ウォーキング ラジオ体操に関するニュース

ラジオ体操のススメ 効果が一番得られるのはビシッとした正しい動き

おたくま経済新聞 / 2017年07月29日15時00分

ラジオ体操第1をじっくりと15分行うのと、速いペースのウォーキングを同時間行うのとではほぼ同じくらいのカロリー量が消費が期待できます。 体、特に胸の全体を動かすことで肺への空気の入りも良くなります。さらに、うつ状態の人が運動を行うことで気分の状態を安定させる事ができるという研究結果もありますのでストレスを抱えている人には特にオススメです。 ■ラジオ体操を [全文を読む]

「第一」と「第二」どっちがいい? ラジオ体操の正しい取り組み方

citrus / 2016年11月18日17時00分

ただし運動初心者の方がジャンプ動作などを繰り返すと膝や足首、腰などに痛みを感じることがありますので、痛みや違和感を覚えたら運動を中止し、たとえばウォーキングやストレッチなど軽い負荷で行うことのできる別の運動に差し替えることも大切です。高齢者にとっては、まず正しい動きができるかどうか、正しい動きをするための筋力が備わっているか、といったことが重要になってくる [全文を読む]

【ホテルオークラ神戸】ホテルの庭園でモーニングストレッチ&ラジオ体操

PR TIMES / 2013年08月06日09時15分

ホテルオークラ神戸では、毎月1回早朝に行うウォーキングイベントをはじめ、カルチャーサロンでのランニング講座、会員制ヘルスクラブなど、お客様の健康的な生活のお手伝いとなる企画をご用意しております。お盆休み期間限定で開催する日本庭園での「モーニングストレッチ&ラジオ体操」は今回で2回目の開催となります。夏でも早朝は比較的動きやすい上、朝ゆっくりと身体を目覚め [全文を読む]

赤いとろとろ、風味絶佳の“ちぎりトマト”――平松洋子の「この味」

文春オンライン / 2017年09月14日11時00分

ウォーキングの通過地点で行き合うラジオ体操の会場に混じり、ラジオ体操第一と第二をやっつける。今朝はざっと百五十人、老若男女がばらばらと集まる輪の後方について、いつもの音楽を待っていると……。 あれ? ラジオ体操が始まらない。その代わり、ニュースを読み上げる声がさっきから続いている。 なんだなんだ? にわかに不安に駆られ、耳を澄ます。 「早朝、北朝鮮からミ [全文を読む]

はねプリ -羽根が生えてるアプリが欲しい!- 第11回『Nike+ GPS』

ガジェット通信 / 2012年03月27日14時00分

●『Nike+ GPS』ってどんなアプリ? Nikeが開発した、GPSを使ってジョギングやウォーキングを地図上にマップすることができるアプリ。結果を記録したり、運動中の移動速度を色付きで表示したり、「モチベーションの持続」(App Storeの紹介文より)に役立つ機能がたくさん。中でも、『Facebook』と連携して、走っている最中に友達から声援をもらえる [全文を読む]

高齢者の1日1万歩や階段昇降は無駄 電車やバスは座るべき

NEWSポストセブン / 2016年11月08日16時00分

1位に輝いたのは「ウォーキング・軽い体操(48.2%)」だが、高齢者運動のウォーキングには誤解がある。 厚労省のHPでは疫学的な調査をもとに、〈「1日1万歩」の歩数を確保することが理想〉と奨励しているように、「多く歩くこと=健康になる」と思われがちだ。しかし、東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利・老化制御研究チーム副部長は、そうした「歩数信仰」に疑問 [全文を読む]

秋津壽男“どっち?”の健康学「高齢になるほど転倒が大きなリスクに。スクワットは簡単な老化防止対策だ!」

アサ芸プラス / 2016年10月18日05時55分

種目ではダントツのトップがウォーキングで、以下筋肉トレーニング、サイクリング、ジョギング、ゴルフ、ヨガ、体操、ジョギングマシーン、登山と続きます。 ふだんの生活でたまったストレスを解消してくれるうえ、ダイエットにもなるなど、運動にはさまざまな効果があります。 未経験ながら運動不足解消のため48歳で草野球を始めたライター氏によれば、「最初の頃はエラーと三振ば [全文を読む]

