華原朋美 中森明菜に関するニュース

歴代アイドル歌姫の「深刻闘病」現場(2) 中森明菜

アサ芸プラス / 2012年06月13日11時00分

【関連記事】 歴代アイドル歌姫の「深刻闘病」現場(1) あやや 歴代アイドル歌姫の「深刻闘病」現場(3) 華原朋美 有名美女23人戦慄の「襲撃事件」全真相(2)松田聖子 沖縄殴打事件 中森明菜 投げつけられたノートの中身 本誌名物1000人アンケート 我が青春を彩った「昭和の歌姫」ランキング(2)山口百恵、ちあきなおみ、藤圭子、中森明菜… 「消えた歌姫」 [全文を読む]

ベッキーは休養後“復活”できない? 休養していた芸能人4選!!

tocana / 2016年02月15日09時00分

華原朋美 90年代、一世を風靡した小室哲哉ファミリーの華原朋美。彼女も長い間、休養していた歌姫だ。 華原は90年台初頭、バラエティ番組などに出演するタレントとしてデビュー。その後、華原の声質に惚れた小室がプロデュースし、歌手デビューを果たす。この時、小室と華原は交際しているともいわれ、「恋人を歌手としてプロデュースした」と公言するほど彼女に入れ込んでいた [全文を読む]

松田聖子「明菜より格下…」プライド粉砕でレコード会社移籍へ

WEB女性自身 / 2015年04月09日08時00分

「ユニバーサルミュージックは’15年に力を注ぐべき邦楽部門の“3本柱”を、DREAMS COME TRUE、中森明菜さん、そして華原朋美さんにする方針を決めました。華原さんは、3月末から情報番組『PON!』のレギュラーコメンテーターになりしたし、5月には元恋人・小室哲哉が手がけた新曲を発表するなど、何かと話題も多く、紅白出場も期待されているのです」(前出・ [全文を読む]

華原朋美、一組限定プレミアムライブ決定

dwango.jp news / 2014年09月16日12時33分

華原朋美が、10月1日(水)に発売となる大ヒットカバーシリーズの第2弾『MEMORIES 2 -Kahara All Time Covers-』の発売を記念した一組限定のプレミアム・ライブを、アルバムの発売日当日に東京都内にて開催することが決定した。このプレミアム・ライブは華原にとっても初めての試みで、当選者一組を前にライブを行うというファンにはたまらない [全文を読む]

華原朋美、新アルバムジャケットで見せた”美・腹筋”

dwango.jp news / 2014年08月12日10時00分

シンガーとしての華原朋美に影響を与えた楽曲から、自ら新たな“記憶”を創り出すべくこれまでに歌唱したことがなかったジャンルにも果敢にトライ。彼女の進化した表現力を発見できる楽曲が髄所にちりばめられ、復活を経て、アーティストとしてのポテンシャルをさらに前進させていこうとする強い意思が感じられる。サウンド・プロデュースは復活からの音楽パートナーである武部聡志。今 [全文を読む]

明菜4年ぶり復活 マツコ・デラックスらオネエ界隈大興奮

NEWSポストセブン / 2014年07月12日16時00分

あとは、華原朋美や浜崎あゆみも明菜から影響を受けていて、今回の復活を心待ちにしていたそうです」 マツコに限らず、80年代の女性アイドルに強い思い入れを持つ“オネエ”は多いが、なかでも明菜の支持率は異常に高いといわれている。オネエ界隈に詳しい芸能関係者が説明する。 「どちらかというと日陰暮らしをしてきた人が多いオネエにとっては、自分を強く出している松田聖子や [全文を読む]

中森明菜 大手事務所へ持ちかけられた“再生プロジェクト”

WEB女性自身 / 2013年11月13日07時00分

まずは、ファンの前に立てるように体をしっかり治し、長いブランクからカムバックした華原朋美ちゃんのように、一から頑張ってほしいですね」 健康を取り戻し、人間不信も克服して、歌姫が不死鳥のようによみがえる日を待ちたいーー。 [全文を読む]

歌姫・中森明菜の復帰が実現しないウラ事情

メンズサイゾー / 2013年06月23日08時00分

昨年歌手に復帰した華原朋美もうつ病でしたが、明菜はそれよりもはるかに重い症状。元々うつの気質があり、89年に当時交際していた近藤真彦の自宅マンションで自殺未遂を起こした頃のゴタゴタから神経質なタイプに変わってしまった」(芸能関係者) 明菜の芸能人生を語る上で、マッチとの破局は避けて通れない。82年のデビューから間もなく、明菜はマッチと恋人関係に。ささいなこ [全文を読む]

歴代アイドル歌姫の「深刻闘病」現場(3) 華原朋美

アサ芸プラス / 2012年06月14日11時00分

チャンスに向かって頑張ります!!〉 昨年10月30日、華原朋美(37)が実兄・下河原忠道氏のブログを借り、ファンへ向けた復帰へのメッセージである。華原によれば約1年間、フィリピンで働く父親のもとに身を寄せ、心身ともに環境を改善。復帰への道筋が見えてきたというのだ。 思えば5年前、07年6月28日に「プロダクション尾木」から契約解除を公言され、以降も大量の睡 [全文を読む]

