保阪尚希 高岡早紀に関するニュース

高岡蒼佑 元妻宮崎あおいに2億円土地財産分与請求可能性も

NEWSポストセブン / 2012年04月21日07時00分

※女性セブン2012年4月19日号 【関連ニュース】保阪尚希 元妻・高岡早紀との3階建て2億円豪邸を差し押さえる高岡早紀の自宅差し押さえた保阪尚希に養育費未払い証言出る高岡蒼甫 妻・宮崎あおいが実家暮らしであると週刊誌で知る別れた妻の名義となっている家を勝手に売却しようとする元夫片山晋呉が請求された離婚慰謝料5億円は財産分与を含めた額 [全文を読む]

「子どもを返せ!」トラブル続きの高岡早紀に元夫・保阪尚希が激怒!!

メンズサイゾー / 2012年03月27日18時30分

この一連の騒動に、元夫・保阪尚希(44)が激怒しているというのだ。記事によると、保阪は「アイツに子どもたちは任せておけない。こうなったら、息子二人を取り戻す!」と息巻いているという。 1996年に結婚して二児をもうけた二人は、2004年に高岡と布袋寅泰(50)の不倫が発覚した直後に離婚。慰謝料は発生せず、保阪が東京・港区に夫婦共同で建てた豪邸(土地・建物 [全文を読む]

窪塚洋介 横須賀“ダイブ”マンションを差し押さえられていた

NEWSポストセブン / 2012年03月08日07時00分

※女性セブン2012年3月22日号 【関連ニュース】窪塚洋介 「放射能が怖い」と妻子を大阪に避難させていた保阪尚希 元妻・高岡早紀との3階建て2億円豪邸を差し押さえる高岡早紀の自宅差し押さえた保阪尚希に養育費未払い証言出る高額納税者列伝 69.7億円の元レイク会長や36.9億会社員ら元巨乳クラリオンガール 自己破産で自宅差し押さえの過去 [全文を読む]

魔性と呼ばれた女、葉月里緒奈 久しぶりの女優仕事が「痩せすぎて怖い」!!

messy / 2017年03月01日00時00分

過去に彼女と噂が立った男性は数多く、保阪尚希(元夫)、市川海老蔵、勝地涼、布袋寅泰、松尾スズキ……つい最近はあの松坂桃季との熱愛も報じられていた。松坂と高岡の年齢差は16歳だが、ありえない話ではないと思ってしまう。筆者も一度舞台で生の高岡早紀を拝見したことがあるのだが、もう透明感とオーラが半端ない!! その当時、高岡は30代だったはずなのだが、舞台の上で微 [全文を読む]

高岡早紀(44)の顔以外の“全身劣化”が止まらない! 胸、脚、肌… 関係者が各パーツを辛辣評価

tocana / 2016年12月09日09時00分

「高岡は1996年に俳優・保阪尚希と結婚し、2人の男児を出産したものの、2004年にミュージシャン・布袋寅泰との不倫関係が報じられ、離婚。その後、一般男性との間に長女を授かりましたが、この男性とは未婚のまま破局しています。以降はシングルマザーとして子ども達を育ててきたわけですし、肌にシワくらい出るでしょう」(芸能プロダクション関係者) その一方で、高岡は [全文を読む]

綾瀬はるかから乗り換え?松坂桃李が堕ちた年の差16歳の“魔性愛”

デイリーニュースオンライン / 2016年09月15日19時05分

「1996年に保阪尚希(48)と結婚したものの、2004年には布袋寅泰(54)との不倫が報じられ、離婚。その後も中村獅童(44)や市川海老蔵(38)、勝地涼(30)などと恋愛遍歴を重ね、歳の差も職業も一切問わない肉食ぶりに、いつしか“魔性の女”と呼ばれるほどに。松坂もすっかり高岡の虜になっているようですね」(前出・記者) 『女性セブン』記事では、韓国料理 [全文を読む]

カトパン退社原因は金と恋? 高岡早紀姉妹のお色気日常、柴咲コウがBBAに!?……週末芸能ニュース雑話

日刊サイゾー / 2016年01月24日13時00分

記者D スザンヌ、ホリエモン、中村昌也、新山千春……どれもなかなか衝撃的な話でしたが、やっぱり一番は俳優の保阪尚希と、元Jリーガーの本田泰人ですね。デスクF あの2人って、保坂が姉の高岡早紀、本田が妹の高岡由美子と結婚して、一時“義兄弟”だったんだよな。 [全文を読む]

