解散 ファンキー加藤に関するニュース

ファンキー加藤の新曲「リスタート」が“日産セレナ”CMソングに大抜擢

okmusic UP's / 2014年01月06日14時00分

本作では、人気絶頂の最中、惜しまれつつ解散したFUNKY MONKEY BABYSの解散前からソロ活動に至るまでを約1年に渡り密着撮影。応援してくれている日本全国のファンへの感謝の気持ちとファンキー加藤の新たなる旅立ちを祝った、笑いあり、涙ありの明日への勇気をくれるロードムービーとなっている。 また、ソロデビューに向けて全力で走りだしているファンキー加藤を [全文を読む]

ファンキー加藤、自身の軌跡をテーマにしたドキュメンタリー映画公開決定

okmusic UP's / 2013年12月20日13時00分

解散前のファイナルツアー「WE ARE FUNKY MONKEY BABYS TOUR」から約1年間追いかけてもらいました。“ファンキー加藤"だけではない素の"加藤俊介"もさらけ出しているので、若干恥ずかしい気もしますが、ソロとしての新たな一歩をファンの皆さんと共に分かち合うことができたら、とても嬉しく思います。■【プロデューサー松井亮 コメント】最初にド [全文を読む]

ファンキー加藤、ソロ初の卒業生応援サプライズライヴを実施!

okmusic UP's / 2014年03月20日09時00分

2007年 香川県の小豆島 池田中学校に始まり、グループ解散となった昨年2013年、メンバーの地元八王子にある東京都立翔陽高等学校と小学校から専門学校まで、解散までの7年間、毎年欠かすことなく卒業生を歌で送り続けてきた。そしてファンキー加藤としてソロデビューした今年も本人の強い希望により、継続して卒業生応援ライヴを行なう事が決定した。昨年末からの募集に全国 [全文を読む]

「“メンバーが住職に”は本当か」ファンキーモンキーベイビーズ解散理由に疑問の声

日刊サイゾー / 2012年12月01日12時00分

今年のNHK紅白歌合戦にも出場する3人組ヒップホップグループ・ファンキーモンキーベイビーズが、来春のコンサートツアー終了をもって解散することを発表。メンバーであるDJケミカルが実家の寺を継ぐことが理由というが、一定の人気を保った状態での解散劇に、音楽業界では驚きの声が上がっている。 「ファンモンは、CDセールスは落ちているものの、抜群のコンサート動員力を持 [全文を読む]

ソロ活動は頭打ち状態だった?”W不倫”ファンキー加藤の断末魔

デイリーニュースオンライン / 2016年06月10日07時05分

2013年6月の東京ドーム公演後にファンキー・モンキー・ベイビーズを解散して以来、ソロ活動を始めたもののファンの反応が悪かった。また、ファンキー加藤はW不倫が発覚した現在は謝罪に徹しているが、その炎上っぷりは元メンバーのモン吉(37)や映画『サブイボマスク』で共演した平愛梨(31)にも飛び火しそうな勢いだ。 ■ソロ活動は大失敗? 人気低迷していたファンキー [全文を読む]

ファンキー加藤が語る解散から今。「『俺ってクズなのかぁ』と落ち込みました」

週プレNEWS / 2015年10月28日12時00分

解散からソロ活動を、あらためて振り返る ―FUNKY MONKEY BABYSの解散から2年4ヵ月。ひとりにはもう慣れましたか。 加藤 10年間、グループとしてひたすらフルスピードで走り続けてきましたからね。ようやく慣れてきたところと、いまだに慣れないところと、半々というところですね。 ―例えば? 加藤 3分の1だった苦労と責任が3倍になって。ある意味 [全文を読む]

ファンキー加藤、ソロ初のホールツアー詳細発表!

okmusic UP's / 2014年08月01日21時00分

様々な“1"にまつわるアルバムになることから『ONE』と名付けられた今作には、FUNKY MONKEY BABYS解散からソロデビューまでの悩みや葛藤の中から生まれたデビュー曲「My VOICE」をはじめ、TV CMで大量にオンエアされている「輝け」(「カルピスソーダ」新CMソング)や「リスタート」(日産自動車「日産セレナ」CMソング)、フジテレビ系「め [全文を読む]

