政治家 稲田朋美に関するニュース

日本初の女性首相が生まれるとしたら? 支持される3人の候補とは

週プレNEWS / 2016年01月15日06時01分

昨年末、『週刊プレイボーイ』本誌の読者アンケートで「応援する政治家」「嫌いな政治家」を上げてもらったところ、490人から回答が寄せられた。 その結果は「応援する政治家」の1位が197票と断トツで小泉進次郎(自民)、2位がだれもいない(116票)、3位に100で橋下徹(おおさか維新)。 一方、「嫌いな政治家」は1位が163票の安倍晋三(自民)、2位に129票 [全文を読む]

急転「首相から100万」暴露へ。森友学園騒動を巡る黒幕は誰だ?

まぐまぐニュース! / 2017年03月17日05時00分

裏で行政組織を動かした大きな力があるとすれば、それは政治家なのか、フィクサーのたぐいなのか、いまのところは判然としない。 もちろん、首相夫人が新設小学校の名誉校長になるという触れ込みと、籠池泰典理事長の押しの強さによって、関連する役所が特別視せざるを得なかった側面もあるだろう。 いずれにせよ、国と大阪府の罪は重い。籠池理事長が小学校の認可申請を取り下げた [全文を読む]

稲田朋美氏は『シン・ゴジラ』花森防衛大臣並みの凄みを身につけるか

プレジデントオンライン / 2017年04月24日15時15分

「パパとママ、そして夫や男性上司の言いつけをちゃんと守るいい子」っぽい、そんな保守女子政治家の代表格が小泉チルドレンから安倍総理秘蔵っ子の道を通り、「自民党純正品」として「育成」されている稲田朋美氏ではないかと思っている。 ■自民党の女性政治家は、チルドレンやガールズが多すぎる 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は、民進党結党時に「自民党の女性議員はぶりっ子ば [全文を読む]

【テキスト速報】籠池理事長、証人喚問で昭恵夫人からの寄付や政治的関与に言及

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日12時09分

さらに、鴻池祥肇議員以外に、小学校設置認可のために声かけした政治家を尋ねられると、「北川イッセイ先生(自民所属、元参院議員)、柳本卓治先生(自民所属)、そういうところです」と具体的な議員名を口にした。 午前11時58分には維新の浅田均氏が尋問し、松井一郎大阪府知事との関係について質問。松井府知事と会ったことはあるかと問われると「一対一でお目にかかったことは [全文を読む]

際立つ“利他性の高さ”小池都知事にみる新しい女性リーダー像

WEB女性自身 / 2017年03月03日12時00分

3つ目は男性政治家の妻や娘がその座を継ぐ、王族に多いパターンです。では小池都知事がどのタイプかといえば、実はどれにも当てはまらない」 こう小池百合子都知事(64)を分析するのは、国際政治学者の三浦瑠鵜麗さん(36)。三浦さんは小池都知事のことを「組織ではなく小池百合子個人で活動し、そのスター性や決断力で大衆からの支持も集める。いわば王道のリーダー。日本の政 [全文を読む]

総裁任期延長がキナ臭い…ポスト安倍を巡る、“石破&進次郎”の「奇妙な同調」とは

週プレNEWS / 2016年09月23日06時00分

二階さんのかけ声もあって年内に議論を終え、早ければ来年1月の党大会で党則が改正される見込みです」(前出・政治部記者) もし任期延長に成功すれば、安倍首相は桂太郎首相の在任記録(2886日)を抜き、戦前、戦後を通じて日本で最も長く宰相を務めた政治家となる。 ただし、そこは権謀術数が渦巻く永田町。首相の任期延長に「待った」をかける動きが出ているのだ。政治評論 [全文を読む]

海外メディアも恐れる、稲田朋美防衛大臣就任で「過去最悪」の日中関係が重大な岐路に…

週プレNEWS / 2016年08月11日10時00分

しかし最後に、稲田氏が産経新聞で執筆した文章を私が読み上げ、「ご自身の発言を修正する予定があるのか? 中国や韓国では、非常に保守的な政治家、右翼の政治家が防衛大臣に就任したと懸念の声がある」と問いただすと、「弁護士時代に関わってきたことなどをまったく否定する気はありません」と答えました。 問題は、安全保障面で特に深い見識を持っているとは思えない彼女を防衛 [全文を読む]

