彼女 鈴木亮平に関するニュース

人を縛り続けるのは誰かの優しさなのかもしれない──ドラマ『東京タラレバ娘』第9話レビュー

おたぽる / 2017年03月22日16時00分

彼女は「縛られている」とは気付いていないし、そして、縛られるのは悪いことではない。人と人が付き合い、ましてや一緒に暮らすとなれば、そこに何がしかの「縛り」が生じるのは当然のことだ。ある意味、それを幸せと感じることがあるのもまた確かなのだ。 香(榮倉奈々)は、リョウ(平岡祐太)ときっぱり別れることを決め、訪ねてきたリョウにも会おうとしない。「愛情」という縛り [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】鈴木亮平が描いた“ふなっしー”が凄すぎる。「首が無い体型に困った」とブログに苦労話も。

TechinsightJapan / 2015年03月13日17時30分

吉高が演じた花子の女学生姿を鉛筆で描き、彼女にプレゼントしたようだ。感激した吉高は自身のツイッター に「すごい上手な絵だよね、これ」とのコメントと共に、絵を写した画像を公開。長丁場の撮影現場で苦楽を共にした彼女に対する、労いと感謝の心が込められた素敵な贈り物である。東京外国語大学卒で英検1級、全国高校生ドイツ語スピーチコンテストで優勝するなど語学に堪能なこ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】二宮和也と緑友利恵が『GANTZ』共演時の裏話を暴露。「とんでもないおバカなんですよ」

TechinsightJapan / 2014年08月11日12時15分

ゲームの合間にはその頃を振り返りながら二宮から「とんでもないおバカなんですよ」と緑の本性がカミングアウトされると、彼女も二宮から勉強を教わった時の裏話を明かすなど暴露合戦となった。 8月7日放送の『VS嵐』には映画『ホットロード』の出演者たちが参戦。主演の能年玲奈をはじめ、登坂広臣、鈴木亮平、太田莉菜、落合モトキ、そして緑友利恵が『嵐』チームを相手にアトラ [全文を読む]

誰かを幸せにするための嘘も、他の誰かを傷つけているのかもしれない──ドラマ『東京タラレバ娘』最終話レビュー

おたぽる / 2017年03月28日13時00分

結局、ふとしたことから彼女の嘘が早坂にバレてしまう。そして、倫子の本当の気持ちに気付いた早坂は、彼女に別れを告げる。 早坂は言う「気持ちにフタをすることも、嘘をつくことと同じ」。彼もまた、自分の気持ちに嘘をつくことを潔しとしなかったのだ。 そんな頃、小雪(大島優子)は、街で偶然丸井(田中圭)に会う。そして彼に「ありがとう」と告げ、気持ちに決別をつける。そ [全文を読む]

連載旅小説「私はニューヨークなんか、興味がなかった」第2話/恋人紹介業者からスカウトされる!?

TABIZINE / 2016年08月10日07時30分

い、いったい何事? 彼女は独身者の恋人探しを手伝ってくれる、マッチメイカー(恋人紹介業)。主催のTrain Spottings(トレイン・スポッティングス)は、多くの乗客が乗り降りするニューヨークのアイコン地下鉄(トレイン)こそ、最大の出逢いの場と考えているのですって。現在、ニューヨークは中国系アメリカ人や日系アメリカ人が増加、アジア人の恋人依頼が多くな [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『お迎えデス。』に“おばけ”主演女優・佐藤玲「イマドキな美形!じゃないですし」

TechinsightJapan / 2016年05月22日15時00分

昭和の回想シーンを演じた彼女はブログで「やっぱりイマドキな美形!じゃないですし」と役どころを振り返っている。 日本テレビ系の土曜ドラマ『お迎えデス。』は主人公・堤円(福士蒼汰)とヒロイン・阿熊幸(土屋太鳳)が、この世への未練からさまよう霊を成仏させるため奮闘する姿を描く。霊が見える体質の2人は死神のナベシマ(鈴木亮平)とゆずこ(濱田ここね)に見込まれてアル [全文を読む]

【GINGER11月号9月23日発売!】モデルそして女優 香里奈の新境地を拓く最新インタビューを掲載。写真が動く!香里奈スペシャル動画もついてきます!

