松本人志 バナナマンに関するニュース

バナナマン、中堅芸人の中で頭1つ抜き出たその実績と実力

messy / 2017年01月03日16時00分

ダウンタウン以後から無表情で淡々とボケるいう、松本人志スタイルのボケが多くなったと聞くし、ウッチャンナンチャンはショートコントというジャンルを世に定着させ、とんねるずはアイドルやスポーツ選手など“お笑い外”の人と絡み、枠を壊した。こういったお笑い界での偉業は天下をとるにあたって必要な“伝説”の一つとして重要だが、バナナマンには十分それがあるといえよう。 バ [全文を読む]

深い絆と自由な芸風が秘訣!? 若手が憧れる先輩芸人とは

メンズサイゾー / 2014年01月13日12時00分

(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/) 著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書) [全文を読む]

『IPPON』で本人が太鼓判も……KinKi Kids・堂本剛“松本人志を丸パクリ”の黒歴史

日刊サイゾー / 2016年06月19日19時00分

過去をさかのぼれば、堂本剛は松本人志のキャラをパクっていた時代がある。 「時代でいうと90年代の後半でしょうか。少しヒネた視点からのツッコミや、共演者への突き放したような態度など、当時の松本人志の姿をそのまま模倣していた時期がありましたね。その姿はナインティナインの深夜ラジオなどでネタにされていました」(放送作家) 当時、一般人の中にも松本人志の笑いの影 [全文を読む]

バナナマン・設楽統の天下は続く……4月改編で、また3本スタート「オーバーワークは大丈夫?」

日刊サイゾー / 2015年03月13日09時00分

まさに上昇気流に乗っている、といっていいでしょう」(スポーツ紙記者) 設楽が単独で出演する『クレイジージャーニー』は、ダウンタウンの松本人志、小池栄子と共にMCを務め、元日深夜にスペシャル番組として放送されたもの。独自の視点や強いこだわりを持って世界や日本を巡る人々(=クレイジージャーニー)がスタジオに集結し、常人離れした体験談をMC陣に語っていく“伝聞型 [全文を読む]

ゼロが1つ多い!? 芸能人のご祝儀のレベルが高すぎる!

tocana / 2014年11月22日09時00分

たとえば、和田アキ子は30万円を最低ラインとしているらしく、ダウンタウンの松本人志に至っては、他事務所の後輩のお笑いコンビ「アンバランス」山本のご祝儀に、家のソファー、テーブル、食器棚、テレビを置く台などを買って、残りのお金で人間ドックに行けるくらいの額を渡したことが、TV番組に出演した山本の暴露によって明らかになっている。おそらく、50万円近くを渡した [全文を読む]

【松本人志コメント全文掲載】 松本人志も参戦したかったが「周りに止められた」?! 4/26(水)『ドキュメンタル』シーズン2スタート!

ガジェット通信 / 2017年04月25日00時00分

」 今回取材いたしました『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン2に関する質問、松本人志さんとのやりとりを全文掲載いたしました。 最後の最後が一番のピーク —今日はよろしくお願いします 松本人志(以下松本):おねがいしまーす。 —シーズン1での手ごたえ、芸人の仲間の皆さん、一般視聴者からの反響などがあれば。 松本:あ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ダウンタウンの評価は? 後輩芸人も仰天“仲が良さそうなコンビ芸人”ランキング

TechinsightJapan / 2016年12月16日16時50分

様々なバラエティ番組で目にするダウンタウンだが、浜田雅功と松本人志の話からもプライベートで交流することは少ないようだ。ただテレビで見る2人は息がぴったりで、視聴者は「相手を認めている」ことを感じとっているのだろう。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

『ロンドンハーツ』、武井咲と浅尾美和で好対照だった記憶の引き出し方

サイゾーウーマン / 2013年04月16日13時00分

忘れちゃった」から一転、チュートリアル・徳井義実、ピース・又吉直樹、所ジョージ、ビートたけし、明石家さんま、ダウンタウン・松本人志などが続いた後、23番目に再びやってきたのが、「当たり前体操(COWCOW)しか浮かばない!」。 そして、挙げた名前は「タベさん? あ! ワタベさん?………」。さらに「あ!」とひらめいた後、出てきたのはなぜか「ブラックマヨネーズ [全文を読む]

ゆりやん、バナナマン設楽に愛の告白&キスに感激「忘れません」

マイナビニュース / 2017年09月13日10時00分

お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功と松本人志をはじめとする人気芸人が集結する『リンカーン芸人大運動会』は、芸人たちが浜田組と松本組の2チームに分かれてさまざまな競技で競う企画。記念すべき10回目となる今回も、イス取り合戦やチーム対抗全員リレー、パンスト脱がし騎馬戦など、白熱したバトルを繰り広げる。 このたび行われたロケには、アキラ100%やサンシャイン [全文を読む]

山崎夕貴アナを弄んだ“おばたのお兄さん”にバナナマン設楽がブチギレ!

アサジョ / 2017年07月02日18時15分

今回の報道に、交際相手の山崎アナは、レギュラー出演する『ワイドナショー』(フジテレビ系)で『最悪の気分ですよ、本当に』と話し、苦々しい表情を見せました」(芸能記者) また、同番組コメンテーターの松本人志は「やめといたほうがええんちゃうかって思ってたよ。(おばたは事務所の)後輩やけど、そんなに知らんし、どっちかと言ったら山崎さんとは会ってるから情はあるやんか [全文を読む]

松本人志、1人だけ“エア自転車”で友達について行った貧乏少年時代を語る

アサジョ / 2017年05月28日10時15分

5月18日放送されたバラエティ番組「クレイジージャーニー」(TBS系)で、ダウンタウンの松本人志が子供時代の貧乏エピソードについて語った。 オープニングトークにて、バナナマンの設楽統から「子どもの時は食べられなかったけど、大人になったら好きになった食べ物はありますか?」という質問をぶつけられた松本。すると彼は「えぇ~何だろう~」と悩みながらも「めったに連れ [全文を読む]

【視聴熱】「ドキュメンタル」「KBDホーリーナイト」「お義父さん」…今押さえておきたい動画コンテンツ!

