流産 東尾理子に関するニュース

東尾理子の妊婦ハイにドン引き。いしだ壱成へ「孫まだ?」の無神経発言

messy / 2015年09月03日18時00分

不妊治療や流産の経験もある東尾なら、妊娠することの大変さを知っていてもおかしくないうえ、子供がいない家庭に対する周囲からの「子供はまだ?」という言葉がいかにプレッシャーになるかわかるのではないだろうか? そもそも、いくら義理の息子といえども、よその家庭の子作り事情に口を出すのはデリカシーに欠ける行為であることは間違いない。不妊治療の詳細な経過から流産まで [全文を読む]

流産の危険をブログで報告した東尾理子に賛否両論!「まさか我が子で金儲けを……」

日刊サイゾー / 2014年11月28日11時00分

ただ医師には、今回の着床は流産の可能性の方が高いと告げられており「嬉しいけど、喜べない、いろんな感情の入り混じった、複雑な気持ちです」と告白。続けて「先生からは、普通の生活をして下さいと言われました。覚悟もしつつ、新しい生命力も強く信じて、待ちたいと思います」と述べた。 「妊娠」という言葉を使わなかったのも、流産の危険があるためとみられる。 これにネット上 [全文を読む]

ダウン症の可能性 25歳の母親で1040分の1、35歳は295分の1

NEWSポストセブン / 2012年10月04日16時00分

同検査は超音波で胎児の位置を確認しながら妊婦のお腹に針をさして羊水を抜き取るため、流産の危険が0.3%ある。 「出産に危険を伴わない検査としては『母体血清マーカーテスト』もあるが、こちらは羊水検査の前段階で行なわれるスクリーニング(ふるい分け)に過ぎない。血中のたんぱく質を検査対象としているが、羊水検査の精度が100%なのに対してこちらは遺伝子異常のリスク [全文を読む]

【ウラ芸能】オメデタ東尾理子に上がるブーイング

NewsCafe / 2015年09月10日15時00分

今年11月には40歳になるだけに、ブログで『40歳の流産率は40%…無事に出産の日を迎えるまで赤ちゃんの頑張り、成長を信じたい』と高齢出産への覚悟をつづっています」デスク「理子もすごいけど、還暦過ぎてまた子作りとは…石田を見習わなきゃな」記者「コトはそう単純じゃないですよ。理子は昨年8月から再度"妊活"に取り組んだものの、うまく受精卵が着床せず化学流産する [全文を読む]

東尾理子「流産の確率は40%…」第2子出産への不安を語る

WEB女性自身 / 2015年09月08日00時00分

だが同年12月には、着床が定着せず化学流産。その後も今年2月には採卵した卵胞が空砲だったり、子宮に戻した胚盤胞が着床しなかったりと、思うような結果は得られなかった。そんな日々を乗り越え、ついに新たな命を授かったのだ。「実は、つわりだけじゃなくて理汰郎と一緒に風邪を引いてしまったんです。それが主人にもうつってしまい、一家でダウン気味です……。つわりは理汰郎の [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】東尾理子「いつか第2子を授かればいいな」。石田純一は海老蔵からの祝福電話に感激。

TechinsightJapan / 2014年11月30日18時43分

囲み取材で東尾の体調について質問が及ぶと「元気です」と答えた東尾だが、『東尾理子オフィシャルブログ「Route-R」』によると、「通常の値と比べると断然低いので、出産まではないだろうと診断され、今の可能性としてはこのまま化学流産、もしくは子宮外妊娠」だという。今後については、「まだ分からないので病院に通いながらお医者さまと相談しつつ治療方針を決めていくと [全文を読む]

精度99%の妊婦血液のダウン症診断 10月から臨床研究開始

NEWSポストセブン / 2012年09月14日16時01分

しかし、羊水検査は精度こそ高いものの、0.3%の確率で流産の危険性も伴う。それは約300人に1人の確率であり、決して低い数字ではない。 ちなみに、 11月出産予定の東尾理子(36才)が公表したのは、「クアトロテスト」と呼ばれるもの。やはり血液検査の一種だが、これは羊水検査の前段階で行われる「スクリーニング検査」にすぎず、胎児がダウン症であるかどうかを確率で [全文を読む]

いつまで産める?「高齢出産」の最新タイムリミット!(1)全出産の3割が高齢出産!

アサジョ / 2017年03月14日06時00分

「高齢出産の場合は、流産や染色体異常などの問題は大きいです。もちろん、死産や出産後の死亡例も存在しています。100%安全な出産は存在しないのが現状です」 医療の発達によりリスクは減っているもの、万が一の可能性はまだまだぬぐえないようだ。 [全文を読む]

クリニックでも肩身が狭い… 「2人目不妊」の根深い問題

NEWSポストセブン / 2015年09月11日16時00分

昨年8月から第2子妊娠を目指して不妊治療を再開したが、昨年11月に着床に成功しながら定着せずに化学流産していた。それだけに第2子の妊娠は大きな喜びとなったことだろう。 2人目を望みながら、事情があって産めない…。そんな「2人目不妊」が、今、深刻な問題になっている。 「2人目不妊」とは1人目は自然に妊娠したので、2人目もすぐできると思っていたらなかなか妊娠で [全文を読む]

人には言えない妊活夫婦のリアル「森三中・大島が羨ましい」

デイリーニュースオンライン / 2015年08月27日12時30分

同僚が、妊娠初期の時期に流産したりも。チームリーダーとして責任ある立場なのもあり、不妊治療のために月に何度も通院するのも難しい」 このように、現実は思うように不妊治療をできない夫婦も多い。由紀さんも「実家のある地方に帰ると、姪や甥が成長していくのを見るのがつらい。悪気がないのはわかってるが、親せきが『次は由紀のところだね』と言ってくるのが、面倒で極力帰省し [全文を読む]

石田純一60歳、理子との「妊活」続行宣言!

アサ芸プラス / 2014年12月15日18時00分

石田は妻で不妊治療をしていた東尾理子が、「化学流産」したことについて、「(理子の)体調は大丈夫みたいです。卵ちゃんが頑張ったんだろうなってことをすごく感じてます。残念ですけど“ありがとう”という気持ちを二人で伝えました」と語った。 今後の妊活について聞かれると「もちろん」と即答、続けて東尾も「無事にうまくいってくれればいいと思います」と、前向きに語った。 [全文を読む]

山田優の超高額出産費用捻出で、小栗旬が進む“更生”への道

アサ芸プラス / 2014年10月08日09時59分

夫婦そろって子供好きで早いうちから妊娠を熱望していたが、昨年流産してしまった。そこで昨年10月に出産したモデル仲間の西山茉希の勧めで、リプロダクションセンター(不妊治療センター)のある山王病院に通院、ついに出産にこぎつけた」(女性誌記者) 山王病院は愛育病院、聖路加国際病院と並ぶセレブ御用達の病院。カリスマ名医がおり、バス、トイレ、テレビ、インターネット、 [全文を読む]

子供がダウン症と知った夫 「本当に俺の子か?」と口走り離婚

NEWSポストセブン / 2012年10月05日07時00分

「従来の羊水検査では、ダウン症を100%判定できるという“メリット”と流産という“最悪のケース”の間で逡巡しながら、妊婦側、医者側とも慎重に進めてきた。だが、今回の血液採取による新検査はハードルが低い分、何の抵抗もなく受けてしまう人が増えるでしょう。 心構えもなしに(ダウン症という)結果を受けた際、夫婦の下す決断を考えると議論の余地が残る。当初は10月か [全文を読む]

フォーカス