オンデマンド テレビ朝日に関するニュース

【テレビ全録派鼎談】その1:全局録るだけではダメ 本当の全録環境とは?

ガジェット通信 / 2012年01月25日18時00分

オンデマンドサービスがあれば全録は不要? 竹中:各放送局がオンデマンドに対応すれば『SPIDER』はいらないってよく言われます。でもそうならないわけですから。 有吉:なったとしてもそれは大きな間違いですよね。 竹中:例えば、全部の番組がね。手元にあるという状態はいまのところ『SPIDER』が一番うまくできている環境じゃないですか。これが例えば今は1週間 [全文を読む]

『奪い愛、冬』と『カルテット』、高い「視聴熱」を獲得

NEWSポストセブン / 2017年03月04日16時00分

『カルテット』のように、視聴率とSNSでの熱気や好評価がまったく真逆の番組もあり、すでに録画や、オンデマンドのまとめ視聴が当たり前になっているときに、視聴率という尺度は意味をなさなくなっています」 湯山さんが指摘するように、視聴率がいいからといって面白いとは限らない。逆もまたしかりだ。 視聴率が“視聴の量”を示す重要な指標なのは確かだけれど、大事なのは、見 [全文を読む]

【中本直樹】シングル1タイトルをMEG-CDにて発売!

DreamNews / 2016年12月07日10時30分

http://meg-cd.jp/user_data/artist.php?artist_id=1287&s=「MEG-CD」とは お客様からのご注文ごとに、オンデマンドでCDパッケージを製造し販売するシステム。音楽配信でもなく、CDパッケージの流通でもない、第三の音楽流通サービスです。インターネットに接続されたMEG-CD専用端末で音楽データやジャケッ [全文を読む]

高品質なオンデマンド書籍と電子書籍を安価で出版・販売できる「出版Sパック」発売記念プレゼントキャンペーンを開催!

@Press / 2014年05月07日10時00分

小野高速印刷株式会社(本社:兵庫県姫路市、代表取締役:小野 徹)は、オンデマンド書籍として今まで対応できなかった表紙カバー付き書籍の出版サービス『出版Sパック』を開始しました。この度、『出版Sパック』の発売を記念して、2014年5月7日よりサンプル本「宮本武蔵・地の巻」のプレゼントキャンペーンを開催いたします。出版Sパック: https://bookway [全文を読む]

日テレ『戦力外捜査官』、TBS『隠蔽捜査』、テレ朝『緊急取調室』……今期だけで8作!! 各局がミステリーに走るワケ

日刊サイゾー / 2014年01月22日09時30分

また、一話完結ドラマのほうが、各局が力を入れているオンデマンドサービスで“売りやすい”という利点もあるようです」(テレビ制作会社関係者) 月曜から土曜まで、毎日何かしらの難事件を解決している今期のテレビドラマ。視聴率で見ると、やはり初回平均視聴率19.7%を記録した『相棒season12』が抜きん出ているようだが、今後、この中から新たなヒット作は生まれるだ [全文を読む]

AbemaTVは「金のかかっていない地上波」にならないことが成功の秘訣?

メディアゴン / 2016年06月14日07時30分

ただし有料のプレミアムプランに登録することで、放送が終了した番組をあとからオンデマンド方式で好きな時間に視聴すること(タイムシフト予約)ができる。このあたりはニコニコ生放送と同じである。スタッフに聞くと、すべてを課金制の有料放送にするのはもう少し先で今は無料で知名度を上げる時期だと思っているとのことだ。番組の途中には地上波テレビと同じようにCMが流れる、つ [全文を読む]

民放5社が本気で取り組んだ「TVer」は告知不足すぎ!? その使い勝手とネット上の反応は……

おたぽる / 2015年10月28日17時00分

続いて、「CMがうざい」「各局のオンデマンドで充分」「登録は不要でも、フジとテレ東はそれぞれ、局専用の再生アプリが必要だぞ!気をつけろ!」といった声が上がっていた。 「TVer」の肯定・否定については、見たところほぼ互角ぐらいな感じだが、「こんなサービスがあったのを知らんかった」といった声や、「TVでCMやってないよな? 本気でやる気あるのかな」と告知不足 [全文を読む]

アラフォーSMAPの衰えぬ人気 20年前からの視聴者が継続支持

NEWSポストセブン / 2015年09月06日16時00分

もちろん、録画していたり、オンデマンドでチェックしていたりする可能性はあるでしょう。でも、いまだにテレビ界は、オンタイム至上主義。そうなると、どうしても30代後半以上に合わせた番組作りをせざるを得なくなる。そのなかで、SMAPは重要なタレントとなっているのです」 7月に発表された、NHK放送文化研究所の調査「日本人とテレビ」によれば、1985年の調査開始以 [全文を読む]

フォーカス