著書 松本人志に関するニュース

「ほんま頼むで」 松本人志さんTwitterで54歳の誕生日を報告

ガジェット通信 / 2017年09月08日18時00分

かつて著書『遺書』で因縁を告白した横山やすしさんが亡くなったのが51歳だったことを考えると松本さんの若々しさは驚異的。 これからも元気で、良い形で日本のお笑い界をリードする存在であっていただきたいものだ。 ※画像は『Twitter』から引用しました。 https://twitter.com/matsu_bouzu?lang=ja ―― やわらかニュースサ [全文を読む]

笑いをとるためになぜ人は服を脱ぐのか 松本人志さん監修の『ドキュメンタル』を動物行動学の視点で見る

ガジェット通信 / 2017年06月01日18時00分

最新の著書『しくじり動物大集合』(永岡書店)が発売中。150種以上の動物の欠点をイラスト付きで解説し、動物たちの知られざる生態を紹介している。 [全文を読む]

松本人志、市川海老蔵…SNSで”一般人のマナー”を嘆く芸能人への疑問

デイリーニュースオンライン / 2016年03月13日12時55分

著書『逆転力 〜ピンチを待て〜』(講談社刊)で「炎上したとしても、コントロールできる自信はあります。なぜかというと子供の時から、2ちゃんねるばかり見てたから。火加減がうまいんです」などと公言しており、指原嫌いの漫画家・小林よしのりと対立構図を作って、意図的に話題作りした経緯などを語っている。 海老蔵のブログの読者は33万8千人、松本のフォロワーは337万人 [全文を読む]

友達5,000人! 『後輩力』カラテカ・入江が著書に記さなかった人脈作りの"本当の"ノウハウとは

日刊サイゾー / 2012年07月28日08時00分

※画像は『カラテカ・入江のコンパライフ 女子もう帰っちゃうの?』(日本文芸社)【関連記事】不倫疑惑浮上でも強気な宮迫 その裏には「週刊現代」と今田耕司の法廷闘争があった!?とばっちり!? 松本人志が「フラッシュ」を名誉毀損で提訴した舞台裏とは今田耕司「レイプ未遂報道」に見る、テレビ局の"沈黙"メッセンジャー黒田有の逮捕に関西の芸能関係者は「ついにやったか」 [全文を読む]

上原多香子をめぐり見解に相違?松本人志vs.フジテレビ“不毛バトル”の内幕

デイリーニュースオンライン / 2017年09月01日07時17分

主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。 [全文を読む]

松本人志の”局批判”にフジ新社長が激怒?ワイドナショー打ち切りの現実味

デイリーニュースオンライン / 2017年08月28日20時20分

著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。 [全文を読む]

松本人志に絶賛の嵐?上原多香子への発言を封殺したフジテレビを猛批判

デイリーニュースオンライン / 2017年08月20日21時00分

著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。 [全文を読む]

ローラ、オリラジ中田に思う、芸能界「忖度の体系」

文春オンライン / 2017年08月12日17時00分

そのためこの著書によれば、戦前の日本の優れたプロパガンダは、《民衆の嗜好を知り尽したエンタメ産業が、政府や軍部の意向を忖度しながら、営利のために作り上げていった。》 たとえば大本営陸軍報道部で雑誌の検閲を担当していた軍人は、戦後、次のように振り返る。《出版社のベテラン社員は、自分たちが指示するまでもなく「軍の考えていること、軍の望むところ、はては報道部の [全文を読む]

松本人志が「エグい!」と認めた写真家が、3年間の住み込みで迫った多国籍団地の“幸せ”とは?

週プレNEWS / 2017年01月24日10時00分

著書に『EXCUSE ME』『SMOKEYMOUNTAIN』など ■『Familia 保見団地』 発行:Vice Media Japan 発売:世界文化社 2980円+税 1972年に造成が開始され、67棟に6951人が暮らす愛知県豊田市の保見団地。90年の入管法改正によってブラジル人を中心に外国人が大量流入した。現在は外国籍が住民の約半数を占める。ここに [全文を読む]

めちゃイケ『君の名は。』パロディのココが惜しい!