籠池夫人が明かす稲田朋美大臣の「大変失礼なこと」の真相

NEWSポストセブン / 2017年03月25日16時00分

そして交わっていた政治家、称賛していた政治家は逃げるように夫妻との過去を隠している。 ※週刊ポスト2017年4月7日号 [全文を読む]

腰にリボン稲田防衛相 強面のはずがガーリーな実態に違和感

NEWSポストセブン / 2017年02月16日16時00分

* * * 女性政治家のここぞという時のスーツがヘンなのは、昨日今日始まったことじゃない。赤、青、黄色の信号カラーもあれば、ピンクに黄緑色まで、まるでゴクラクチョウだよ。 と言っても、見ているこっちもその“ヘン”に慣れてきちゃってね。ちょっとやそっとでは驚かないんだけど、「あれはない」と、見るだに腹が立つのが稲田朋美防衛相。 よりによって、“狂犬”などと [全文を読む]

稲田防衛相が必死に守るのは自衛隊員の安全ではなくPKO派遣

メディアゴン / 2017年02月15日07時40分

【参考】<政治家の発言の真偽を問う>朝日新聞のファクトチェック=事実確認に期待 政府は憲法9条が「国際的な武力紛争の一環としての戦闘行為」を禁じていると解釈していますから、これに巻き込まれる危険があれば派遣部隊を撤収させなければなりません。そこで稲田防衛相は、日報にある南スーダンでの7月の「戦闘」は大統領派軍と副大統領派軍の国内衝突であって「国もしくは国に [全文を読む]

稲田朋美 ネトウヨ萌えな「メガネっ娘」素顔を先生調査!(3)「最終目標は総理」との宣言も?

アサ芸プラス / 2016年09月07日05時55分

破格のチャンスをもらって早い段階で重要ポストに就きましたが、政治家としてはまだ荒削り。防衛大臣として結果を残せるのか、真価が問われる。安倍総理の顔に傷をつければ脱落もあるでしょう」(浅川氏) 第二次安倍政権成立当初、安倍総理は、小渕優子衆議院議員(42)を筆頭に、小池百合子東京都知事(64)、野田聖子衆議院議員(55)など「女性後継者」の登用を図っていた。 [全文を読む]

稲田朋美 ネトウヨ萌えな「メガネっ娘」素顔を先生調査!(2)政治能力には疑問の声も?

アサ芸プラス / 2016年09月06日05時55分

それを読んだ安倍総理が、稲田氏のタカ派的発想に感心して、政治家になってほしいと目をつけていたのです」 日中戦争時の事実関係を争った「百人斬り訴訟」では原告側弁護人を務めた。「行動する保守論客」として保守の世界で頭角を現すと、自民党若手議員の勉強会で講師を務めることもあった。 05年夏、「郵政解散」が決まり、第44回衆議院選挙が行われると、当時、小泉政権下で [全文を読む]

参拝中止の裏で...稲田朋美防衛相が語っていた靖国神社の恐怖の目的!「9条改正後、国民が命捧げるために必要」

リテラ / 2016年08月13日12時26分

「私の政治家への道を開いたのは、靖國に眠る二百四十六万柱の英霊だと思っています。だから、靖國参拝は、私にとって絶対に譲れない一点です」(「致知」2012年7月号/致知出版社) また、稲田氏はこの発言をした渡部昇一氏、佐々淳行氏との鼎談記事でこんなやりとりもしていた。渡部「結局自民党が信頼を失ったのは、一議員のうちは『靖國を参拝する』とか『憲法を改正する』と [全文を読む]

安倍新内閣、海外最注目は稲田防衛相 “未来の首相候補”はどう見られているのか?

