子供 工藤静香に関するニュース

<キムタク叩きは無意味>木村拓哉VS他メンバーの構図は何のため?

メディアゴン / 2017年04月10日07時40分

そのような「100%の憶測」は、キムタクや子供たちに対しても失礼な話だ。なぜ、ジャニーズはキムタクだけ結婚を認めたのか? 特別扱いではないか? ということに対する非難に関してもそうだ。それは単に、当時のキムタク(や工藤静香)が策を弄して頑張り、加えて、キムタクが事務所の説得を打破できるぐらいの位置関係を作っていたからではないのか。結果的に「特別扱い」と言わ [全文を読む]

香取慎吾が「なぜ自分だけダメなんだ」とキムタクのデキ婚にブチギレていた!?

アサ芸プラス / 2017年04月13日05時58分

「香取は生放送で、お花見の話題になると『友達の子供と行きたい。隠し子と言われている友達の子供と行きたい』『隠し子じゃない! 友達の子供なんです。困ってます!』と、世間で囁かれている噂について強く否定しました。すると放送後、ファンの間では『自分の言葉で説明する香取くん素敵』『安心した』と安堵の声が広がっています」(テレビ誌記者) しかしその一方、4月11日発 [全文を読む]

電通、清原、SMAP、乙武――2016年を振り返る~河崎環、おおたとしまさ、田中俊之、常見陽平座談会【後編】

プレジデントオンライン / 2016年12月29日14時45分

どのタイミングで子供を産むかを自分で決められるようになれば、人生の選択肢が広くなります。子供を自分のリソースで育てるのか? チームを組んで育てるのか? 男性も女性も80年というスパンで人生をデザインするようになっていくでしょう。 ■若い頃に勝ってしまうのは、実は苦しいこと 【田中】僕の2016年のキーワードは「清原問題」。これはかなり衝撃でした。スポーツ選 [全文を読む]

江角マキコ、ママ友いじめ騒動で長女転校先の“評判” 芸能人ご用達、派閥争い存在か

Business Journal / 2014年11月26日06時00分

世界中のさまざまなバックグラウンドから来た子供たちが集まっている環境では、芸能人の子供だからといって、いちいち騒がれることがないのが選択した理由だといわれています。江角とは別のスクールですが、木村拓哉・工藤静香夫妻の子供や、木梨憲武・安田成美夫妻の子供も、子供をインターナショナルスクールに通わせています」 江角の娘が転校した都内にあるインターナショナルスク [全文を読む]

紗栄子、小雪、神田うの…芸能人ママの“インターバブル”最前線

デイリーニュースオンライン / 2015年09月04日07時00分

芸能人の子供といえば、年中マスコミに取り上げられているのが“お受験”、そしてインターナショナルスクールへの入学。近頃では神田うの(40)、小雪(38)、紗栄子(28)、木下優樹菜(27)、伊東美咲(38)ら有名女性芸能人による“インターバブル”が起きていると、9月3日発売の『女性セブン』(小学館)が報じている。 特別扱いされないのが魅力 元来、インター志向 [全文を読む]

キヨハラ元嫁とキムタク嫁…同じアイドルグループ出身女性の明暗

デイリーニュースオンライン / 2016年02月13日12時00分

(略)今、私にできることは多くありませんが、まずは親として、大切な子供達を守ることが一番の責任だと思っております。誠に申し訳ありませんが、どうぞご理解とご配慮を頂けますよう何とぞよろしくお願い申し上げます」 ……と、元夫の逮捕後に気丈にコメントを出した清原亜希は、波乱万丈の人生を過ごしてきた女性だ。 福井県生まれの清原亜希(=木村亜希・注1)は、1984年 [全文を読む]

“素顔はゲス”な美女のシタタカ本性を公開!(2)木村拓哉が独立に荷担しなかったのは妻・工藤静香の策略?

アサ芸プラス / 2016年02月11日17時57分

子供が生まれたあとには、メリー喜多川副社長(89)や黒柳徹子(82)などを伴いディズニーランドに行き、お披露目会まで行っている。結婚には大反対だったメリーさんも、今ではすっかり懇意になっているほど、人たらしにたけています」 その一方で、SMAP育ての親と呼ばれるIマネージャーに対しては、「静香は子供の誕生日に夫に仕事を入れないようI女史に頼んでいたが、何度 [全文を読む]

神田うの もっとレベルの高い英語教育をと娘を名門インターに

NEWSポストセブン / 2015年09月04日16時00分

ここは両親が日本人の場合は原則的に入れないんですが、面談などによって入園が許可されるケースも増えているそうですね」(うのの知人) うのに限らず、子供をインターナショナルスクールに通わせる芸能人ママは増えている。小雪(38才)は4月から長男(3才)を都内のインターに。木下優樹菜(27才)は昨年末、2才の娘を幼稚園前のプレスクールに通わせていることをブログで報 [全文を読む]

香取慎吾の”隠し子”報道で発覚?想像以上だった”木村拓哉との確執劇”

デイリーニュースオンライン / 2017年04月09日19時00分

「じつは香取には2005年ごろ、一部マスコミの間で『子供が産まれたらしい』という真偽不明のネタが出回ったことがあります。しかし、複数の社が動いたものの、それを裏付ける情報がなく、いつしか立ち消えとなっていた。今回の文春記事で報じられたA子さんは、当時噂された女性と同一人物だと言われています」(芸能記者) 報道された”謎の少年”が香取の子供だとするならば、 [全文を読む]

文化人になりたい?押切もえが生き残りをかけ”キャラ変”を模索

デイリーニュースオンライン / 2016年09月19日12時05分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

SMAP解散裏騒動の主役は「木村拓哉&工藤静香の“容姿端麗”な娘」!

