子供 真木よう子に関するニュース

別れてもダメ男呼ばわりされる真木よう子の元夫と、「離婚=親子断絶」がフツウの日本社会

messy / 2016年04月21日01時00分

「別れてもパパ」は当然のことだし、自分の仕事の都合で子供を元夫に預けることがあるとしたら感謝こそすれ「不本意」に思うのはおかしいだろう。それに本来、別れた親が子供と面会するのに特別な理由など必要ない。 日本では離婚した夫婦に子供がいる場合、親権は母親か父親の一方に定めなくてはならない。子供は母親が引き取り、父親は養育費を支払うというケースが一般的だ。しかし [全文を読む]

2010年に英検1級合格した小学生は24人 最年少は9歳だった

NEWSポストセブン / 2012年02月03日16時00分

難関校合格には1日に10時間の勉強も当たり前と言われるが、一方では、そうした難関校を涼しい顔で突破してしまう子供もいる。異次元の能力を持つ超天才児の生態を追った。 * * * 幼稚園の時に漢字で駅名のカードを作り、日本地図の形にJRの主要路線図を完成させてしまったのはA君。「電車が好きで、山手線の駅名を覚えた」「新幹線の名前が全部いえる」なんていう子供は珍 [全文を読む]

真木よう子『海よりもまだ深く』インタビュー

NeoL / 2016年05月14日08時00分

──真木さんが演じた響子は、ダメな夫と離婚し、1人で子供を育てているしっかり者の女性です。とりたてて変わったところのない市井のキャラクターだからこそ、女優としてすごく繊細な感情表現が求められた気がするんですが? 真木「うーん、どうなんだろう(笑)。自分ではあまり意識してないんですよね。楽しいシーンは楽しく、切ないシーンは切ない感情でお芝居していただけで… [全文を読む]

「夫が専業主夫」ケースの離婚 母親が圧倒的に有利と弁護士

NEWSポストセブン / 2015年10月27日11時00分

「親権については監護の継続性が重視され、子供が幼い場合は母親が圧倒的に有利。それは妊娠10か月という期間の差や、母乳で育てていれば一緒にいたとされることも大きな判断材料となります。 ですが、育児を一任されてきた主夫が監護の継続性を主張すれば、勝ち取れる可能性もなくはない。ただ“専業主婦”と“専業主夫”を比べると親権を取るハードルは高いし、“専業主夫”は“ [全文を読む]

きゃりーぱみゅぱみゅ「問題のあるレストラン」最終回に客で登場

dwango.jp news / 2015年03月11日20時03分

セクハラ・パワハラが横行する会社を辞め、男たちに対抗すべくレストランを立ち上げた不屈の主人公を演じる真木よう子ほか、初恋の男に騙されても、恋する心を初めて知ったと喜ぶ堅物の二階堂ふみ、ストーカー男を振り切り、バカな女のふりをせずに生きることを選んだOL役の高畑充希、ネグレクトされた子供時代を振り切って自立し、シェフとなる松岡茉優ら女優陣の心打つ演技バトルが [全文を読む]

スナックママの接客術 時にはビンタ、遠回しに優しくお断り

NEWSポストセブン / 2014年09月09日16時00分

バツイチの男性客が病気で亡くなった時は、その子供と一緒に葬儀を取り仕切った。 「何十年もやっていると、家族で通ってくれるお客さんがいるけれど、その息子をはたいたことがありました。その息子が20才のころ、不良っぽくなっちゃって、入れ墨を入れて自慢気に私に見せに来たんです。“親にもらった体になんてことすんの!”って思いっきりビンタしました。私には3人の子供がい [全文を読む]

日本の夏ドラマ、テーマは「主婦の逆襲」―中国メディア

Record China / 2017年08月17日16時10分

仕事では挫折ばかりを経験し、自分の夢があるのに周りにはそれを認めてもらえず、家に帰ると夫や子供の世話もしなければならず、さらに家族からは文句を言われる。それでも、現実から逃げることもできず、落ち込んでいる暇もない。現実とちゃんと向き合わなければ、逆境を克服することはできない。カンナを演じる渡辺直美は、女性の視聴者がこのドラマを見て、闘志を燃やし、仕事や生活 [全文を読む]

「精霊の守り人」鈴木梨央に綾瀬が「年齢差感じない」

Smartザテレビジョン / 2016年12月16日01時01分

綾瀬と鈴木梨央といえば、大河ドラマ「八重の桜」('13年、NHK総合ほか)で、主人公・新島八重とその子供時代という同一人物を演じている。 作中での絡みがなかった「八重の桜」と違い、今回は一緒に旅をするという設定。話す機会も多かったようで、綾瀬は「梨央ちゃんは、本当に年下とか子供と話している気がしないくらいしっかりしているんです。話していて年齢差を感じなく [全文を読む]

土屋アンナの第三子妊娠。hitomiや広末、アクティブな女性たちと「語られない元家族」

messy / 2016年11月10日01時30分

それぞれに現在の夫との生活についてはトークイベントやインタビュー、バラエティ番組などで明かすこともあるが、最初の子供の父親である前夫との関係についてはタブーなのか触れることがない。親子断絶防止法案が議論されている昨今、元夫であり父親でもある存在と子供の面会交流をどのようにバランス良く回しているのか指南してほしいところではある。離婚したからといって相手がひど [全文を読む]

