投票 三宅洋平に関するニュース

高校生も「陰謀」に加担?参院選は「不正選挙」だったのか

しらべぇ / 2016年07月18日05時30分

だが、そうしたことが本当に実行できるのだろうか?■一般人が投票所を運営一口に「選管職員」といっても、その大半は臨時招集の一般市民である。投票所の運営は、一般市民の協力なしには進まない。選管の臨時職員は、日本国籍保持者でその地域の住民票を持っている18歳以上ならば誰でも志願できる。最近では高校の授業の一環として、学生が投票事務の仕事に参加している。つまり、一 [全文を読む]

<どれも同じ?>都知事選「選挙公報」のキャッチコピーだけ投票先を選べるか

メディアゴン / 2016年07月20日07時30分

もし、自分が都民であり、有権者であるとして、この情報だけで投票先を判断しなければならないとしたら、誰(どの政策)に投票するか決めることは出来るだろうか。もちろん、無理やりであればできるかもしれないが、投票したものの、その人物が発覚した段階で、「本当は嫌いな候補者」「思想の異なる党派の候補者」だった・・・という危険性は否めないだろう。【参考】<三宅洋平氏落選 [全文を読む]

<あなたはどっち?>選挙の勝敗から考える「与党体質」と「野党体質」[茂木健一郎]

メディアゴン / 2016年07月12日07時30分

毎回、自分の投じた側が「負ける」と信じて投票しているわけではないのだけれども、だいたい、開票速報を見ていると、「あ〜負けなんだ」と思うことの方が多かった気がする。だから、選挙で「負ける」ことには実は慣れている。それで、ふと思ったのだけれども、世間の人には、逆に毎回自分が投票した側が「勝つ」よ、という人もいるはずで、むしろそのような人の方が多いのだろう。その [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】田村淳「はじめて選挙世代へ とりま行こう!」参院選投票日に向けて呼びかけ

TechinsightJapan / 2016年07月08日10時55分

田村淳が“7月10日は参院選挙の投票日です。期日前投票はもうはじまっているよ!”と投票所でのやり方をイラストで説明した広報画像をツイッターに投稿、「はじめて選挙世代へ」と拡散を呼びかけている。彼は3月に『超十代TV』でも講義した「人口比率も投票率も 高齢者>若者」の現状を示し「最悪白票でも…とりま行こう!」と主張する。 3月29日にFRESH! by Ab [全文を読む]

米国大統領選 トランプ候補の当確で「日本のトランプ」続々登場

しらべぇ / 2016年11月09日18時00分

pic.twitter.com/vurFpRjW1h— すとくら(新規アカウント) (@Sto_kra2) November 9, 2016■今回の選挙をこう例えていた人も...投票前に話題になっていたのが、こちらのツイートだ。後輩が「トランプとヒラリーの戦いって日本で例えると誰と誰すかね?」と言うと他の後輩が「みのもんたと久本じゃね?」と言い、米国人の [全文を読む]

フォーカス