安倍晋三 安倍総裁に関するニュース

ネット出自の草の根保守層にとって安倍首相は“強さ”の象徴

NEWSポストセブン / 2013年01月27日07時00分

衆議院選挙戦最終日の12月15日、秋葉原で行われた安倍晋三・自民党総裁の街頭演説にはおよそ3000人が集まった。日の丸を手にした群衆で埋め尽くされた駅前ロータリーには、どのような人間が集まり、現場では何が起きていたのか? ジャーナリストの安田浩一氏が現場の状況をリポートする。 * * * 午後7時半。安倍総裁が盟友の麻生太郎氏とともに姿を現わすと、駅頭のボ [全文を読む]

【アベノミクス失速】支持率低下で自民党総裁選に異変アリ!?

デイリーニュースオンライン / 2015年06月15日07時50分

昨年10月、安倍晋三総理大臣は消費税を10%に引き上げるタイミングを2015年10月から延期することを発表した。消費増税の延期を発表した安倍総理は、国民に信を問うとして衆議院を解散。総選挙に打って出た。 結果は周知の通りだが、安倍総理は消費増税先送りを発表した際に景気条項を削除している。つまり、安倍総理は2017年4月1日に消費税率10%を確定させたことに [全文を読む]

安倍晋三総裁夫人・昭恵さん接客の居酒屋 価格はリーズナブル

NEWSポストセブン / 2012年10月26日07時00分

自民党総裁に返り咲いた安倍晋三氏(58才)の妻であり、次期ファーストレディーともいわれている。 「彼女は昔から、飲んだり食べたり、いろんな人と会って話をするのが好きだから、自分の店を持つのが夢だったんです。それで昨年くらいから場所を探し始めて、この度のオープンとなったんです。 もちろん晋三さんは、最初は“ダメ”って言ってたようですよ…。それでも昭恵さんは、 [全文を読む]

緊急アンケート『モバイル・ジャッジ』 野田 VS 安倍 日本の総理にふさわしいのはどっち?~若者たちが右傾化!? 46%が安倍支持。強行外交に期待!

PR TIMES / 2012年09月28日10時15分

【今回の質問】野田総理と安倍総裁、日本の総理にふさわしいのはどちらですか?また何に期待しますか?「その他」と答えた方は、誰を支持しますか?【集計結果】 (選択回答式・得票数順)1.民主党・野田総理 14%2.自民党・安倍総裁 46%3.その他 39% (小数点以下四捨五入)【主な意見】<1.民主党・野田総理支持>*一度逃げた安倍晋三は、選びたくない。挑戦し [全文を読む]

安倍晋三が今度はTPPで「反対と言ったことは一回もない」と大嘘答弁! マスコミはなぜ安倍の嘘を放置するのか

リテラ / 2016年04月08日18時30分

それは、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(家族会)元副代表の蓮池透氏が、著書『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社)で、安倍首相が実際は拉致被害者たちを北朝鮮に帰そうとしていたにもかかわらず、自分が止めたかのような嘘をついていたことを非難。この記述について、民主党(当時)の緒方林太郎議員が国会質問したところ、安倍首相はブチ切れ、 [全文を読む]

安倍晋三氏の妻・昭恵さんの居酒屋 予約とりづらい人気店に

NEWSポストセブン / 2013年01月05日16時00分

安倍晋三氏の首相復帰とともにファーストレディに返り咲いた昭恵夫人は、昨年10月に東京・内神田に居酒屋「UZU」をオープンさせている。 ファーストレディが経営する店とはいえ、予約をすれば誰でも店を訪れることができる。しかし、昭恵夫人の集客力なのか、それとも総選挙で294議席を獲得した安倍自民党の勢いなのか、非常に予約がとりづらい人気店となっている。 12月2 [全文を読む]

安倍氏 前回退陣理由は健康問題でなく孤立と政権行き詰まり

NEWSポストセブン / 2012年12月23日07時00分

総選挙で圧勝し2度目の政権を担うこととなった安倍晋三氏。5年前には潰瘍性大腸炎という難病ために総理の職を辞すると表明している。 安倍氏は年末の特別国会で所信表明演説、来年1月の通常国会では施政方針演説を行なう。そこで語らなければならないのは、5年前の「退陣の真相」である。 健康問題が原因ではない。安倍政権当時の閣僚がこう振り返る。 「政権崩壊のきっかけは公 [全文を読む]

