ストーリー 怒りに関するニュース

『かんぱに☆ガールズ』 『かんぱに☆物語を紡ぐキャンペーン』開催! 『シャインストーン購入キャンペーン第3弾』

デイリーニュースオンライン / 2017年02月03日17時00分

キャラクターストーリーで出現するレシピのドロップ率、ボイスストーンのドロップ率が3倍にアップします!さらに、キャラクターストーリーEpisode1で入手できるレシピを使った専用武器開発時に効果の高い【限定】EP1ハンマーも登場します。 【期間】2017年2月3日(金)メンテナンス後から2017年2月10日(金)メンテナンスまで ■「シャインストーン購入キャ [全文を読む]

【今週公開のコワイ映画】2017/1/28号:未体験ゾーン2017『ゾンビサファリパーク』『ザ・シェフ 悪魔のレシピ』ほか

ガジェット通信 / 2017年01月28日23時00分

いつかは高級レストランの経営を…と夢見る父を、街の醜悪な酔っ払いに殺され憤怒した息子が、人肉を材料にケバブを作り始めるというストーリー。怒りに堕ちていく青年の行く末を、どうぞお見守りください。 そして「ほんとにほんとにほんとにほんとにゾンビ狩り!!」という某テーマパークのCMソングが脳内再生されるキャッチコピーがあぶなっかしい『ゾンビ・サファリパーク』。ゾ [全文を読む]

尾田栄一郎先生も絶賛! 話題のスーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』がスゴい10の理由

週プレNEWS / 2015年11月14日06時00分

その10大ポイントを一挙に紹介する! 1 セリフはすべて現代語! おなじみのストーリーで難しさ一切ナシ! やはり歌舞伎というと、ズブの素人には敷居(しきい)が高いというか、予備知識ナシには楽しめないイメージがつきまとうもの。だがご安心あれ。スーパー歌舞伎シリーズは、そんな初心者でも楽しめるよう、セリフはすべて現代語。会話のスピードも現代劇と同じテンポで展開 [全文を読む]

やっぱり1位はあの作品。「映画野郎」が選ぶ2016年ベストテン!

まぐまぐニュース! / 2017年01月23日18時00分

激選! 2016年度「映画野郎」ベストテン特集!! 男性向け映画情報WEB&メールマガジン「映画野郎」がオススメする、2016年公開映画のベストテンが決定しました! 果たしてどんな作品が上位に入っているのか!? 【2016年度 映画野郎ベストテン発表!!】 1位:シン・ゴジラ 80点2位:この世界の片隅に 66点3位:ヘイトフル・エイト【R18+】 44 [全文を読む]

わいせつとは?日本の性表現の問題点は?川奈まり子・ろくでなし子が激論

しらべぇ / 2016年11月11日11時30分

それが編集されて出来上がったものを見ると、ストーリーという文脈が加えられて、うまくわいせつなものになっている。ろくでなし子さんの3Dプリンターでつくった女性器がエロくないのと通じるものがあると思います。エロくするには背景に文脈が必要。ろくで:個人的な意見ですが、仮に写真だとしても欲しい人がいて売りたい人がいて、それを売り買いすることの何がいけないのかわかり [全文を読む]

RADの歌詞から逆算 新海誠が語る『君の名は。』ラストの決め方

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月14日18時40分

でも、松坂桃李さんの大ファンの方が「正直、桃李くんの姿だけを見るために映画を観に来たのに、ストーリーに入り込みすぎて、桃李くんの姿を追うのを忘れた」と発言。一足先に本作を観たという滋賀県からやってきた男性も、「中野監督に直接感想を届けにやってきた!」とまさに“熱い”感想を披露した。多様な理由で来場した人々が、感激の声や、積極的な質問を監督に投げかけ、まれに [全文を読む]

