにしたくない」「子供のことを思えば、1カ月前も、今も辞めたいと思っている」 6月14日の都議会で、涙の延命懇願をした舛添要一前東京都知事(67)。都議会各派から「公私混同」疑惑を追及され、袋叩きにあいながらも最後まで悪あがきを続けた。政治部 [全文を読む]

圧勝した舛添新知事の本音は「副知事」の人選で見えてくる by久田将義

東京ブレイキングニュース / 2014年02月10日09時00分

Written by 久田将義(東京ブレイキングニュース編集長) Photo by 世の中への扉 よくわかる政治/舛添要一 [全文を読む]

フォーカス