安倍氏患う潰瘍性大腸炎専門医「カツやカレーは論外」と指摘

NEWSポストセブン / 2012年12月20日07時00分

総選挙で圧勝し2度目の政権を担うこととなった安倍晋三氏。5年前には潰瘍性大腸炎という難病で総理の職を辞している。 潰瘍性大腸炎は厚生労働省指定の難病で、国内患者は10万人を超える。症状は個人差があるが、安倍氏は前回の首相退陣後の手記(文藝春秋2008年2月号)で初めて発症したときのことをこう明かしている。 〈激しい腹痛に襲われ、トイレに駆け込んだところ、夥 [全文を読む]

悪乗りが過ぎる安倍晋三氏 財務省の“お墨付き”得たからか

NEWSポストセブン / 2012年12月12日16時00分

日銀に対する発言など、安倍晋三・自民党総裁の軽口が止まらない。過激な発言が止まらない背景には何があるのか。ジャーナリストの須田慎一郎が解説する。 * * * 自民党の安倍晋三総裁から景気対策に関して大胆な発言が次々に飛び出している。最たるものは、内閣が日銀総裁の解任権を持つように日銀法を改正すべしというものと、日銀は無制限の金融緩和を実施すべきというものだ [全文を読む]

安倍晋三氏「この状況では靖国参拝表明はない」と安倍氏側近

NEWSポストセブン / 2012年11月20日16時00分

総選挙が12月16日に行なわれるが、すでに「気分は5年ぶりの総理大臣」なのが安倍晋三・自民党総裁だ。総選挙はこれからというのに、解散が決まった途端、 「大胆な補正予算を組むべき」 「大胆な金融緩和を行なわなければならない」 ――と「大胆」を連発してフライング気味の所信表明をしている。 なにしろ、霞が関は自民党の政権復帰が悲願。野田首相が予算編成を放り出した [全文を読む]

安倍昭恵さん “韓流やめた”に韓流ファンから怒りの声続々

NEWSポストセブン / 2012年10月29日16時00分

次期ファーストレディーともいわれる、安倍晋三自民党総裁の妻・昭恵さん(50才)。プライベートでは『冬のソナタ』以降、世の多くの主婦同様、韓流に大ハマりとなり、韓国語を猛勉強。挨拶程度なら不自由なく話せるほどになったという。 「私は韓国が大好き。日韓友好のために少しでも力になりたい」 そう公言し、自身のブログでは、大ファンであるパク・ヨンハさん(享年32)と [全文を読む]

すでに与党になると予測か 財務省幹部が安倍晋三氏自宅訪問

NEWSポストセブン / 2012年10月23日16時00分

国交省はさる9月19日、総事業費4兆円ともいわれる首都高速の都心環状線の地下化構想というビッグプロジェクトを打ち出したが、それを検討した有識者会議(首都高速の再生に関する有識者会議)の座長は「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の代表発起人で、安倍ブレーンとして知られる政治評論家の三宅久之氏だ。 有識者会議のメンバーは素人ぞろいで、国交省の事務方が案を [全文を読む]

安倍総裁 Facebookに天丼、アイス写真UPは妻・昭恵さん助言

NEWSポストセブン / 2012年10月07日16時00分

9月26日、自民党総裁選に勝利した安倍晋三氏(58才)。安倍氏といえば5年前、厚労省認定の難病・潰瘍性大腸炎のため総理を辞任した経歴がある。 1987年に結婚した妻の昭恵さん(50才)は、弱りきった夫を見て涙ながらにこう懇願した。「あなた、政治家をやめて。こんな状況になってできるわけないでしょ」 妻のこの言葉にも首を横に振ったというが、結局、満身創痍の安倍 [全文を読む]