雪を見て口ずさみたくなる、タイトルに雪が付く曲5選

okmusic UP's / 2016年11月28日18時00分

日本でも徳永英明、Ms.OOJA、森山良子、河村隆一、森進一、華原朋美、中森明菜とそうそうたるアーティストがカバーしている。■3.「雪が降る街」(’92)/ユニコーン♪ぼ~くらぁの街に~と、奥田民生が伸びやかに歌うサビメロを思わず口ずさみたくなる、92年発表のユニコーンの名曲。当時、CMなどでクリスマスソングが流行っており、それに便乗しようと作り始めたが、 [全文を読む]

自死未遂騒動の田畑智子、破局したはずの岡田義徳と復縁で年内ゴールイン?

アサジョ / 2016年07月19日17時59分

1998年には、歌手の華原朋美が小室哲也との破局報道後にガス中毒で搬送され、“自殺未遂”だと騒動になりました。彼女たちに共通するのは、その後も交際相手と復縁することはなかったということ。田畑のように自殺騒動以降、別れた男性と元鞘に収まるのは非常に珍しい。逆に言えば、2人はよほど深い愛情で結ばれているということ。あの騒動を乗り越えて復縁したのなら、年内のゴー [全文を読む]

松田聖子、デビュー35周年の正念場

NewsCafe / 2015年05月03日17時00分

「ここにきてユニバーサルは、売り出しに力を入れる今年の主要アーティストは、明菜とDREAMS COME TRUEと華原朋美(40)に決定したらしく、聖子はそこに自分が入っていないことにショックを受け、6月の契約終了を機に心機一転、出直すのではないかと見られています」 しかし、今年は35周年というメモリアルイヤーの締めくくりであり、これから全国ツアーも始ま [全文を読む]

松田聖子が明菜復活でレーベル再移籍説 5年前比で立場逆転

NEWSポストセブン / 2015年05月01日07時00分

「レーベル側は所属アーティストのうちドリカム、華原朋美、そして明菜を柱にプロモーションするようになり、軽く見られていると感じた聖子は再移籍を考えている」(同前)というのである。 ユニバーサルは「特定のアーティストに特別に力を入れることはなく、松田聖子の移籍もない」と回答するが、すれ違いは今に始まったことではないようだ。 「聖子は毎年6~8月にツアーライブを [全文を読む]

華原朋美、一組だけのプレミアムライブにファン歓喜の涙

dwango.jp news / 2014年10月01日21時58分

1日にカバーアルバム『MEMORIES 2 -Kahara All Time Covers-』をリリースした華原朋美。発売日当日に、発売記念スペシャルキャンペーンとして実施されたカバーアルバムの収録曲から好きな曲名を投票する企画に参加したファンの中から一組を招待するプレミアム・ライブを東京・神楽坂 The gleeで開催した。この幸運な一組みに見事選ばれた [全文を読む]

華原朋美「真剣に考えていた」新たな恋は実らず…

WEB女性自身 / 2014年07月24日20時00分

歌手の華原朋美が8月23日公開の映画『喰女-クイメ-』(三池崇史監督)のイメージソングを歌うことが24日、明らかになった。この日は26日の幽霊の日にあわせて東京・妙行寺でお岩さんお参りが行われ、華原が最近の恋愛事情を語る場面もあった。 『喰女』は主演の市川海老蔵が自ら企画に携わり、ジャパニーズホラーの原点である『四谷怪談』を現代風にアレンジしたホラー映画。 [全文を読む]

重度のうつ病に苦しむ中森明菜の人生を「ジャニーズ」と「近藤真彦」はどう追い込んだか

日刊サイゾー / 2013年02月15日11時00分

昨年11月に5年ぶりに歌手復帰した華原朋美は、うつ病による精神不安定が原因で、所属事務所のプロダクション尾木を契約解除されて、事実上、芸能界から追放された。その後、復帰までには、病気治療も含め、苦難の道のりが待っていたわけだ。 だが、関係者によると明菜は「華原以上に重いうつ病」だという。となると、復帰はそう簡単ではないだろう。 明菜は、2010年の10月 [全文を読む]

歴代アイドル歌姫の「深刻闘病」現場(1) あやや

アサ芸プラス / 2012年06月12日11時00分

【関連記事】 歴代アイドル歌姫の「深刻闘病」現場(2) 中森明菜 歴代アイドル歌姫の「深刻闘病」現場(3) 華原朋美 浜崎あゆみのロンドン豪遊現場 紳助の“シマ”をブン獲りさんま高笑い TV美女42人が大咆哮!「アイツは絶対許せない」(3)平井理央→カトパン「小学生以下のおバカ」 田中みな実→藤森慎吾「チャラ口説き」 [全文を読む]

フォーカス