アサ芸プラス / 2016年09月19日09時57分

子供のことを1番に考え、入学させる学校や習い事を熱心にリサーチ。今は個性を伸ばす方針のインターナショナルスクールに通わせています。学費は年間で200万円を超えると言われていて、多忙なスケジュールの合間を縫って時間があれば、夫婦そろって子供たちを学校へ送迎することもあります。まさに箱入り娘のお嬢様ですよ」 それだけではない。工藤といえば、歌手としてだけでな [全文を読む]

キムタク敵視の要因にも?”結婚にすがる”香取慎吾のメンタル

デイリーニュースオンライン / 2016年08月08日10時05分

一方で2013年に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、香取は子供が欲しいと思ったこともあると語っています。今でもその思いが消えていないのであれば、このところの結婚を匂わす発言も納得が行きます。」(芸能記者) メンタルがもうボロボロだと報道されている香取。一方、仕事もプライベートも自分の思うがままにしている木村。香取が精神の安泰を得られる日は来るの [全文を読む]

SMAPメンバーの絆は戻らない?あの”黒幕”が犯した大いなる誤算

デイリーニュースオンライン / 2016年08月05日19時05分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

暴走族の女神からオーガニック母へ。工藤静香のしつこい変貌アピールと木村家離散報道

messy / 2016年03月23日00時30分

独身時代は食べ物などどうでもよく、朝食にあずきバーを食べるような生活だったが、子供を産んでから意識が変わったという。それが高じて、現在はネットショップで自身がオススメするオーガニック食品の通販などを行っているとのこと。また、スタジオではオーガニック食材を使った彼女のお手製ケーキが振る舞われた。 今回の放送では、全盛期はヤンキーに絶大な人気を誇っていた彼女ら [全文を読む]

木村拓哉・工藤静香夫妻は嫌われヤンキー夫婦? 理想のカップルだったのに…

messy / 2013年11月22日15時55分

子供を金儲けに利用しているように見える」など散々な言われようで、ママタレとしてそこまでバッシングにさらされることなく、はのらりくらり上手に世間の荒波を渡ってきた理子も、「文春」読者にはかなり嫌われているようだ。2位はドーベルマン訴訟が効いたか、反町隆史・松嶋菜々子夫妻。結婚当初は理想的な美男美女カップルと言われたものだが、今では反町の低視聴率男ぶりと松嶋 [全文を読む]

【ウラ芸能】木村佳乃、ママ全開のワケ

NewsCafe / 2013年09月12日15時00分

妻もそれにならってしないのが普通なのに、木村はそれについてのコメントが全開でした」デスク「何しゃべったの?」記者「出産後も変わらないプロポーションで美しさを放っていたのもさすがですが、『毎日ばたばたですが、2人の子供が心を豊かにしてくれる』と、笑顔全開。その後の各テレビ番組の個別のインタビューでも、『上の子がイヤイヤをするようになった』『洗濯機に間違えてお [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】岸谷香、森高千里と工藤静香のコラボに感慨「同じ時代を頑張ってきた同志」

TechinsightJapan / 2017年08月04日15時21分

工藤とは今回の楽曲提供で親交が深まったという岸谷香だが、森高千里とは子供の習い事が一緒でママ友だったという。20代でアイドル、ミュージシャンとしてそれぞれ成功を収め、結婚、子育てを経てこうしてステージを共にした3人。子育てもひと段落した彼女たちが、これからどんな活躍を見せてくれるのか楽しみである。 画像は『岸谷香 2017年8月3日付オフィシャルブログ「F [全文を読む]

中居正広の後追い退所説は消えず?噂される”SMAP再結成”の現実味

デイリーニュースオンライン / 2017年07月26日08時00分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

木村拓哉が妻へ恩返し?工藤静香と”夫婦共演説”が浮上のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年03月26日08時30分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

西野カナを“平成の歌姫”にしたシングル母の才能開花教育

WEB女性自身 / 2017年02月01日06時00分

「お母さんは 子供は放っておいても育たない というのが持論で『いくら才能があったとしても、子供はその力を発揮する術がわからないもの。だから親が助けてあげないといけない』とよく漏らしていましたね。実際、高校に入ってカナちゃんがプロ歌手を目指し始めてからは、お母さんが各地のオーディションにも同行していましたから。『歌と勉強。あの子がどちらに進みたいと思っても [全文を読む]

フォーカス