歌姫 中島みゆきに関するニュース

中島みゆき、最新アーティスト写真を公開&リスペクトライブのCD化が決定

okmusic UP's / 2016年09月12日15時00分

同ライブでは、稀代のアーティスト達が心を込めて「糸」、「ファイト!」、「世情」、「命の別名」、「歌姫」、「雪」など中島みゆきの数々の名曲を熱唱した。この『中島みゆきRESPECT LIVE『歌縁』(うたえにし)』は、2017年1月からの追加公演が決まるなど大きな反響を呼んだ。同ライブのハイライトを詰め込んだライブアルバムは、各アーティストがライブで歌唱した [全文を読む]

中島みゆき、20年振りのベストアルバムに本人による初の全曲ライナーノーツを封入

okmusic UP's / 2016年11月16日16時30分

同作品の最大のトピックとして、先日のNHK総合『SONGS』での中島みゆき特集「中島みゆき~歌姫の21世紀~」でも、その一部が紹介され話題となった本人による全楽曲ごとのライナーノーツが封入されている。中島みゆき作品史上初の試みとなるライナーノーツには、各楽曲が産まれた際のエピソードや作品に込めた思いなど、ここでしか読めない大変貴重な内容が収められておりファ [全文を読む]

【『中島みゆき「歌姫 劇場版」』公開目前】歌詞を“肴”に『歌姫ツイ飲み酒場』がオープン

リッスンジャパン / 2012年10月10日13時00分

10月13日(土)に公開される『中島みゆき「歌姫 劇場版」』(マイシアター、ワーナー・マイカル・シネマズ配給)。近年のライブ映像を中心に中島みゆき自身の音楽活動を辿る集大成的作品として公開前より話題となっているが、この劇場版の公開を記念してTwitter公式アカウントにて『歌姫ツイ飲み酒場』をオープンした。中島みゆき - アーティスト情報タイムライン上で共 [全文を読む]

中島みゆき、20年振りのベストアルバム発売! 本人による初の全曲ライナーノーツ封入

AOLニュース / 2016年11月18日01時45分

さらに、先日のNHK総合<SONGS>の中島みゆき特集「中島みゆき~歌姫の21世紀~」でも一部が紹介されて話題となった、本人による全曲ライナーノーツを封入。自身初の試みであり、各楽曲が産まれた際のエピソードや作品に込めた思いなど、ここでしか読めない貴重なライナーノーツとなっている。 今回は20年振りのベストアルバムとあって、購入者特典も豊富。内容の詳細は [全文を読む]

中島みゆき RESPECT LIVE「歌縁」世代を超えた8アーティストが熱唱

dwango.jp news / 2016年01月15日17時31分

出演者から最もリクエストが多かったという『化粧』、『歌姫』を歌い、中島みゆきが描く“女”に自身を重ねて歌の中で見事に演じ切った。 こうして数ある名曲の中から1人2曲ずつ披露、出演者によるナレーションで各アーティストのステージを紡いでいき、最後は出演者全員で『時代』を歌った。何年経っても色褪せず、今なお進化し続けている“中島みゆきの歌”。まさしくそこから始ま [全文を読む]

【速報】“最新”中島みゆきリスペクトライブ『歌縁(うたえにし)』テレビ放送決定!中島みゆきのライブ&リスペクトライブをテレビ初放送!

PR TIMES / 2017年02月19日17時40分

さらに、中島みゆき自身のライブコンテンツ『歌旅 劇場版』、『歌姫 劇場版』を合わせて放送。日本の音楽シーンを牽引する歌姫・中島みゆきの名曲たちを、こころゆくまで堪能できる2カ月間の特集としてお届け致します。[表: https://prtimes.jp/data/corp/8885/table/59_1.jpg ]■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [全文を読む]