ツイッター復活の高岡蒼佑 「不倫男」への恨み節をつぶやく

NEWSポストセブン / 2012年04月05日07時00分

高岡さんはフェイスブックもやっているそうで、“お前らにおれの気持ちなんてわかるはずない”なんてコメントしたこともあったそうで、精神的に少し不安定みたいです」(前出・芸能関係者) ※女性セブン2012年4月19日号 【関連ニュース】高岡蒼佑 宮崎あおいの“不倫疑惑”を実母に相談していた高岡蒼甫 妻・宮崎あおいが実家暮らしであると週刊誌で知る高岡蒼甫ツイッター [全文を読む]

当局も重大関心! 内縁の夫に1億円を持ち逃げされた高岡早紀は悲劇のヒロインか否か

日刊サイゾー / 2012年03月17日08時00分

※画像は『高岡早紀写真集「TIME DIFFERENCE」』【関連記事】・AV出演がウワサされる高岡早紀 金欠の裏にあった恩師の死と元夫・保阪尚希の影・「海老蔵、実はアゲチンだった!?」過去に交際が報じられた女性たちのその後は......・「元旦婚も......」山田孝之の隠し子騒動を"美談"に仕立て上げた芸能マスコミの罪・「ネタがデジタル化している」「審 [全文を読む]

高岡蒼佑 宮崎あおいの“不倫疑惑”を実母に相談していた

NEWSポストセブン / 2012年01月09日07時00分

※女性セブン2012年1月19・26日号 【関連ニュース】高岡蒼佑 宮崎あおいとの関係修復しようと試みるも失敗した高岡蒼甫 妻・宮崎あおいが実家暮らしであると週刊誌で知る宮崎あおいと別居の高岡蒼甫 母と朝青龍の元マネジャーを頼る高岡早紀と熱愛報道あった木田優夫 「彼はモテる」の証言高岡早紀の自宅差し押さえた保阪尚希に養育費未払い証言出る [全文を読む]

上戸彩に相武紗季も?関係者が挙げる、2017年に離婚しそうな芸能人

デイリーニュースオンライン / 2017年01月02日12時05分

保阪尚希(49)・高岡早紀(44)や、高橋ジョージ(58)・三船美佳(34)などCMやテレビで共演していた夫婦が破局に至っており、むしろCMに夫婦で出ると離婚する気もします。というのも、夫婦で仕事をするとビジネスパートナーとして互いを見るようになり、ドライな関係となるため、ふとしたきっかけで離婚してしまうのでは」(前出・記者) また、江口洋介は昨年4月 [全文を読む]

昼ドラに出演したヒロインは「離婚する」説の検証

NEWSポストセブン / 2016年11月27日07時00分

高岡早紀は『真実一路』(2003年)に出演した翌年に保阪尚希と離婚。国生さゆりは『愛しき者へ』(2003年)の放送終了後半年も経たずに中学の同級生との離婚を発表した。 「昼ドラの撮影はとにかくスケジュールが過酷で、一度出演すると『もう勘弁』と悲鳴を上げる人もいるほど。それで夫婦関係がぎくしゃくしてしまうのかも」(ドラマ制作スタッフ) ◆ダウンタウン・浜田 [全文を読む]

R15舞台共演の高岡早紀と松坂桃李 急接近の大阪の夜

NEWSポストセブン / 2016年09月15日07時00分

1996年に保阪尚希(48才)と結婚し2人の息子を授かるが2004年に離婚。2010年、内縁関係の青年実業家との間に長女を出産するが、その後すぐに破局。その間にも、布袋寅泰(54才)や松尾スズキ(53才)、市川海老蔵(38才)、勝地涼(30才)と、熱愛が報じられた相手はきりがない。 高岡の18才、16才になる息子は現在海外に留学中。シングルマザーになってか [全文を読む]

2015年下半期 輝く!“有名人スキャンダル大賞”!「野球の八百長は立川談志師匠がずっと言ってた」

アサ芸プラス / 2015年12月30日17時57分

水 「安倍総理、保阪尚希を緊急派兵」というネタもあったけど(笑)。吉 今回は高岡早紀との“火遊び”と違って、布袋から攻めたわけじゃないんですよ。水 昭恵さんに誘われたわけだから。田村淳とかも、昭恵さんによく呼ばれてるもんね。宇 マジすか。玉 呼ばれねえかなぁ。吉 “袋”間違いで(笑)。水 布袋呼んだと思ったら玉袋だったっていう。<座談会メンバー>宇:宇多丸 [全文を読む]

安倍首相の妻・昭恵夫人と布袋寅泰に“深夜のキス”報道! W不倫で猛バッシングの流れに!?

