本田圭佑 メッシに関するニュース

SNSデータが判明!サッカーW杯で一番つぶやかれた言葉は?

Woman Insight / 2014年07月18日22時00分

[全体のデータ集計対象期間:6月13日-7月14日] 【あわせて読みたい】 ※【サッカーW杯】最も美しい選手、内田篤人を2位に抑え優勝は誰? ※本田圭佑が緊急帰国しキム・ヒョンジュンのイベントに!? ※宮﨑あおい&C.ロナウドが新ヘアケアブランド『クリア』TVCMに。“強く美しい髪”をアピール [全文を読む]

本田圭佑よ、ポルトガルの「頭突き退場男」ぺぺのメンタルを見習え!

アサ芸プラス / 2014年06月20日09時59分

「『相手をリスペクトしすぎた』というセリフを本田圭佑の口からは聞きたくなかったですね」 とは、サッカー書籍の編集者。むろん、ザックJAPANのコートジボワール戦における敗戦談だ。リスペクトした相手は、アフリカの英雄・ドログバ。ドログバがフィールドに入った直後のあまりにみごとな逆転されっぷりは、テレビ観戦していた小学生たちまで「あんな負け方はないでしょ」とあ [全文を読む]

楽天toto、2014年のワールドカップに関する調査を実施 優勝国予想1位はブラジル

PR TIMES / 2014年05月13日12時02分

企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

ミランでもベンチなのに……本田圭佑“バルサに売り込み”怪行動の裏事情

日刊サイゾー / 2016年10月03日21時00分

そんな欧州組の1人である本田圭佑(ACミラン=イタリア)だが、今夏FCバルセロナ(スペイン)に自らを売り込んでいたことが、スペイン紙の報道で明らかになった。 バルセロナといえば、リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)やネイマール(ブラジル代表)といったワールドクラスのスター選手が所属する世界でも1、2を争うメガクラブ。全盛期ならともかく今は、はるか格下のミ [全文を読む]

ミラン・本田圭佑が中田英寿になる……? 弱気な「ロートル」発言が波紋!

日刊サイゾー / 2016年06月10日21時00分

8日、日本代表FW本田圭佑がACミランでの去就について語ったことが話題になっている。「こんなロートルですから。自分が行きたいようなクラブが手を挙げてくれるかというのも」と、ビッグマウスで知られる本田としては信じられない弱気な発言だ。 先日のキリンカップ・ボスニアヘルツェゴビナ戦後にも「(今季の成績は)クビにさせられる結果だと認識している」と、最近の本田はど [全文を読む]

【プレイバック2016】メッシが今オフに遂に挙式!鹿島の新ユニがスペインで話題に!?《2016年12月》

超ワールドサッカー / 2016年12月31日23時00分

この機会に、2016年を振り返ってみてください! 2016年12月 10位 本田圭佑がシャペコエンセの選手が犠牲となったチャーター機墜落事故にお悔やみ「命って本当に儚いな」(12/1)Getty Images▽ミランの日本代表FW本田圭佑がチャーター機墜落事故を受けてお悔やみの言葉を贈った。 9位 “小さな魔法使い”ベロンが自身2度目の現役復帰を発表!(1 [全文を読む]

【プレイバック2016】脱税容疑でネイマールに有罪判決! ドイツクラブは“売春宿”を広告に《2016年3月》

超ワールドサッカー / 2016年12月31日14時00分

4位 英紙が選ぶ“アジア最強イレブン”に日本人5選手選出(3/13) ▽日本からは、DF吉田麻也、DF長友佑都、MF香川真司、MF本田圭佑、FW岡崎慎司の5選手がえらばれました。 3位 メッシの善意が文化の違いで侮辱に… スパイクの寄付がエジプトで非難轟々(3/31) ▽エジプト並びにアラブ諸国の文化として、靴を履いて人を踏んだり、靴で人を傷つけることは [全文を読む]

【プレイバック2016】ファン・ハールが「くそったれのくそ野郎」発言!《2016年2月》

超ワールドサッカー / 2016年12月31日13時00分

8位 ミラン、一転して本田圭佑との契約延長を希望か(2/29)Getty Images▽本田圭佑とミランの契約は2017年6月まで。今冬の移籍も噂されています。 7位 C・ロナウドがチームメートを批判 「みんなが自分ぐらい優れていれば首位だったはず」(2/28) ▽クリスティアーノ・ロナウドがチームメイト批判とも取れる発言をしました。 6位 C・ロナウド [全文を読む]

10月の日本代表戦で躍動した清武、過密日程に突入したセビージャでの活躍に期待!

超ワールドサッカー / 2016年10月20日16時00分

25分、本田圭佑にパスを出した後、右サイドを駆け上がり、その本田からパスを受けると原口元気の先制点をアシスト。さらに後半のアディショナルタイムで、コーナーキックから山口蛍の勝ち越しゴールを演出するなどの活躍を見せた。さらに続く、オーストラリア戦ではベンチスタートとなったが、少ない出場時間で存在感を示し、日本代表で確固たるポジションを掴んだと言えるだろう。そ [全文を読む]

長身イケメン集団SOLIDEMOとサッカートーク

WEB女性自身 / 2014年06月20日07時00分

親近感もあって応援したいし、チームの要のMFとして活躍してほしいです」【メンノンモデルはファッション担当・山口智也(20)】「本田圭佑選手は、プレーはもちろんなんですが、人間的に、男!っていう感じのところに憧れるんです。強気な発言をして、有限実行するところが本当にカッコいいと思います」【ダンスも得意なサブリーダー・向山毅(25)】「本田圭佑選手に期待してい [全文を読む]