メディアゴン / 2016年12月16日07時50分

【参考】キンコン西野「居酒屋で愚痴を言うぐらいなら会社を辞めろ」ダウンタウンの松本人志が著書『遺書』でナインティナインをダウンタウンのパクリ、チンカスと書いたことで確執があったのだが、その松本が今岡村を認めていると振る。松本が、どう発言しているか岡村は聞きたくてしょうがないが大吉は言わない。こうした過程があって、あとは感動の仲直りのハグになだれ込む。笑いの [全文を読む]

世間とズレてる?和田アキ子の”紅白落選”に松本人志や西川史子らが異論

デイリーニュースオンライン / 2016年11月28日14時50分

主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。 [全文を読む]

フジテレビが激震?秋元優里アナの”不倫相手”に浮上した男の正体

デイリーニュースオンライン / 2016年11月18日08時06分

主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。 [全文を読む]

危険地帯ジャーナリスト・丸山ゴンザレス&『奇界遺産』佐藤健寿が語る「クレイジージャーニー」の舞台裏

AOLニュース / 2016年09月09日18時00分

――もはや番組の顔とも呼べるお二方ですが、以前からお互いのことはご存知だったんでしょうか?丸山ゴンザレス(以下、丸山):僕は『X51.ORG』とかも普通に見ていましたし、著書も読んでいましたので、佐藤さんのことは知っていました。『奇界遺産』で取り上げる古代遺跡についても、当時、あんなスタイリッシュに表現する人はいなかったので、すごく衝撃でしたね。佐藤健寿( [全文を読む]

「不適切交際」で引退から4年…島田紳助の本が「教科書」になっていた!

アサ芸プラス / 2015年11月03日09時58分

「紳助竜介」として1977年にデビューして以来、お笑い界に一時代を築いた紳助だが、なんと現在、彼の著書が「教科書」になっているという。「今年から紳助さんの本を『教科書』として生徒に読ませています」 と語るのは、都内のお笑い芸人養成学校で教鞭をとる放送作家である。「ブラックマヨネーズの吉田やウーマンラッシュアワーの村本ら多くの売れている芸人が、繰り返し読んで [全文を読む]

「ホンマは空気読めるけど、あえて...」松本人志が指原莉乃の人気を分析した結果

tocana / 2014年10月15日16時00分

結果、スキャンダルで一時は将来を危ぶまれた指原が、著書『逆転力~ピンチを待て~』(講談社Mook)のタイトル通り、今もバラエティー番組などで重宝されている。 なぜ、指原がそこまで重宝されるのか。それには現在のバラエティー番組の構図があるようだ。 松本人志は『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、イタリアのセリエAで活躍する本田圭佑が、フリーキックを蹴るために [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松本人志が「しないわけではない」と言及。ダウンタウン『ガキの使い』名物コーナーは復活する?

TechinsightJapan / 2014年09月17日17時15分

“ガースー”の愛称でおなじみの名物プロデューサー菅賢治氏による著書『笑う仕事術』(ワニブックスPLUS新書)によれば、そもそも『ガキの使い』を始めたきっかけは「単純に(自分が)ダウンタウンの漫才を生で見たい」との思いからだったという。 1989年の放送開始から数々の名物コーナーを生んできた『ガキの使い』であるが、その中でも視聴者から絶大な支持を集めていた [全文を読む]

松本人志 吉本入りも反対した父・譲一さんの死に複雑な思い

NEWSポストセブン / 2014年09月04日16時00分

「絶対、無理や」って(中略)「絶対、出世したろ」みたいな気になりましたよねえ》(著書『松本人志 愛』) その後、松本はダウンタウンとして、一気にお笑い界の頂点まで上り詰めたが、それでも父は認めてはくれなかったという。冒頭の番組で松本は「最終的にぼくのこと、1回も褒めてくれなかったので」と明かしている。 結局、最後まで雪解けすることがなかった松本と讓一さん。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松本人志が「視聴率は気にしない」ワケ。そこに“ダウンタウンの哲学”が見えた。

TechinsightJapan / 2014年08月02日19時45分

そんな上岡さんから以前「ダウンタウンはなぜ人の番組にゲストとして出ないのか」と聞かれたことがあると、松本は著書『「松本」の「遺書」』(1997年、朝日文庫)の中で明かしている。同書の中で松本は、最大の理由として自分たちが「広く浅く支持されることよりも、狭くても深く支持されることを選んだから」だと綴っていた。 この日の放送で、27時間テレビ全時間帯で『27 [全文を読む]

不倫スキャンダルで発覚した、ダウンタウン浜田の“愛されキャラ”

メンズサイゾー / 2014年06月30日09時00分

(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/) 著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書) [全文を読む]

業界関係者が語る、東野幸治のスゴさと絶好調なワケ

メンズサイゾー / 2014年03月16日16時00分

(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/) 著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書) [全文を読む]

フォーカス