健康 ラジオ体操に関するニュース

ラジオ体操のススメ 効果が一番得られるのはビシッとした正しい動き

おたくま経済新聞 / 2017年07月29日15時00分

健康によいラジオ体操であっても無理は体に負担となります。また、体力があまりない状態で大きく運動をする事で強い疲労感が出てしまうかもしれません。 終わった後に「いい運動をした!」という心地よさがあるくらいがちょうど良い運動の目安です。 そして一番大事なことは、「毎日続けること」。機械を動かさずに置いておくと錆び付いてしまって動かなくなってしまいますが、毎日動 [全文を読む]

ひざ痛専門医が指摘する「ラジオ体操」のリスクとは

サライ.jp / 2017年05月19日21時00分

一番大きいのは血圧と血行の改善効果で、ついで精神面の健康維持にもよいという。そのため戸田院長は、必ずしもラジオ体操そのものを全否定はしていない。 ラジオ体操を続けたい高齢者に対し、戸田院長が勧めるのは、ひざの筋力を強化し、骨盤周辺の柔軟性を高めるエクササイズの実践だ。具体的には3種類あって、いずれもカンタンで長く続けやすいものばかりである(詳細については本 [全文を読む]

「第一」と「第二」どっちがいい? ラジオ体操の正しい取り組み方

citrus / 2016年11月18日17時00分

健康のために運動不足を解消したいと考える人にとってもラジオ体操は比較的取り組みやすく、魅力的な運動といえるでしょう。ところがこのラジオ体操は、日々身体を動かしている人にとっては運動量や運動強度の点で少々物足りなさを感じますし、まったく運動をしていない人や高齢者にとっては、正しい動作で行わなければ思ったような運動効果が得られないということが指摘されています。 [全文を読む]

約70年前に創られた「ラジオ体操第3」は、現代のうつ病予防にも効果的だった!

PR TIMES / 2015年06月09日11時00分

終戦後1年半だけ放送された「第3」が存在したのです!「こころとからだの健康づくり」を目的に、龍谷大学の安西将也教授が着目したのが「ラジオ体操第3」。戦後1年半だけ放送されていたという「第3」は、もちろん当時の映像資料などは現存せず、その「幻」とも言える体操を、龍谷大学の安西教授と井上辰樹教授が音源と動作の解説図を頼りに復刻しました。滋賀県東近江市が運動ツー [全文を読む]

大昔の体操服と紅白帽を着て手本を見せるラジオ体操大好き夫

NEWSポストセブン / 2012年08月10日16時00分

病弱だった兄がラジオ体操を始めてからみるみる健康になって、高校では走り幅跳びで県大会準優勝した、というのはお決まりの話。 「オレはラジオ体操の効果を子供のころからこの目で見てきたんだ」 結婚してから30年近く耳にタコができるほど聞かされている話だけどさ。最近は書店の前を通るたび『実はスゴイ!大人のラジオ体操』という本を手にとり大声で、「オレの思いが一冊の本 [全文を読む]

ラジオ体操コンクール入賞チームを決定

HANJO HANJO / 2015年12月14日22時00分

このコンクールは、多くの小学生に元気にラジオ体操をしてもらう機会を増やし、健康増進に貢献することを目的として実施しているもの。今年は全国各地の小学校から約450チームの応募があった。 ラジオ体操指導者などによる厳選なる審査の結果、金賞、銀賞、銅賞を各1チーム、優秀賞7チームを決定した。 今年度より、最終審査まで残った16チームを敢闘賞、上位入賞はならなか [全文を読む]

うつ病予防にも効果あり! 新聞、テレビで話題の“ラジオ体操第3”とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月10日11時30分

きっかけは自身の研究テーマでもあった「うつ病等こころの健康づくり」について効果的な運動を模索する中で依頼された、滋賀県東近江市の国民健康保険被保険者向け「こころとからだの健康づくり事業」への協力でした。彼らに興味、関心を持ってもらい日常生活に定着することを期待して、ラジオ体操第3を復刻し試験的に実施したところ、参加者から予想以上の大反響、はじめデモ用に作 [全文を読む]

