英語 舛添要一に関するニュース

舛添要一氏作詞の織田哲郎楽曲 本当は元愛人が作詞との疑惑

NEWSポストセブン / 2014年01月15日16時00分

でも、それらの英語詞を書いたのは、本当は全部A子さんなんです。交際当時、英語が堪能なA子さんは舛添に頼まれ、他にも英語の論文を複数翻訳したこともあるそうです。舛添さんに作詞などというセンスはありませんよ。彼女と別れて以降、1曲も英語詞などを発表していないのが何よりの証拠です」 本誌は事務所で舛添氏に直撃したが「個別取材は一切お断わりしてますんで、お答えで [全文を読む]

東京都知事候補にショーンK氏待望論 「ルックスもいいし外交もできる」

しらべぇ / 2016年07月12日07時30分

・語学力舛添氏は英語・フランス語が話せる。ショーンKは英語がネイティブレベルにペラペラだが他国語がおそらく使えないため、舛添氏の勝利。・人柄ショーンKは経歴詐称をしていただけで共演者にも人柄がいいと評判だったが、舛添氏は「法的には問題無いけど不適切な行為」を繰り返し東京都民を激怒させたため、圧倒的にショーンKの勝利。3つの項目を比較しただけだが、おそらく舛 [全文を読む]

1964年東京オリンピック・パラリンピック50周年記念 「舛添知事と語ろう!in 小金井」 ~2020年に向けた地域をあげての外国人おもてなし~

PR TIMES / 2014年10月20日16時46分

寸劇コーナーで、外国人役の男女の道案内に立った舛添知事は、無事に目的地まで英語で案内をすることができました。また、外国人をおもてなしすることについて、舛添知事は、「相手の立場に立って、困った人がいたら、ブロークン・イングリッシュでもジェスチャーでもなんでもいいので、助けることが大事だと思う。心のバリヤフリー。これが本当の“おもてなし”だと思う」と感想を語 [全文を読む]

中国・韓国を訪問した舛添都知事「安倍政権を取り巻く状況の厳しさ、首相に伝えた」

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月30日20時18分

舛添要一・東京都知事は7月30日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開き、海外メディアに対して、都政の方針などについて、英語で語った。外国記者からの「外交」についての質問にも英語で応じ、「都市と都市との対話、人と人とのやりとりを通じて、その関係を強化していっている」などと話した。 舛添知事は4月下旬に中国を訪問し、北京市長や汪洋副首相らと面会した。7 [全文を読む]

小嶋陽菜、高橋みなみへの誕生日プレゼントは“総監督”ドメイン?

週プレNEWS / 2014年04月08日11時00分

「tokuは英語にしてオシャレ感を出しました」と説明すると、なんと小嶋陽菜が考えたのも偶然「So-kantoku.tokyo」で、「やっぱ東京を代表するといったら総監督。総監督は明日が誕生日なので、今日中に(ドメインを)作ってプレゼントしたい」とコメントし、高橋を喜ばせた。 「bow-wow1.tokyo」と書いた島崎遥香は「日本語でワンワンワンだから。今 [全文を読む]

孫氏や三木谷氏 「大ホラ」で若手に慕われジジ転がしも得意

NEWSポストセブン / 2016年07月01日16時00分

「三木谷さんは『会社の中での会話はすべて英語にします』と社外に向けて宣言し、孫さんは『男として生まれたからには世界一になりたい』と発言しています。野心を隠さず、いい意味で“大ホラ”とも感じられる壮大なビジョンを明確に示し、実現する。それがメディアで取り上げられ話題を呼ぶ。その結果、下の世代は、『ただ者ではない』と思い、頼りがいのある兄貴分として慕うように [全文を読む]

中国のネットで皮肉コメント連発!舛添都知事「公私混同」問題で世界が疑問視する日本の政治家の資質

週プレNEWS / 2016年06月14日11時00分

また、英語に“Thrown under the bus”という表現があります。直訳すれば『バスの下に投げられた』となりますが、そんな印象です。自民党は都知事選の時に彼を推薦しましたが、今回の疑惑では誰も擁護せず、見捨てました」 現在、都議会で与野党は疑惑を厳しく追及しているが、シムズ氏も指摘するように自民党には2014年の都知事選で舛添氏を推薦した責任もあ [全文を読む]

舛添知事、都議会で反省の弁を述べるも続投の意向=海外ネット「辞職しないことが『不適切』だ」「多くの政治家は似たようなことをやっている」

Record China / 2016年06月08日15時50分

日本のニュースを扱う英語のニュースサイトでも報じられ、海外のネットユーザーがコメントを寄せている。 「辞職しないことが『不適切』だ」 「ほかに都知事の適任者がいないのなら、彼に続けさせればいい」 「昔、台所からビスケットを盗んだところを見つかって反省した。その時は、もう2度としないと約束したが、もっとずる賢い方法があるということが分かったよ」 「このオヤ [全文を読む]

舛添都知事がまさかの責任転嫁?『NEWS23』出演でさらなる批判

デイリーニュースオンライン / 2016年05月11日12時05分

英語でやるわけですから時差ボケはきついので」 とさりげなく、英語力をアピールしつつ、「はつらつとした形で仕事をしたい」「きちんと仕事をして、都民にお返しをしようと思っている」と子供じみた理屈を並べた。さらに、「今でも朝のゴミ出しをやっている」となんともKYな庶民派アピールをしてスタジオを微妙な空気にした後は、「経済がさびしくならないように色んな手を打っ [全文を読む]

堀江貴文 10年ぶりクイズ番組出演も想定内?

Smartザテレビジョン / 2015年03月19日22時04分

堀江氏は最新作の「我が闘争」をはじめ、エッセー、英語上達本、ゴルフ本、青春経済小説まで、自らの著作もバラエティーに富んでいる。その中には「ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた。そしたら意外に役立った」という著書もあるほど、膨大な読書量を誇っており、書籍から得た知識の幅は著名人の中でも指折り。まさに“本”をテーマに出題する「THE博 [全文を読む]

人間・金正恩 歌手略奪とスイス留学時代の『恥』成績(2)

アサ芸プラス / 2012年05月30日10時57分

英語は当初、上級クラスだったのが、すぐに中級クラスに降格された。しかも成績は「4」で、ドイツ語も苦手だった。しかし、運動と音楽は「5」と好成績だった。スイス時代の友人たちは正恩氏について、 「バスケットボール好きでマイケル・ジョーダンや、コービー・ブライアントのファンだった。女の子の前では内気だった」 と証言している。特にバスケットボールには愛着があった [全文を読む]

フォーカス