全身 宮崎あおいに関するニュース

「小さなエロではなく大きな神話」塩田明彦×間宮夕貴 ロマンポルノ対談

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月13日17時09分

フェティッシュなチラリズムの世界ではなく、全身全身でスカッとぶつかり合う感じです。主人公の男女2人の、文字通りの戦いを見ていると、何か崇高な一瞬がある。わかりやすい意味でのエロは目指してなくて、もっともっと大きなエロを目指しているんです」――ただのふたりのセックスの話ではなく、もっと大きな話だ、ということですよね。塩田「今回、ものすごく小さい予算で、もの [全文を読む]

うるおいサボン新登場 試してサボンのボタニカル! イメージキャラクターに宮崎あおいさんを起用「ダイアンボタニカル リフレッシュ&モイスト」3月15日より順次発売開始

PR TIMES / 2017年03月02日09時27分

こだわり抜いた天然由来成分とシトラスサボンの爽やかな香りで、髪と身体を優しくつつみ込むように、全身を優しく洗い上げます。※1水を含む ※2サルフェート(ラウレス硫酸Naなど)、パラベン、合成色素、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール※3オリーブ油PEG-7カルボン酸Na(洗浄成分) ※4アップルミント葉エキス(保湿成分) ※5ビルベリー葉エキス(保湿成分) [全文を読む]

ファッション誌初!人気ブランド「ジェラートピケ」のおべんとう箱が付録に登場! 雑誌『mina』2013年5月号、3月19日発売

PR TIMES / 2013年03月19日14時23分

【特別付録 ジェラートピケ ゴムバンドつき2段ランチBOX】 サイズ: 縦169mm☓横78mm☓高さ69mm 材質: フタ・本体/ポリプロピレン 中フタ/ポリエチレン 耐熱温度: フタ・本体/100℃ 中フタ/70℃ [ポイント] ●mina限定 「ジェラートピケ」描き下ろしイラスト ●2段、内フタつきで汁もれしにくい ●上段のフタの上に、スペースを作 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

小学校を舞台に、全身黒装束の新任教師・阿久津真矢が、恐怖政治でクラスを支配する話。生徒役の志田未来が一躍脚光を浴びた作品としても知られる。放送中、あまりに過激なシーンに批判が殺到するが、それも局側にとっては計算のうち。要は、真矢の恐怖政治は愛情の裏返しで、最終回で全て明かされるという構成。いわゆる「アンチクライマックス」の手法ですね。そして、もう1つの劇薬 [全文を読む]

黒木華、あらゆる役柄をモノにする驚嘆の演技力ーー『重版出来!』で真のコメディエンヌとなるか

リアルサウンド / 2016年04月29日06時00分

そこからさらに二歩も三歩も下がったような、全身から負のオーラを発するような陰気なキャラクターも、『シャニダールの花』や『ソロモンの偽証』、さらに先日の『リップヴァンウィンクルの花嫁』で体現してきた。たいていの場合は、このふたつの芝居を完璧にこなしているのであれば、イメージがそこに定着しやすく、同じような配役が続くものである。例えば十代の頃の宮崎あおい辺りは [全文を読む]

大河も経験した『あさが来た』P 大河と朝ドラとの違いを解説

NEWSポストセブン / 2015年09月27日07時00分

あさに支えられて、いろんなことを勉強させてもらって、近くに寄り添って一緒に走っています」 その表情は明るく、順調に撮影が進んでいる充実感と大役を任された責任感が全身から伝わってきた。 ※女性セブン2015年10月8日号 [全文を読む]

実力派“映画“女優・黒川芽以、久々のテレビドラマ出演にファン歓喜! 今以上のブレイクを期待する声

メンズサイゾー / 2015年09月21日17時00分

彼女の魅力を全身で感じるには劇場に足を運ぶのが一番といえるのかもしれない。 (文=aiba) [全文を読む]

「宮崎あおい似の子」とはもう言わせない!二階堂ふみに「今年度NO1女優」の声

アサ芸プラス / 2015年08月04日05時59分

初めて抱かれるシーンは、全身ではないものの、後ろからの一子纏わぬ姿も見せた渾身の演技で、映画のテーマを一点に集約させている。 撮影を巡っては、監督の「リアリティを出すために付け脇毛をしてほしい」との要望を断る一幕もあったが、それ以外は意図に沿った芝居を見せ、20歳と思えぬ天才ぶりを発揮。「昨年の『私の男』では日本アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされまし [全文を読む]

しまらー減少でアース躍進 カジュアル衣料の勢力図に異変も

NEWSポストセブン / 2014年02月11日07時00分

全身、「フッションセンターしまむら」の服でコーディネートした若い女性が数多く出現し、“しまらー”と持て囃されたのが2009年。あれから5年、しまむらの勢いに少しずつ陰りが見え始めている。 同社の2013年3~11月期の決算は、純利益が前年同期比2%減の207億円。最終減益に転落したのも5年ぶりということを考えると、しまらーブームはどうやら一巡したのかもしれ [全文を読む]

吉永小百合、零下30度「寒い」の一言も発しなかった

アサ芸プラス / 2012年11月07日10時59分

ラスト近くに吉永さんと森山未來君が2人だけで話すシーンは、風が吹けばマイナス30度という悪天候でした」 それでも吉永は「寒い」の一言すらも発せず、雪が全身を突き刺すような状態でも動じない演技を重ねた。黒澤は今、思い返しても、あの日の吉永の頑張りようには感謝の言葉しか出てこない。 そんな極寒のロケは、永遠のサユリストである綾小路きみまろの耳にも入っていたとい [全文を読む]

映画公開まで2週間弱、“トップスターの顔”沢尻エリカは公の場に現れるか!?

サイゾーウーマン / 2012年07月02日09時20分

今回の役どころは、全身を作り変えるほど危険な美容整形手術を施しているという重大な秘密を抱えたトップモデル役・りりこなのだが、Vおかげでさまざまな髪型、メイク、ファッションの沢尻を見ることができて、そのどれもが魅力的なのだ。 特にいいのは、りりこのメインの顔となっている「眉の上で前髪ぱっつんの髪型」の顔。綾瀬はるか、吉高由里子、上戸彩、宮崎あおい、堀北真希が [全文を読む]

お騒がせグラドル・小阪由佳がTwitterで復活!? 整形・枕営業などの爆弾発言はあるか?

メンズサイゾー / 2012年04月26日19時00分

さらに「ゆうこりんとかキャラ作ってるし、熊曜(熊田曜子)なんて全身整形でしょう。純(夏川純)ちゃんとか年齢ごまかしてたじゃん。あれ顔もごまかしてる(イジってる)、全部じゃん」と芸能界の裏事情を暴露。 小阪の口から次から次に飛び出る裏事情に、関係者一同戦々恐々としていたが、その後新たな暴露は行われずじまい。徐々に話題に上がることもなくなり、人知れず姿を消して [全文を読む]

フォーカス