麻生太郎 稲田朋美に関するニュース

【テキスト速報】籠池理事長、証人喚問で昭恵夫人からの寄付や政治的関与に言及

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日12時09分

https://t.co/sZs99z9cfr — 松井一郎 (@gogoichiro) 2017年3月23日 参院予算委員会での最後の尋問となった無所属クラブの松沢成文氏は、鴻池議員との話題を取り上げ、麻生太郎財務相の側近である鴻池議員に対して麻生氏にお願いしてほしいと伝えたことはあるかと聞かれ、「麻生氏にお伝えくださいませんか、と言ったことはある。伝 [全文を読む]

急転「首相から100万」暴露へ。森友学園騒動を巡る黒幕は誰だ?

まぐまぐニュース! / 2017年03月17日05時00分

国有地払い下げの実務を担ったのが財務省、その大臣、麻生太郎氏は金融庁担当大臣でもある。常識的には考えにくいことだが、もし銀行が返済猶予等の特別扱いをするとすれば、このあたりが怪しいということになる。2015年9月3日から3日間、安倍首相は何をしていたのか 杉尾秀哉議員が3月15日の参議院予算委員会で麻生財務大臣に「籠池氏を知っているか」と聞くと、麻生大臣 [全文を読む]

第一次安倍内閣の嫌なムードに似てきたと安倍首相こぼす

NEWSポストセブン / 2017年02月28日07時00分

政権の重鎮である麻生太郎・副総理や二階幹事長も世代交代を促しかねない菅さんの突出ぶりを面白いはずがなく、影響力を削りにかかっています。党内に足場のない菅さんは身動き取れずに、官邸内に雪隠詰めの状態です」 官邸の“存立危機事態”だ。 ※週刊ポスト2017年3月10日号 [全文を読む]

稲田防衛相 ゲス宮崎夫妻への結婚祝儀を政治資金で拠出

NEWSポストセブン / 2016年12月05日16時00分

毎年11月に公開される政治資金収支報告書をめぐっては、例年必ず閣僚たちの飲食代が話題になるのだが、安倍政権全閣僚の飲食会合費ランキングで、麻生太郎・財務相、塩崎恭久・厚労相というベテラン2人に次いで稲田朋美・防衛相がトップ3入りを果たした。実に年間1456万円を飲食代で支出している(朝日新聞調べ)。 夫婦で行きつけだというミシュラン星付きの串カツ店に4回で [全文を読む]

総裁任期延長がキナ臭い…ポスト安倍を巡る、“石破&進次郎”の「奇妙な同調」とは

週プレNEWS / 2016年09月23日06時00分

これは麻生太郎、谷垣禎一、福田康夫、安倍晋三の4人で、この4人とも自民党の総裁となり、下野して首相に指名されなかった谷垣氏以外は総理大臣にもなった。 では、この「岸破聖美」と名づけられたポスト安倍と目される面々はどのような戦略を立てて、総理・総裁レースに挑もうとしているのか? 最も意欲を燃やしているのは石破氏だ。政治評論家の浅川博忠氏が言う。 「4人のなか [全文を読む]

二階氏幹事長起用の意図 安倍首相の総裁任期延長も

NEWSポストセブン / 2016年08月08日07時00分

麻生太郎・副総理と菅義偉・官房長官とのトロイカ体制をそのまま残したのは既定路線だったにしても、若手議員時代からの友人である塩崎恭久氏、石原伸晃氏や、加藤勝信氏、高市早苗氏らお気に入りの側近大臣をすべて留任させたうえ、新たに入閣させた世耕弘成・経産相、稲田朋美・防衛相、山本幸三・地方創生相なども取り巻きばかり。側近で内閣を固め、「未来チャレンジ内閣」と名づけ [全文を読む]

麻生・谷垣の乱の狙いは「菅官房長官包囲網」

NEWSポストセブン / 2016年06月07日16時00分

伊勢志摩サミットの翌5月28日夜、安倍首相は麻生太郎・副総理兼財務相を公邸に呼び、消費増税再延期への同意を求めた。麻生氏は真っ向から反論した。 「再延期するなら、解散・総選挙で信を問うのが筋」 予想外の態度に驚いた安倍首相は菅官房長官と谷垣禎一・幹事長を呼び込み、協議は4人に。谷垣氏も麻生氏に同調し、「増税再延期なら解散」を迫った。 安倍首相が出席した5月 [全文を読む]

安倍首相のガソリン代は地球14.5周分、では麻生太郎は?

