ラスト 相棒に関するニュース

新相棒に反町隆史!「水谷さんの熱い思いに応えたい」

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日05時00分

衝撃的なラストを迎えた「相棒」から4カ月。10月から放送がスタートする「相棒 season14」で、水谷豊演じる特命係・杉下右京の“新相棒”に反町隆史が抜てきされたことが分かった。 3月18日に放送された「相棒 season13最終回2時間スペシャル ダークナイト」では、右京(水谷)の相棒である甲斐享(成宮寛貴)が逮捕。右京も責任を取って無期限停職となり、 [全文を読む]

反町隆史、1シーズンで『相棒』卒業説も!? 制作スタッフが暴露する「最終回の脚本内容」

サイゾーウーマン / 2016年02月03日12時45分

前相棒である成宮寛貴は、犯罪者として逮捕されるという衝撃のラストで“強制卒業”となってしまったが、本シリーズも終了まで2カ月を切り、いよいよ反町の去就に注目が集まっている。そんな中、どうやら関係者の間では「今回は継続」との説が広まっているという。 今シーズンは、初回視聴率18.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でスタート。その後も15%前後と高水 [全文を読む]

相棒・半沢の最終回を見てない人が予想したラストが酷かった

しらべぇ / 2015年12月14日12時00分

■最終回を見てない人が勝手に予想するトンデモラスト最終回を見逃した結果、「ラストがわからず、勝手に予想している」という変わった人もいる。編集部がインタビューの結果、収集した「トンデモ最終回予想」を発表しよう。■第3位『半沢直樹』「初回から『なにこれ!面白い!』って見てたんですが、最終回だけどうしても見れなくてラストがわからないまま...一番すごいドンデン返 [全文を読む]

水谷豊「視聴率低迷なら…」新『相棒』陰で漏らす引退決意

WEB女性自身 / 2015年10月01日06時00分

前シーズンは相棒の成宮寛貴(33)が逮捕されるという衝撃のラストが話題となり、最終回視聴率は20.3%を記録した。そして新相棒には反町隆史(41)の起用が決定新たなシリーズに、早くも注目が集まっている。だが主演の水谷は“危機感”を抱いているようだ。「前回は同時期に放送された米倉涼子主演『ドクターX~外科医・大門未知子』が平均視聴率20%超えの大ヒットを記録 [全文を読む]

「相棒」、断言できる不振の原因

NewsCafe / 2015年12月31日16時00分

そんなリアリティのないストーリーのせいで、ドラマの人気がガクンと落ちたことは間違いないでしょう」 確かに、前シリーズのラストは最悪だった。 「本来なら初代相棒の寺脇康文(53)がずっと継続していたほうがよかったんです。水谷の好き嫌いだけで相棒がコロコロ変わる現状に、視聴者も『もういいかげんにしてほしい』と思っているはず」(先のデスク) 元旦放送のスペシャル [全文を読む]

香里奈復帰作&篠原涼子『オトナ女子』が大コケ、最下位争い! 秋ドラマ初回視聴率ランク

サイゾーウーマン / 2015年10月27日14時31分

前シーズンは成宮演じる甲斐享が逮捕されるという衝撃的なラストだったこともあり、次の“相棒”に関心が集まっていたが、視聴者からは「反町かっこいい」「演技も良いし違和感ない」と、好意的な声が続出。10月21日に放送された通常回の第2話も17.6%と、高数字をキープしている。 ベスト2位は初回16.1%を記録した、阿部寛主演の『下町ロケット』(TBS系)。原作は [全文を読む]

嘉門洋子が演じた“覚せい剤がらみ”の役に衝撃が広がる

メンズサイゾー / 2014年02月21日10時00分

ラストにはすべてが明るみに出てしまうが、嘉門は犯行動機について「だって、ワクワクしないんだもん。一流企業も高級住宅地も、気持ちいいのは最初だけよ。当たり前になったら、ただ刺激のない退屈な毎日」と疲れた顔で語る好演を見せた。 1996年にグラビアアイドルとしてデビューした嘉門は、90年代後半から2000年代前半にかけてグラビアはもちろんドラマやバラエティでも [全文を読む]