PR TIMES / 2015年09月18日16時11分

当時25歳だった彼女も31歳を迎えました。 読者とともに成長してきた香里奈が、この秋新たなステージへと挑みます。 それは、女優として大きな転機となったドラマ『だいすき』のスタッフたちとともに創り上げる 新ドラマ『結婚式の前日に』(TBS系にて毎週火曜22時~、10/13よりスタート)。 香里奈は、主人公の花嫁役。結婚式を100日後に控えて、健康診断で脳腫瘍 [全文を読む]

戸田恵梨香、事務所が顔をしかめる「男選び」の条件とは?

アサ芸プラス / 2015年04月24日09時59分

近年、恋多き女として語られることが多い戸田だが、実際、彼女の好みのタイプは「酒癖が悪い男」であると、芸能ウォッチャーは指摘する。「彼女の付き合う男は、なぜか総じて酒癖が悪いんですよね。業界内では『戸田は酒乱好き』だと評判です。現在、戸田が交際中だといわれているのが勝地涼(28)。普段は好青年なんですが、酔うと態度が豹変すると、たびたび報じられています。元 [全文を読む]

永野芽郁、鈴木亮平と2ショット 『俺物語』再現にファン歓喜

しらべぇ / 2017年08月21日18時30分

そんな彼女が自身のインスタグラムで行なった投稿が、ファンの間で話題に。■バラエティ収録で鈴木亮平と遭遇 ・ 実はVS嵐の収録時に亮平さんに会えました☺︎ 猛男くんと大和を久しぶりに。笑 #もう一回みてみよ俺物語!! #でも今回は #忍びの国 と #僕たちがやりました でした #またご一緒できますようにA post shared by 永野芽郁 (@mei_ [全文を読む]

仲間由紀恵“3年目の浮気”溝埋める夫・田中哲司の贖罪同伴

WEB女性自身 / 2017年07月06日06時00分

都内の自宅マンションから愛車を運転して出てきた彼女が向かったのは、なんと小栗旬(34)の自宅だった。 「小栗さんは仲間さん主演のドラマ『ごくせん』で生徒役でした。それから10年以上親交があるんです。プライベートの相談ごとでもあったのでしょうか」(前出・テレビ局関係者) 彼女が訪れてから約1時間後、やはり小栗邸に入って行く男性が。よく見ると、鈴木亮平(34) [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】袴田吉彦“アパまだ君”の汚名返上 ドラマ『銭形警部』の見どころは鈴木亮平だけじゃなかった

TechinsightJapan / 2017年02月11日15時57分

ただ、AKB48時代から彼女が出演すれば賛否が入り乱れるのが宿命である。今回も「前田敦子ちゃん大活躍していてかっこいい。見てよかった」「なんかこの人見たことあるなと思ってたら前田敦子だった。演技良くなったなぁ」と称賛される一方で「前田敦子の演技が大根過ぎて、途中何度か見るのやめようかと思ってしまった」というツイートも見受けられる。ドラマの終盤で危機に陥った [全文を読む]

鈴木亮平主演で続編!パンティかぶる『リアル変態仮面』は何割か調査

しらべぇ / 2016年02月24日07時00分

彼女がシャイな子で、付き合い始めてしばらくは下着を見られるのを恥ずかしがってた。からかうのが楽しくて、匂いをかいだり、つけるフリをしたり...を経て、ある日、頭からかぶってみました。不思議な気持ちになり、まるで新しい自分に変わった気がしました」(20代・男子)鈴木亮平とは少し違う気もするが、「違う自分になる」という意味では、これも変身の一種かもしれない。 [全文を読む]

「職場でこっそり○○されたい…」女子が“逆チョコされたい芸能人”1位はやっぱりあの人!

Woman Insight / 2016年01月24日19時00分

ぜひ楽しい日をお過ごしくださいね!(鈴木 梢) 情報提供元:株式会社ウエディングパーク 【あわせて読みたい】 ※え、それでいいの!?バレンタイン、男子が「本当にほしいプレゼント」ランキング ※絶品&おしゃれ!贈り物にもぴったりの最旬「チョコレート」6選 ※【実際にあったコワい話】彼女からもらって正直いらなかったプレゼント ※開けてガッカリだったプレゼント大 [全文を読む]