ファンキー加藤が待望のソロアルバムを引っさげ、武道館公演&全国ツアーを開催!

okmusic UP's / 2014年09月03日18時00分

【その他の画像】ファンキー加藤このアルバムは、FUNKY MONKEY BABYS解散からソロデビューまでの苦悩と葛藤を剥き出しに描いた1stシングル「My VOICE」、「カルピス・ソーダ」のテレビCMソングとして大いに話題となった2ndシングル「輝け」、日本テレビ系水曜ドラマ『ST赤と白の捜査ファイル』主題歌「太陽」とソロデビュー後にリリースしたシン [全文を読む]

ファンキー加藤、自身のドキュメンタリー映画完成披露試写会にて初の舞台挨拶

okmusic UP's / 2014年01月27日16時00分

ドキュメンタリー映画『ファンキー加藤 / My VOICE~ファンモンから新たな未来へ~』は、人気絶頂の最中、惜しまれつつ解散したFUNKY MONKEY BABYSの解散前から現在のソロ活動に至るまで約1年に渡り密着。そんな自身を追ったドキュメンタリー映画の完成披露試写会だったわけだが、10年に及ぶアーティスト活動の中でも初体験となる映画舞台挨拶を前に、 [全文を読む]

ファンモン、東京ドームライブで10万人に熱いラストメッセージ!

okmusic UP's / 2013年06月03日19時30分

【その他の画像】FUNKY MONKEY BABYS昨年11月末に発表された衝撃の“解散"宣言は各メディアがこぞってトップニュースとして取り上げ、社会現象とまでなったが、その“解散"宣言から約6カ月後の昨日6月2日、最後のライブが東京ドームで行われた。 オープニングは、もはやファンモンの歴史の全てが分かると言って過言ではないファンモンバイブルソング「WE [全文を読む]

ファンモン加藤が現在の心境吐露「悲しみより達成感のほうが多い」

太田出版ケトルニュース / 2013年03月28日10時21分

昨年11月に解散を発表し、6月に東京ドームでラストライブを行うFUNKY MONKEY BABYSが、映画『ボクたちの交換日記』の主題歌『サヨナラじゃない』を書き下ろした。『ボクたちの…』は、鈴木おさむが売れないお笑い芸人を描いた小説を映画化した作品。ファンモンのリーダーのファンキー加藤と鈴木おさむが、現在発売中の『クイック・ジャパン』vol.106で対談 [全文を読む]

ファンキー加藤、ソロ初のワンマンライヴが映像化!

okmusic UP's / 2014年12月09日15時00分

FUNKY MONKEY BABYSは解散したが、ソロデビューを果たした今年の春、2014年も本人の強い希望で同企画は継続することになり、岡山県は足守中学校で行なっている。 この卒業生応援ライヴについて、ファンキー加藤は「応援ソングというのを非常に大切にしています。その応援ソングの力が一番発揮されるのが卒業式だと思います。そんな卒業式を全力で盛り上げたい」 [全文を読む]

ケツメイシ新譜ジャケ写に柴田英嗣を起用でファンモンファンの複雑心情!

アサ芸プラス / 2017年06月23日17時59分

今回のジャケ写にはアンタッチャブルの柴田英嗣を起用し、柴田の正面からの顔のアップ写真をそのまま使用しているのだが、まさにそのジャケ写は13年に惜しまれつつも解散した音楽グループ「FUNKY MONKEY BABYS」を明らかに意識したものなのだ。「ファンモンは1stシングルで東国原英夫・元宮崎県知事の顔写真を使用して以降、メジャーリーガーの田中将大投手、 [全文を読む]

ファンキー加藤、2年半ぶりの大阪城ホール公演で8000人が熱狂!