中島みゆき NHK「SONGS」で歌姫の軌跡を特集、満島ひかりがナレーション

dwango.jp news / 2016年11月11日11時44分

そんななかNHK総合「SONGS」で、「中島みゆき~歌姫の21世紀~」が11月10日深夜に放送された。 番組は、シンガーソングライター・中島みゆきが「女」や「恋」を歌い一時代を築いた20世紀から、激動の21世紀に入ると、『麦の唄』を始め、この国で生きる全ての人々の背中を押し、その気持ちに寄り添うアーティストへと変貌した、その“歩み”に注目した内容で放送。 [全文を読む]

【著者に訊け】4人の歌姫に迫る『1998年の宇多田ヒカル』

NEWSポストセブン / 2016年03月02日16時00分

【著者に訊け】宇野維正氏『1998年の宇多田ヒカル』/新潮新書/740円+税 話題の新書『1998年の宇多田ヒカル』を読んで、目下ネットで「凄すぎる!」と評判だという『宇多田ヒカルのうた』所収の1曲、浜崎あゆみのカバー&解釈による『Movin’on without you』を聴いてみた。確かに凄い。彼女の声はこの時、この人でなければ表現しえない生き様や関係 [全文を読む]

中村 中、アルバム『去年も、今年も、来年も、』を掲げた2days公演が決定

okmusic UP's / 2016年01月18日18時00分

また、中村 中をはじめ、中島みゆきを敬愛する8人の歌姫達が共演した『中島みゆき RESPECT LIVE 歌縁』の模様が1月17日にNHK BSPにて放映された。中村 中の歌った「元気ですか」「玲子」は単にカバーという枠を超え、独自の表現力が圧倒だと話題になっている。 そんな中村 中が、『去年も、今年も、来年も、』を携えて2月13日(土)と14日(日)に [全文を読む]

1000人アンケート「夢の紅白歌合戦」中森明菜が完全復活!

アサ芸プラス / 2012年11月13日11時00分

ですが今日、歌姫・中森明菜さんが完全復帰となります。対する白組は近藤真彦さん。かつて恋人同士で自殺未遂騒動もあった2人の対決、とくとご覧ください。 「5組目は紅組が中島みゆきの『時代』で、白組が吉田拓郎の『旅の宿』というシンガーソングライターの草分け対決です。中島みゆきは吉田拓郎に『永遠の嘘をついてくれ』という曲の提供もしている間柄でもありますからね」 続 [全文を読む]

世界が注目!日系女性シンガー2人をご紹介

ハリウッドニュース / 2017年01月07日18時00分

ビヨンセやアデルなど歌姫が大活躍した2016年。日本人らしい名前を持つ2人の日系女性シンガーがリリースした作品も大きな注目を集めた。■ジェネイ・アイコ(Jhené Aiko)ジェネイ・アイコは28歳のR&Bシンガー。日本人とアフリカ系アメリカ人のハーフを母親に持つため、彼女自身は日系クォーターになる。2002年の14歳のときにキャリアをスタートさせたジェネ [全文を読む]

歌がうますぎるorヘタすぎる意外なアーティストを業界人に聞いた「宇多田ヒカルは…」

tocana / 2017年01月03日09時00分

まったく音楽性が異なりますが、番組などでは撮り直しなどもなく、毎回のように1テイクでオッケーになりますので、常にパーフェクトな歌姫といえます」(音楽業界関係者) このふたりの歌声も、たしかに惚れ惚れするほど美しい。うまいという言葉も頷けるものがある。 そして、ここからは逆に、歌の下手なアーティストの紹介だ。 「あんまり言いたくありませんが、ジャニーズやAK [全文を読む]

セクシー女優の本気が見られる“みるじぇね”ライブレポ

Smartザテレビジョン / 2016年09月12日00時09分

2番手は“みるじぇねの歌姫”沖田杏梨。セットリストは「Coulors」(オリジナル曲)、「愛燦燦」(美空ひばり)、「Song for the earth」(オリジナル曲)、「糸」(中島みゆき)の4曲。 [全文を読む]

心に響いてこそ…「音楽で涙した経験」7割超がアリ!