サイゾーウーマン / 2015年08月27日12時45分

当時高岡は保阪尚希と結婚しており、報道直後には、保阪が離婚会見を開く騒動に発展。また「フライデー」発売当日には、布袋が事務所を通じて「火遊びが過ぎました」とコメントを発表。さらに布袋がマスコミ各社へのFAXで、「美樹ちゃんにはその夜帰宅した際に彼女と会った事を伝えたので、今回の報道に関しても笑って許してくれました」と冗談混じりに釈明したことに対しても、「悪 [全文を読む]

安倍昭恵夫人に「キス報道」…布袋寅泰でストレス発散か

デイリーニュースオンライン / 2015年08月27日12時00分

布袋は2004年には、当時、保阪尚希と結婚していた女優の高岡早紀(42)との濃厚キスデートが報じられ、“W不倫”だと一大スキャンダルに。 「火遊びが過ぎました」 と布袋がコメントするも、高岡らは離婚し、被害者であるはずの今井は「自業自得」と責められるなど、マスコミを大いに賑わせた。 そんな布袋とラブラブな一夜を過ごした昭恵夫人だが、マメに更新しているFA [全文を読む]

芸能界の◯◯賞に価値はない? 松本人志がベストファーザー賞に苦言!!

tocana / 2015年06月11日09時00分

たとえば、01年に受賞した保坂尚輝(現・保阪尚希)は、妻の高岡早紀の不倫が発端とはいえ04年に離婚しているし、06年に受賞した橋下徹も後に愛人騒動が勃発した。離婚や不倫をしたからといって、ベストファーザーではないと否定することはできないが、少なくとも、ほかにふさわしい受賞者がいたのではないかと思う。 "ベスト・ファーザー イエローリボン賞"を主催する日本 [全文を読む]

42歳・高岡早紀に「エロすぎる」と絶賛の嵐 男を追い服を脱がす、色白肌を大胆露出

Business Journal / 2015年06月10日06時00分

いずれも露出度こそ高くありませんでしたが、えも言われぬ色気をプンプンさせていました」 高岡は、1996年に俳優・保阪尚希と結婚、二児をもうけたが、ミュージシャン・布袋寅泰との不倫が発覚し、04年に離婚した。その後、事実婚状態になった男性がいたものの関係を解消、最近は年商250億円の飲食チェーン社長との熱愛が報じられるなど、その男性遍歴は華やかだ。 「高岡の [全文を読む]

芸能界50年間の「壮絶バトル」を一挙公開!(1)怒髪天を衝いた「大立ち回り」-勝新太郎VS奥田瑛二 他-

アサ芸プラス / 2014年07月15日09時57分

「布袋といえば、高岡早紀との不倫騒動での“火遊び発言”で夫の保阪尚希(46)との痴話ゲンカも話題になりましたが、あの時は『ロック界最強』とも言われる布袋のほうがなぜか逃げ回っていた。意外に保阪のほうが強いのかも‥‥」 さて「芸能界最強」との声が聞こえるのは、哀川翔(53)も同様だ。数多くの伝説を持つが、「最凶」と言われるのが、84年頃に羽賀研二(52)に [全文を読む]

みのもんた「フッくんの離婚問題にひと言!」

アサ芸プラス / 2014年05月31日09時58分

その時、保阪尚希さんはスパッと離婚した。あれは、格好よかったよね。男はそうあるべきだよね。 ただ、今回はつちやさんの不倫相手がいまさら「つきあってなかった」と言っているなんて報道があったり、このタイミングで交通事故まで起こしちゃった。何だかいろんなことが続くのは不幸だよね。夫婦のことは2人にしかわからないとはいえ、結局は信頼関係ができてなかったってことなん [全文を読む]

フォーカス