漫画 米倉涼子に関するニュース

オスカープロ所属のモデルが「女優宣言」。初代・米倉涼子から女優の心得も

Woman Insight / 2016年03月24日13時40分

漫画やゲームが大好き」という田中さんが、いまいちばん好きな漫画は『キングダム』。実写化ドラマなどへの憧れを語りました。 今回お披露目発表会を行った「女優宣言」は、オスカーグループのスターづくりの一環として、2000年から2006年の間毎年行ってきたもの。第1弾には、いまも女優として大活躍の米倉涼子さんと菊川怜さんがそろって女優宣言し、デビューしています [全文を読む]

“魔性の女”を演じる田中道子の素顔は…漫画&ゲーム好き!

Smartザテレビジョン / 2016年11月02日12時00分

米倉涼子演じるフリーランスの外科医・大門未知子の活躍を描く大人気シリーズの第4弾「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)。今シーズンでも、初回視聴率20.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を皮切りに、高視聴率を連発し、その人気がうかがえる。今作で注目なのが、女優デビューを果たした元ミス・ワールド日本代表の田中道子。未知子の宿敵である病院長・蛭 [全文を読む]

とても常識人なのに「私、変わってるんです」アピールしたがる日本人

まぐまぐニュース! / 2016年06月24日02時30分

親は子供に特別な名前を、特徴的な名前を、個性的な名前をと思い、漫画の主人公やスグに読解できない名前をつけます。 でも、すでに「キラキラネーム」という言葉も世間一般に広まった今、その名前を聞かされても「個性的だなぁ」とか「特徴的だなぁ」と感想を持つ前に「キラキラネームだなぁ」って感想が先に来ちゃうんと思うんです。 俗っぽさから脱去するために、特徴的な名前を [全文を読む]

芸能美女たちのロケットバスト事変(2)浅田舞は初舞台で…

アサ芸プラス / 2017年06月19日09時57分

「原作漫画では男を惑わす遊女の妖艶な衣装が注目されていましたが、そのイメージを損なわない扇情的な仕上がりになりました。過去にもビキニ写真集でFカップを披露している浅田だけに、露出度の高い衣装も喜々として着こなしていました」(芸能デスク) 女優デビューする浅田に芸能評論家の佐々木博之氏がエールを送る。「1st写真集の大胆ビキニもよかったが、思い切ってヘア写真 [全文を読む]

吉高『東京タラレバ娘』が木村を猛追、フジがワースト3制覇! 冬ドラマ初回ランキング

サイゾーウーマン / 2017年01月25日13時00分

東村アキコ氏による人気の同名漫画が原作で、榮倉奈々、大島優子、坂口健太郎、鈴木亮平らが脇を固めている。アラサー独身女性が仕事や恋に奮闘する姿を描いており、女性視聴者からは「心に刺さる」など、共感の声が多く出ていた。 ベスト3位に食い込んだのは、堤真一主演の『スーパーサラリーマン左江内氏』(同)。初回は12.9%と好スタートを切った。同作は、藤子・F・不二雄 [全文を読む]

新垣結衣は『逃げ恥』で“第3のスタートライン”に立った 喜劇女優としてのガッキー

リアルサウンド / 2016年10月29日06時10分

本作は漫画雑誌「Kiss」で連載されている海野つなみの同名漫画を原作に、「契約結婚」に乗り出す男女のドタバタ劇を、労働問題などの社会派要素を織り交ぜながらコミカルに描くラブコメディだ。参考:石原さとみ、新垣結衣、米倉涼子……秋ドラマのプライムタイムは“闘う女たち”が活躍 主演を務める新垣結衣と、脚本の野木亜紀子がタッグを組むのは本作で3度目。新垣が気の強い [全文を読む]

日テレ、TBS、テレ朝が順調…秋ドラマ初回まとめ(上)

NewsCafe / 2016年10月20日13時00分

第3位は新垣結衣(28)と星野源(35)主演『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)と、沢村一樹(49)主演『レンタル救世主』(日テレ系)が、10・2%で並びました」 デスク「『逃げ恥』は漫画が原作のラブコメディーだけど、面白かったな。『情熱大陸』(TBS)風の演出は吹いたけど、やりすぎると逆にイラっとするからほどほどに笑わせてほしい」 記者「新垣がめちゃカ [全文を読む]

それでも、TBSなら……! 苦戦続きの女優・武井咲、初のTBSドラマ出演で捲土重来なるか?

