解説 怒りに関するニュース

健康と仏教の関係(6)「怒り」と禅における「私」の関係

アサ芸プラス / 2014年10月16日09時59分

だからブッシュマン教授はこうも解説する。 <あえて冷まそうとするよりも、ただ火の元を断ちなさい。10まで必要なら100まで数えれば怒りは収まるだろう> 「禅」はこれに近い考え方がある。芥川賞作家の玄侑宗久氏は自著『「いのち」のままに』で、こう解説している。 「禅では、人は生まれながらにして充分に足りた存在だと考えている。すでに仏になれる可能性(仏性)があ [全文を読む]

スポーツ中継がもっと面白くなる!日本の解説名人5選

しらべぇ / 2016年10月16日19時00分

Petrovich9/iStock/Thinkstockスポーツ中継で、実況とともに戦況を視聴者に伝える解説者。経験者ならではの技術論や心理分析が中継に深みと「わかりやすさ」を与えてくれる。なかには解説の話を聞くことが目的で、試合をあまりみていないという人もいるらしい。■好きな解説者がいる?本当にそのような人がいるのか。しらべぇ編集部では全国の男女に「スポ [全文を読む]

ヒスる女性はドン引き!彼に「上手に怒って気持ちを伝える」方法

BizLady / 2016年12月04日18時00分

同著では、心をコップに見立てて次のように解説しています。<私たちは毎日、そのコップの中に、「つらい」「苦しい」「寂しい」「悲しい」「不安」といったネガティブな感情(これを第一次感情といいます)を注いでいます。このコップの中にネガティブな第一次感情がいっぱい入っていると、コップから溢れて「怒り」という感情が生まれます>恋人とケンカしていると、ついつい感情的に [全文を読む]

日本初!職場の理不尽への怒りを解決する本とYouTubeのメディアミックス!

@Press / 2016年09月20日10時30分

「職場の理不尽に怒らず おだやかに働く技術」(秀和システム/ISBN 978-4-7980-4775-1)は、そんな職場でのムカッとすることを解決する42のテクニックを東証1部上場、金融グループの社長だった著者が解説する書籍です。■「怒りチェック&解消シート」と「YouTube」で解説!この書籍「職場の理不尽に怒らず おだやかに働く技術」には、「怒りチェッ [全文を読む]

韓国大統領選を日本はどう報じたのか? 新聞各紙の論調を徹底比較

まぐまぐニュース! / 2017年05月11日05時00分

《朝日》…「韓国大統領に文在寅氏」《読売》…「韓国大統領に文氏」《毎日》…「韓国大統領に文在寅氏」《東京》…「韓国大統領に革新系・文氏」 ◆解説面の見出しから……。 《朝日》…「「反朴」受け皿は文氏」《読売》…「対北包囲網に暗雲」《毎日》…「対北朝鮮 融和模索へ」《東京》…「日米韓 対北連携に溝」 ハドル 当然のように、韓国大統領選の結果を各紙、1面トッ [全文を読む]

元「旅行読売」編集長が断言。「温泉は怒りを鎮める」の科学的根拠

まぐまぐニュース! / 2017年03月10日22時11分

温泉に関する知識を毎回教えてくれるメルマガ『『温泉失格』著者がホンネを明かす~飯塚玲児の“一湯”両断!』の中で、「なぜ、温泉に入ると怒りが収まるのか?」を科学的根拠を交えつつ解説しています。 温泉に浸かって怒り続けられるか? 今週は表題の件に付いて書いてみたい。 僕がもう10年くらい前から人前で話すときに主張してきているのが、「人は温泉に入ると、怒ったまま [全文を読む]

『ゆるすいっち。』の第2弾はDVDつき! おのころ心平氏が初めて映像で登場します!