潰瘍性大腸炎に苦しんだ安倍総裁 1日トイレ30回以上証言も

NEWSポストセブン / 2012年10月04日16時00分

「今、私はすっかりおかげさまで、健康を回復させていただきました」 9月26日、自民党総裁選に勝利した安倍晋三氏(58才)。当選後の記者会見では、自信に満ち溢れた表情で、不安視される体調について、こう語っていた。 安倍氏は、これで2度目の自民党の総裁となるが、1度目は自民党が与党だった2006年9月のとき。51才と戦後最年少の若さで総裁に選ばれて、内閣総理大 [全文を読む]

“安倍晋三記念小学校”総裁「夫妻と日本会議と私の関係」

NEWSポストセブン / 2017年02月20日16時00分

“オレオレ感”が増幅する安倍晋三・首相の力の源泉には保守層を中心とした高い支持がある。 中でも安倍政権と“親密”と言われてきたのが保守系団体「日本会議」であるが、大阪で建設中の小学校を巡る問題で、両者の結びつきが浮かび上がっている。「支持者への利権還流」疑惑まで浮上する中、渦中の「小学校総裁」に直撃した。その口から出てきたのは釈然としない説明と、熱烈すぎる [全文を読む]

安倍内閣に反旗を翻した石破茂、「次の総理」を目指す覚悟を決めた

プレジデントオンライン / 2016年12月23日11時15分

8月の内閣改造で安倍晋三総理から農水相として入閣打診があったが断り、反旗を翻した。2014年9月の内閣改造でも、仲間から「安倍(総理)から離れて次の準備をしろ」と言われていた。しかし、内閣に閉じ込めておきたい安倍総理の思惑を知りながら地方創生担当相として入閣した。だが今回は、次の総理を目指して戦う腹を固めたようだ。 安倍総裁の任期延長論には、「今、議論すべ [全文を読む]

総裁任期延長がキナ臭い…ポスト安倍を巡る、“石破&進次郎”の「奇妙な同調」とは

週プレNEWS / 2016年09月23日06時00分

これは麻生太郎、谷垣禎一、福田康夫、安倍晋三の4人で、この4人とも自民党の総裁となり、下野して首相に指名されなかった谷垣氏以外は総理大臣にもなった。 では、この「岸破聖美」と名づけられたポスト安倍と目される面々はどのような戦略を立てて、総理・総裁レースに挑もうとしているのか? 最も意欲を燃やしているのは石破氏だ。政治評論家の浅川博忠氏が言う。 「4人のなか [全文を読む]

<安倍首相「ワイドナショー」に出演>安倍首相「最近、楽しかったことは?」の質問に松本人志「ノーコメント」

メディアゴン / 2016年05月03日07時40分

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]* * *筆者は北海道と京都の衆院補選を直後に控えた4月17日放送のフジテレビ「ワイドナショー」に安倍晋三自民党総裁・内閣総理大臣総理大臣の出演は政治的公平の観点からよろしくないのではないか、と書いた。(http://mediagong.jp/?p=16494)他局ならばある種の判断によって、この番組の企画自 [全文を読む]

応援演説の蓮舫氏に「顔じゃ政治はできねェんだよ」の声飛ぶ

NEWSポストセブン / 2012年12月20日16時00分

※週刊ポスト2013年1月1・11日号 【関連ニュース】演説の石破氏に主婦「おぼっちゃまくんみたい」「面白い顔」安倍氏と石破氏 過去に尖閣めぐり中国に弱腰外交の経験あり女子高生 演説の野田首相に「野田のせいで道通れん」とグチ安倍晋三氏 全国遊説の行き先は元家庭教師含む“お友達”優先民主党 TPP参加を選挙公約にすれば小選挙区議席40との予測 [全文を読む]

小倉智昭氏の安倍氏への謝罪 反韓流デモの再来避けるためか

NEWSポストセブン / 2012年11月24日07時00分

朝の情報番組『とくダネ!』で、司会の小倉智昭氏が、自民党総裁に再選した安倍晋三氏がかつて腹痛を理由に辞任したことを「子供みたいだったもんね」と論評した。その後、ネット上で批判が集中。放送からわずか4日後に番組中で謝罪をすることになった。 「潰瘍性大腸炎という多くの人が苦しむ難病を揶揄したように取られたことも謝罪の理由ですが、背景には、ネット上での批判を過 [全文を読む]

フォーカス