西友 ネット通販に関するニュース

西友、ネット通販で再配達料400円徴収が波紋…宅配業界の過剰サービスが限界露呈

Business Journal / 2017年04月04日06時00分

西友が4月4日からインターネットスーパーで注文した商品について、再配達を有料にする。 西友は、「ご注文商品をお届けしたにもかかわらずお客様のご不在等により商品の引渡しができなかった場合、再配送料400円を別途ご請求させていただきます」としている。さらに、キャンセルした場合も「キャンセル料」として400円、再配達したのに受け取りを拒否するなど引き渡しができな [全文を読む]

「爆買い」は、もうすぐ死語?中国人が日本を訪れなくなる理由

まぐまぐニュース! / 2016年04月28日04時30分

また、スーパーの「西友」は日本で開発したプライベートブランドを西友直営のネット通販で販売。先月から「しょうゆ」「ドレッシング」「ドリップコーヒー」などを中国人に人気の菓子や調味料、加工食品など40品目を販売といったように続々と売り出している。 その他にも、流通やコンビニ業界も参入し始めた。「ヤマトホールディングス」は、中国ネット通販2位の「京東(ジンドン [全文を読む]

コンビニやネット通販で「実質値引き」になる超おトクな買い物術!Tポイント、楽天、西友…

Business Journal / 2016年06月20日06時00分

6月1日、安倍晋三首相が消費税増税を2年半延期することを表明した。筆者の周囲では、以前から「来年4月の増税は、ほぼできないだろう」との見方が多く、「やっと延期を判断したか」という声が多かった。 むろん、社会保障の財源確保や、政府が掲げた2020年までにプライマリーバランス(基礎的財政収支)を黒字化するという目標への影響などを思えば、手放しで喜んではいられな [全文を読む]

ネットスーパー 大手参入も物流コストの壁高く消耗戦が続く

NEWSポストセブン / 2015年01月22日07時00分

2000年に西友がサービスを開始したのを皮切りに、翌年にはイトーヨーカ堂、イズミヤ、そして2007年以降はイオン、ダイエー、サミット、大丸ピーコックなどが続々と参入した。 しかし、昨年、サミットの親会社である住友商事がネットスーパー事業から撤退するなど、採算性の悪さが浮き彫りになっていた。「サミットのネットスーパーは会員数30万人を集めながら、年間10億円 [全文を読む]

“楽天は象牙・鯨商品の取り扱い世界一” 英環境団体が批判 一部有力メディアも同調

NewSphere / 2014年03月21日12時00分

【「楽天は象や鯨に銃口を向けているのと同じ」】 日本でネット通販を行う大手のアマゾンやグーグルはこういった製品の売買や広告の取り扱いをやめており、イトーヨーカドーや西友などの大手スーパーも多くの店舗で鯨やイルカの肉の販売を中止しているとガーディアン紙は報じている。 また、同紙は、いくら楽天が環境保護ポリシーを掲げているとしても実際には絶滅危惧種の販売を通 [全文を読む]

フォーカス