NewSphere / 2016年08月04日18時25分

WSJによれば、日本の戦争犯罪についてのスピーチをした稲田氏に、政治家としての可能性を見つけ、選挙に出ることは勧めたのは安倍首相だという。イデオロギー的に共通する部分が多いのは明らかで、安倍政権で稲田氏はこれまでも要職についており、FTは同氏が安倍首相子飼いの政治家だと述べ、未来の首相候補だと紹介している。◆日中関係悪化の懸念も。鍵は靖国参拝 右寄りの姿勢 [全文を読む]

【永田町炎上】蓮舫や三原じゅん子に百万票以上を投じた有権者の知的水準

デイリーニュースオンライン / 2016年07月28日12時05分

およそ政治家には旧商工官僚出身で後に民法の大家となる我妻栄と、東大法学部で主席の座を争った岸信介や「大蔵省のプリンス」とまで呼ばれた福田赳夫、高等文官行政科試験を主席で通ったと噂され、英字新聞をスラスラ読めた宮沢喜一のような抜群の頭脳の持ち主で、旧大蔵相や外相、経産相(旧通産相)などの重要閣僚を歴任し、「政策通」として名を売る者と、田中角栄や竹下登、森喜 [全文を読む]

宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節が読み解く日本会議 「宗教や思想を押しつける世界では民主主義なんて絶対に成立しない」

週プレNEWS / 2016年06月19日11時00分

参院選を前に、私たちが見極めるべきこととは? ■所属政治家が日本会議を脱会する動きも ―自民党の高村(こうむら)副総裁は憲法改正について「夏の参院選の主要な争点にはならない」との見方を示していますが、安倍首相は今年に入ってからも繰り返し「憲法改正」への強い意欲を示しています。 また、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」は、全国にある神社本庁の組織などを活用 [全文を読む]

【永田町炎上】”選挙マニア”に成り果てた田母神閣下のバカさ加減

デイリーニュースオンライン / 2016年04月30日13時05分

政治家人生を絶たれている。 学生たちだって選挙の手伝いで学費や生活費を稼ぐつもりなのだから、それを「タダでやれ」というのは、いかにも酷というものだろう。 ■ほとぼりが冷めた頃に払うのが常識? とはいっても、現に法律が存在する以上、候補者や選対幹部には「工夫」がいる。選挙に手慣れた者なら半年くらい経ち、ほとぼりが冷めた頃を見計らってそっと渡すのが常套手段だ。 [全文を読む]

「日本の非正規雇用はアメリカから見てもヒドイ!」 アベノミクス失速でも安倍首相は捨て身で憲法改正に挑むはず

週プレNEWS / 2016年01月22日16時00分

安倍首相にとっては、憲法改正こそが政治家人生で残したいレガシー(遺産)であることは間違いないと思います。彼は集団的自衛権よりもアベノミクスよりも、憲法改正を自分の手で実現したいというのが本音のはず。 ―そのためにも参院選が重要な意味を持ってきますが、もうひとつの焦点であるアベノミクスに関しては、年明けから株式市場が下がり続け、日経平均が1万7千円台を割り [全文を読む]

川崎の中学生殺害事件で責められるべきは誰なのか/日沖 博道

INSIGHT NOW! / 2015年05月12日19時00分

でも不思議なことに、「高齢者犯罪に対する対策」を主張する政治家はいません。もう一つは、結論としての「少年犯罪の厳罰化」に対する賛否両論です。昨今のニッポンの世論を反映してか、少年法はこの10数年の間に何度か「厳罰化」の方向で改定されています。2000年には刑事罰対象を「16歳以上」から「14歳以上」に引き下げ、2007年には少年院送致の年齢下限を撤廃しまし [全文を読む]

自民党“女たちの戦い”最前線、女性登用ノルマ3割の「9月内閣改造」で笑うのは?

週プレNEWS / 2014年08月21日06時00分

それにしても、佐藤ゆかりとか片山さつきとか、旬が終わった政治家は話題にもならなくてかわいそうだな。政治家は、世間から気にされなくなったら終わりだよ」(堀田氏) 形勢不利でも、話題に上がるだけマシってことか……。 こうしたなか、争いとは無縁で「女性登用枠」をゲットしそうな議員もいるらしい。 「小渕優子さんは重用される可能性が高いです。安倍さんの大好きなタイ [全文を読む]

フォーカス