壊れてゆく現代の家族描く是枝裕和新作『海よりもまだ深く』

NEWSポストセブン / 2016年06月08日16時00分

あの頃は父がいた、母がまだ若かった、自分たちは子供だった。家族は思い出のなかで輝く。 山田太一のドラマで確か竹下景子演じる母親が、子供とスーパーに買い物に行き、「こんななんでもないことでも、大人になって思い出すと懐しいものなのよ」と言ったが、家族の真髄をよく語っている。 「歩いても 歩いても」(2008年)「そして父になる」(2013年)「海街diary」 [全文を読む]

真木よう子 7年目の離婚の背景に「専業主夫とのスレ違い」

NEWSポストセブン / 2015年10月01日07時00分

娘の父と母であっても、男と女には戻れないと言っていましたね…」(前出・真木の知人) 2人目の子供が欲しい真木が、「なんで男は子供を産めないの…」ともらしていたこともあったという。 ※女性セブン2015年10月15日号 [全文を読む]

真木よう子 “YOUとの濃厚キス”ネット公開で起こったある噂

アサ芸プラス / 2015年06月28日09時57分

2人とも酒好きでサバサバした性格が似ているし、YOUは離婚してシングルマザーですが、子供もいるなど境遇も似ている。酔っ払うと『ハグ魔』なところがあって、男女問わずスタッフや共演者によく抱きつくところもそっくり。ただし真木には夫と子が、YOUには子供がいるということで、男性側は本格的につきあおうとせずに、引いてしまう。それで2人でいちゃつくようになったのでは [全文を読む]

きゃりーぱみゅぱみゅ、2015年1月スタート『問題のあるレストラン』で初のドラマ主題歌を担当

okmusic UP's / 2014年12月18日10時00分

頂いた曲は本当にドラマの世界観にピッタリですし、私が考える子供から大人まで楽しめる曲、そして誰もが口ずさめる曲だと思います。 ドラマも子供から大人まで楽しめる作品に・・・主題歌に負けないよう、頑張ります!■木曜劇場 『問題のあるレストラン』2015年1月15日スタート 毎週(木)午後10時~10時54分(初回は15分拡大) 【キャスト】 真木よう子 東出昌 [全文を読む]

半沢直樹「トリビア10連発」(2)半沢直樹は前科2犯!?

アサ芸プラス / 2013年09月17日10時00分

「回が進むまで一見、子供はいない新婚夫婦のように見えるのですが、しだいに『隆博は‥‥』などのセリフが出てくるので子供がいることがわかる。でも、実は初回から出ていて、上戸彩(27)が演じる半沢の妻・花が近藤の家を訪ねる場面で、近藤の子供と遊んでいたのが隆博なんです。演じるのは二宮慶多くん(8)。CMや映画に出ている子役ですが、尺の問題で今回はほとんど出番が [全文を読む]

桑田佳祐がドラマ『最高の離婚』のエンディング映像に登場、キャストとの絡みも!

リッスンジャパン / 2013年02月19日14時00分

4人は全員子供の頃から大の桑田ファンとのことで、対面を前に緊張と興奮が隠せない様子。そこへ、桑田本人が白のスーツに身を包み颯爽と姿を現す。桑田佳祐 - アーティスト情報シーンの内容は、4人の夢の世界へ突然桑田佳祐が乱入し、男性陣とは少々格闘あり!?、女性陣とはかなりの絡みありといったもの。このエンディング映像はドラマ後半から流れる予定だが、そのオンエア日程 [全文を読む]

桑田佳祐がドラマ『最高の離婚』のエンディング映像に登場、キャストとの絡みも!

okmusic UP's / 2013年02月19日14時00分

4人は全員子供の頃から大の桑田ファンとのことで、対面を前に緊張と興奮が隠せない様子。そこへ、桑田本人が白のスーツに身を包み颯爽と姿を現す。桑田佳祐の主題歌×キャスト4人による妖艶なエンディング映像が話題にシーンの内容は、4人の夢の世界へ突然桑田佳祐が乱入し、男性陣とは少々格闘あり!?、女性陣とはかなりの絡みありといったもの。このエンディング映像はドラマ後半 [全文を読む]

真木よう子「主演ドラマ打ち切り」の恐怖現場(2)撮影が終わって「あ~疲れた!」

アサ芸プラス / 2017年09月19日12時57分

この失礼な投稿に本人は、〈子供産んで授乳して、34歳の本物のFカップは、重力に逆らえず垂れるのが正常です〉 と切り返して、余裕を見せていたが。 さらに、低迷を続ける視聴率にテコ入れするように突如ツイッター上で、クラウドファンディングで制作費を募り、12月のコミックマーケット(コミケ)でみずからの写真集を販売する計画をブチ上げたのだ。 芸能デスクが語る。「真 [全文を読む]

真木よう子、ツイッター削除で広がる憶測「真木劇場はSNSで続く可能性も…」

デイリーニュースオンライン / 2017年09月04日11時50分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

真木よう子、SNS炎上で収録もドタキャン?ドラマ打ち切りで女優業ピンチに

デイリーニュースオンライン / 2017年09月02日08時05分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

魅力なさすぎ真木よう子!大人の女の品も落ち着きもなし・・・低視聴率むべなるかな<セシルのもくろみ 第1回~第5回>(フジテレビ系)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年08月18日12時00分

何がつまらないといって、主人公の奈央が、チビでカリカリに痩せているのはともかく、物言いが下品な上にアクションがオーバーで、結婚して子供もいる大人の女が醸し出す、品もなければ落ち着きもなく、キョトキョトバタバタと魅力がなさすぎること。こんな女が読者モデルとはリアリティ欠落で、とても視聴者の共感は得られまい。真木よう子は使われ方によっては凄みを出せるキャラク [全文を読む]

フォーカス