ダイエー 西友に関するニュース

【大手スーパーに関するアンケート調査】価格が魅力的な大手スーパーは「イオン」がトップ。続く「西友」は年々増加傾向で、関東では首位

PR TIMES / 2014年06月25日13時06分

最頻利用スーパーが価格が魅力的だと回答した人は、西友・イオン主利用者で4~5割───────────────────────────────────────────◆利用したことがある大手スーパー、利用時の重視点利用したことがある大手スーパーは、全体では「イオン」「イトーヨーカドー」「ダイエー」の順で多くなっています。関東では、1位「イトーヨーカドー」、2 [全文を読む]

2013年、日本人の食費はさらに安くなる?

週プレNEWS / 2012年12月25日17時00分

「6月にイオンがメーカー品1000品目を最大3割値下げしたのを皮切りに、ダイエー(9月と11月で計3300品目を値下げ)、11月に西友(値下げを2300品目に拡大)、12月にイトーヨーカ堂(12月から1000品目を値下げ)が続いた。この動きはその後、牛丼、回転ずし、生活雑貨にも広がっていきました」(井本氏) 一方、値下げとは一線を画す戦略に打って出たのが [全文を読む]

ダイエーは最大47%引き 値下げできるのはPBの利幅大だから

NEWSポストセブン / 2012年09月24日07時00分

そして、ダイエーが9月22日からスタートした創業祭を機に、1700品目を平均10~20%、最大で47%値下げするとぶち上げた。対象商品の一例を見てみよう。 ■森永ビヒダスヨーグルト(450g)218円→148円(32%引き) ■ホーユー ビゲン スピーディカラー乳液 498円→298円(40%引き) ■ニチレイ甘えびシューマイ(12ケ入) 338円→178 [全文を読む]

プレママ・ママが選ぶ「ネットスーパー」人気ランキング発表!妊娠・出産・育児サイト『ベビカム』が475人のママたちに調査

PR TIMES / 2015年11月24日10時20分

ベビカム調査隊(http://www.babycome.ne.jp/research/marketing/)この調査では、ベビカムの会員を対象に、イトーヨーカドーネットスーパー(アイワイネット)(イトーヨーカドー)、イオンネットスーパー(イオン)、SEIYUドットコム(西友)、ダイエーネットスーパー(ダイエー)、楽天マート(楽天)、アピタネットスーパー(ユ [全文を読む]

西友 6年連続増収増益でも喜べない「ウォルマートの呪縛」

NEWSポストセブン / 2015年05月31日07時00分

そのミッションがまったく実現できていないことで存在感は次第に低下しているのです」 かつてダイエーの争奪戦に名乗りを挙げ、西友の最大のターゲットと見られていたこともあったが、あっけなくイオングループに持っていかれてしまった。 [全文を読む]

「レジで見せなくてもOK」スーパーで使えるクーポンサービス最前線

NewsCafe / 2014年11月17日12時00分

■全国のスーパーで使えるクーポンは?・西友ネットスーパーでクーポンが発行されているが、実店舗ではない模様・イトーヨーカ堂メルマガ会員限定のクーポン、「セブンスポット」と呼ばれる公衆無線LANサービスを使用することで使えるクーポンがある・生協各地域の生協店舗でクーポンを発行していることがある・ダイエー「木曜の市」キャラクター・モッくんのメルマガでネットクーポ [全文を読む]

イオンに屈したダイエー 飢餓地獄から小売業日本一、没落の歴史を覆う中内功の呪縛

Business Journal / 2014年09月26日01時00分

ダイエーの発行済み株式のうち44.15%を保有するイオンは9月24日、ダイエー株主にイオン株を割り当てる株式交換方式で完全子会社化すると発表した。昨年イオンがダイエーの経営権を握るまでの筆頭株主で、現在も4.99%を持つ丸紅と交渉中だという。2014年2月期末のダイエーの個人株主は12万人で、ダイエーは年内に臨時株主総会を開いて3分の2以上の賛成が必要な特 [全文を読む]

2017年「変化の時代」市場価値ある人材は転職する?

プレジデントオンライン / 2017年01月10日09時15分

そのような厳しい状況の中でも、小売業でいえば、ダイエーや西友の出身者の中で常に問題意識を持ちながら(創造的思考力)仕事に取り組んできた人たちが、同業他社でも活躍するケースを多く見てきました。このような方々は創造的思考力(イノベーション力)が鍛えられているので市場価値が高く、同業種に留まらず異業種にも転職し活躍しています。 小売業というのは成熟産業なので、経 [全文を読む]

ネットスーパー 大手参入も物流コストの壁高く消耗戦が続く

NEWSポストセブン / 2015年01月22日07時00分

2000年に西友がサービスを開始したのを皮切りに、翌年にはイトーヨーカ堂、イズミヤ、そして2007年以降はイオン、ダイエー、サミット、大丸ピーコックなどが続々と参入した。 しかし、昨年、サミットの親会社である住友商事がネットスーパー事業から撤退するなど、採算性の悪さが浮き彫りになっていた。「サミットのネットスーパーは会員数30万人を集めながら、年間10億円 [全文を読む]

住友商事、ヨーカ堂に惨敗 ネットスーパー事業参入からわずか8年で撤退 黒字化見えず

Business Journal / 2014年12月06日06時00分

西友とイトーヨーカ堂が先行し、08年にはダイエーやイオンが追随。当初は近所のスーパーで買えるものをわざわざネットで買う必要があるのかとの不要論もあったが、15年度には市場全体で1000億円超まで拡大すると予想されている。 [全文を読む]

【販売場所の訂正とお詫び】~濃厚!具がたっぷり!!~ 「ピザーラ 濃厚・具だくさんのピザトーストソース」 新発売のお知らせのリリースについて

PR TIMES / 2013年02月18日17時46分

誤)販売場所:ローソン、ファミリーマート、イオン、西友、ダイエー等 (現時点で、ご相談させていただいている企業様であり、お取扱いは確定しておりません) ↓ 正)販売場所:全国スーパーマーケット等 <製品情報> 商品名:ピザーラ 濃厚・具だくさんのピザトーストソース 内容量:190g 希望小売価格:298円 発売日:2013年2月18日 販売場所:全国スー [全文を読む]

~濃厚!具がたっぷり!!~ 「ピザーラ 濃厚・具だくさんのピザトーストソース」新発売のお知らせ

PR TIMES / 2013年02月15日11時35分

<製品情報> 商品名:ピザーラ 濃厚・具だくさんのピザトーストソース 内容量:190g 希望小売価格:298円 発売日:2013年2月18日 販売場所:ローソン、ファミリーマート、イオン、 イトーヨーカ堂、西友、ダイエー、他 製品特徴:濃厚なトマトペーストにたっぷりのたまねぎと、赤ピーマンの食感がうれしい。 そこに、ガーリックやスパイスミックス、 チェダ [全文を読む]

フォーカス