ウォルマート 西友に関するニュース

ブランドロゴもそっくり! 西友の超激安ダウンはユニクロより買いか?

週プレNEWS / 2012年11月08日06時00分

「西友は今、世界最大のスーパーマーケットチェーンであるアメリカのウォルマートの傘下にある。また、カナダのアパレルブランド・ジョーフレッシュは食品売り場に洋服を並べるという手法で人気を博しています。西友はウォルマートの調達力とジョーフレッシュの戦略を掛け合わせているのかもしれませんね。そのためか、西友はバッグや靴などもそろえていてデザインも悪くない。ダウン [全文を読む]

アメリカで大人気!! 西友「リーセス ピーナッツバターカップ」を日本で独占発売 ウォルマートの商品調達網を活用し、直輸入菓子の品揃えを強化

PR TIMES / 2012年04月25日17時49分

親会社である米国ウォルマート・ストアーズ・インクの商品調達網を活用することで、日本でこれまで正規販売店がなかったこの人気の菓子を、1年間、低価格にて独占販売することが可能となりました。(*1) 今回発売する「リーセス ピーナッツバターカップ」は、世界的なチョコレートメーカーであるハーシー社が製造するアメリカで有名なお菓子の1つです。日本においても、アメリカ [全文を読む]

【西友】大量閉店から一転、日本から始まる「ウォルマートの逆襲」

まぐまぐニュース! / 2016年03月21日20時00分

西友の親会社で、世界最大のスーパーマーケットチェーンであるウォルマート。最近では株価を大きく下げることもありましたが、それでもウォルマートは大丈夫だろうと太鼓判を押すのが、人気メルマガ『毎日5分! 経済英語NEWS!』の著者である八木翼さん。その理由を以下のように語っています。 ウォルマートはイトーヨーカ堂よりも一周早い 最近、セブンイレブンホールディング [全文を読む]

ファミマ、怒涛の看板掛け換えでセブン逆転目前…「毎日安い」西友、親会社が累積赤字判明

Business Journal / 2016年11月18日06時00分

ウォルマートがファミマを狙う? そんなコンビニ業界に関し、世界最大のスーパーチェーン、米ウォルマート・ストアーズの日本法人がコンビニに進出するという情報が駆け巡っている。ファミマやミニストップをターゲットにしているというものだ。 ウォルマートは02年、大手スーパー西友と提携して日本に進出、05年に西友を子会社にした。09年、日本事業を統括する中間持株会社 [全文を読む]

この秋、お肉を買うなら「SEIYUドットコム」! 「鮮度」と「低価格」でお客様の満足を保証 ~ 特にオススメは、圧倒的低価格のアメリカ産直輸入「豚肉」と「牛肉」~

PR TIMES / 2014年10月10日12時45分

西友の親会社で世界最大の小売業である米国ウォルマートのグローバル調達網を活用した“直輸入”を実施、輸入商社を通さずに中間流通コストを抑えることで圧倒的低価格を実現しました。 秋の行楽シーズンに向けたオススメ商品は、豚肉の中でも特に人気が高く、とんかつなどに最適な『ロース切身』と、煮込み料理などに向く『肩ロースブロック』の2種類で、いずれも従前の107円/1 [全文を読む]

「SEIYUドットコム」で海外を味わおう! 直輸入商品特集“The World's Choice”を9月5日(金)より実施

PR TIMES / 2014年09月05日17時16分

人気の外国銘柄瓶ビール、柔軟剤など 約100アイテムが低価格&大容量でお得 合同会社西友が株式会社ディー・エヌ・エーと協働で運営するショッピングサイト「SEIYUドットコム」(URL:http://www.the-seiyu.com)は、西友の親会社で世界最大の小売業ウォルマートのグローバル調達網を活用した直輸入商品の取り扱いを強化し、“The World [全文を読む]

話題の全額返金サービス、日本に定着するか?先行の西友では目立った変化なし

Business Journal / 2014年04月22日18時00分

ウォルマートは売り上げも利益もアップ 実は、もともとこの生鮮食品の全額返金サービスは、西友の親会社である米ウォルマートが米国やカナダ、英国ですでに行っているもので、米国では一時的に返金額が膨らんだものの、結果的に売り上げも利益もアップしたという。その狙いは生鮮食品の品質・鮮度を強化して客の満足度を向上させることにあるといわれる。西友は2002年にウォルマ [全文を読む]

