雛形あきこ 小池栄子に関するニュース

「何をやってもダメ」で離婚危機の元格闘家・坂田亘 妻・小池栄子に近づく実業家の影も......

日刊サイゾー / 2012年05月06日08時00分

【関連記事】・「小池栄子が第2の小林幸子になる!?」芸能プロ・イエローキャブで勃発しそうな"お家騒動"・所属事務所が大混乱の小池栄子 エイベックスに移籍希望するも断られていた・雛形あきこvs.小池栄子 『水戸黄門』仁義なき巨乳利権・擁護コメント続々の中......バーニング長山洋子が小林幸子を痛烈批判・「ワイドショーに便乗しろ!!」小林幸子の"解任騒動"で [全文を読む]

「一体なぜ!?」イエローキャブ社長自殺の裏で事務所関係者が"ガセ情報"を流していた?

日刊サイゾー / 2012年07月05日08時00分

※画像はイエローキャブ公式サイトより【関連記事】・「何をやってもダメ」で離婚危機の元格闘家・坂田亘 妻・小池栄子に近づく実業家の影も......・「小池栄子が第2の小林幸子になる!?」芸能プロ・イエローキャブで勃発しそうな"お家騒動"・所属事務所が大混乱の小池栄子 エイベックスに移籍希望するも断られていた・雛形あきこvs.小池栄子 『水戸黄門』仁義なき巨乳 [全文を読む]

イエローキャブ消滅で評判を落としたタレント?

tocana / 2015年02月14日08時00分

「有限会社サンズ(現・株式会社サンズエンタテインメント)」に雛形あきこ、MEGUMI、山田まりや等のタレント数名を引き連れ独立した。 また、野田氏が去った後のイエローキャブには佐藤江梨子、小池栄子、根本はるみといった有力タレントが残留するものの、長年かけて築いた巨乳グラビアアイドル事務所から女優を売りとする事務所への路線変更が機能せず、更に、追い打ちをかけ [全文を読む]

“女優失格”から這い上がった「小池栄子」の素顔とは?(4)イエローキャブに残った理由

アサ芸プラス / 2015年03月15日09時57分

MEGUMIや雛形あきこらが野田氏についていった中、小池はイエローキャブに残る道を選んでいる。 「坂田との交際で意見の対立もあったようですが、一番の原因は方針の違いでしょう。今までどおりバラエティで売りたがった野田さんに対し、小池は当初の憧れだった女優業に力を入れたいと考えていた。この違いが大きかったはずです」(元週刊誌編集幹部) そして小池はこの騒動をピ [全文を読む]

小池栄子の危機 多額借金&休業状態の夫の派手な素行、小池の活躍を妨げる懸念も

Business Journal / 2015年03月12日23時00分

1990年代に細川ふみえや雛形あきこなど数多くの人気グラビアアイドルを輩出した芸能事務所イエローキャブが、今年1月末に事業を停止。自己破産申請の準備に入り、2月いっぱいをもって倒産となった。所属タレントで稼ぎ頭のひとりだった佐藤江梨子は1月末、ブラジル人一般男性との結婚および妊娠をブログで発表。2月には柄本明や美保純が所属するノックアウトへの移籍が明らかに [全文を読む]

小池栄子の移籍で命運が尽き…イエローキャブの苦しかったフトコロ事情

アサ芸プラス / 2015年02月19日09時59分

全盛期には細川ふみえ、かとうれいこ、雛形あきこら多くのグラビアアイドルを抱え圧倒的な人気を誇ったものだったが、その苦しかったフトコロ事情をベテランの芸能ライターが明かす。 「10年ほど前、業界中に顔の利いた名物社長の野田義治氏を経営方針の違いということで、事実上追放したのが運命の分かれ道。多くのタレントが野田氏について、サンズに移籍した。イエローキャブには [全文を読む]

堀江しのぶから佐藤江梨子まで…イエローキャブ「破産」までの栄枯盛衰

アサ芸プラス / 2015年02月16日17時59分

その後も雛形あきこ、小池栄子、佐藤江梨子らが「イエローキャブ軍団」と呼ばれ、グラビアを席巻した。 「最盛期には所属タレントの写真集が立て続けに発売され、まるで月刊誌のようなペースでした。部数も10万部超は当たり前で、その印税だけでも毎月、数千万円の収入になっていたはずです」(芸能ライター) そしてイエローキャブといえば、名物社長の野田義治氏の名を挙げないわ [全文を読む]

イエローキャブ倒産! 小池栄子が背負う“3億借金”問題、佐藤江梨子は“セクシー路線廃業”へ!?