「走りすぎ」にご用心

NewsCafe / 2013年08月23日15時00分

6Km余りの木陰のウォーキングと2時間余りの水泳・そのあとのランチは「昔ながらのスパゲティーナポリタンとビール」と言うささやかなバケーションである。NHKのラジオ体操の時間近辺は高齢者が多いが、8時あたりからは若い男女が多くなる。「女性ランナーの色とりどりのウエアー」で林間のコースは華やかになるのである。若いころは「早朝のジョギング」に凝っていたが、顔なじ [全文を読む]

ラジオ体操が不眠を救う!大人にこそ必要な理由|医師監修

Fuminners / 2015年07月30日11時00分

でも、どうしてウォーキングやジョギングではなく、ラジオ体操はおすすめなのでしょう。「ラジオ体操はその場でできる簡単な動きですが、全身運動ですし、運動強度(身体活動の強さを安静時の何倍に相当するか表す数値)が1回で4.5METs。1METが座ってテレビを見ている状態なので、その4.5倍にもなります。また、前後左右に均等な動きで、身体のバランスや姿勢を整えてく [全文を読む]

40歳以降太りやすくなった。メタボ解消できる食事とは?

オトコクラス / 2014年10月29日09時20分

(看護師)』 『運動はきついものではなく、手軽にできるウォーキングや軽いジョギングがいいでしょう。続けることが大切です。ウォーキングであれば、通勤時間を利用し、一駅前で降りて歩くとか、階段を使うとか、できる範囲で工夫してください。ウォーキングであれば、1日に20〜30分が目安です。また、運動は夜より朝のほうが、代謝を高め効果的と言われています。早起きしてラ [全文を読む]

なぜ「マンションでラジオ体操」は、イイことづくめなのか?

まぐまぐニュース! / 2017年07月31日19時00分

ブログを言い訳に、朝のウォーキングをサボりがちな私にはちょうどよかったので、今朝は、ラジオ体操ないんだ~と思うと、ちょっと寂しいような…。 ラジオ体操リーダーの方が、「ラジオ体操は高齢者が顔を合わせるのにもちょうどいいから、本当は、毎日やってもいいんだよね。時間が短いし、ラジオ体操知らない人はいないし、話が苦手な人でも誰もが参加できるし…」と。ほんとうにそ [全文を読む]

「外出は朝のうち」は間違い 起床後1~2時間は魔の時間

NEWSポストセブン / 2017年07月31日07時00分

たとえば適度な運動を心がけている人は「早朝にウォーキングやラジオ体操を」と考えるかもしれない。 しかし早朝の運動は医学的にはリスクが高い。『いまさら聞けない健康の常識・非常識』(主婦の友社刊)の著者で、池谷医院院長の池谷敏郎医師がいう。 「起床後すぐは睡眠時の寝汗によって水分が不足していることが多く、そのまま運動すると脱水症状や熱中症を引き起こしやすい。ま [全文を読む]

木村佳乃、怒りのマネジメントに興味津々 「内面から成長したい」

エンタメOVO / 2017年06月05日14時35分

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会考案の「怒らない体操」公開記念イベントが5日、東京都内で行われ、木村佳乃、ウォーキングドクターのデューク更家氏ほかが出席した。 「アンガーマネジメント」は、1970年代にアメリカで開発された“怒りの感情と上手に付き合う(マネジメントする)”ための心理トレーニング。更家氏とのコラボレーションで誕生した、全8種の体を動か [全文を読む]

幸せホルモン「セロトニン」。分泌を促す3つのコツで毎日がハッピーに!