PR TIMES / 2013年12月09日10時57分

12月11日発売! 『おのころ心平が解説! すいっち体操DVDつき ゆるすいっち。』 発売前に重版となり話題を呼んだ、前作『ゆるすいっち。』に続き、DVDつき第2弾『おのころ心平が解説! すいっち体操DVDつき ゆるすいっち。』が12月11日に発売! カラダをゆるめることでココロがゆるせるようになるワーク、すいっち体操を映像で徹底解説します。 好評発売中『 [全文を読む]

橋下徹「メディアはポピュリズムという言葉を使うな!」

プレジデントオンライン / 2016年12月14日11時15分

先日の読売新聞12月5日夕刊の、イタリア国民投票の解説記事を引用する。 ---------- 「欧州 大衆迎合のうねり レンツィ伊首相が進退を懸けて問うた憲法改正は予想外の大差で否決され、イタリアを覆う《ポピュリズム(大衆迎合主義)》のうねりの大きさを改めて示した。長引く景気低迷や高止まりする失業率に有効な対策を打てない既存政治や権威に対する国民の不満や [全文を読む]

【訂正とお詫び】業界初! 書店員有志と企画したビジネス書『日本一カンタンな人の動かし方』を発売!

DreamNews / 2016年11月01日17時00分

本書はMBA流の「交渉術」を下敷きにしながら、人にいかに気持ちよく動いてもらうかを解説した本です。こじらせてばかりでリストラまで経験したかんべ氏ならではの共感できる解説と、書店現場を舞台にした漫画で、「わかる」ことはもちろん、「できる」ようになるよう構成されています。(正)本文中:■ 【著者】日本で唯一の「MBA漫画家」かんべみのり氏本書の著者は、日本で唯 [全文を読む]

戦後最悪「相模原・障害者19人刺殺事件」を新聞各紙はどう報じたか?

まぐまぐニュース! / 2016年07月28日04時30分

《朝日》…「重度障害者 標的か」《読売》…「19人刺殺 障害者標的」《毎日》…「障害者施設で19人刺殺」《東京》…「元職員 2月に犯行予告」 ◆解説面の見出しから……。 《朝日》…「凶行 予兆あった」《読売》…「兆候数々 凶行防げず」《毎日》…「見逃された予兆」《東京》…「無差別殺傷は「想定外」」 ハドル 各紙を見ると、1面トップは基本的な事実、解説面は [全文を読む]

イラッときたらこの一言!夫婦喧嘩が劇的に減る「魔法の言葉」

WooRis / 2014年05月24日17時00分

その理由について、野口さんは以下のように解説しています。「自分の思いを相手がすぐにわかってくれないからといって相手を責めてしまうと、相手も自分を守るために攻撃的にならざるをえません。また専守防衛のために押し黙るという手をとることもあるでしょう。これが夫婦やカップルの距離が離れはじめる第一歩です。どんなカップルも初めは仲がよかったはずですが、やがてその関係が [全文を読む]

「細かすぎる解説」が炸裂?朝ドラ『ひよっこ』の語りに増田明美が抜擢

しらべぇ / 2017年02月17日10時30分

同作は昭和39年の日本が舞台で、当時の時代背景などをマラソン解説のように詳しく語っていくという。■異例の抜擢NHK朝の連続ドラマ小説の語り手は同局のアナウンサーが担当するのが通例で、増田氏の抜擢は異例中の異例。起用の理由はマツコ・有吉の『怒り新党』でも取り上げられた「細かすぎる」解説。選手の好きな食べ物や家族構成、さらには恋愛事情などを徹底的に調べあげ、ソ [全文を読む]

熱狂的支持を生んだトランプの物語術

プレジデントオンライン / 2017年01月20日09時15分

なぜ“泡沫・暴言候補”トランプは大統領選に勝利できたのか? この連載では、「現代マーケティングの父」フィリップ・コトラーのフレームワークに当てはめながら、トランプの選挙マーケティングについて解説する。今回はトランプが熱烈な支持者を生んだ“物語術”について考える。 ■「新時代のマーケティング」で大統領選に勝つ! 「現代マーケティングの父」と呼ばれ政治マーケテ [全文を読む]

トランプ、「逆張り」の選挙戦略

プレジデントオンライン / 2017年01月19日09時15分

なぜ“泡沫・暴言候補”トランプは大統領選に勝利できたのか? この連載では、「現代マーケティングの父」フィリップ・コトラーの政治マーケティングフレームワークに当てはめながら、トランプの選挙マーケティングについて解説する。今回は大統領選を勝ち抜くためのマーケティング戦略、ブランディング戦略について考える。 ■ターゲットは「怒れるサイレント・マジョリティー」 セ [全文を読む]

購入履歴を国が記録…マイナンバー還付案、新聞各紙はどう捉えた?