妻夫木聡と綾野剛、ゲイを正面から演じたことの意義 『怒り』が日本映画界に投げかけたもの

リアルサウンド / 2016年10月02日06時10分

犯人の手配写真とともに事件が報道されるなか、千葉、東京、沖縄で、素性の知れない3人の男と関わり始めた人々の、3本のストーリーが同時に進行していく。李相日監督の『怒り』においてその1本を担うのが、妻夫木聡が演じる優馬と、綾野剛が演じる直人という、ゲイの男性2人のパートである。参考:妻夫木聡と綾野剛、『怒り』の関係性はなぜ愛おしい? “裏の感情”を忍ばせる芝居 [全文を読む]

前園真聖、自らの失敗後に学んだアンガーマネジメントの成果を語る

Movie Walker / 2016年08月31日13時35分

本作品で2役の声優に初挑戦した元サッカー日本代表の前園真聖と、映画のストーリーにも関わる怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」の、日本アンガーマネジメント協会代表理事・安藤俊介、映画の主役・レッドが登壇した。前園は囲みの会見で、過去の失態を振り返った。 映画を観た前園は「僕の声優、どうだったかなと。自分なりには良くできてい [全文を読む]

【画像あり】映画「マッドマックス」の作品世界を解き明かす ファン待望のビジュアルブック!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月18日17時30分

<内容> 狂気と暴力が支配する世界 V8インターセプターの復活 過激なモンスターマシンのデザインと装備 マッドなキャラクターたち 細部にまで凝った衣装と装具 多彩なタトゥーと特殊メイク 危険なカーアクションの現場 画コンテと完成シーン ■『メイキング・オブ・マッドマックス 怒りのデス・ロ-ド』 著:Abbie Bernstein 翻訳:矢口 誠 発売:2 [全文を読む]

【中村修二氏ノーベル物理学賞受賞直後のインタビュー収録し緊急文庫化!】畠山憲司著『中村修二の反乱』

PR TIMES / 2014年11月14日11時05分

著書に『ポケモン・ストーリー上・下』(角川文庫)『踊るコンテンツ・ビジネスの未来』(小学館)『クワタとユーミン』(サンマーク出版)『鹿鳴館を創った男』(河出書房新社)など。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

キスや告白で特別手当を支給!? 『テラスハウス』のヤラセ疑惑がより濃厚に

messy / 2014年03月04日18時00分

しかし、現メンバーの恋の行方や卒業メンバーの今後の動向と注目すべきポイントが多々ある一方で、以前から同番組については「ストーリーが強引」「不自然」「ヤラセか?」という声も度々聞かれていた。これも『あいのり』との共通点だ。そのことについて、同番組関係者が現在発売中の「FLASH」(光文社)にて真相を語っている。 記事によると、先月から番組内に元メンバーが再 [全文を読む]

ハフィントンなきハフィントンポストの未来:新編集長リディア・ポルグリーン氏に聞く

DIGIDAY[日本版] / 2017年04月16日12時00分

――そういったオーディエンスをどうマネタイズする? 広告主には、米国の核をなす価値観に沿ったストーリーを展開したいという欲求が強い。アカデミー賞授賞式やスーパーボウルを見れば、このような分断のさなか、広告で米国らしいストーリーを語ることがいかに難しいかがわかる。米国人が考える米国的価値とは何なのか、読者の声に耳を傾けながら、その定義を一緒に見出していきた [全文を読む]

SMAP解散の悲しみが原動力?草なぎ剛の『嘘の戦争』11.8%で好調スタート

デイリーニュースオンライン / 2017年01月11日22時10分

「嘘の戦争」は、幼い頃に何者かに家族を殺害され、見たことを証言するも「嘘つき」呼ばわりされて取り合ってもらえなかったという悲しい過去を持つ少年(草なぎ剛)が成長して詐欺師となり、真相の究明と復讐を胸にあらゆる手段で真犯人に戦いを挑んでいくストーリー。 何と言っても見どころは、草なぎ剛の表情の演技。敵に立ち向かう時の深い悲しみと怒りをたたえた悪人顔は、主人 [全文を読む]