ワールドカップ意識調査、美しすぎる選手1位はあのイケメン

FASHION HEADLINE / 2014年06月10日17時00分

2位以下は本田圭佑、香川真司、内田篤人、長友佑都の順。海外選手ではアルゼンチンのリオネル・メッシ(Lionel Messi)が首位となり、「サッカーといえばメッシ」(10代女性)、」「サッカーはあまり観ないがメッシの名はよく聞く」(30代女性)など、サッカーファンでなくとも名前が挙がった。2位以下はブラジルのネイマール(Neymar)、ポルトガルのクリステ [全文を読む]

セルジオ越後の一蹴両断! 第324回「チャンピオンズリーグで日本人選手が大活躍する姿を見たい」

週プレNEWS / 2013年10月03日15時00分

初戦では本田圭佑のいるCSKAモスクワに力の差を見せつけ、3-0で一蹴した。ただ、スペイン人のグアルディオラ新監督はどこまで自分の色を出せるか、まだまだ模索中のようだ。前任のバルサと同じように中盤の底にアンカー(守備的MF)を置くシステムを採用しているけど、やっているサッカーはバルサとは違う。パスを細かくつなごうという意図は垣間見えるものの、バルサとは選手 [全文を読む]


ネイマールの移籍金「290億円」は結局何がすごかった?

オールアバウト / 2017年09月15日21時55分

今夏の移籍マーケットで、メキシコのパチューカへ加入した本田圭佑は?『transfermarkt』は250万ユーロと推定する。30歳を越えた選手は、ほぼ例外なく市場価値が右肩下がりになっていく傾向にある。例外的なのはリオネル・メッシ(30歳)、クリスティアーノ・ロナウド(32歳)、ルイス・スアレス(30歳)で、メッシとロナウドは1億ユーロ(130億円)、ス [全文を読む]

ハリルジャパン、FWのゴール数が少な過ぎる! 7人合わせてメッシ以下?

日刊サイゾー / 2017年03月16日21時00分

▽GK 西川周作(浦和)、川島永嗣(メス)、林彰洋(FC東京) ▽DF 酒井宏樹(マルセイユ)、酒井高徳(ハンブルガーSV)、長友佑都(インテル)、槙野智章(浦和)、吉田麻也(サウサンプトン)、森重真人(FC東京)、昌子源(鹿島)、植田直通(鹿島) ▽MF 長谷部誠(フランクフルト)、山口蛍(C大阪)、今野泰幸(G大阪)、高萩洋次郎(FC東京)、倉田秋( [全文を読む]

ラグビー五郎丸歩、“世界では戦力外”でも「年収1位」にファンが絶句

アサ芸プラス / 2017年02月14日09時59分

「サッカーでいえば、メッシやロナウドと本田圭佑が1位タイにランクされたと想像してください。金額は167万ユーロ(約2億200万円)。野球やサッカーやテニスなど、何十億円が飛び交う世界に慣れていると『たったそれだけか』と思う人もいるかもしれませんが、ラグビーで1億円プレイヤーは世界のひと握り。ましてや日本人ではこれまで皆無だったことを考えれば、五郎丸ポーズは [全文を読む]

柏木が練習合流 “タイのメッシ”は本田、香川、浅野を警戒

ゲキサカ / 2016年09月04日22時59分

“タイのメッシ”の異名を持つMFチャナティプ・ソングラシンは日本メディアの取材に応じ、「(日本で警戒する選手は)ホンダ、カガワ、アサノ」と、FW本田圭佑、MF香川真司とともに同じリオ五輪世代のFW浅野拓磨の名前も挙げた。 今年1月にカタールで行われたリオ五輪アジア最終予選兼AFC U-23選手権で日本と対戦したタイ。結果は日本が4-0で勝利したが、この試合 [全文を読む]

川島も本田もネイマールに脱帽…本田「学べることは多い」

ゲキサカ / 2014年10月15日03時26分

FW本田圭佑(ミラン)も「すごいなと思いますよね」と脱帽するしかなかった。 時には下がり、時にはサイドに開き、自由に動きながらもチャンスには必ずゴール前に顔を出すネイマール。過去3度のブラジル戦すべてでゴールを守ったGK川島永嗣(スタンダール・リエージュ)は「常に点を取るところにいるし、ゴールに絡む動きを常にしている。危険な動きを90分間している」と指摘し [全文を読む]

サッカー日本代表は小島瑠璃子を見習うべき!『水曜日のダウンタウン2時間スペシャル』(7月9日放送)を徹底検証!

日刊サイゾー / 2014年07月17日16時00分

本田圭佑をはじめとして海外のビッグクラブに所属する選手を多数そろえた日本代表は、間違いなく史上最強という戦前の期待も虚しくグループリーグで涙をのんだ。おそらく高校時代、サッカー部のマネジャーだった彼女も悔しい思いをしたことだろう。小島瑠璃子。弱冠20歳にして、バラエティアイドル業界の未来を担う、ネイマール級の逸材である。 小島瑠璃子は、さまざまな顔を持つタ [全文を読む]

サッカー元日本代表の福西崇史氏、初の新書『こう観ればサッカーは0-0でも面白い』を発売

@Press / 2014年04月09日11時00分

【主な内容】 ●現代のトッププレーヤー シャビ、ブスケッツ、ヤヤ・トゥレ ●ボランチを見れば、チームの《カラー》が分かる ●初めて遭遇した異次元の《個》 ●ロナウジーニョとメッシ、組織を切り裂く個 ●組織と個の融合こそ「最強」の条件 ●4‐2‐3‐1システムの理想/3‐4‐3システムの現実 ●日本代表の強みは「組織力」と言えるか ●日本代表の弱みははたし [全文を読む]

フォーカス