Daily Beauty Navi / 2017年01月10日17時00分

その方法は次の3つ! 1. 歩く・呼吸をする・歌うなどのリズム運動 ウォーキングやジョギング、サイクリングなど一定のリズムで行う運動はセロトニンの分泌を促します。ラジオ体操も、実は理にかなっているんですね。呼吸によるリズム運動としてヨガや歌うこともいいですし、ポリポリ噛むことも立派なリズム運動です。 2. 太陽の光を浴びる 難しいことは一切なく、ただ太陽の [全文を読む]

高齢者の運動に「ラジオ体操」が向いていない理由

NEWSポストセブン / 2016年11月07日07時00分

○1位/ウォーキング・軽い体操(48.2%) ○2位/登山・ハイキング(11.9%) ○3位/ゴルフ(9.5%) と続き、トップ10には「器具を使ったトレーニング」「サイクリング」「水泳」「ジョギング・マラソン」「ボウリング」などがランクイン(いずれも65~69歳の調査)。それらを現在進行形で楽しんでいる読者は少なくないだろうし、複数のスポーツをしている [全文を読む]

鍼灸師がそっと教える、5月に身体がダルい意外な理由

まぐまぐニュース! / 2016年05月19日09時00分

【自律神経に刺激を入れる運動】 ちょっとアップテンポに30分ウォーキング インターバルをおきながらスローランニング(ウォーキングとジョギングの組み合わせ) できるだけしっかりラジオ体操=30分程度のストレッチでも可 軽めのダンスやエアロビクス 目的は30分程度、心拍を上げ続けることです。 汗をかく必要はありませんが、少し息が上がる程度の運動を30分程度続 [全文を読む]

ムダな努力よサヨナラ。40歳超えた人が運動しても痩せない時間帯とは

まぐまぐニュース! / 2016年03月02日12時00分

ジョギングや激しい運動、ジムでの本格的なトレーニングをする場合はもちろん、ウォーキングや自宅でのエクササイズなどもこの時間に実施すれば、最少の努力で最大の効果が期待できるのっ!! ただし、深部体温がもっとも高くなるのは起床から11時間後なので、この時間帯は、睡眠に問題がなく、朝6時~7時に起床する人が基本になっている時間。睡眠時間が短い、なかなか眠れない [全文を読む]

標準体重以下なのにメタボと診断…運動以外の改善策は?

オトコクラス / 2015年11月21日11時00分

『激しい運動は疲れて長続きしませんし、毎日30分程のウォーキングや体操など少し汗をかく程度の運動がよいでしょう。朝の方が代謝がよくなるようですので、早めに起きてラジオ体操や散歩をするのもよいですが、空腹時に運動すると低血糖になる場合もあります。朝は軽くつまむか、ジュースなどを飲んでから運動してください。(看護師)』 『食事は腹八分目で動物性脂肪を控え、食 [全文を読む]

ためればためるほど発散は困難…ストレスに打ち克つ6つの習慣

WEB女性自身 / 2015年09月07日06時00分

再び仕事をしてから10時に家を出、1時間ウォーキング。今日は土曜日なのでレストランでゆっくりブランチしてから、取材のために病院に。すでに1万歩以上あるいていますよ」 そもそも、この6項目は、医学の祖とされる古代ギリシャの医師ヒポクラテスが考案したものに、山本先生が最後の1項目を加えたものだ。 「このコンピュータ時代、会話不足のせいで心身に不調をきたす人があ [全文を読む]

毎年体重が増える!忙しい人におすすめのエクササイズは?

オトコクラス / 2015年08月14日08時00分

『運動には筋肉トレーニングのような無酸素運動、ウォーキングのような有酸素運動、ストレッチやヨガなどのストレッチがありますが、時間のない方におすすめなのは毎日20分以上の有酸素性運動です。有酸素性運動とは酸素を十分に摂取しながら、比較的運動負荷が少ない長時間の運動で、持久力を高め、体脂肪を燃焼させるもので、ウォーキング・サイクリング・ジョギング・水泳などで [全文を読む]

フォーカス