「相棒14」水谷豊&反町隆史が追う“ラストケース”

Smartザテレビジョン / 2016年03月16日13時00分

テレビ朝日系では3月16日(水)の夜8時より、水谷豊×反町隆史コンビによる「相棒season14 最終回スペシャル」『ラストケース』を放送する。 これまで警視庁特命係・右京(水谷)の相棒は、初代・亀山薫(寺脇康文)、2代目・神戸尊(及川光博)、3代目・甲斐享(成宮寛貴)と、全シリーズまで全て警察官であったが、反町演じる“4代目相棒”冠城(反町)は、警察官で [全文を読む]

寺脇康文が“確執説”あった水谷豊を参考に役作り!?「スタッフも苦笑いするしか……」

日刊サイゾー / 2014年06月13日09時00分

俳優の寺脇康文が、7月スタートのテレビ東京系“金曜8時のドラマ”『ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~』で4年ぶりに連続ドラマ主演する。 「この枠は、昨年10月、現代劇としては13年ぶりに復活したゴールデン帯連続ドラマ枠で、1月クールには北大路欣也さん主演の『三匹のおっさん』が全8話の平均視聴率10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、同局現代劇 [全文を読む]

「相棒」ファミリー集合!? 水谷豊の初監督作『TAP -THE LAST SHOW-』キャスティングに注目!

dmenu映画 / 2017年06月14日07時00分

古傷の痛みを抱え、今や酒浸りの毎日を送っている彼は、旧知の間柄である劇場オーナーから閉鎖する劇場の “ラスト・ショウ”の演出を依頼される。やがて常軌を逸した過酷なトレーニングで若手ダンサーたちの才能を開花させていきます。 劇中、だらしない開襟シャツ姿で自堕落な生活を送る渡真二郎と、我らが右京さんとの一番のギャップはその佇まい。スタンダードなブリティッシュス [全文を読む]

新相棒・反町隆史の「チャラ演技」は絶賛も…… “ヒット確約ドラマ”を襲う明らかな「劣化」とは

日刊サイゾー / 2015年10月15日17時00分

ラストに意外性を狙ったような真実も明らかになりますが、視聴者の多くが驚くようなものでもなく……。最近の『相棒』は脚本の劣化が叫ばれていますからね。今後の内容次第では視聴者が見限る可能性も否定できませんよ」(同) 前シーズンでも、甲斐享(成宮寛貴)が逮捕されるラストに大きな批判が集まった『相棒』。今や“不沈艦”ではなくなっているのかもしれない。 だが、今のド [全文を読む]

“暴君”水谷豊が「相棒13」の最終回を破綻させた本当の理由はコレだった!

アサ芸プラス / 2015年04月02日09時59分

三代目の相棒として3年間を過ごした甲斐享(成宮寛貴)が、実は数々の犯罪に絡んでいた「ダークナイト」で、水谷豊演じる杉下右京は、その責任を取って「無期限停職処分」という救いのないラストに。「あれだけ緻密な洞察力と推理を誇る右京が、そばにいてまったく気づかなかったというのも違和感が残る」(TVコラムニスト) この回のシナリオを担当したのは、シリーズのメイン脚本 [全文を読む]

批判が収まらない!「相棒13」「○○妻」はなぜ史上最低のラストになったのか!?

アサ芸プラス / 2015年03月23日17時59分

今期ドラマの最終回が続々と放送される中、衝撃的すぎるラストを迎えたとして、視聴者から酷評の声が殺到している。 まず人気シリーズの「相棒season13」(テレビ朝日系)は、3年にわたって杉下右京(水谷豊)の相棒を務めてきた成宮寛貴演じる甲斐享巡査部長が、実は犯罪者だったことがわかり逮捕という最終回。この結末にファンからは怒りの声があがった。「冒頭から5分で [全文を読む]

