感情 怒りに関するニュース

爆発寸前の「怒り」に最適!ガマンできない怒りも消えるアンガーマネジメントって?

ANGIE / 2016年03月26日19時00分

イライラしたくないのに、どうしてもイライラしちゃう! 充実しながらもストレスの多い生活をおくるアラサー女子にとって、「怒り」は身近な感情ではないでしょうか? 先日、お昼の情報番組『ワイドナショー』で元サッカー選手の前園さんがアンガ-マネジメントについてコメントされていました。なんでも、怒りを数値化して身に起こった出来事をランク付けすることで、怒りと客観的に [全文を読む]

良好な人間関係のために大切な怒りの感情をコントロールする方法

JIJICO / 2016年11月20日09時00分

怒りはどうして生まれるのか? 人間関係を良好に保つためには、怒りの感情をコントロールすることが非常に重要になってきます。 感情に任せて怒ってしまい、人間関係がダメになったことは誰にでも経験があるでしょう。 怒りがどのようにして起きるかを考えることは、怒りをコントロールする上で大切です。 怒りは何もないところからは生まれません。 心の底にあるネガティブな感情 [全文を読む]

【書評】とりあえず落ち着け。怒りを抑える技術を身につける方法

まぐまぐニュース! / 2016年11月16日10時00分

しかし、その感情を露わにしたために大切なチャンスを失ってしまうというということも…。ご自身もそんな経験があるという無料メルマガ『毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン』の著者・土井英司さん、今回の書評では「怒りの抑え方」を説いたノウハウ本を紹介しています。 『職場の理不尽に怒らずおだやかに働く技術』横山信治・著 秀和システム こんにちは、土井英 [全文を読む]

介護をする人に学んでもらいたい「アンガーマネジメント」

JIJICO / 2017年01月08日09時00分

アンガーマネジメントとは?皆さんは「アンガーマネジメント」という言葉をご存知ですか?アンガーマネジメントとは1970年代にアメリカで自然発生的に始まったアンガー(怒り、イライラ)の感情を上手に分散してコントロールしていくための心理教育です。「教育」ですから、「怒りのメカニズム」について正しく理解し、コントロールする方法を学べば、誰でも怒りに振り回されて自分 [全文を読む]

「怒り」が炎上する人・しない人の差ってどこにあるの? 『日本アンガーマネジメント協会』さんに聞いてみた

ガジェット通信 / 2016年10月25日21時00分

怒りの感情は人にとってごくごく自然な感情で、怒ること自体は問題が無いのです。全く怒らない人がいたら、その方が恐いですよね? 怒ることと、怒らないことの区別ができていないこと、適切に怒れていないことが問題と考え、上手な怒り方や自覚の仕方をシンプルに教えていこう、という協会なのです。 ―怒り方を自分で上手にコントロールするという事ですね、私は最近、Facebo [全文を読む]

怒りのスパイラルにグルグル~はNG!「ネガティブな感情」と上手に付き合う方法

WooRis / 2015年10月10日19時00分

人間は誰しも失敗や、不安、恐れ、といった感情があります。みなさんも、感じることがあるでしょう。 こうした感情を感じること自体は、人間なので全く問題ないことです。ネガティブな感情がなければポジティブな感情もないからです。 しかし、こうしたネガティブな感情にどう対応するか、ここが問題です。 そこで今回は、ポジティブサイコロジースクール代表の久世浩司さんの著書『 [全文を読む]

ドッカーンってなる前に…6秒カウント!プロ直伝の「怒りの感情」コントロール法

WooRis / 2015年10月16日09時00分

子育て学協会が調査した“親の具体的な育児の悩み”のトップは、「つい感情的に叱ってしまうことが多い」だそうです。このことからもわかるように、特に“叱る”ということに悩んでいる人が多いようです。『WooRis』の過去記事「怒りの感情をぶつけちゃダメ!保育士が実践する“子どもを上手に叱る”コツ3つ」で子育てにおいて“感情をコントロールすることが大切”とお伝えしま [全文を読む]

イライラしたら●●を思い浮かべて!? 怒りに「支配されない」3つのコツ

It Mama / 2014年09月03日19時00分

子育てをしていると、イライラして、怒りの感情のコントロールが難しいことって多いですよね。“子供に対して”というよりも、“子育てにあまり協力してくれない夫”や“意見の合わない義両親”などに対してお怒り気味のママは多いのではないでしょうか?人間にはいろんな感情がありますが、“怒り”はコントロールするのが最も難しく、怒りに任せて相手を責めたり、罵ったり、ものに当 [全文を読む]

キレないために! 怒りを鎮める3つの方法

オトコクラス / 2016年11月05日11時00分

一般的に感情は長続きすることはなく、外部からの刺激に対する反応と同じです。まずは、外部からの刺激をいったん受け入れることで瞬間的な感情の爆発を抑えるようにしましょう。『ストレスが多く、自分でも怒りの感情が抑えられない状況なのですね。ストレスが常にかかっている状態は、体にとっては戦闘態勢をとっている状態と同じことです。いつ敵に狙われるか判らない落ち着かない状 [全文を読む]

怒りタイプがわかる【雨占い】豪雨のように激しい? 小雨のように静か?

i無料占い / 2015年07月09日20時30分

カチンとくることがあっても一言、二言言うだけで、感情を最小限におさえます。どんな状況も冷静でいたい、感情的になるのはよくないと思っているところがあり、カッとなって怒ったり、感情をぶつけるような怒り方はしません。 [全文を読む]

DVD『アンハッピーを大逆転 怒りと向き合い、人と仲良くなる方法』が、Amazon DOD(ディスク・オン・デマンド)で発売!!

