妊婦 東尾理子に関するニュース

「日本の女性は何も知らされていない」出産ジャーナリスト・河合蘭さんインタビュー

ウートピ / 2016年06月07日15時01分

リスクゼロの妊娠・出産などない――将来、赤ちゃんを望む女性や妊婦さんは、一体何を知らされていないのでしょうか?河合蘭さん(以下、河合):妊娠すれば誰しも「健康な赤ちゃんが生まれますように」と願います。ただし、母体も安全で子どもも健康であることを100%保障されている人は、若い妊婦さんでもいないのです。「おなかの赤ちゃんは先天的な病気を背負っているかもしれな [全文を読む]

ダウン症の可能性 25歳の母親で1040分の1、35歳は295分の1

NEWSポストセブン / 2012年10月04日16時00分

同検査は超音波で胎児の位置を確認しながら妊婦のお腹に針をさして羊水を抜き取るため、流産の危険が0.3%ある。 「出産に危険を伴わない検査としては『母体血清マーカーテスト』もあるが、こちらは羊水検査の前段階で行なわれるスクリーニング(ふるい分け)に過ぎない。血中のたんぱく質を検査対象としているが、羊水検査の精度が100%なのに対してこちらは遺伝子異常のリスク [全文を読む]


卵子は確実に年をとる…、本当は怖い高齢出産のリアル

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月15日20時20分

35歳以上で出産する高齢出産の割合は、現在妊婦の4人に1人に当たる。恋愛も、結婚も、子どもをもつことも、人生の選択肢が多様化すること自体は、決して悪いことではない。 ところが、人の気持ちや世相は変われど、生物としてのヒトの体のメカニズムは、遥か昔から変わらない。男性の精子は、老人になるまで新しい細胞がつくられ続けるが、女性の卵子の細胞は、胎児の時期から卵巣 [全文を読む]

東尾理子さん、ジャガー横田さんほか続々登場『本当は怖い高齢出産 妊婦の4人に1人が35歳以上の時代』緊急出版!

PR TIMES / 2013年12月18日09時28分

株式会社講談社(本社・東京都文京区、代表取締役・野間省伸)は、『本当は怖い高齢出産 妊婦の4人に1人が35歳以上の時代』(週刊現代編集部編)を、全国の書店・オンラインブックストアで発売いたしました。 「出生前診断を受けました」――2012年6月、36歳での高齢出産を控えたプロゴルファーの東尾理子さんが、自身のブログに書き込んだこんな内容が大きな話題になり [全文を読む]

精度99%の妊婦血液のダウン症診断 10月から臨床研究開始

NEWSポストセブン / 2012年09月14日16時01分

妊婦血液でダウン症診断」「精度99%」「35才以上対象」「9月にも導入へ」…。 ごく一般的な腕からの採血だけで、ダウン症など3種類の染色体異常が99%の確率で判別できるようになったというのだ。この出生前診断の新型検査は、国立成育医療研究センターや昭和大、東大、慈恵医大(いずれも東京)、横浜市大など国内の10施設で導入が検討され、10月から臨床研究が開始さ [全文を読む]

日本でも増加する無痛分娩、知っておくべき利点とリスク

NEWSポストセブン / 2017年05月29日11時00分

鼻からスイカが出てくる、背中をダンプローラーでひかれる、生理痛の1000倍…出産時の痛みを例える仰々しいフレーズに、妊婦は戦慄しながらその日を待つ…というのは、過去の光景となるかもしれない。 欧米で一般的な「無痛分娩」が、日本でも加速度的に普及している。だが、痛みのない出産には利点とリスクが併存していた。「お産の最中は腰から下がぼんやりとした感覚で、施術は [全文を読む]

小雪の産後院、里田まいは液体ミルク?ママタレ発信の”新サービス”事情

デイリーニュースオンライン / 2016年06月27日12時03分

時にはバッシングを浴びたり、トラブルに巻き込まれるママタレだが、妊婦さんにとって人生設計の参考になる点も多い。その意味で、新しい情報を発信するママタレの存在は貴重だ。 文・阿蘭澄史(あらん・すみし)※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所を [全文を読む]

釈由美子だけじゃない!”無痛分娩”を選んだママタレ芸能人たち

デイリーニュースオンライン / 2016年06月21日12時05分

だが、妊婦それぞれの価値観、スタイルにあった選択肢があってもいいはずだ。その意味でタレントが無痛分娩を選び、体験談を語ることには意義があると言えるだろう。 事実、耐えられるまでは陣痛の痛みを体感したという釈。しかし無痛分娩の麻酔が効いた後は「無痛天国」「痛みはゼロ」と、釈ならではの言葉で快適さを表現している。 ■第1号は与謝野晶子 麻酔を使い、痛みを取りな [全文を読む]

家族のプライバシー公開しか芸のない石田純一・東尾理子夫妻“愛の劇場”にマスコミ辟易

おたぽる / 2016年04月18日09時00分

「現在、3歳になって動きも活発な長男の理汰郎くんの面倒を見ながら妊婦生活を送らなければならないことに、理子は『何人も子どもを産んでいる世の中のお母さんたちを本当に尊敬する』としみじみと話していましたが、記者たちの間では『何を今さら』『世間の母親たちから総ツッコミが入りそう』などと失笑が起きていました。さらに、幸せ絶頂の自分たちをアピールしつつ、『愛の溢れ [全文を読む]

人には言えない妊活夫婦のリアル「森三中・大島が羨ましい」

デイリーニュースオンライン / 2015年08月27日12時30分

友人のデキ婚や、同じベビ待ち中の人がSNSで妊娠報告しているのを見るといらっとしたり、妊娠菌をわけてもらおうと思って、妊婦が書いた富士山の絵をネットで買ってしまったり。不妊に良いといわれているマカを飲んだり、ヨガを始めたり。思わず、夫以外の人とセックスしたら、すぐに妊娠できるのでは? と考えたりしてしまいます」 妊活で追い詰められていく不妊夫婦。香織さん曰 [全文を読む]

子供がダウン症と知った夫 「本当に俺の子か?」と口走り離婚

NEWSポストセブン / 2012年10月05日07時00分

「従来の羊水検査では、ダウン症を100%判定できるという“メリット”と流産という“最悪のケース”の間で逡巡しながら、妊婦側、医者側とも慎重に進めてきた。だが、今回の血液採取による新検査はハードルが低い分、何の抵抗もなく受けてしまう人が増えるでしょう。 心構えもなしに(ダウン症という)結果を受けた際、夫婦の下す決断を考えると議論の余地が残る。当初は10月か [全文を読む]

「可能な限り働かせる!?」熊田曜子も仲間入り......どんどん増える芸能界"妊ドル"経済学

日刊サイゾー / 2012年07月25日08時00分

すでに出産し復帰しているが、俳優・松山ケンイチの妻・小雪のように"妊婦ヌード"を撮影しておいて、出産後に発表するという稼ぎ方もできる」(同) "妊ドル"が増え続けている背景には、かつてと比べて、タレントと事務所の力関係がすっかり逆転してしまったことがあるようだ。「10年前ぐらいだったら、売れっ子タレントがデキ婚するなんて考えられなかった。そんなことがあれば [全文を読む]

フォーカス