映画『怒り』 東京・沖縄・千葉3つの舞台をテーマにした特別映像をGYAO!独占配信

PR TIMES / 2016年08月25日15時13分

千葉・東京・沖縄を舞台に3つのストーリーが紡がれていく、感動のヒューマンミステリーです。 「GYAO!」では、3つの舞台をテーマにした特別映像と、各舞台のメインキャストとなる俳優の特別インタビュー映像を、映画公開までの3週にわたって配信いたします。第1弾として、本日より「東京編」の特別映像と、東京で出会う2人の男を演じる妻夫木聡、綾野剛のインタビュー映像を [全文を読む]

文学様がアニメを見下して自画自賛!? 日本文学振興会の「人生に、文学を。」プロジェクト広告が “(アニメか?)”との余計な一言で嵐のような大ブーイング!!

おたぽる / 2016年07月21日18時00分

文学を知らなければ、 どうやって人生を想像するのだ(アニメか?) このアニメファンを挑発としているとしか思えない“(アニメか?)”の一言に、「(アニメか?)の部分いらないだろ 喧嘩売ってるとしか思えん」「アニオタとか馬鹿にする奴は見たこともないのに叩いてるんだろうな めっちゃ深くてストーリー性も強いアニメなんていくらでもあるのに」「どうせ世界文学もまとも [全文を読む]

シルヴェスター・スタローンが英コメディアンの“ホラ話”に怒り心頭!

アサ芸プラス / 2016年04月04日17時58分

僕は彼に自信を取り戻させたと思うんだ」 スタローンが怒りのコメントを出した後もジャックは自身のストーリーは本当だとして、デイリー・ミラー紙に「シルヴェスターが僕を覚えていないなんて寂しいね。感銘を与えたことは間違いないんだけどな」と話している。 [全文を読む]

無数の犬が人類に牙をむく!?社会に対しての「怒り」を描いた『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』監督に直撃

AOLニュース / 2015年12月25日12時00分

そこからストーリーを開発し始めたから、それが大きなテーマにはなっている。それと、もう一つのテーマは、我々はいつ自分のイノセンスを失うのか、という問いかけだった。これは少女の方のストーリーになっている。――ハンガリー国内で公開された後、たとえば皆犬に優しくなった、というような変化はありましたか?250頭の飼い主探しをプログラムとして実行して、今は皆全員、家族 [全文を読む]

『デスノート』視聴率好調も「原作を無視しすぎ」な演出に非難殺到

デイリーニュースオンライン / 2015年08月26日08時00分

原作無視の演出に非難の声 第8話ではTVドラマオリジナルのストーリーが展開された。“第3のキラ”の火口卿介が死亡し、「このノートに名前を書き込んだ人間は13日以内に次の名前を書かなければ死ぬ」というルールがあったことで、キラの疑いが晴れた夜神月は、再び捜査に関わることに。 月は一方で、同じく疑いをかけられていた弥海砂に、森に埋めた赤いデスノートを掘り起こ [全文を読む]

クドカン脚本の映画『謝罪の王様』はパクリ!? 漫画家が怒りの抗議

メンズサイゾー / 2013年06月10日18時45分

高校の補助教員となった中年男性が、教育問題や世間のトラブル、果ては宇宙人の襲来まで土下座で解決してしまう破天荒なストーリーが一部で熱狂的人気となった。その後、2011年に板垣・RIN両氏の「土下座性の違い」を理由に共同制作が解消され、板垣氏は『謝男』(日本文芸社)、RIN氏は『どげせんR』(少年画報社)という新たな土下座漫画を執筆するに至った。 一方の『謝 [全文を読む]

『八重の桜』描写 山口・福島県民の怒り温度差にNHKが配慮

NEWSポストセブン / 2013年03月31日16時00分

「吉田松陰役の小栗旬が、ストーリーの必然性と関係なく、会津を訪れたエピソードは印象的だった。松陰が会津に行ったのは史実ですが、八重や山本覚馬に会ったかどうかは分かっていない。松陰の魅力を伝える場面をあえて作ったという気がしますね。 それに江戸の街や黒船襲来のシーンを撮るときにも萩市でロケをやっている。さしたる必要性がないのにやってきたのは、山口県からの反 [全文を読む]

フォーカス