まぐまぐニュース! / 2015年09月08日19時50分

《朝日》…「飲食料品 2%分『還付』」《読売》…「司法試験 問題漏洩」《毎日》…「マイナンバー使い還付」《東京》…「「辺野古ありき」で決裂」 ◆解説面は……。 《朝日》…「増税分還付 公明乗る」《読売》…「東芝 多難の再出発」《毎日》…「制度設計 場当たり」「軽減税率 財務省が代替案」《東京》…「経済格差 進む二極化」「安倍政権2年8ヶ月」 ということで [全文を読む]

ママのおっぱいに未練が?「クチャラー」になる理由が話題に

しらべぇ / 2016年11月08日17時00分

この行動に関し、専門家が心理学の見地から解説。クチャラーの性格的特徴を解説したのだが、その結果「最悪」「厄介すぎる」などと言った声が出ているようだ。■クチャラーは依存心が強い8日深夜に放送されたテレビ東京系『オトナの(秘)ココロ診断~あなたのウラ側お見通しっ!』。この回では「ついついでてしまう行動」のひとつとしてクチャラーを取り上げた。司会のフットボールア [全文を読む]

韓国も大慌て。北朝鮮の核実験が「やめられない止まらない」ワケ

まぐまぐニュース! / 2016年09月13日05時00分

無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんが、その恐ろしい理由をわかりやすく解説しています。 北朝鮮核実験、中国の制裁破りが金正恩体制を存続させている 皆さんご存知のように、北朝鮮は9月9日、5回目の核実験を行いました。これを受けて、国連安保理は緊急会合を開き、「過去の安保理決議の明白な違反だ」と強く非難する声明を発表しました。 というわ [全文を読む]

マツケン主演映画で人気上昇?将棋を愛する人の『魅力』に迫る

しらべぇ / 2016年03月07日16時00分

トーク力も絶品で「解説名人」の異名を持ち、真面目な将棋解説から好きなお酒の話までわかりやすく説明。解説会で引っ張りだこに。 (4)藤井猛九段将棋界に革命を起こした「藤井システム」を開発し、竜王位を三連覇(奪取•二期防衛)した振り飛車党のカリスマ。「角交換振り飛車」、「藤井矢倉」など先進的な戦歩を数々生み出し、将棋界に革命を起こし続けている。解説者としてもユ [全文を読む]

新刊『ストレスを抱えたあなたのための感動ストーリー短編集』は8月10日出版を開始しました!!

DreamNews / 2015年08月10日12時00分

『ストレスを抱えたあなたのための感動ストーリー短編集』~「生きてて良かった!」と思える涙の珠玉作品~アマゾンでの販売はこちら⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/B010CTAAGW<>はじめに第1章■感動を理解すれば感動体験が増える!(1)感動とは何か?(2)感動体験を増やすための基本姿勢(3)感動体験を増やすための心の開き方(4)身 [全文を読む]

巨人阪神戦 実況アナとやり合った水野雄仁氏の怖すぎる解説

NEWSポストセブン / 2015年04月14日07時00分

この日、BS日テレで放送された中継は、実況を日本テレビ・辻岡義堂アナウンサー、解説を巨人OBの水野雄仁氏が担当した。 不穏な空気が流れ始めたのは3回表だった。鳥谷敬の大飛球を亀井義行が好捕。辻岡アナが「亀井のファインプレー!」と実況すると、水野氏がチクリ。 「まァ、亀井クラスの守備力だったらファインプレーだといってほしくないでしょうね」 辻岡アナは「あ、 [全文を読む]

フォーカス