背水の陣・香里奈の主演ドラマ“大惨敗”! TBSの「黒い計算」で、今度こそテレビから消えるかも……

日刊サイゾー / 2015年10月16日00時00分

彼女の“大開脚”イメージ以前に、ドラマとして『どこかで見た感』の強い作品です。しかも放送時間の“火10”は、最近結婚した堀北真希主演で評判も視聴率も最悪だった『まっしろ』の枠。もともと高視聴率の望めない“捨て枠”なんです。TBSとしては、すべての責任を香里奈に押し付けてこの枠を撤廃させる気なのかもしれません」(芸能記者) 雑誌『GINGER』(幻冬舎)で表 [全文を読む]

美容家・佐伯チズ氏も絶賛 石田ゆり子「奇跡のアラフィフ」の秘訣

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月06日09時26分

彼女の美しさは、付け焼き刃の美容法ではなく、“生き方の結果”です。生き方にクセがないから、表情による変なシワもできず、深いシワもない。まさに内面からの輝き。妹のひかりさんのほうが脚光を浴びた若い頃も石田さん姉妹からは変な噂もありませんでしたし、生まれながらにして人を蹴落としたり、やっかむことなく歩んできたのではないでしょうか。美容の“容”は身体。食・健 [全文を読む]

鈴木亮平主演「西郷どん」で高梨臨が大河初出演!

Smartザテレビジョン / 2017年04月12日16時07分

彼女との出会いをきっかけに、西郷が正義の道に目覚めるという人物だ。 ふきは、困窮する自分たちを救おうとする西郷に心を寄せるが、薩摩藩の厳しい財政難のしわ寄せを受け、身売りされることに。しかし、その後、奇妙な縁で西郷や薩摩藩士たちと再会を果たす。 会見に登場した高梨は、「鈴木亮平さんとは、連続テレビ小説『花子とアン』('14年)以来の共演、脚本の中園ミホさん [全文を読む]

鈴木亮平、34才の誕生日に「武士のような「情熱」で「役者」に向き合う」

dwango.jp news / 2017年03月29日11時07分

なんと二度とも彼女の義理の兄役だったのですが、今回は夫婦ということで、これまでに築き上げた信頼関係を活かして、素敵なシーンを作り上げていけたらと思っています。」と発表された新たな出演者たちに対する思いを語った。 さらに「その都度良い意味で驚いていただけるかと思いますので、楽しみに待っていてくださいね。実は僕もまだほとんど知らないんですけど(笑)」と今度も随 [全文を読む]

“タラレバ3人娘”吉高&榮倉&大島が涙のクランクアップ!

Smartザテレビジョン / 2017年03月22日05時30分

一方、香は「彼女と別れた」という元彼の涼(平岡祐太)と、小雪は不倫を終わらせたはずの丸井(田中圭)と再会してしまう。果たして3人娘のとった行動は? それぞれの幸せをつかむことができるのか…。 撮影最後のシーンは、3人娘がいつも“女子会”を行う思い出の場所「酒処・呑んべえ」。ここで吉高、榮倉、大島の3人は同時に撮影を終えた。 スタッフの「これをもちまして東 [全文を読む]

定番の「できちゃった」ネタをタラレバはどう料理したのか──ドラマ『東京タラレバ娘』第8話レビュー

おたぽる / 2017年03月14日11時00分

香が妊娠しているかもしれないと知ったリョウ(平岡祐太)は、彼女を抱きしめ、「責任は取る」と言ってくれる。 その言葉に、「自分を大切にしてくれている」と感じ、色めき立つ香。しかし、妊娠は間違いだと分かり、リョウからも「安心した」と、予想外のことを言われる。迷いを感じた香が出した結論は──。 今回、出演シーンは少なかったが、KEY(坂口健太郎)の言動が重要で [全文を読む]

清水富美加 あの映画でも意欲的な姿勢?「出家」前に目撃された“幸福の素顔”

アサ芸プラス / 2017年02月26日09時57分

一方で、彼女をインタビューした経験があるフリーライターはこう話す。「確かに、水着姿になるグラビアの仕事は苦手だったようですね。というのも、本人は小さな胸にコンプレックスを抱いていて、一時は真剣に豊胸手術まで考えていたと、冗談まじりに話していました」 しかし、13年に取材した際には、「今ではやりがいがある。ふっきれた」 こう語って、グラビア仕事に前向きに取 [全文を読む]

フォーカス