Smartザテレビジョン / 2017年05月07日11時00分

松本人志主催のお笑いバトル「ドキュメンタル」シーズン2開幕!! 松本人志によるオリジナル企画「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」のシーズン2が、4月26日よりAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信開始。毎週水曜に1話ずつ、全5話が配信される。「ドキュメンタル」とは“ドキュメンタリー+メンタル”を意味する松本 [全文を読む]

Amazonオリジナル『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シーズン2が2017年4月26日(水)よりAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信スタート

PR TIMES / 2017年03月28日09時18分

Amazonは、Amazonプライム・ビデオの日本オリジナル・シリーズとして最も人気の高い、ダウンタウン松本人志によるバラエティ・シリーズ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン2を、2017年4月26日(水)より日本のAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信を開始します。また、シーズン2の豪華参加者10名を発 [全文を読む]

松本人志「2日前にドタキャン」と嫌悪感あらわも、角田信朗は“ブログ収入爆上げ”でウハウハか

日刊サイゾー / 2017年01月23日20時30分

ダウンタウン・松本人志との確執をブログで告白した空手家でタレントの角田信朗に対し、当の松本が「ルール違反」だと嫌悪感をあらわにした。 角田は、16日に投稿されたブログ「ダウンタウン松ちゃんに伝えたいこと」で、8年前に松本からの出演オファーをやむなく断った際、間に入った何者かの伝達が原因で、ダウンタウンの番組から干されることになってしまったと告白。 また、角 [全文を読む]

日村勇紀、山崎アナに恐怖のプレゼント!?

日刊大衆 / 2016年10月12日15時00分

「サバサバした性格で、松本人志(53)が出演する『ワイドナショー』でも、見事な仕切りを見せる山崎アナですが、さすがにリアルな鳥の人形には驚くでしょう。カトパンがフリーになってから、山崎アナは『めざましテレビ』や『ノンストップ』を始め、さまざまなテレビ番組に出ずっぱりで働きすぎが心配されるほどです。フジテレビ的にも欠かせない存在になっていますから、日村も次 [全文を読む]

2016年1月に放送されたテレビ出演者の独自ランキングを発表/テレビ番組と芸能人(タレント・有名人)の人気度・口コミなどが満載の次世代TVメディア「TVRider(テレビライダー)」

DreamNews / 2016年02月18日11時00分

・アイドル部門 https://tvrider.jp/cast/ranking/idol? 1位 中居正弘(SMAP) 2位 木村拓哉(SMAP) 3位 二宮和成(嵐) 4位 草なぎ剛(SMAP) 5位 櫻井翔(嵐) ・タレント部門 https://tvrider.jp/cast/ranking/talent? 1位 ベッキー 2位 黒柳徹子 3位 坂上 [全文を読む]

KOC決勝戦新ルール発表!松本人志らが審査員に

Smartザテレビジョン / 2015年09月24日19時37分

さらに、決勝戦の新ルールが発表され、松本人志、さまぁ~ず、バナナマンが審査員を務めることが明らかになった。 今大会は、プロ・アマチュア、芸歴問わず、所属事務所の垣根を越えて“コント芸日本一”を決めていく。8回目となる今回は、エントリー総数2455組の中から10組が決勝戦へと進んだ。 抽選会に参加したのは、コロコロチキチキペッパーズ、アキナ、バンビーノ、藤崎 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】バナナマン・設楽の愛娘、日村が大嫌いになる。「俺を見ると、吐くんじゃない?」

TechinsightJapan / 2015年03月30日20時25分

2013年1月のテレビ番組で松本人志(ダウンタウン)が、当時3歳の娘がテレビに映る相方の浜田雅功を指差し、“この人イヤ!”と言い出したことを明かしている。「大好きなパパを殴る、嫌な人」だと本気で怒っていたらしい。年齢的に仕事で叩かれているなどと理解できる頃ではなく、逆に松本は娘の父親を思いやる言動が嬉しかったようだ。 だが設楽統の長女が日村勇紀に冷たい態 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ふなっしーとシノラー、新旧ハイテンション対決で「同志の絆」が生まれる。

TechinsightJapan / 2015年01月31日19時35分

当時は松本人志が篠原デザインの「シノラー人形」を手渡されると思いっきり遠くに放り投げ、彼女によくプロレス技をかけていた堂本が記憶に残っている。『ふなっしー(funassyi) ツイッター』によると、ふなっしーもシノラーファンだったということなのでこれらの演出を覚えていた可能性が大きい。 “タレントとして、たくさんの元気をプレゼントするのが篠原の夢”と、彼女 [全文を読む]

「一票しか入らなかった芸人がリアル...」“憧れの芸人投票“の結果でわかった、残念なこと

tocana / 2014年12月04日07時00分

そして栄光の1位、7票を獲得したのが、ブラックマヨネーズの吉田敬、そしてダウンタウンの松本人志である。この結果を大手スポーツ新聞社の記者はどのように見たのか?「萩本欽一さんや三枝(6代目桂文枝)さんには1票も入っておらず、ウッチャンナンチャン・内村光良、とんねるず・石橋貴明、明石家さんま、志村けんに一票が入っていたのが何ともリアルでした。統計学的に、世代 [全文を読む]

フォーカス