まさかの展開で終幕!成宮寛貴の「相棒」卒業は20.3%

Smartザテレビジョン / 2015年03月19日12時32分

でも、杉下右京は泣くわけにはいかないので泣いていないですけど…まぁそんな感じですかね(笑)」と話していたが、まさに想像だにしない享の逮捕というラスト。 事の発端は、いわゆる法の裁きを逃れてきた悪党たちが“ダークナイト”とネット上でもてはやされる人物によって制裁を加えられる連続暴行事件。その後、単なる暴行事件ではなく都議会議員が過剰な暴力によって殺害される事 [全文を読む]

テレ東『ラスト・ドクター』続編決定か 寺脇康文「『ブランチ』も『相棒』も低視聴率だった」

日刊サイゾー / 2014年09月23日12時00分

今月9日、東京・六本木のレストランで『ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~』(テレビ東京系)の打ち上げが行われた。 「会場には、主演の寺脇康文さんをはじめ、出演者の方はほとんど来ていました。みなさん挨拶が上手で、会場は笑い声に包まれて盛り上がっていましたよ」(芸能事務所関係者) この“金曜20時枠”のドラマでは、1月クールに放送された北大路欣也主演の [全文を読む]

「ももちイズム」最後の継承者を宣言? いつも猫をかぶっていたカントリー・ガールズ・船木結が語る“悩み”とは…

週プレNEWS / 2017年01月31日17時00分

2017年、「週プレNEWSが今年“大注目する期待のアイドル”連続インタビュー」は、ついにラストの第7回目! 2017年の6月に卒業を発表している“ももち”こと嗣永(つぐなが)桃子さん。最後に登場するのは、そんなももちが所属する「カントリー・ガールズ」からの刺客! 船木結(むすぶ)ちゃんです! カワイらしいビジュアルに目を惹かれがちですが、“ももちイズム” [全文を読む]

米倉涼子の魅力だけじゃない?テレ朝「ドクターX」失敗しない舞台裏を総直撃!(3)最終回は「泣ける」ストーリー!

アサ芸プラス / 2016年11月20日05時57分

「今期の最終章と呼んでいるラスト2回、大門未知子が誰のオペをどのようにやるのか、というところにご注目ください。涙なくしては観られません! 『泣ける最終回』をお約束します!」 衝撃の第4期ラストに向けて、「ドクターX」からますます目が離せない。 [全文を読む]

2016秋ドラマの「ドロドロ潰しあい現場」が地味にヤバイ!(2)テレ朝「相棒」が高樹沙耶の逮捕で…

アサ芸プラス / 2016年11月12日17時57分

20年も続いた看板バラエティのラストが気になるところだけどね。C 現場の人間は冷めたもので、打ち切りが決まると、あのキムタク口調で、「もうオール総集編でいいんじゃね?」と言う古参のスタッフもいて、つい先日、フジ局内の制作ルームに遊びに行ったら、バラエティフロアの奥に陣取っていたスマスマ班のデスクは閑散としていたよ。 [全文を読む]

斎藤工、坂上忍、木下ほうか…えっ、この人も出ていたの!? 意外な『相棒』出演者

日本タレント名鑑 / 2016年10月04日11時45分

そのラストは視聴者に大きな衝撃を与えました。そして4代目が前作からの反町さんとなります。 実は、Season3からたびたび登場している原田龍二さん演じる「陣川公平」刑事も一時的に特命係に配属されたことがありますが、右京の“相棒”としてカウントされるケースはあまりありません。 今旬の俳優、連ドラに欠かせない名脇役も…実はあの人も『相棒』出演者相棒役はじめ、川 [全文を読む]

『相棒』最終話、「反町降板はない」!? ファン騒然の予告は「数字狙いの卒業商法」か

サイゾーウーマン / 2016年03月10日17時00分

予告によると、16日放送の最終回のサブタイトルは「ラストケース」であることが判明。また、ナレーションで事件の概要を説明後、反町演じる冠城亘が「これは僕にとって最後の事件」と発言する“意味深”なシーンも放送された。これにより、ネット上では「番組自体が最終回ってこと!?」「反町、結構良かったのに辞めたら残念」「待ち遠しいけど終わってほしくない……」といった声 [全文を読む]

フォーカス