西友の「おいしくなければ全額返金します!」返金までの流れ

NEWSポストセブン / 2014年04月13日07時00分

西友の親会社であるウォルマートはすでにアメリカやヨーロッパで同様のサービスを始め、一時的に返金額はふくらんだものの、その後は売り上げも利益もアップしているという。 もちろん悪用は絶対にしないでくださいね。 ※女性セブン2014年4月24日号 [全文を読む]

ウォルマート式「皆様のお墨付き」PBを大幅に増やしたい西友

NEWSポストセブン / 2013年04月21日16時00分

「西友の親会社・ウォルマートの傘下で、急速に売り上げを伸ばしているPBがあると耳にしました。英国アズダ社の『Chosen By You』、あなたによって選ばれました、という意味のユニークなブランドでした」 木村氏らはさっそく英国に飛び、現地を視察。その秘密を探った。 [全文を読む]

JMR生活総合研究所代表・松田久一が今年の価格動向をズバリ読み解く「2013年は低価格路線が続く」

週プレNEWS / 2013年01月01日15時00分

余談ですが、いまアメリカのスーパーで世界最大の流通大手ウォルマートが、『ウォール・ストリート・ジャーナル』で『日本で、やっと自分たちが登場するときが来た』と発言しています」 ウォルマートといえば、西友の親会社。その本体が進出するということには、どんな真意が? 「いままでは、日本はトレンドとしての低価格だった。ところが、すでに低収入層という階層ができていると [全文を読む]

西友 6年連続増収増益でも喜べない「ウォルマートの呪縛」

NEWSポストセブン / 2015年05月31日07時00分

「西友は2002年に世界最大の小売業、米ウォルマート・ストアーズの傘下に入って以降、店内オペレーションから商品調達、物流、人事制度に至るまで、すべてのコスト構造を効率化させるウォルマート流に変え、ディスカウントストアとして新たな成長を遂げました。 低価格で利幅の大きいPB(自主企画)商品の比率を高めたり、生鮮食品を購入して満足できないお客さんに全額返金する [全文を読む]

ダイエーは最大47%引き 値下げできるのはPBの利幅大だから

NEWSポストセブン / 2012年09月24日07時00分

また、西友は提携する米ウォルマートの徹底した販売促進費の削減で人件費などを圧縮。そこで浮いた経費を安売りの原資にしています。イトーヨーカ堂も社員半減を掲げるなど、みな生き残り策は考えています」 特にPBは各社とも拡販の方向性を打ち出している。ダイエーもNBの売り場を縮小させて、PBの陳列スペースを標準店で3割広げる予定だ。 「今後はより“製造小売業化”した [全文を読む]

再編進む家電量販店。王者ヤマダへの対抗手段は海外巨大チェーンとの合併か

週プレNEWS / 2012年05月28日00時30分

日本参入を狙っていたアメリカのウォルマートが西友と提携を始めた頃ですね。参入当初は『日本の市場にアメリカ式は通用しない』と批判されたウォルマートですが、今の西友の大躍進を見れば、結局はスケールメリットの勝利だった」と、外資系チェーンの進出を現実視する。 そんななか、ヤマダは今年3月、南京に中国第3号店を出店。日本式の接客と売り場構成、ポイントカードの導入な [全文を読む]

カタリスト・ジャパン 女性管理職登用促進に向け女性役員と男性サポーターの対談イベントを開催 個人の行動変容とコミュニケーションから解決策を探る

Digital PR Platform / 2017年04月12日14時00分

「女性の活躍に必要な行動とコミュニケーションにおける戦略の策定」(協力:ウォルマート・ジャパン)と銘打った本イベントには、今後管理職を目指す女性と女性管理職登用をサポートする立場にあるマネジメント層の方を中心に70名が参加しました。前半は、金融業やサービス業などの異なる業種から女性管理職登用を牽引する4名のパネリストが登壇し、後半は2つのグループに分かれ、 [全文を読む]

フォーカス