okmusic UP's / 2015年07月20日16時30分

ファンキー加藤がファンモン解散前ラストツアー以来2年半ぶりの大阪城ホールでのライブ「I LIVE YOU 2015 in 大阪城ホール」を開催! その初日である7月19日のライブでは、年内ラストワンマンを11月28日に「I LIVE YOU 2015 in 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ」を行うことを発表した。【その他の画像】ファンキー加藤オープニング [全文を読む]

ファンキー加藤「モン吉、ケミカルとはただの友達に戻れた」

WEB女性自身 / 2014年12月01日08時00分

今回は、’06年にデビューし瞬く間に国民的グループとなり、’13年に解散したファンキーモンキーベイビーズのリーダーだった、ファンキー加藤さん(35)。解散から1年少々、今の思いを語ってくれた。中山「ソロになってからの1年と少しを振り返るとどうですか?」加藤「10年分くらいのいろんな感情をギュッと詰め込んだような感じがして、生涯忘れることのない1年だと思いま [全文を読む]

ファンモン、伝説の解散ライヴ映像作品がDVD&BDともに一位を獲得!

okmusic UP's / 2013年10月31日18時00分

■DVD&Blu-ray『お前たちとの道FINAL~in 東京ドーム~』発売中 【DVD】 MUBD-1047/8/¥6,500(税込) 【Blu-ray】 MUXD-1007/8/¥7,500(税込) <収録内容> 01.WE ARE FUNKY MONKEY BABYS 02.アワービート 03.ナツミ 04.希望の唄 05.恋の片道切符 06.明日へ [全文を読む]

FUNKY MONKEY BABYS、来週のMステが最後のテレビ出演&生歌披露

okmusic UP's / 2013年05月17日14時00分

2013年6月1日(土)2日(日)の東京ドーム解散ラストライブを最後に、グループとしての活動を終えるFUNKY MONKEY BABYSが、急遽5月24日(金)のミュージックステーションに最後のテレビ出演を果たすことが決定した。衝撃の解散発表後、昨年末のミュージックステーション・スーパーライブに出演し、いつもながらの熱く魂のこもったパフォーマンスを披露した [全文を読む]

武豊がホームで語った“ウイニングランの瞬間”「10万人の“ユタカ・コール”がたまらなく気持ちいいんですよ」

週プレNEWS / 2016年05月25日06時00分

加藤 東京ドームでやったファンキーモンキーベイビーズの解散ライブが5万人で、とんでもない数字だと思っていたんですけど、競馬はその約4倍…ですか。ちょっと想像できない…。 武 で、優勝すると、そのお客さんの前を1頭だけで走り抜けることができるウイニングランというのがあって。その瞬間、十何万人の人が僕と馬だけを見て、名前を叫んでいる。その“ユタカ・コール”が [全文を読む]

“ファンモンロス”の空気ゼロ!?モン吉ソロ復帰に「もう手遅れ」のシラケ声

アサ芸プラス / 2016年02月01日09時58分

13年6月にグループが解散後、すっかり影を潜めていたモン吉が久々に表舞台に姿を見せることになり、一部のファンにはこれ以上ない朗報となったようだが、ネット上では「今頃出てきても遅い」「もうブームは去っている」と一蹴されている。「グループ脱退後のモン吉は、ファンモン時代の貯蓄や一時的にクラブDJなどで生計を立てるなど、完全にフリーター化。世界放浪の旅に出たり [全文を読む]

ファンキー加藤、7月に大阪城ホールでワンマン2DAYSを開催

okmusic UP's / 2015年04月05日14時00分

2013年の「お前たちとの道FINAL」は東京ドームでのファンモン解散ライブとなり、夢の舞台で有終の美を飾ったが、ソロ活動を始めたファンキー加藤にとっての「お前たちとの道」がまさにこの「I LIVE YOU~」と題した不定期開催ワンマンライブ。 2014年ソロデビューの最初のワンマンライブが「I LIVE YOU 2014 in 日本武道館」そして2015 [全文を読む]

フォーカス