WEB女性自身 / 2016年04月15日06時00分

■安倍晋三首相 総額619万6441円 地球14.5周分■麻生太郎財務相 総額125万447円 地球2.9周分■菅義偉官房長官 総額161万5367円 地球3.8周分■高市早苗総務相 総額221万2835円 地球5.2周分■岸田文雄外相 総額282万643円 地球6.6周分■馳浩文科相 総額298万5421円 地球7周分■石破茂地方創世相 総額143万9 [全文を読む]

日本初の女性首相が生まれるとしたら? 支持される3人の候補とは

週プレNEWS / 2016年01月15日06時01分

一方、「嫌いな政治家」は1位が163票の安倍晋三(自民)、2位に129票で山本太郎(生活)、3位に123票で麻生太郎(自民)となった。 これを元に、今後の後継首相レースの行方を政治評論家の有馬晴海氏に前回記事では予測してもらったが、もうひとつ注目したい点がある。 それは女性政治家の存在だ。ひょっとしたら、今回のアンケートに登場した彼女たちの中から日本初の [全文を読む]

小泉進次郎 入閣拒否騒動の裏にある真意とは?「安倍政権支持率アップのために利用しようとしたが…」

アサ芸プラス / 2015年10月14日09時55分

安倍総理は想定外の暴落に、日本銀行の黒田東彦総裁や麻生太郎副総理兼財務相らに相談したが、妙案が出なかったことにイラだちを見せていた」 そこでさまざま画策しているのが、10月7日に断行する内閣改造だ。19閣僚のうち、すでに菅義偉官房長官、岸田文雄外相、稲田朋美政調会長など10人が続投の見通しとなっている。「留任が多いと入閣待望組から不満の声が上がりますが、新 [全文を読む]

「安保法制」成立で安倍首相が電撃辞任!? 早くも始まった“次の次”自民党総裁レース

デイリーニュースオンライン / 2015年07月22日08時00分

仮に安倍総裁が勇退した場合、現在の顔ぶれから“次”の有力議員は先に挙げた石破茂地方創生担当大臣のほか、谷垣禎一幹事長、麻生太郎財務大臣の3人。このあたりから、順当に決まるとの見方が強い。 「次の次」の総裁に高い関心 次の総裁が誰になるかよりも、永田町では次の次の総裁に誰がなるのかに高い関心が集まっている。現在、次の次候補で有力とされている一人は、政務会長 [全文を読む]

自民総裁選 麻生氏対抗馬に岸田外相、野田聖子、小泉進次郎

NEWSポストセブン / 2015年04月21日07時00分

「波乱の総裁選」に一番野心満々なのが麻生太郎・副総理だ。麻生氏はこの間、再登板のチャンスを狙って派閥を急拡大させてきた。安倍首相と総裁選を争った石破茂氏が禅譲を期待して入閣し、戦う姿勢を失ったことで党内の支持勢力を細らせているのとは対照的だ。 谷垣禎一・幹事長は安倍政権が「経済危機」で追い詰められた場合が出番と見ているようだが、自前では総裁選出馬に必要な [全文を読む]

自民党“女たちの戦い”最前線、女性登用ノルマ3割の「9月内閣改造」で笑うのは?

週プレNEWS / 2014年08月21日06時00分

自民党の総務会長は山中貞則で終わったようなもんだし、政調会長は亀井静香、麻生太郎で終わった。今は、昔の政治家みたいな筋の通った強さがないんだよね」 結局は現内閣が目論む長期政権の「人気取り」に女性たちも国民も一喜一憂、翻弄(ほんろう)されているだけで一番笑うのは安倍首相?という話も……。 (取材/畠山理仁 取材協力/菅沼 慶) [全文を読む]

フォーカス