サイゾーウーマン / 2015年02月14日13時00分

1980年に創立、社長だった芸能プロモーター・野田義治氏の指揮の元、細川ふみえやかとうれいこ、雛形あきこら有名グラドルを次々とデビューさせたが、近頃では金銭難がささやかれていた。そして最後まで所属していた佐藤江梨子と小池栄子も、すでに次の道を歩み始めているようだ。 「一時代を築いたイエローキャブですが、異変が起こったのが2004年。経営方針から“追放”され [全文を読む]

「イエローキャブ」社長が自殺 巨乳帝国の光と影

メンズサイゾー / 2012年06月29日16時30分

イエローキャブは1980~90年代、当時の社長・野田義治氏(66)が堀江しのぶ(享年23)、かとうれいこ(43)、細川ふみえ(40)、雛形あきこ(34)らを発掘し、巨乳グラドル路線で業界を席捲した。大手芸能プロの一角を占めるまでに成長したが、04年に新株発行をめぐるオーナー側との対立によって解任された野田氏が新事務所を設立。雛形や山田まりや(32)、ME [全文を読む]

グラドル界の「犬猿の仲」リスト!(13)小池栄子VS佐藤江梨子…イエローキャブの内紛ヒストリー

アサ芸プラス / 2017年05月05日09時59分

かつて同社でマネージャーを務めたM氏が、雛形あきこに続いて大々的にプッシュされた山田まりやを回想する。「デビューしたばかりの山田は、雛形の前で直立不動になるようなウブな感じだったんです。ところが、野田義治社長に司会の仕事などを与えられると、たちまち後輩をイジメるような態度になった」 山田に「元ヤン疑惑」が報じられると、先輩をつかまえて「私より雛形さんのほう [全文を読む]

野田義治氏 反抗するアイドルに水着を着させる方法

NEWSポストセブン / 2016年12月02日07時00分

雛形あきことの出会いは、アイドル雑誌で中学2年生の彼女を見かけたことがきっかけだった。すぐに所属先の児童劇団に連絡したが、あえなく断わられた。2年後、今度は写真集で彼女を目にし、野田氏が見出した堀江しのぶやかとうれいこと同じ匂いを感じた。今度は母親と本人を説得し、その1週間後にハワイでグラビア撮影を敢行した。 少年マンガ誌でグラビアが話題になると、同じ週の [全文を読む]

多数グラドル撮影の写真家「2人で食事したのは4人だけ」

NEWSポストセブン / 2016年06月09日07時00分

その後人気の出た子だけでなく、デビューしなかった子まで含めれば彼の依頼で150人くらいは撮っているはずです」 当時、中学生だった雛形あきこもその一人だった。スタジオで別のタレントを撮影している山岸氏のもとに何の前触れもなく連れて来られた。 「でも雛ちゃん、かわいかったですねぇ。セーラー服を着ていたから、『学校の制服なの?』と聞くと、『これを着て行きなさいと [全文を読む]

「国民栄誉グラドルBEST20」(6位~10位)大きくないバストで初めて頂点に 立ったグラドルは?

アサ芸プラス / 2016年05月07日09時59分

7位 雛形あきこ(164センチ・B83・W57・H85) ちょい前屈みで谷間を寄せ、上目使いで見つめれば「雛ポーズ」の出来上がり。グラビア界のまさに“ひな型”になった構えである。6位 小池栄子(166センチ・B91・W59・H87) 後輩のグラドルたちがこぞって唐揚げを食べるようになったのは、「コレで大きくなった」と明かした彼女の発言のせい。形、大きさ、そ [全文を読む]

イエローキャブから「再生工場」へ移籍の佐藤江梨子、“ヌードOK”の可能性は?

日刊サイゾー / 2015年02月28日11時00分

雛形あきこさんと同じくらいでしょうか。ただ『ノックアウト』は作品によってはヌードもOKな事務所ですから、もし彼女がヌードにでもなれば需要は高まりますし、オファーも増えると思いますよ。その口説き方も、ここの事務所は上手ですからね」(前出・芸能事務所関係者) まさに、“裸一貫”からの出直しなるか――。 [全文を読む]

巨乳帝国「イエローキャブ」が消滅危機…小池栄子と佐藤江梨子の行方に熱視線

メンズサイゾー / 2014年03月21日12時00分

野田氏は別会社「サンズエンタテインメント」の社長(現在は会長)としてマネジメント業を継続し、雛形あきこ(36)や山田まりや(34)、MEGUMI(32)ら大半の所属タレントが野田氏に追随して移籍。結果、イエローキャブは小池と佐藤しか有力タレントがいない状況となった。 このお家騒動が原因でイエローキャブの経営は急速に傾き、オーナー企業は撤退し、社員への給与未 [全文を読む]

フォーカス