中島みゆき 倖田來未に関するニュース

【エンタがビタミン♪】西野カナ強し “恋の歌を歌う女性歌手 TOP10”で1位に

TechinsightJapan / 2016年04月30日12時00分

名前が挙がり20位以内に入ったのは11位 HY・仲宗根泉、12位 中島みゆき、16位 YUI、18位 安室奈美恵、20位 大塚愛である。また阿部真央、Crystal Kay、古内東子、高橋真梨子、テレサ・テン、アン・ルイスなどの名も出たが圏外となった。 ちなみに3順目で「若い歌手は分からないのでアン・ルイスさん」と答えた松岡茉優は、久本雅美が予想した中島 [全文を読む]

どの世代にもウケる「カラオケランキング」、1位はあの名曲

Woman Insight / 2015年12月31日18時30分

◆女性 10代 1位 Darling(西野カナ) 20代 1位 君の知らない物語(supercell) 30代 1位 ハナミズキ(一青窈) 40代 1位 ハナミズキ(一青窈) 50代 1位 糸(中島みゆき) 女性編を見ると、30代・40代で『ハナミズキ』が1位を獲得する人気ぶり。こちらも男性編の『天体観測』と同じくロングヒットして、今では誰もが知る定番曲 [全文を読む]

倖田來未も落選? バーニング周防氏の暗躍で演歌色が強まりそうな『紅白歌合戦』

日刊サイゾー / 2012年10月30日08時00分

NHKは以前の矢沢永吉や中島みゆきのような形を狙ってベテランの山下達郎にオファーを出していますが、本人はまったく出る気がない。レディー・ガガのような海外の大物出場候補も、今年はアテがありません。その代わり、出場枠の選定に強い影響力をもつ大手芸能事務所バーニングプロダクションの周防郁雄社長が今年もいろいろと動いており、そのことばかりが目立っている」(芸能雑誌 [全文を読む]

アァ気まずい!「世代間ギャップ」なカラオケママ友会を上手に切り抜ける方法

WooRis / 2016年01月13日09時00分

■朝ドラ強し!~女性編~【女性世代ギャップなしランキング】1位 ハナミズキ 一青窈2位 にじいろ 絢香3位 残酷な天使のテーゼ 高橋洋子4位 三日月 絢香5位 Story AI6位 愛のうた 倖田來未7位 糸 中島みゆき8位 Darling 西野カナ9位 ありがとう いきものがかり10位 雪の華 中島美嘉意外にも、元気で盛り上がるアイドル曲はランクインせず [全文を読む]

有名男女が巻き起こした“盗作騒動”「安倍なつみも騒動に…音楽業界はこの手の話が多い」

アサ芸プラス / 2015年09月13日17時57分

「1~2曲ではなく、自分で作詞したという数十曲に対して盗用が指摘されており、ネタ元も椎名林檎やCocco、中島みゆきなど比較的わかりやすく露骨なものが多かった。そういえば、浜崎と同じエイベックス所属の倖田來未や大塚愛にも同様の疑惑が頻繁にささやかれていましたね」 ただし、音楽界での盗作疑惑はウヤムヤに終わっているのが実情だ。どれだけ似ていたとしてもシラを切 [全文を読む]

「小西の音楽祭」で感じた東京女子流 進化の可能性

dwango.jp news / 2014年10月23日18時32分

新井は中島みゆき『糸』を抜群の安定感ある歌声でしっとりと歌う。新井は、様々な曲調にしっかりと自分の歌を合わせられる力があり、次の倖田來未『恋のつぼみ』で急にアップテンポになってもすぐに対応し、弾む歌声を聞かせる。歌が上手いというだけではなく、彼女の場合は元々歌がうまかったということに加え、歌い手としての表現力が経験を積むことで格段に高くなってきた。小西とと [全文を読む]

フォーカス