日刊サイゾー / 2016年05月26日21時00分

原作は女性向け漫画誌『プチコミック』(小学館)で連載されていた、北川みゆき氏の同名漫画。同ドラマは、とある企業の広報部で働く主人公・栗原未亜(武井)が、既婚者である自社の副社長・三好海里(滝沢秀明)と恋に落ち、2人の禁断の恋愛を軸に、複雑に絡み合う人間模様を描いた作品。 そのほかのキャストとして、ライバル企業の社員で三好の最大の恋敵となる宮沢綾役で中村蒼、 [全文を読む]

ゴン&ザキヤマ歓喜! キリトルTVに“QJ”企画賞

Smartザテレビジョン / 2015年11月19日21時45分

「クイックジャパン」は、テレビ、芸能、音楽、社会、文学、漫画、ストリートなど、「切実で熱意のあるカルチャー全般を紹介する総合誌」をテーマとする'94年創刊の雑誌。 同誌が選ぶ「テレビオブザイヤー」はことしで10回目となり、今回は伊藤正宏、内村宏幸、鮫肌文殊、そーたに、高須光聖、田中直人などの放送作家11人が、1年を通じて一番面白かったバラエティー番組を選 [全文を読む]

医者が守るのは命?金?名誉?絆!?記憶に残る“医療ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月22日09時55分

そんな中で大ヒットしたのが、漫画を原作とした『医龍-Team Medical Dragon-』。大学病院の派閥にとらわれず、患者と向かい合った医療を目指す天才外科医、朝田龍太郎と、優秀な人材をあつめた医療チームが日本初のバチスタ手術の成功を目指す、原作に近い第一シーズン。権力と金、国際問題など、次々と問題に直面しながらも、自分をしっかりもった医師たちが集 [全文を読む]

10月期ドラマの視聴率まとめ! 「ドクターX」の次に高かったのはあの“胸キュン”ドラマ!?

Smartザテレビジョン / 2014年12月25日22時40分

原作漫画のファンが多いだけでなく、どこか放っておけない独特の空気感を持つ綾瀬本人の魅力も人気に反映されているのではないだろうか。その他、注目作では小栗旬主演のフジ系“月9”初時代劇「信長協奏曲」は平均視聴率12.5%を記録。映画、アニメというメディアをまたいでさまざまな媒体で映像展開していくだけに、連続ドラマが終わってもまだまだ楽しめそう。数字上は、前クー [全文を読む]

「実はあのドラマにはちょっと注目する点が...」業界人がウワサする、次クールの必見ドラマ

tocana / 2014年10月09日08時00分

人気漫画を原作とした作品や人気ドラマシリーズの続編、さらには完全オリジナルストーリーと、今クールも多彩なラインナップが並んでいる。そんな中でも、テレビ業界で働く人々に特に注目している作品をうかがった。 まずはフジテレビ月曜21時の"月9枠"から。「今回の月9は小栗旬主演による『信長協奏曲(コンツェルト)』がスタートします。このドラマがどう転ぶのか、多くの業 [全文を読む]

俳優の事情優先ドラマ増え、視聴者「見たいのない」とTV離れ

NEWSポストセブン / 2012年02月04日16時00分

しかしバブルが崩壊してからは、ベストセラー小説や漫画のドラマ化など、原作ものが増加。オリジナル脚本のドラマを見つけるほうが難しかった」 ドラマ製作費は「潤沢な予算があった時代の半分以下になっている」とあるテレビ関係者はいう。ただでさえ厳しい状況なのに、人気俳優ありきの制作をしていては高騰するギャラに大半を費やさなければならない。自ずと脚本家が望む物語の設定 [全文を読む]

フォーカス