徳島 早稲田大学に関するニュース

日本と世界の課題を解決する大学69校を徹底取材 『大学の約束』2014年-2015年版を刊行 慶應義塾大学・早稲田大学など、国公立大学・私立大学のトップが語る未来計画

PR TIMES / 2014年09月18日10時51分

■発行日:2014年9月18日(木)■発行部数:7万部■版型・ページ数:A4版オールカラー 全国1版 214ページ■価格:500円■販売:全国書店、ネット書店ほか■試し読み・購入: http://shingakunet.com/yakusoku<記事抜粋>・巻頭対談 茂木健一郎(脳科学者)× 太田光(爆笑問題) 『理想・妄想 大学論』・各回の識者や文化人ら [全文を読む]

神戸GK松澤香輝が徳島に完全移籍

超ワールドサッカー / 2017年01月06日12時09分

徳島ヴォルティスは6日、ヴィッセル神戸からGK松澤香輝(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽神奈川県出身の松澤は、2015年に早稲田大学から神戸入り。しかし、在籍2年間で出場機会はなかった。 ▽徳島に完全移籍することになった松澤は両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆徳島ヴォルティス 「ヴィッセル神戸から移籍してきました松澤香 [全文を読む]

直木賞作家が放つ、今年最大の問題作!木内昇著『光炎の人』、遂に発売!

PR TIMES / 2016年09月01日18時28分

徳島の貧しい農家に生まれた主人公、郷司(ごうし)音三郎は電気の可能性に魅せられ、「電気は人々を救う、皆の暮らしを楽にしたい」という思いを胸に、大きな一歩を踏み出していく。しかしその情熱は、いつしか野心にのみ込まれていき――。世の中を変えていく技術、それらと切り離すことができない現代に一石を投じる、今年必読の小説誕生!木内昇著『光炎の人』(上下巻)は株式会社 [全文を読む]

神戸のMF松村亮、GK松澤香輝の2選手が期限付き移籍で徳島へ

超ワールドサッカー / 2017年01月06日11時53分

徳島ヴォルティスは6日、ヴィッセル神戸からMF松村亮(22)、GK松澤香輝(24)の2選手をそれぞれ期限付き移籍で獲得したことを発表した。 ▽松村は、2012年に神戸の下部組織からトップチーム昇格。昨シーズンは明治安田生命J1リーグ6試合に出場した。一方、松澤は2015年に早稲田大学から神戸入り。しかし、在籍2年間で出場機会はなかった。両選手は、徳島の公 [全文を読む]

井之上パブリックリレーションズ、8月1日付で前NHK専務理事 塚田祐之氏が顧問に就任

@Press / 2016年08月01日13時00分

1975年(昭和50年)3月 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業同年4月 日本放送協会(NHK)に入局、同年5月 徳島放送局放送部 番組制作ディレクター1979年(昭和54年)8月 報道局報道番組班 報道番組ディレクター 1990年(平成2年)6月 札幌放送局放送部 チーフ・ディレクター1992年(同4年)6月 報道局ニュースセンター チーフ・プロデューサ [全文を読む]

6年ぶり復帰も2度目の解任…FC東京が城福監督の解任発表

ゲキサカ / 2016年07月24日17時23分

以下、クラブ発表のプロフィール ●城福浩 (じょうふく ひろし) ■生年月日 1961年3月21日 ■出身 徳島県 ■略歴 1979:徳島県立城北高 卒業 1983:早稲田大学教育学部 卒業 1983:富士通株式会社 入社 1995-1996:富士通川崎フットボールクラブ コーチ、監督 1998:東京ガスサッカー部 ※プロ化の準備組織に参画/S級受講 1 [全文を読む]

年末年始に読んでみたい…コタツでぬくぬくとしながら読む「極寒本」厳選7冊(2)

アサ芸プラス / 2014年12月30日09時54分

210キロ、11日間にわたる行程を完全踏破する弘前歩兵第三十一連隊を率いる徳島大尉を演じた。対する遭難の原因をつくった山田少佐は、映画では三國連太郎が演じている。「八甲田山死の彷徨」を読み、厳冬の東北を思い、そして健さんの冥福を祈るのも、正しい冬のすごし方かもしれない。 その新田次郎の名を冠する賞を「雪男は向こうからやって来た」で受賞した角幡唯介は、ノンフ [全文を読む]

フォーカス