170cm52kgの秋野暢子 ラジオ体操は若く見える体作りに最適

NEWSポストセブン / 2012年08月03日07時00分

実践本が大ヒット、健康番組などでも取り上げられるほど話題のラジオ体操。女優の秋野暢子も毎日続けて、その効果を実感しているそう。身長170cmにして体重52kgをキープする彼女とともに、大人の女性が知っておきたい実践ポイントを学びます! 84年もの歴史があるラジオ体操は、全身をくまなく動かして健康増進に役立つよう、専門家が練りに練って作りあげたもの。実は普段 [全文を読む]

道端カレンさんインタビュー! いま改めて語る 「美と健康の秘訣」 とは? (後編)

Woman.excite / 2015年10月23日15時40分

前編では、「美しさは健康の先にある」「食事・運動・睡眠、3つのうちどれが欠けても健康でいられない」というカレンさんの生活スタイルから、食事と睡眠についてうかがいました。後半は、カレンさんの美しさを支えている運動についてです。運動が続かない人へのオススメは、カレンさん自身も効果を感じた「ラジオ体操」一昔前のモデルは、運動をして筋肉をつけることなどは重要視され [全文を読む]

約70年ぶりに復活した幻の「ラジオ体操第3」はかなりハード?

太田出版ケトルニュース / 2016年02月04日10時41分

そもそもこの幻のラジオ体操を復活させるきっかけは、安西教授が滋賀県東近江市から市民の健康促進事業の依頼を受けたことでした。1日30分以上の有酸素運動を定着させるため、ラジオ体操第3のことが「ふと頭に浮かんだ」という安西教授。若い頃に読んだ文献で「第3」の存在自体は知っていたものの、中身についてはほとんど分かっていませんでした。 参考資料はYouTubeに [全文を読む]

本当は強かった!太極拳の戦い方の秘密

プレジデントオンライン / 2017年07月15日11時15分

■強くて健康に! 太極拳の効能とは? 格闘技入門3回目は、太極拳だ。中国や台湾の朝の公園で、おばちゃんたちがゆっくり体を動かしながらやっているアレだ。あれ? 太極拳って格闘技だっけ? と最初に思った。 「太極拳は、元王朝の時代から始まったと言われています。中国では長い間、皇族など身分の高い人しか教えてもらえませんでした。特別な拳法なので謝礼も高額。先生に [全文を読む]

一石二鳥「健康になればトクする自治体」が増加中

WEB女性自身 / 2015年04月02日09時00分

健康診断の受診や運動を行うなど、健康の維持・増進のための活動に、ポイント制度を導入する自治体が増えている。貯まったポイントは商品券などに交換できてお得だと、注目を集めているのだ。代表的な取り組みを、経済ジャーナリストの荻原博子さんに聞いた。 「ポイント換金額が、年間最大2万4千円分という取り組みがあります。千葉県浦安市をはじめ、新潟県見附市、福島県伊達市、 [全文を読む]

「DVD付き 健康寿命を伸ばす!たご体操」発売

PR TIMES / 2013年09月26日19時08分

悩む人が多い腰、膝、肩、首などの痛み予防、お腹や太ももなどの引き締め、血行促進、代謝アップとさまざまな効果で一生元気&健康に。 NHKテレビ・ラジオ体操指導者としておなじみの、多胡肇が初めて作ったオリジナル体操「たご体操」の本を9月20日に発売いたしました。 先般発表された厚生労働省研究班の調査では、膝の痛みに悩む中高年は全国で1800万人に上ると推計さ [全文を読む]

【ホテルオークラ神戸】ホテルの庭園でモーニングストレッチ&ラジオ体操

PR TIMES / 2013年08月06日09時15分

夏の定番!今注目の「ラジオ体操」で一日を元気にスタート 2013年8月10日(土)~16日(金) 株式会社ホテルオークラ神戸(所在地:神戸市中央区波止場町、代表取締役社長:西本克彦)では、ホテル内の緑あふれる日本庭園にて、身体を目覚めさせるモーニングストレッチと大人の健康法・ダイエット法として今再び注目を浴びている夏の定番「ラジオ体操」を、8月10日(土) [全文を読む]