DreamNews / 2016年12月09日15時30分

意欲とは、「幸せになりたい」「楽しく生きたい」「思い通りにしたい」「自由がほしい」などのポジティブな思いと感情です。それらがうまくいかないとか、邪魔されたりすると、その裏側のネガティブな怒りが現れてくるのです。しかし、ほとんどの場合、反抗や争いになるため、さらに怒りのエネルギーを高めて破壊的・暴力的になるのです。 ハピネス心理学の考え方は、「ほめて認めて勇 [全文を読む]

イライラ募って我が子に暴言、心の健康を害す危険

JIJICO / 2015年05月29日14時00分

怒りの感情で子どもに接すると、いずれ問題が表面化しかねない 虐待による悲惨なニュースが後を絶ちません。また、「心理的虐待」の検挙数も年々増えています。 イライラや怒りの感情で子どもに接すると、その影響は早ければ幼児期に、また、思春期や成人してから何らかの身体症状、あるいは精神病理として表面化することがあります。 「言いたいことを感情のままに子どもにぶつけて [全文を読む]

認知科学者・苫米地英人博士の最新刊は、「怒り」「悲しみ」「喜び」「尊敬」など人間の感情を徹底的に解説した『「感情」の解剖図鑑』!

PR TIMES / 2017年03月10日12時00分

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2017年3月10日(金)に、『「感情」の解剖図鑑 仕事もプライベートも充実させる、心の操り方』を刊行いたしました。[画像1: https://prtimes.jp/i/12109/242/resize/d12109-242-613107-0.jpg ]「幸福」はトランス状態? 「名誉心」は奴隷の証? 過度の「期待」 [全文を読む]

「怒る人」は損! メンタルヘルスのプロが教える、「怒り」と上手に付き合う方法

citrus / 2017年02月03日21時00分

■怒ったあとはスッキリするけれど…そのあとが大変!イライラ気分が高まったとき、感情のままに「怒り」をぶちまけるとスッキリ――。でも、ちょっと待ってください! そのあと大変なことになっていませんか?本人はスッキリしても、その感情を浴びせられる側はたまったものではありません。いつしか周囲の人も距離をとられ、人間関係が壊れてしまいます。それだけではありません。最 [全文を読む]

ドナルド・トランプの巧みな「共感力」にだまされる支持者

Forbes JAPAN / 2016年11月05日08時00分

感情を持ち、他人に親切で、部外者を歓迎し、話を聞いてあげると喜び、相手の話を親身に聞くことだってできる。これは、保守的な友人や家族・親戚がいる進歩的な人々にとって、何ら驚くべきことではない。進歩的な人の多くは、保守層の中で生まれ育ってきたのだ。だがポスト紙のインタビューでホックシールドは、米国の「共感格差」を生み出した責任は、自分と正反対の人々の感情を理解 [全文を読む]

イルチブレインヨガの脳呼吸でストレス解消&リラックス

PR TIMES / 2013年05月07日09時51分

東京・神楽坂のヨガ講座で脳のマイナス感情をリセットイルチブレインヨガを展開するダンワールドジャパンは5月24、25、26日、東京・神楽坂のイルチブレインヨガ神楽坂スタジオで、脳呼吸の体験講座を開催します。私たちはふだん、さまざまな感情に支配されています。「怒り」「不安」などのマイナス感情を強く抱き続けると、心や体の健康に悪影響を与えます。人間の感情は、脳に [全文を読む]

旦那にいつか見放されてしまうかも… 不安な気持ちの乗り越え方【心屋仁之助 塾】

Woman.excite / 2016年06月14日07時00分

つらい、悲しい、寂しい、そんなネガティブな感情が自分の中にいる。そのネガティブな感情とちゃんと向き合うことが大事です。 ネガティブな感情と向き合うとはどういうことかといいますと、まずは「口に出してみる」のです。「寂しい」「つらい」「苦しい」「悲しい」など、誰もいないところで口に出してみてください。そして次は旦那さんに言ってみてください。例えば旦那さんが飲み [全文を読む]

肩こりは子供のSOS。原因不明の筋肉の痛みは心の痛みの可能性も

まぐまぐニュース! / 2016年02月25日04時30分

その原因、実は抑圧された感情かもしれません。 いや、アヤシイ話のつもりはナイんですが、アヤシイですかね(笑)。感情は心の中だけの出来事だと考えられていますよね。ところが、心の中だけではなく体にもその反応が現れるんです。それがどこかといえば筋肉なんです。感情自体は心の中で起こったとしても、感情の記憶は、筋肉に刻まれるのです。ほら、怖いことがあると、きゅっと体 [全文を読む]

怒りは「ペット化」して飼いならす! モテ女の「菩薩力」をつける方法

anan NEWS / 2016年01月14日12時00分

また、周囲の意見を何でもかんでも受け入れるのではなく、時には厳しい意見も言える、自立した心がある点もポイントです」 他者はもちろん、自分の感情にも翻弄されない心のゆとりが求められる“菩薩力”を身につけるのは、相当ハードルが高そう。 「いいえ。もともと共感力が強く、相手軸で物事を考えられる女性は誰もが“菩薩力”を持っているもの。あとは日常生活での実践あるのみ [全文を読む]

イラッと感情から卒業!モットーは「負けるが勝ち」の感情コントロール法

BizLady / 2015年10月11日17時00分

その日の気分によって態度が違ったり、怒りや妬みの感情をコントロールできず、周りから煙たがられている人、あなたの周りにもいませんか? そういう人が近くにいると本当に大変ですが、つられてこちらも感情的になっていてはこちらのレベルも下がるばかり。今そういう状況にある方は、“反面教師”だとわりきって、自分自身の成長につなげたいところ。そのためにはどうすればよいので [全文を読む]

フォーカス