NewsCafe / 2015年12月31日12時00分

「坂本九さんの『上を向いて歩こう』」「小林明子の『もしも願いが~』ってやつ」「中島みゆきの『ホームにて』と「歌姫』」「グレツキの悲歌の交響曲の第2楽章は涙が止まらない」「マイケル・ジャクソンの『ヒール・ザ・ワールド』のPV見たら(聴いたら)泣きます」「美空ひばりさんの『悲しい酒』」「ブルックナーの『ロマンティック』の冒頭部分で」等々、曲名を挙げてくれる人も [全文を読む]

有名男女が巻き起こした“盗作騒動”「安倍なつみも騒動に…音楽業界はこの手の話が多い」

アサ芸プラス / 2015年09月13日17時57分

コピー文化の時代だからこそ、愛のないパクリはすぐ見抜かれてしまいます」(音楽専門誌ライター) このオリジナル性が欠如した“パクリ疑惑”を頻繁に指摘されてきたのが“カリスマ歌姫”として君臨した浜崎あゆみだ。「1~2曲ではなく、自分で作詞したという数十曲に対して盗用が指摘されており、ネタ元も椎名林檎やCocco、中島みゆきなど比較的わかりやすく露骨なものが多か [全文を読む]

歌姫サラ・オレイン ミニライブに安藤美姫登場

dwango.jp news / 2014年09月24日20時41分

テレビ番組のカラオケ対決企画で一躍脚光を浴びているオーストラリア出身の歌姫、サラ・オレイン。セカンド・アルバム『SARAH』が本日(9月24日)発売されたのを記念して、本日18時より東京お台場のヴィーナスフォート「教会広場」にてアルバム発売記念ミニライヴ&サイン会を開催、スペシャルゲストとしてプロ・フィギュア・スケーターの安藤美姫も登場し、会場を大いに沸か [全文を読む]

男女別、恋人にしたいアーティストベスト10が決定

Entame Plex / 2014年05月13日10時31分

ほかに、YUIやaiko、安室奈美恵、May J.、西野カナ、吉岡聖恵(いきものがかり)といった歌姫に加え、アイドルの大島優子(AKB48)や、きゃりーぱみゅぱみゅといった面々が。また、男性の回答で特徴的だったのが、回答の多くが「かわいい」「歌がうまい」といったルックスと歌唱力を同時に満たしていることを理由に挙げていることだった。 一方「恋人にしたい男性音 [全文を読む]

嵐・櫻井くんがキムタクを抜く! 「恋人にしたい音楽アーティスト」に嵐メンバー全員がランクインの快挙!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年05月12日19時20分

ほかには、May J.、西野カナ、吉岡聖恵(いきものがかり)といった歌姫、アイドルの 大島優子(AKB48)や、きゃりーぱみゅぱみゅのようなポップアイコンと、今を彩るアーティストたちがランクインした。 なお、世代別のランキングでは、10代は大島優子(AKB48)、20~40代が miwa、50代は 安室奈美恵、60代は高橋真梨子がそれぞれ1位に。 男性の回 [全文を読む]

「恋人にしたい音楽アーティスト」発表!男性は福山雅治がダントツ1位に ~音楽情報誌『CD&DLでーた』~

PR TIMES / 2014年05月12日12時17分

ほかには、May J.、西野カナ、吉岡聖恵(いきものがかり)といった歌姫、アイドルの大島優子(AKB48)や、きゃりーぱみゅぱみゅのようなポップアイコンと、非常に今日的な存在もランキングに入ってきています。なお、世代別のランキングでは、10代は大島優子(AKB48)、20~40代がmiwa、50代は安室奈美恵、60代は高橋真梨子がそれぞれ1位となっています [全文を読む]

行ってみたい親日国…1位理由は「お礼のため」

NewsCafe / 2014年02月09日12時00分

フレンチポップを代表する歌姫である彼女が、30回近くも来日公演を行っている大の親日家であり、甘いウィスパーボイスで「天才バカボン」やジブリ映画の主題歌、中島みゆきやTUBEの曲をカバーする…。日本人にとってはくすぐったいような話だが、異文化に暮らす人が"日本の文化"を認め、好んでくれるのは嬉しいことだ。"クールジャパン"とまで言うのは大仰かもしれないが、近 [全文を読む]

フォーカス