復興バーinGINZA【6.11 一日限定で “おらほのラジオバー”が開店!】

@Press / 2013年06月04日15時00分

「東北のお国言葉を通して、ラジオ体操という健康増進活動を行うことで、新たな地域コミュニティの形成と健康を推進したい」。 みんなすぐに、喜んで意図を理解し、号令をかけ、体操をした。 2011年8月、誰の耳にもなじみ深い旋律に、石巻弁を組み合わせた楽曲がついに完成。 地元ラジオ局から、津波の痕跡もまだ新しい街に流れた──。 いまや、「おらほ(わたしたち)のラ [全文を読む]

絶対ヤメて!妊活の大敵「低体温」を招くやりがちNG習慣5つ

It Mama / 2016年11月17日20時30分

美容・健康分野でも執筆活動中。【保有資格】小学校教諭/特別支援学校教諭/心理カウンセラー/ダイエットアドバイザー/リンパケアセラピスト 36度未満は低体温!「妊活中」に見直したいNG行動5つ 体温が36℃に満たない場合、冷えが慢性化して“低体温”に陥っている場合があります。 次の5つのポイントを意識して健康的な体温を保ちましょう。 (1)今すぐ正して!「食 [全文を読む]

スマホいじりよりも!「スキマ10分の休憩」美と健康にいい過ごし方4つ

BizLady / 2016年10月18日11時30分

職場でも自宅でも、スキマ時間についついやってしまうことを言えば、“スマホチェック”! でもこれは、美容と健康にはあまりよくないと言われています。 うつむきながらスマホチェックばかりしていると、顔のむくみやたるみに繋がるうえ、目も疲れてしまいます。 スキマ時間を生産的に過ごし、美と健康につなげるには、どうすればよいでしょうか? いつでもどこでも比較的気軽にで [全文を読む]

秋津壽男“どっち?”の健康学「高齢になるほど転倒が大きなリスクに。スクワットは簡単な老化防止対策だ!」

アサ芸プラス / 2016年10月18日05時55分

「スポーツの秋」がやってきました。ある調査によると、日本では成人の2人に1人が「週1回以上」の運動をしているそうです。種目ではダントツのトップがウォーキングで、以下筋肉トレーニング、サイクリング、ジョギング、ゴルフ、ヨガ、体操、ジョギングマシーン、登山と続きます。 ふだんの生活でたまったストレスを解消してくれるうえ、ダイエットにもなるなど、運動にはさまざま [全文を読む]

産能大生が福田峰之衆院議員にマイナンバー政策を提言

政治山 / 2016年02月16日11時30分

笹川スポーツ財団が主催するスポーツ政策提言大会に参加し、「健康寿命世界一にっぽん」と題して発表した内容が特別賞を受賞。その後、マイナンバー関連本の著者として知られる社労士の松本祐徳さんが橋渡し役となり、福田議員と懇談する機会が設けられ、「国の政策に反映してほしい」との思いを込めてプレゼンしました。 プロジェクターを使って発表する学生 ラジオ体操の習慣化で医 [全文を読む]

エンジニアの健康を保つために --ドワンゴ、“女子マネ”の「お弁当手渡し」企画開始

えん食べ / 2013年08月28日19時30分

生活が不規則になりがちな“エンジニア”に健康増進を促したい……。そうだ“女子マネージャー”を雇おう! 今年7月に歌舞伎座タワーへと移転したドワンゴが、エンジニアを対象とした生活習慣改善企画「女子マネ弁当」を開始。朝早めに出社しラジオ体操などに参加することで、おいしいお弁当が無料でもらえます。 企画内容を説明しましょう。まず、毎日朝10時30分になると、エン [全文を読む]

フォーカス